ベートーベン 肖像画 楽譜。 ベートーベンについて残された逸話と謎!耳の聞こえない作曲家の生涯

ベートーベンにまつわる皆に話したくなるエピソードを紹介!

ベートーベン 肖像画 楽譜

ベートーヴェンの肖像画が怖い顔なのは朝飯が不味かったから ベートーヴェンは歴史に名を遺した偉大な音楽家です。 特に後年は聴覚障害を患ったにもかかわらず交響曲第9番やミサ・ソレムニスなどの大作を書き上げており、その才覚には驚かされるばかりです。 そんなベートーヴェン、音楽室に肖像画が飾られていますが睨みつけるような顔をしています。 その顔はとても怖く「深夜に見ると目が動く」なんて怪談話の題材にされることもしょっちゅうです。 この肖像画は50歳の時のものですが、40歳の頃には全聾となって他人とのコミュニケーションが上手く取れずに気難しくなったとは聞きます。 だからこのような鋭い視線を送ったのでしょうか? いいえ違います、こんなに不機嫌そうなのは朝飯が不味かったからなのです。 目次 [閉じる]• ベートーヴェンの肖像画が不機嫌なのは朝飯が不味かったから ベートーヴェンは高名な音楽家でウィーンの誰もが彼の音楽を愛していましたが、同時に気難しく変わり者の癇癪持ちとしても有名でした。 周囲に対して物を投げたり当たり散らしたりするのが日常茶飯事であり、ベートーヴェンと付き合えるのは忍耐強い人間だけでした。 部屋を片付けられない、代表作であるミサ・ソレムニスの楽譜が鍋敷きになっていた、近所の人に笑われたから引っ越す(生涯で70回以上の引っ越し)、服に無頓着で浮浪者と間違われて捕まったなど、まあこの類のエピソードに事欠かない人と成りでした。 「彼の音楽は凄いけど、彼の人柄はちょっと…」といった感じです。 そんなベートーヴェンが50歳の頃のある日、肖像画を描いてもらう約束がありました。 その朝食にベートーヴェンの大好物である「マカロニチーズ」が出てきましたが、この出来が酷いものでした。 作った家政婦に当り散らしても機嫌は直らず、肖像画を描きに来た画家・フェルナンド・ヴァルトミューラーにも当たり散らします。 当然、肖像画を書いてもらっている間もずっと不機嫌でした。 そんな理由で50歳のベートーヴェンの肖像画はとても不機嫌なのです。 ベートーヴェンの肖像画は何枚もあるのに、最も目つきの悪いものが最も有名になるとは世の中分からないものです。 ちなみにこの話はベートーヴェンの弟子であるのシントラーの記録によるものです。 こんなベートーヴェンの弟子を続けることが出来た人物ですから、もしかしたら彼なりのフォローが入っているかもしれませんね。 いや、フォローするにしても「マカロニチーズが不味かった」は無いかな… ちなみにシントラーの書いたベートーヴェンの伝記は「自分の都合の良いように改ざんしている」とあまり評判は良くありません。 ベートーヴェンの波乱に満ちた人生 ベートーヴェンは芸術家肌の変人みたいなことを書きましたが、この性格は生来のものではないかもしれません。 家庭内のゴタゴタと鉛中毒でこのような人格になってしまった可能性があるのです。 ベートーヴェンは幼少の頃から音楽家として順調にキャリアを積み、20代の終わり頃までは順風満帆な音楽家生活を送っていました。 しかしその一方で家庭の事情はあまり恵まれたものではありませんでした。 ベートーヴェンの一族は音楽家の家系であり、父もまた歌手として宮廷に勤めていました。 しかし音楽家としては大成できず、酒が好きだったのかはたまた酒に逃げたのか、酷い飲んだくれでした。 そんな父はベートーヴェンに音楽の教育を施し、モーツァルトのような天才子供音楽家として売り出して収入の足しにしようとしました。 その教育は厳しく苛烈で、あまりの厳しさにベートーヴェンは音楽に対してやりきれない思いを抱くことになります。 幸いベートーヴェンは音楽家としての才能には恵まれており、13歳の頃にはお金を稼げるようになりました。 しかし16歳の時に母が死に、父はアルコール依存症になって失職するなど家庭の事情はますます混迷していきます。 ベートーヴェンは父に代わって一家の大黒柱となって2人の弟の面倒を見なければなりませんでしたが、弟達もあまり良い人物とは言えなかったようです。 順調なように見える音楽家としても行き詰まりもあり、一度は遺書を書いたことすらありました。 また30歳頃から患った耳の病は、彼の音楽家生活への多大なストレスとなったことは疑いようがありません。 耳が聞こえなくなってからはピアノに齧りついて振動で確認しながら作曲を行うなど執念でハンデを乗り越えますが、並々ならぬ努力の賜物でしょう。 更にベートーヴェンは鉛中毒に悩まされていました。 当時は鉛中毒に関する認識が恐らくなかったので原因不明だったのでしょうが、近年のベートーヴェンの毛髪鑑定では通常の100倍もの鉛が検出されています。 鉛は率直に言って毒であり、様々な健康被害をもたらします。 ベートーヴェンは聴覚障害、精神疾患、腹痛や下痢、内蔵がボロボロだったなど様々な症状が出ていましたが、これらは全て鉛中毒で説明できます。 鉛を摂取した経緯は当時の甘味料に使われていた「酢酸鉛」のせいだとか、医療行為による影響だとか言われますが確かなことは分かりません。 しかし鉛は確実にベートーヴェンを蝕んでいたことでしょう。 もしかしたらこれらの事情が彼を気難しい性格にしてしまったのかもしれませんね。 偉大な音楽家ベートーヴェンは生前から偉大な音楽家として支持され歴史に名を残しましたが、その人生は波乱の連続であり、幸せな生涯とは言えないかもしれません。

次の

ベートーヴェンの肖像画: ケペル先生のブログ

ベートーベン 肖像画 楽譜

「運命」や「エリーゼのために」を初めとする名曲を多数世に残し、後続する音楽人に多大な影響を与えました。 画像:Christian Horneman 肖像画に描かれるベートーベンは鋭い眼差しで、どこか人を寄せ付けない独特の雰囲気を持っています。 しかし、彼が作る曲には人間の感情を揺さぶる情熱的、悲哀的なものが多く、現在でも最も有名な作曲家のひとりとして世界中で愛されています。 また、父親のヨハンはアルコール依存症であったため、家業を早々に息子に任せるためにベートーベンに虐待にも近い音楽教育を実施しました。 画像:Kunsthistorisches Museum そのためベートーベンは音楽を憎み、嫌悪する少年に成長します。 歴史に名を刻む大音楽家のベートーベンですが、驚くべきことに若い頃は音楽が大嫌いだったのです。 しかし、嫌でも音楽に触れなければならない環境がそうさせたのか、結局ベートーベンは音楽の道で生きていくことになります。 さらに彼が17歳のときに母マリアが結核で亡くなると、父に代わってベートーベンが一家を支えることになります。 画像:Sir James,Beethoven statue ベートーベンは仕事をいくつも掛け持ちしながら父や兄弟たちのために働きました。 そのため常に苦労が絶えず、決して楽しい青春時代ではなかったようです。 稀代の天才音楽家ベートーベンは自他ともに認める苦労人だったのです。 同じく大変な幼少期を過ごした天才レオナルド・ダ・ヴィンチについては関連記事にまとめています。 彼の耳は歳を重ねるごとにどんどん悪化していき、40歳の頃には全く聞こえなくなってしまいます。 ベートーベンは耳が完全に聞こえなくなって以降も、56歳で亡くなるまで16年にわたって音楽活動を続けています。 画像:pixabay ベートーベンの難聴の原因には諸説ありますが、ベートーベンの毛髪から通常では考えられない量の鉛が検出されたことから、鉛中毒による聴覚障害だったのではないかと考えられています。 鉛中毒になった経緯も当時傷口の消毒に使用していた鉛が原因とする説から、ワインの甘味料に用いられていた酢酸鉛が体内に蓄積したという説も存在します。 彼の死後に行われた解剖では多くの内臓が正常に機能していなかったことがわかっています。 画像:pixabay 死ぬ直前のベートーベンは肺炎を患い、臓器不全のために肌が黄色く変色する黄疸の症状も出ていました。 しかし、彼の直接の死因は肝硬変であると考えられています。 生前は変人ともいわれたベートーベンでしたが、葬儀には市民人口の8%に相当する2万人が駆け付けました。 その中には同じく有名な作曲家フランツ・シューベルトの姿もあったといいます。 そのためベートーベンの初期の作風は意外にもモーツァルトのように明るく軽快なものでした。 16歳のときベートーベンは敬愛するモーツァルトの元を訪ねて自分を弟子にしてくれるように頼み込みます。 しかし、母マリアの体調が悪化したという手紙を受け取り、ベートーベンは泣く泣く故郷に帰ることになりました。 画像:Barbara Krafft その後もベートーベンはモーツァルトの弟子になることを望んでいましたが、ベートーベンが20歳のときにモーツァルトは亡くなってしまい、結局その願いが叶うことはありませんでした。 もしベートーベンがモーツァルトの元で修行していたとしたら、後世に伝わった彼の音楽は全くの別物になっていたかも知れません。 そのためモーツァルトの作曲した楽譜は書き直しの跡がなくとても綺麗な状態でした。 また、彼は会話しながらでも曲を作ることができたといわれています。 画像: これに対しベートーベンは何度も楽譜を書き直し、何度も修正を重ねて作曲していました。 彼は何度も楽譜を破り捨て、悩み苦しみながら曲を書いていたのです。 モーツァルトと違いベートーベンはスランプも多く、天才肌というよりは努力の人という言葉が合っていたようです。 彼が苦しみ抜いて作られた曲だからこそ、ベートーベンの曲は私たちの感情を激しく刺激するのかも知れません。 これは音楽家が貴族などのパトロンから資金援助を受けて生活していたことに関係しています。 画像:pixabay しかし、ベートーベンはこのような古典的形式を嫌い大衆向けに音楽を作るようになったのです。 これを機に音楽は貴族だけでなく一般市民でも楽しめるようになっていきました。 後世の音楽家もベートーベンから多大な影響を受けており、ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナーは音楽を芝居に組み込んだ「オペラ(楽劇)」を生み出しました。 こうして音楽はさらに大衆に広まるようになったのです。 リズムを視覚的に刻むメトロノームは、それまで存在をあまり知られていませんでした。 しかし、耳の不自由だったベートーベンはその価値に気付き、積極的に取り入れるようになったのです。 こうしてベートーベンが活用したメトロノームは世間で広く知られるようになりました。 画像:pixabay しかし、ベートーベンは楽譜にメトロノームの動きを表す数字を大量に書き込んでいたため、それを解釈しようとした多くの演奏家を混乱させることになりました。 世界を混乱の渦に巻き込んだドイツの独裁者アドルフ・ヒトラーについては関連記事にまとめています。 身長こそ当時の平均である165センチメートルほどでしたが肌は浅黒く、顔は若いころに患った天然痘の跡で滑らかとはいえませんでした。 肖像画も当時は本人よりもイイ男に描くのが当たり前だったため、どこまで本人に似ているかはわからないのです。 しかし、ベートーベンは快活で人懐っこい性格であり、決して女性にモテなかったわけではなかったようです。 画像:Carl Traugott Riedel むしろ若い頃はプレイボーイとしても有名でした。 ベートーベンには熱心な女性ファンも多かったといわれており、とても魅力に溢れた人物だったことがわかります。 髪は整えることなくボサボサのまま放置し、弟子には「ロビンソン・クルーソー」に例えられる始末でした。 その後、すぐに釈放されウィーン市長がベートーベンに謝罪する騒ぎになりました。 逮捕されるほど身なりに気を使わないとは何とも極端ですが、晩年のベートーベンはそれだけ音楽に全身全霊を傾けていたのかも知れません。 ベートーベンは洗濯や入浴が大好きで綺麗好きだったというのです。 また、コーヒーを飲む際には必ず豆を60粒数えてから挽いていたり、潔癖症らしく手を執拗に洗う癖もありました。 画像:pixabay しかし、部屋の片づけは全くと言っていいほどせず、生涯で60回ほど引っ越しをしています。 晩年のベートーベンは鉛中毒のために入浴すると全身が激痛に襲われていたのではないかという意見もあり、本来は綺麗好きの潔癖症だったと予想されています。 彼の師匠であったフランツ・ヨーゼフ・ハイドンから、楽譜に「ハイドンの弟子」と添えるように命じられたときには、「あなたは確かに私の師匠だが、あなたから学んだことは何もない。 」と冷たく言い放ったといわれています。 また、ベートーベンに資金援助していたパトロンのカール・アロイス・フォン・リヒノフスキー侯爵に対しては以下のような発言をしています。 「あなたが侯爵の地位にいるのはその家に生まれたからで、侯爵などこれまでいくらでもいた。 しかし、私は自身の努力によって今の地位を手にしている。 そして、これまでもこれからもベートーベンは私ひとりだけだ!」 画像:Kristupas232,L. van Bethovenas さらにドイツの大作家ゲーテと一緒にオーストリア皇后の一行に遭遇した際には、脱帽し最敬礼をしていたゲーテを横目に皇后の前を横切りました。 そして、身分の低い彼からではなく、王妃の方からベートーベンに挨拶をさせるという無礼を働いたのです。 これについてゲーテは、「ベートーベンの才能は本物だが、残念なほど自由でわがままだ。 」と語っています。 その他にもベートーベンは召使の女性に物を投げて暴力を振るうなど、頻繁に癇癪(かんしゃく)もおこしていました。 しかし、鉛中毒は精神に異常をきたすこともわかっているため、ベートーベンのこれらの言動は病気の影響だったのではないかと考えられています。 事実、落ち着いているときのベートーベンは親切で親しみやすい人柄だったといわれています。 この仮説の根拠とされているのがベートーベンが残した謎のラブレターです。 ベートーベンの死後、彼の遺品の中から恋人に向けたものとみられる3通のラブレターが見つかりました。 そして宛名は「不滅の恋人」とされていたのです。 画像:Jean Auguste Dominique Ingres 当時、ベートーベンがラブレターを送ってもおかしくない相手は複数存在していましたが、その誰もが手紙の内容には合いませんでした。 そのため、このラブレターが諜報部員としてのベートーベンの密書だったのではないかといわれるようになったのです。 ベートーベンの雇い主の候補として最も有力視されているのが、かの皇帝ナポレオン一世です。 ナポレオンは改革を推進する改革派でしたが、保守派とのあいだで問題を抱えていました。 そこで改革思想の持主であり各界に顔が利くベートーベンに情報収集を依頼したのではないかというのです。 ベートーベンは政治的思想も持ち合わせており、このような行動をとったとしても別段おかしくなかったといわれています。 ナポレオンと同じくフランスの英雄であるジャンヌ・ダルクについては関連記事にまとめています。 このエリーゼが誰なのかは現在でもわかっておらず、ベートーベンが残した謎のひとつとされています。 エリーゼの正体については現在ふたつの説が存在しています。 ひとつは当時有名だったソプラノ歌手エリザベート・レッケルです。 ベートーベンは彼女に恋をしていたことがわかっており、40歳のときに18歳のテレーゼに告白して振られています。 曲名がエリーゼとなっているのはこれがベートーベンの死後に発見された曲であり、彼の字が汚かったために発見した人が読み間違えたことが原因ではないかともいわれています。 後者の説が正しかった場合、この名曲の本当の名前はエリーゼのためにではなく、「テレーゼのために」だったということになるのです。 ベートーベンの名曲のひとつに年末に歌われることで有名な「第九(交響曲第9番)」があります。 この第九の歌詞には天使や悪魔、神などが登場し、ところどころでフリーメイソンやイルミナティの思想を思わせる描写が存在するのです。 また、交響曲第3番『英雄』でも、変ホ長調や三拍子の強調などフリーメイソンの曲にみられる特徴が確認できるといいます。 画像:Ignaz Unterberger ベートーベンの憧れたモーツァルトはフリーメイソンだったことでも有名であり、組織のために曲も作っています。 また、スパイ説で登場した雇い主のナポレオンもフレーメイソンを利用していたといわれており、彼の親族の多くはフリーメイソンでした。 これらのことからベートーベンがフリーメイソンだったとしても何ら不思議ではないといわれています。 フリーメイソンとイルミナティについては関連記事でもまとめています。 ここではベートーベンの格言の中でも特に有名なものをご紹介します。 苦しみながら名作を世に残したベートーベンらしい言葉ですね。 そして女の目から 涙を引き出すものでなければならない。 これが真に賞賛すべき 卓越した人物の証拠である。 出典参考: 画像:Karl Joseph Stieler いかがでしたか?天才音楽家ベートーベンについてご紹介しました。 苦悩と絶望の中を生き抜いた彼の曲だからこそ、200年経った今もなお世界中で愛され続けているのかも知れません。 地球にはまだまだロマンが溢れています。

次の

ベートーヴェンに関する雑学

ベートーベン 肖像画 楽譜

[ スポンサードリンク ] ベートーベンにまつわる噂 ベートーベンには、現代においても様々な逸話が伝えられています。 生前のベートーベンから生まれた逸話から、ベートーベンの没後である現代に生まれた逸話など、その内容は様々です。 ベートーベンとCDの関係 コンパクトディスク(CD)は、人類が初めてデジタル方式を採用した記録媒体です。 現在ではDVDにその地位を奪われつつあるCDですが、音楽業界においてはその地位はいまだ健在であるといえます。 このCDが誕生する際に、ベートーベンが非常に深く関わっているのは有名な話です。 CDの長さとベートーベン CDは、読み取り装置に赤外線レーザーを使いCDの記録面に刻印された微細な凹凸から0と1のデジタル信号に変換・記録された情報を読み取り、音楽や映像などの本来の形で再生する構造になっています。 CDの原型はオランダのフィリップス社によって開発され、現在のCDはフィリップス社とソニーの共同開発によって作り上げられたものでした。 開発途上の1980年当時、フィリップス社とソニーの間で「CDの記録時間」についての論争がありました。 フィリップス社は60分前後の長さに、ソニーは74分前後の長さを主張していたのです。 この長さを決定したのが、ベートーベンの代表曲の一つである「第九」なのです。 ソニー側の開発者・大賀典雄は、「74分前後の長さならばオペラは一幕分途切れることなく収められるし、第九をはじめとするクラシック音楽の95%はCD一枚に収められる」と主張していました。 この主張を後押ししたのが、有名な指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンでした。 ベートーベンとカラヤン カラヤンは、CDは音楽業界に大きな影響を与えるであろうことからフィリップス・ソニーから開発会議に招かれていました。 その際、大賀の発言を支持したのです。 このことから、「カラヤンは自分の指揮した第九が収まる規格を支持した」と囁かれるようになります。 実際のところ、カラヤンの指揮する第九は60分前後がほとんどで、カラヤンは歴史的な指揮者のフルトヴェングラーによって指揮された第九をCDに収めたいからこそソニーの74分を支持したようです。 現在では、CDの記録時間は74分から80分に増大していますがカラヤンの支持がなければ、ベートーベンの第九がなければ、CDは60分前後のままだったのかもしれません。 ベートーベンの容姿・外見 現代に残されているベートーベンの肖像画は、ライオンのような髪型を振り乱しながら一身に楽譜に向かうものが一般的になっています。 しかし、ベートーベン自身の肖像画はこの一枚だけではなく、他にも数多く存在しています。 ベートーベンはいったいどのような外見をしていたのでしょうか? ベートーベンの実際の容姿 ベートーベンの肖像画の中にはアーチェリーの山本博先生にそっくりなものもあり、私たちが知っているベートーベンのイメージから、かけ離れているものも多数あります。 まだ写真技術が開発されていなかった時代は、人の顔を知るためには肖像画に頼るしかありませんでした。 肖像画も結局は絵なのでモデルと画家の胸先三寸で決まるといっても過言ではありません。 実際のベートーベンは、色黒で当時流行していた天然痘のあとが残ったブツブツ顔だったといわれています。 また、フリーランスの音楽家として活動するようになって以降のベートーベンは着るものに無頓着になっていき、「汚れ熊」というあだ名がつけられるほど雑だったようです。 また、身長も当時の平均よりも低く小太り気味であったといわれています。 ベートーベンの性格 天才肌の人物は、常人とはかけ離れた性格や性質を持っているというのは一種の定説となっています。 ベートーベンもその例に漏れず、偏屈を通り越して完全な変人であったようです。 怒れるベートーベン ベートーベンは、強い癇癪 かんしゃく 持ちであったようで何かあれば手近なものを投げる習性があったようです。 その暴れ方は、前述の「汚れ熊」の熊部分にかかるほど手のつけられないものだったようです。 ベートーベンからレッスンを受けていた弟子には、楽譜を破かれたり肩に噛み付かれたりした者もいるのです。 そのためか、ベートーベンに師事したのは貴族子弟や音楽家の卵といったベートーベンの指導に耐えられるような人材だけだったようです。 ベートーベンの変わったところ 前述のようにベートーベンは、年を取るにしたがってどんどん服装に無頓着になっていきました。 現代でも、服装に無頓着なお年寄りは大勢いますがベートーベンは一味違います。 浮浪者と間違われてしょっ引かれたこともしばしばだったようです。 ある弟子によれば「ロビンソン・クルーソーかと思った」といわれるほど、文明社会から乖離した服装をしていたようです。 その代わりなのかベートーベンは手を洗うことに執着していたと言われ、精神的な疾患があったのではないかと思わせる人物像であったようです。 ベートーベンの遺髪 モーツァルトにしてもナポレオンにしても、当時の偉人たちは不可解に近い最期を迎えています。 モーツァルトの場合、「秘密結社フリーメーソンの秘儀を「魔笛」の中で暴露したので命を奪われた」「才能に嫉妬したサリエリによって一服盛られた」などの説が当たり前に存在していますし、ナポレオンも「元部下に砒素を盛られた」という説があります。 こうした偉人たちの命を縮めたものの正体を知るために活躍するのが髪の毛なのです。 髪の毛には、髪の持ち主が摂取したミネラルや金属の量が如実に現れる性質があります。 つまり、遺髪を調べればどのような有害金属や毒物が使われていたかを知ることが出来るのです。 遺髪からわかったベートーベンの不調の原因とは? ベートーベンの遺髪は、偶然から表舞台に立つことになります。 ベートーベンと交流のあった指揮者フェルディナンド・ヒラーが形見分けにもらった遺髪が、巡り巡って1995年にイギリスのサザビーオークションにかけられたのです。 この遺髪はアメリカのベートーベン協会によって落札され、科学的な分析が行われることになったのです。 この分析の結果、ベートーベンは慢性的な鉛中毒であったことがわかったのです。 生前のベートーベンは腹痛と下痢に悩まされ、癇癪と同時に憂鬱を抱えていたことがわかっています。 これらの症状と難聴は、鉛中毒の症状に符合するものなのです。 ベートーベンの生きていた時代は、砂糖は高級品であったため化学的に合成した甘味料で甘みをつけていました。 この甘味料に使われていたのが鉛なのです。 葡萄の果汁を鉛製の鍋で煮ると甘みの強いシロップになるのですが、このシロップには葡萄果汁の成分と鉛の化合物である酢酸鉛が含まれていたのです。 ベートーベンは、このシロップが使われている食品を好んで食べていたことがわかっており、必然的に慢性的な腹痛を抱え難聴に悩まされていたのです。

次の