グランピング おすすめ。 長崎のおすすめグランピング施設5選!【2019最新】

【東海地方編】グランピング おすすめ7選!贅沢すぎる魅力を堪能しよう!

グランピング おすすめ

流行中!ラグジュアリーな超贅沢キャンプ「グランピング」おすすめ11選! 2019. 24 自然をめいっぱい満喫できるキャンプ。 でも、テントなどの装備を揃えるのも大変だし、暑さや虫など、不便や面倒を感じる人も少なくないでしょう。 そんな人におすすめしたいのは、グランピングです。 気軽に贅沢で豪華なキャンプで自然にふれるひとときを過ごしてみませんか? <目次> <関連記事> グランピングとは? いま流行のグランピング。 「星のや富士」のコンセプトはグランピング。 遊びのフィールドであるクラウドテラスでは、季節や滞在シーンに合わせたアクティビティをご提案。 ここでは、グランピングマスターがグランピングの醍醐味を伝授してくれます。 写真は森の中にあるフォレストキッチンで楽しむジビエを使ったコース料理「狩猟肉(ジビエ)ディナー」 写真は森の中にあるクラウドキッチンで楽しむアクティビティ「森の石窯 ピザづくり」 料理はダッチオーブンを使用したアウトドアでのディナーや、メインダイニングでのグリルディナー、インルームダイニングの3種類を用意。 四季折々の雄大な景色を臨むキャビン 眼下に河口湖を望めるキャビン 客室)は、外との境界線を感じさせない造りになっており、外にいるような感覚で、快適に過ごせるように工夫されています。 JR川崎駅のほど近くにある築30年の商業ビル。 このビルをリノベーションし、新しい価値とライフスタイルを発信する「場」としてOPENしたのが、Rockhills Garden。 芝生にテント、サンベッドまであり、気軽にグランピング気分を味わえるのが魅力。 8名以上で利用できるVIPラウンジには、高級アウトドアソファーやジャグジーつきの足湯も。 女子会やちょっとしたパーティなどにも最適な施設です。 食材は持ち込めますが、オススメはこだわり食材のBBQコース。 化学調味料を使用しないナチュラルな調理に定評のあるシェフが、見て楽しく、食べておいしいコース料理をご提供。 三陸の若手漁師団体や神奈川の養豚場とも提携しています。 最近のアウトドアは進化中!/「THE FARM CAMP」のリバーサイドエリア。 16棟のテントが水辺にゆったり配される 夕暮れ時の雰囲気は抜群。 朝晩が冷える時期もテント内には冷暖房も用意され、いたれりつくせり 2019年のオープン期間:3月1日~12月(予定) 都心から車で約90分、森に囲まれた農園リゾート内に設けられたグランピング施設。 ウッドデッキには北欧ノルディック社のテントが設置され、朝は大自然を眺めながらコーヒーを楽しみ、夜はハンモックに揺られながら夜空に広がる星を観賞する贅沢な時間を味わえる。 リゾートエリア内には温泉施設やレストランがあり、農園での収穫体験も可能だ。 バーベキューでは1ポンドのステーキや、ここの農園で採れた新鮮な野菜が味わえる。 リバーサイド16棟のほか、1日1組限定のフォレストエリアにも注目。 新スタイルのグランピング。 絶景が広がるテラス。 みなとみらいを一望するルーフトップや緑に囲まれた水辺のテラスで優雅なひと時を楽しもう。 テント内には、選び抜かれたハイセンスな家具が並び、海外の高級ホテルに滞在しているかのよう。 快適かつ美しく自然と共存することを追求した、ゆっくりとした時間を過ごすことのできる場所です。 シェフが提供する食事でおもてなししてくれる 様々な食材が、ここならではの調理法で仕上げられていく これまでは期間限定のイベント形式での開催でしたが、2018年3月のオープンで常設に。 星空を眺める、ソファーに座ってのんびりと語らう、闇夜にゆらめく炎を見つめる…そんな、ほんのひとときのスローライフを体験してみませんか? 1年を通して星空が広がる(天候によっては観測できない場合もあり).

次の

静岡県でグランピング♪女性に嬉しい!おすすめのグランピングスポット7選

グランピング おすすめ

世界的な建築家の隈研吾氏がデザインした「住箱—JYUBAKO—」では、ここならではのグランピングが満喫できます。 東京湾に面して大きく開いた窓際にベッドやソファが配され、心地よい時間が過ごせます。 東京湾を一望しながら専用のウッドデッキで迎える食事は格別! 夕食には、スノーピークのダイニングセットに、シェフが腕を振るった三島半島のシーフードがずらりと並び、家族で豪華なバーベキューを楽しめます。 近隣には、SUPやカヤックを楽しめる施設があるほか、猿島や軍港めぐりクルーズなどもあります。 隣接する温浴施設「SPASSO」も利用できます。 ファミリーに人気の「グランピングキャビン・ラージ」には、2台の2段ベッドとダイニングセットが備えられていて、ゆったりした時間とテントで眠るワクワク感を味わえます。 テントのほか、アメリカ直輸入のヴィンテージキャンピングトレーラーや、スタイリッシュなロッジなど、 全18種の異なるテイストのグランピングが可能です。 1棟ずつ内装デザインやインテリアが異なるヴィラタイプのホテル「RHINOS」では、アウトドアを楽しみながら室内でゆっくりホテルのように快適に過ごせます。 宿泊者専用の海が見えるウッドデッキやハンモックハウスでは、都会の喧騒を忘れてのんびりと快適な時間を過ごせます。 夏休み期間は、生ビールやかき氷、綿あめの販売も。 さらに共有スペースには、ペット連れファミリーにもうれしいドッグランも完備。 焚火ができるスペースもあるので、夜も楽しめます。 宿泊者は、営業時間内なら何度でも利用できます。 韓国風焼肉料理が人気のレストラン「よっこらしょっ北茨城総本店」やかんらくヤのチーズケーキが味わえるカフェや和室の休憩所も併設されているので、遊び疲れて帰ってもご飯の心配は要りません。 どちらも、専用デッキでバーベキューも楽しめます。 きっと忘れられない家族の思い出になりますね。 シーズン中の週末や連休、夏休みの時期は人気が集中するため、ご予約はお早めに。

次の

日本全国のおすすめグランピングスポット10選!キャンプより豪華に楽しみたい方へ

グランピング おすすめ

今回は和歌山県のグランピング施設を紹介します。 関西圏では、和歌山県には、淡路島や琵琶湖、天橋立と並んで、複数のグランピング施設が林立しています。 和歌山県の宿泊施設といえば白浜町の温泉旅館やリゾートホテル、和歌山マリーナシティのリゾートマンションなどのイメージが強いですが、近年はグランピング施設も増えてきています。 トレーラーハウス型、ドームテント型、高級コテージ型、プール付きコテージなど多彩なグランピング施設が和歌山県でもオープンしています。 施設の特徴はもちろん、利用料金の目安や交通アクセスについても掲載しましたので、ぜひ、参考にしてください。 いずれも、白浜と聞くとイメージがわくオーシャンビューが自慢のグランピング施設です。 南紀白浜アドベンチャーワールドやとれとれ市場など、大型のレジャー施設も付近にありますので、子連れ旅行で立ち寄りつつグランピングを楽しむのもよいかもしれません。 また、白浜町には南紀白浜空港も整備されて、関東方面からのアクセスも格段によくなりました。 個性的なグランピング施設ができて、和歌山県への観光客増に結びついていけば、今後、白浜エリアは活気づいていきそうですね。 和歌山県や白浜町では、ラグジュアリーなタイプの宿泊施設に熱心で、補助金制度も作られていますので、今後は高級ゾーンのグランピング施設も開業するかもしれませんね。 1.クリスタルヴィラ白浜(和歌山県白浜町) 和歌山県の代表的な観光エリアの白浜町の高台にオープンしたグランピングができるコテージ。 プライベート性を重視した一棟一棟独立した作りの全 9 棟のコテージ型グランピング施設です。 全9棟のうち、3棟にプライベートプールが設置されています。 プールが設置されていないコテージについてもジャグジーや露天風呂などの豪華な設備が完備されています。 コテージの中には、愛犬と一緒に宿泊可能な部屋もあります。 クリスタルヴィラ白浜公式HPより グランピングディナーは、春と夏には海や星空を眺めながらサンセットテラスでのBBQが楽しめます。 また、秋と冬には和歌山の名物のクエ鍋など冬にぴったりの4種類のお鍋のメニューを楽しむことができます。 宿泊とチェックインが異なった場所となっています。 チェックイン場所は下記へ。 白浜クリスタルカフェ:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399-3524。 施設名 :クリスタルヴィラ白浜(和歌山県白浜町)• エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレ完備• お風呂・シャワー:ジャグジー(人工温泉)• 料金:8万~• 子連れ・幼児:魚釣りもでき、快適な環境で最適• ペット・犬:不可• 住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399-3524• アクセス(電車):JR 白浜駅からタクシーで約10 分• アクセス(車):南紀白浜IC下車、15分 山荘天の里公式HPより 山荘天の里の宿泊室は、3棟のコテージです。 各コテージには2種類のツインルームがあり、2つのツインルームを繋いで利用することもできます。 各コテージ共に最大5名まで宿泊が可能です。 ラグジュアリスイート(洋風LV)は101号室、103号室とあり、それぞれ定員は2名(最大3名)となっています。 室内の広さは64㎡で宿泊料金は57,000円~(1室2名利用1名料金) ラグジュアリスイート(和風LV)105号室で、定員は2名(最大3名)。 室内の広さは67㎡で宿泊料金は57,000円~(1室2名利用1名料金)。 ジュニアスイートは102号室、104号室、106号室とあり、それぞれ定員は2名。 室内の広さは51㎡となっています。 客室には半露天檜風呂が完備されており、宿泊料金は51,000円~(1室2名利用1名料金)。 グランピングプランは、夕食は屋外(コテージ前)でBBQ、朝食はレストランとなります。 日帰りグランピングも可能です。 グランピングが楽しめる期間は3月下旬から11月末まで。 食材は一般的なグランピング施設と比較して、かなり良いものが使用されています。 メニュー例として、「720日プロシュートとフレッシュサラダ」、「サザエのブルギニオン ソフトバケット添え」、「紀州香り鮎のホイル焼き」、「近海産 魚介類のアクアパッツァ」、「黒毛和牛のサーロインと地元産猪肉の紀州備長炭焼き」、「旬野菜のご飯 焼きおにぎりスタイル」など。 利用料金は和歌山県の他のグランピング施設よりも高額ですが、食材の質などのこだわりを考えると、納得のお値段ではないでしょうか。 滞在中はドリンクインクルーシブとなっています。 なお、グランピングプランについては、宿泊日の前日の午後12時点で、翌日(宿泊日)の降水確率が50%以上の場合、グランピングは中止となります。 グランピングが中止となった場合の夕食につきましては、ホテルレストランでのコース料理となります。 JR笠田駅、高野山まで無料送迎サービスがございます。 (送迎の定員は上限6名まで)• 施設名:山荘天の里(和歌山県かつらぎ町)• エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレ完備• お風呂・シャワー:完備• 料金:51,000円~• 子連れ・幼児:可• ペット・犬:不可• 住所:和歌山県かつらぎ町下天野1620• アクセス(電車):JR笠田駅から無料送迎あり• アクセス(車):京奈和道、かつらぎ西IC下車、30分 3.sorasitaRAINBOWビーチグランピング加太 2017年7月15日にオープンした和歌山市の加太海水浴場内のグランピング施設。 海岸線のビーチでグランピングができる稀少な施設で、海のイメージが強い和歌山県ならではの施設です。 ビーチに作られたウッドデッキの上に張られたテントに宿泊するテントタイプのグランピング施設で、海の潮の香りや波の音をダイレクトに感じることができる点が最大の特徴です。 テントは全部で4棟あります。 sorasitaRAINBOWビーチグランピング加太公式HPより sorasitaRAINBOWビーチグランピング加太からは、無人島の「友が島」を見ることができます。 この友が島の後ろに沈む夕日が辺り一面をオレンジ色に染め始める時間は幻想的な雰囲気となります。 ロマンティックな雰囲気はカップルにもおすすめです。 冬季は天然真鯛の鯛しゃぶコースなどが楽しめます。 施設名 :sorasitaRAINBOWビーチグランピング加太(和歌山市)• エアコン・トイレ:管理棟の共同トイレ• お風呂・シャワー:近隣の温泉旅館等利用可能。 子連れ・幼児:海あそび• ペット・犬:不可• 住所:和歌山市加太北浜場内 加太海水浴場内• アクセス(電車):南海電鉄、加太駅より徒歩約15分• アクセス(車):和歌山北ICより、約20分 4.四季の郷 遊楽 天空のリゾート四季(SHIOSAI TERRACE) 四季の郷・遊楽・天空のリゾート四季(SHIOSAI TERRACE)はドームテント型の宿泊グランピングが可能な施設で、2019年8月にオープンしました。 ドームテントは10棟あります。 南紀白浜アドベンチャーワールドまで徒歩15分で行く事が可能で、車を停めて歩いて行ってもOK。 四季の郷 遊楽 天空のリゾート四季(SHIOSAI TERRACE)公式HPより 入浴設備は隣接地にある「椿温泉」をご利用いただけます。 泉質はアルカリ性温泉。 貸切風呂は先着3組限定となっており、予約が3組になり次第終了となります。 ブログに掲載されていた内容ですが、クレジットカードで支払う予定の方はチェックインに時間がかかるそうなので、オススメできません。 現金で支払うほうがスムーズとのこと。 SHIOSAI TERRACE では併設の「ふれあい広場 乗馬クラブ」にて乗馬体験が可能です。 (乗馬体験の料金は別途必要です) 冷暖房は完備ですが、トイレと洗面は、敷地内の共用設備となります。 施設名 :SHIOSAI TERRACE (シオサイテラス)(和歌山県白浜町)• エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレは共同• お風呂・シャワー:近隣の温泉施設を利用• 子連れ・幼児:可• 住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399-3• アクセス(電車):白浜駅、タクシー20分• アクセス(車):南紀白浜IC下車、30分 5.グランパスINN白浜(和歌山県西牟婁郡白浜町) 和歌山県白浜町にあるトレーラーハウス型のグランピング施設。 他にもムーンロッジやパオなどの宿泊施設でもBBQを楽しめます。 敷地内には温泉(千畳の湯)やフットサルコートもあります。 ホテルやオートキャンプ場も併設されている和歌山県では、規模の大きいレジャー、宿泊の総合施設です。 グランパスINN白浜公式HPより BBQガーデンから見える海に落ちる夕日は絶景です。 和歌山県の奇勝として名高い千畳敷に徒歩4分で行くことができます。 千畳敷は広大な岩畳が海際に広がる壮大な景観が著名。 観光客が少ない冬季はとにかく宿泊料金が安く、スポーツ施設が併設されていることから、若い世代のグループ旅行や学生の団体に最適なグランピング施設です。 施設名 :グランパスINN白浜(和歌山県白浜町)• エアコン・トイレ:エアコン、トイレはトレーラーは完備• お風呂・シャワー:共同の大浴場がおすすめ• 子連れ・幼児:可• 住所:和歌山県西牟婁郡白浜町千畳敷2953-3• アクセス(電車):白浜駅、三段壁行きバスにて千畳口バス停下車、徒歩1分• アクセス(車):南紀白浜IC下車、15分 こちらもあわせてご覧ください.

次の