宿便 取り。 【宿便の出し方】最適な食べ物は梅干し 梅湯断食のやり方を紹介

宿便って何?色や臭いは?スッキリ出す方法・溜めないコツを徹底解説!

宿便 取り

三浦直樹 (みうら・なおき) みうらクリニック院長。 肉親のがんをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識。 以来、約20年間、治療法の選択肢を広げるべく、自然療法の研究・実践を開始。 病気にならない生活習慣のアドバイスを行う一方で、「難病と言われてもあきらめない」をモットーに、他の病院では行っていない治療法なども効果や安全性を考えながらとり入れている。 著書『週1断食で万病が治る』『薬だけに頼らず病気を治す家庭療法の教科書』(ともにマキノ出版)が好評発売中。 (公式サイト) 「梅流し」とは 私は断食による健康指導を行っており、断食の最後には、梅干しを使った 「梅流し」を行います。 これは、臨済宗の僧・野口法蔵氏の下で学んだインド式の断食法です。 最低48時間以上食事を抜いた後、大根の煮汁に梅干しを入れてつぶした「梅湯」を飲みながら、煮た大根や生野菜を、みそとともに食べるというものです。 梅干しのクエン酸が洗剤、大根や生野菜の食物繊維がブラシのような働きをして、腸をきれいに掃除するという考え方が基礎にあります。 梅流しを行う目的は、 宿便を出すことです。 【宿便とは】 西洋医学では「宿便」という言葉はほとんど使われません。 内視鏡で大腸内を見ても、いわゆる長期滞留している便は確認できないからです。 しかし実際には、断食後に梅流しをすると、驚くほど大量の便が出ることがあります。 普段の便とは形状が異なり、ドス黒い便、砂のような便、ワカメのような便など、いろいろなパターンがあるようです。 私の師匠は、これを「小腸の粘膜や絨毛にこびりついている、古い組織や汚れが剥がれ落ちたもの」と説明しています。 通常の便も、食べ物のカスだけではありません。 半分以上は腸内細菌や腸壁細胞の死骸なのです。 宿便がたまると腸の消化吸収機能が衰え、体にさまざまな悪影響が及びます。 宿便を出すことは、腸の機能を回復させることにつながるのです。 量は1皿ぐらい)、みそ(量に決まりはない)を食べる。 梅流しの効果 私は座禅断食を学んだとき初めて梅流しを体験し、その効果を実感しました。 これまで私の断食会に参加した人も、ほとんどの人が宿便を出しています。 梅湯を何杯飲めば宿便が出るかは、人によります。 私は早いほうで、いつも2〜3杯飲めば出ていました。 なかには、4〜5杯以上飲まないと出ない人もいます。 また、散歩をして刺激を加えると、出やすくなります。 断食と梅流しで宿便を出し、腸の機能を回復させることで、体調を良い方向へ導きます。 「梅流し」の注意点 ただし、なかば強制的に宿便を出す梅流しは、一時的に腸壁を荒らすことになります。 実践する際は、いくつか注意点があります。 まず、 投薬や治療中の病気のある人は、決して自己判断で行わないこと。 特に消化器系の病気の人、消化器の手術をして1年以内の人は禁忌です。 また、 梅流しは48時間以上の断食をして、胃腸をからっぽにしなければ意味がないとされています。 長時間の断食は危険を伴うことがあるので、最初は専門家のもとで行いましょう。 長期にわたって行う本格的な断食は、気軽にできるものではありません。 断食前に準備期間を設けて徐々に少食にし、断食後の数日間も、注意しながら通常の食生活にゆっくり戻していく必要があります。 基本的には、専門家の指導のもとで行うものです。 そこで、自宅で気軽に安全にできる断食として、私がお勧めするのが、「週1断食」です。 週1断食とは、週に1回、1日1食にする「24時間断食」です。 梅流しで腸が荒れているときは、食べたものを吸収しやすいので、体によくないものを食べるとかえってアレルギーを招きやすくなります。 梅流しの後、1週間は、動物性食品、アルコール、添加物、炭酸、ヤマイモや香辛料など刺激の強い食品は控えてください。 お酒の飲みすぎ、夏バテに「梅湯」が役立つ 本格的な断食や梅流しはハードルが高いという人は、梅流しで使う梅湯を健康食として取り入れるだけでも、メリットはじゅうぶん期待できます。 東洋医学では、酸味は肝臓の機能を高めて血液をきれいにする働きがあるといわれています。 梅に含まれるクエン酸は疲労回復に、また良質な塩分は殺菌作用に優れています。 お酒を飲みすぎたときや、夏バテ、食あたり予防にも役立つでしょう。 ぜひご活用ください。

次の

宿便を出す方法〜腸内デトックスしよう〜

宿便 取り

宿便・滞留便は、 サプリメントを使って出すのが、安全に解消する一番の方法です。 宿便に効果の期待できるサプリメントを試してみました。 宿便って本当に存在するの? 宿便というのは、どんなものだと思いますか? 一説によると、腸壁に黒くこびりついた便の塊などと言われたりもしていますが、本当の正体はどのようなものでしょうか。 小腸の粘膜には、腸絨毛(ちょうじゅうもう)という無数の突起があり、ヒダ構造になっています。 しかし、腸の粘膜は約24時間程度で新しい細胞に生まれ変わるので、 死んで剥がれてしまった粘膜細胞は便として排出されます。 また、大腸で便が作られるのですが、大腸には小腸の様なヒダ構造は無く、多少、くびれのようなものがありますが、大腸の蠕動(ぜんどう)運動により、くびれが膨らんだり、縮んだりするので、便がこびりつくということはありません。 さらに大腸では、大腸壁を守るために粘液が常に分泌されているので、便がこびりつくということは起きません。 したがって、宿便というものが腸壁に長期間こびりついているということはありません。 宿便というのは、便秘のために長い間、腸で滞留している滞留便ということが出来ます。 便の滞留(宿便)の理由 宿便と呼ばれて腸の中でウンチが滞留してしまう原因は、 腸の機能が低下している状態だと言えます。 腸内環境が悪化して、 腸のぜん動運動(ウンチを腸から肛門まで運ぶ動き)が起きないため、ウンチをスムーズに腸から肛門に移動させることができないで、滞留していると考えられます。 ウンチが腸内で滞留すると、腸内環境が悪化して勢力を持った 悪玉菌は、ウンチを腐敗させ有害物質を発生させます。 発生した有害物質は、腸で吸収されて、血液に入って全身をめぐり、さまざまな病気を引き起こします。 つまり、腸内環境の悪化は、便通異常(便秘や下痢)を起こしたり、悪玉菌は身体全体の免疫力を低下させ、風邪やインフルエンザにかかりやすくなったり、アレルギー(アトピーや花粉症など)症状など、様々な不調をひきおこしてしまいます。 これらは、不規則な生活習慣、偏った食生活、ストレス、不安、加齢などから腸内の 善玉菌はどんどん減り、善玉菌が減った分だけ悪玉菌が増えていって、悪玉菌が優勢の環境になっていると考えられます。 滞留した宿便をスッキリだすには・・・ 滞留した 宿便をスッキリ出すには、腸内環境を改善すること、つまり、腸内の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やして元気にすることで、腸の機能を回復することです。 善玉菌が増えると、善玉菌の作り出す『 乳酸』により、腸内が弱酸性に保たれ、その刺激が 腸のぜん動運動を活発にして便通を良くします。 すると、便を溜め込まない様になり 宿便 は無くなります。 悪玉菌による宿便の腐敗も無くなることで、有害物質も作り出されなくなるため、血液がキレイになって肝臓や免疫組織の働きが活性化されるので、免疫力のアップした健康なカラダを作ることになり、不調を無くすことにつながります。 タイプ別の善玉菌サプリメント.

次の

宿便をサプリで安全に出すのが一番!

宿便 取り

宿便・滞留便は、 サプリメントを使って出すのが、安全に解消する一番の方法です。 宿便に効果の期待できるサプリメントを試してみました。 宿便って本当に存在するの? 宿便というのは、どんなものだと思いますか? 一説によると、腸壁に黒くこびりついた便の塊などと言われたりもしていますが、本当の正体はどのようなものでしょうか。 小腸の粘膜には、腸絨毛(ちょうじゅうもう)という無数の突起があり、ヒダ構造になっています。 しかし、腸の粘膜は約24時間程度で新しい細胞に生まれ変わるので、 死んで剥がれてしまった粘膜細胞は便として排出されます。 また、大腸で便が作られるのですが、大腸には小腸の様なヒダ構造は無く、多少、くびれのようなものがありますが、大腸の蠕動(ぜんどう)運動により、くびれが膨らんだり、縮んだりするので、便がこびりつくということはありません。 さらに大腸では、大腸壁を守るために粘液が常に分泌されているので、便がこびりつくということは起きません。 したがって、宿便というものが腸壁に長期間こびりついているということはありません。 宿便というのは、便秘のために長い間、腸で滞留している滞留便ということが出来ます。 便の滞留(宿便)の理由 宿便と呼ばれて腸の中でウンチが滞留してしまう原因は、 腸の機能が低下している状態だと言えます。 腸内環境が悪化して、 腸のぜん動運動(ウンチを腸から肛門まで運ぶ動き)が起きないため、ウンチをスムーズに腸から肛門に移動させることができないで、滞留していると考えられます。 ウンチが腸内で滞留すると、腸内環境が悪化して勢力を持った 悪玉菌は、ウンチを腐敗させ有害物質を発生させます。 発生した有害物質は、腸で吸収されて、血液に入って全身をめぐり、さまざまな病気を引き起こします。 つまり、腸内環境の悪化は、便通異常(便秘や下痢)を起こしたり、悪玉菌は身体全体の免疫力を低下させ、風邪やインフルエンザにかかりやすくなったり、アレルギー(アトピーや花粉症など)症状など、様々な不調をひきおこしてしまいます。 これらは、不規則な生活習慣、偏った食生活、ストレス、不安、加齢などから腸内の 善玉菌はどんどん減り、善玉菌が減った分だけ悪玉菌が増えていって、悪玉菌が優勢の環境になっていると考えられます。 滞留した宿便をスッキリだすには・・・ 滞留した 宿便をスッキリ出すには、腸内環境を改善すること、つまり、腸内の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やして元気にすることで、腸の機能を回復することです。 善玉菌が増えると、善玉菌の作り出す『 乳酸』により、腸内が弱酸性に保たれ、その刺激が 腸のぜん動運動を活発にして便通を良くします。 すると、便を溜め込まない様になり 宿便 は無くなります。 悪玉菌による宿便の腐敗も無くなることで、有害物質も作り出されなくなるため、血液がキレイになって肝臓や免疫組織の働きが活性化されるので、免疫力のアップした健康なカラダを作ることになり、不調を無くすことにつながります。 タイプ別の善玉菌サプリメント.

次の