パズドラ 多色。 アテン難民

【パズドラ】ファスカと相性の良いリーダーまとめ

パズドラ 多色

私が注目するのは「強いから」というのはもちろんですが、何よりも思うことがあるわけです。 「多色って楽しいのよ!!」 これです、これなんです。 何を隠そう、この私キントキは、根っからの多色好き。 パズドラの初期から多色型にハマり、エジプト神実装後から「ラー」を使い続け、一時期は「アンナ」を推しに推し続けた。 今もなお「バレンタインイデアル」「メノア」などを使う、多色大好きお兄さんなのです。 そんな私がこの性能を見て、使わずにいられようか。 否ッ、使わざるを得ない!! というわけで、早速使っていきましょう! なんてことにはなりません。 最強編成、組むしかなかろうて! てなわけで、編成を組んできたので、見ていただきましょう。 このショートショートのような展開の早さ、キントキクオリティ。 巷で囁かれているのは、やはり 「アルジェ」との組み合わせ。 半減で耐久力もありつつ、固定追い討ちもあり。 おまけに多色の敵であるダメージ無効も葬れますからね。 そんな「ルシア」と「アルジェ」の組み合わせで1つ、どどん。 最近なにかと話題の裏列界、地獄の連撃「マイネ」「クロネ」を「金時のスクーター」で対策も視野に入れつつも、多色第二の敵「属性吸収」を封じていきます。 おまけにドロ強にエンハンスもガッチリ積んだ、万能の編成にございます。 ただ私、「アルジェ」と合わせるのも良いですが、 「ルシア」同士で組み合わせるのも良いんじゃあないか、と思っている派閥にございます。 「L字が面倒」「軽減張るのが面倒」と思う方もいらっしゃることでしょう。 なればこそ、ここは「ルシア」「ルシア」で組んでみようではないですか。 というわけで、第二の編成、どどん。 「ルシア」「ルシア」だと固定追い討ちがないってことで、ガツガツ回復縦1列を作れる「ドットロノウェ」をチョイス。 アシストが溜まれば「陣」として、溜まっていなければ溜まっていないで 「毒・お邪魔目覚めの上書き」として使える、ありがたい1枠です。 多色大好き現役攻略班のガチで組んだ編成となると、こんな感じでございます。 これから少し時間が経ったり、いざ使ってみたりで新しくより良い編成ができるやもしれませんが、一旦はこんな感じ。 何かしら参考になれば幸いにございます。 「こんな編成組めんわ!」とお思いの方、申し訳ない・・・! とりあえず私のメモでもあるのでこうなっております・・・。 だーすくんが公開してる「」もあるので、何卒穏便に。 ってなわけで、今回はここまでっ。 ではではー!.

次の

アテン難民

パズドラ 多色

光カーリーやヴォルスーンが持っているスキル。 基本的に全ドロップを火、水、木、光、闇に変換する効果を持っており、覚醒ラーやセフィロスなどの4属性や5属性同時攻撃を条件とする多色パーティーで使われる。 後述する6色陣と比較すると、以下のような特徴がある。 生成する攻撃ドロップが多い• 5色陣持ちモンスターの入手難易度が低め 6色陣よりも回復ドロップがない分、攻撃に特化している。 1色あたりの生成されるドロップ数が多いので、4個消しを絡めたパズルがしやすく、操作時間延長と組み合わせて最大コンボを狙えるとかなり強力だ。 また、ガチャから出やすい光カーリーを始め、降臨ボスでも持っているモンスターが多いので、ガチャをあまり引かない人でも入手しやすい点は大きい。 回復を含む5色陣 5色陣スキルの中では、カイトや犬夜叉が持つ回復ドロップを含むものも存在する。 この場合、生成されないドロップがあるため、上記の覚醒ラーやセフィロスのような5属性同時攻撃を条件とするパーティーでは使えない。 しかし、4属性同時攻撃までのパーティーや、4属性+回復でも倍率が発動できるパーティーでは使うことができ、 回復も同時に行えるのが強みだ。 5色陣スキル持ちモンスター 以下のモンスターが5色陣スキルを持っている。 モンスター名 変換する色と追加効果 輝耀の秘女神・カーリー(光) 古城の女主神・カーリー(ハロウィン) 火、水、木、光、闇に変換 救翼の龍騎神・シェリアス 火、水、木、光、闇に変換+1ターンヘイスト 大弯の海龍王・ヴォルスーン 火、水、木、光、闇に変換+1ターンドラゴンと攻撃タイプの攻撃力半減 アスモディエス アナザー カード 火、水、木、闇、回復に変換 気狂いピエロ・カイト 火、木、光、闇、回復に変換+1ターンヘイスト 人類最強の兵士・リヴァイ 火、水、光、闇、回復に変換+1ターンヘイスト 鉄砕牙の奥義・犬夜叉 火、木、光、闇、回復に変換+1ターンヘイスト 6色陣スキルの特徴 6色陣スキルは、闇カーリーなどが持つスキル。 5属性+回復の6色に変換するスキルで、ラー=ドラゴンパーティーのような5属性同時攻撃+回復を条件とするパーティーに対応できる。 また、5属性同時攻撃だけを必要とするパーティーでも、回復しつつ攻撃できるというメリットがある。 6色陣は5色陣と比べ、主に以下のような特徴がある。 回復ドロップも生成できる• 6色全部生成するため、パズルが難しい• 1色あたりの生成される数が少ない 5色に加えて回復ドロップも生成するため、5色陣よりも編成できるパーティーの幅が広い。 また、回復も同時に行えるメリットの半面、1色あたりの生成数が少ないので、4個消しができない場面があったり、パズルが難しい盤面になったりすることもある。 6色陣スキル持ちモンスター 以下のモンスターが6色陣スキルを持っている。 モンスター名 変換する色と追加効果 暴滅の威女神・カーリー 闇) 聖堂の女主神・カーリー(火) 図書室の管理神・カーリー(木) 火、水、木、光、闇、回復に変換 きまぐれ召喚・でぶチョコボ 火、水、木、光、闇、回復に変換+HPを1000回復 抗神機・ラグナロク=ドラゴン 火、水、木、光、闇、回復に変換+1ターンヘイスト 虚化・黒崎一護 火、水、木、光、闇、回復に変換+1ターン操作時間1. 基本的な役割は5色や6色陣と変わらないが、以下のような特徴がある。 毒やお邪魔を必要とするパーティーで使える(ヘルパーティーなど)• 毒やお邪魔変換と組み合わせられる(覚醒アスタロトなどが所持) 普段はデメリットにしかならない毒やお邪魔ドロップだが、ヘルやフェンリルパーティーなど、倍率の発動条件に毒やお邪魔を必要とする場合は、貴重な欠損防止役として使える。 また、単色パーティーに編成して、覚醒アスタロトや星機神が持つ毒やお邪魔も変換するスキルと組み合わせても強力だ。 毒お邪魔付き陣スキル持ちモンスター 以下のモンスターが、毒やお邪魔付きの陣スキルを持っている。 モンスター名 変換する色と追加効果 神脅の毒蛇・ヨルムンガンド 火、水、木、光、闇、お邪魔に変換+敵全体を毒にする 玻璃の風龍王・リンシア 火、水、木、光、闇、回復、毒に変換 雷天の頑龍王・ガイノウト 火、水、木、光、闇、回復、お邪魔に変換+火ドロップ強化 ドロップリフレッシュ 使用すると上からドロップが降ってくる演出が流れ、生成するドロップの配置や個数が陣スキルとは異なっている。 具体的にどのように違うかというと、以下のような特徴が挙げられる。 ドロップが各色3個以上そろわない時がある• スキル使用後、ドロップが消えて攻撃できることがある• ドロップが消えると味方全体のスキルが1ターン進む• ロックドロップも消せる• 毒やお邪魔出現確率が上がっていると、これらのドロップが降ってくる可能性がある 変換かどうかというだけで、これだけの違いがある。 特に重要なのは、ロックにも対応可能かつ、たまにスキルを1ターン無償でためられるという点だ。 ドロップリフレッシュ系スキル持ちモンスター ドロップリフレッシュ系スキルを持っているモンスターは、以下のとおり。 モンスター名 スキルの効果 キングマスターリング 大食の妖仙・猪八戒 ピエドラばつ丸 南斗白鷺拳・シュウ ランダムでドロップを入れ替える ボルメテウス・ブラック・ドラゴン 絢爛の傾奇神・前田慶次 ランダムでドロップを入れ替える +1ターンヘイスト C GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. C 高橋留美子/小学館•

次の

【パズドラ攻略】スキブ×6の優秀サブ!LF最大441倍の多色リーダーにもなる“ヴァレリア”の評価&使い道を考察 [ファミ通App]

パズドラ 多色

私が注目するのは「強いから」というのはもちろんですが、何よりも思うことがあるわけです。 「多色って楽しいのよ!!」 これです、これなんです。 何を隠そう、この私キントキは、根っからの多色好き。 パズドラの初期から多色型にハマり、エジプト神実装後から「ラー」を使い続け、一時期は「アンナ」を推しに推し続けた。 今もなお「バレンタインイデアル」「メノア」などを使う、多色大好きお兄さんなのです。 そんな私がこの性能を見て、使わずにいられようか。 否ッ、使わざるを得ない!! というわけで、早速使っていきましょう! なんてことにはなりません。 最強編成、組むしかなかろうて! てなわけで、編成を組んできたので、見ていただきましょう。 このショートショートのような展開の早さ、キントキクオリティ。 巷で囁かれているのは、やはり 「アルジェ」との組み合わせ。 半減で耐久力もありつつ、固定追い討ちもあり。 おまけに多色の敵であるダメージ無効も葬れますからね。 そんな「ルシア」と「アルジェ」の組み合わせで1つ、どどん。 最近なにかと話題の裏列界、地獄の連撃「マイネ」「クロネ」を「金時のスクーター」で対策も視野に入れつつも、多色第二の敵「属性吸収」を封じていきます。 おまけにドロ強にエンハンスもガッチリ積んだ、万能の編成にございます。 ただ私、「アルジェ」と合わせるのも良いですが、 「ルシア」同士で組み合わせるのも良いんじゃあないか、と思っている派閥にございます。 「L字が面倒」「軽減張るのが面倒」と思う方もいらっしゃることでしょう。 なればこそ、ここは「ルシア」「ルシア」で組んでみようではないですか。 というわけで、第二の編成、どどん。 「ルシア」「ルシア」だと固定追い討ちがないってことで、ガツガツ回復縦1列を作れる「ドットロノウェ」をチョイス。 アシストが溜まれば「陣」として、溜まっていなければ溜まっていないで 「毒・お邪魔目覚めの上書き」として使える、ありがたい1枠です。 多色大好き現役攻略班のガチで組んだ編成となると、こんな感じでございます。 これから少し時間が経ったり、いざ使ってみたりで新しくより良い編成ができるやもしれませんが、一旦はこんな感じ。 何かしら参考になれば幸いにございます。 「こんな編成組めんわ!」とお思いの方、申し訳ない・・・! とりあえず私のメモでもあるのでこうなっております・・・。 だーすくんが公開してる「」もあるので、何卒穏便に。 ってなわけで、今回はここまでっ。 ではではー!.

次の