フリー ステッチ ング ニードル 100 均。 【楽天市場】クロバー クロバー フリーステッチングニードル

ぷちぷち簡単刺繍♪ニードルパンチのやり方

フリー ステッチ ング ニードル 100 均

こんにちわ。 手芸の山久 スタッフのやまです。 わたしはコタツに入りっぱなしでした。 川越では、雪がチラついた日もありました。 というわけ? 白いふわふわの部分は、もちろん羊毛フェルトです。 ところで、フリーステッチングって何?って思われている方、いらっしゃるんじゃないでしょうか? フリーステッチングとは、クロバーさんが開発された縫わずに布に糸を刺すだけで刺繍ができる魔法のステッチ方法です。 #こんな感じです。 早速ですが、やり方を紹介いたします。 【用意する物】 ・フリーステッチング ニードル #フリーステッチング スレダーも一緒に入っています。 ・フリーステッチング フープ #画像リンクは18cm枠ですが、小さめの刺繍をする場合はをお使いください。 ・フリーステッチング スタンド #枠が18cmでも12cmでも使えます。 ・フリーステッチング接着シート #アイロンを使いたくない方は、での代用もできます。 ただ使いやすさは、接着シートの方がおすすめです。 ・刺繍糸 #オリンパスのでも でも わたしが今回使ったような でも 何でも好きな糸で大丈夫です。 細い糸や太い糸を使いたい方は、を別途ご用意くださいませ。 【作り方】 1.布をピンとはって、フリーステッチングフープにセットする。 #ピンとはるのが、ポイントです。 2.フープをスタンドにセットする。 3.フリーステッチングニードルに糸をセットする。 ニードルにスレダーを使って、手順書にかいてある通りに糸をとおします。 針先を布から浮かさないように気をつけ、書きたい線をステッチしていく。 5.ステッチが終りましたら、フープからはずす。 #表面 #裏面 6.ステッチした糸が外れないように、裏面にアイロン接着シートを貼り付ける。 #アイロン接着シートは布の色に合わせて貼れるよう、8色入っています。 7.余分な糸を切って、仕上げる。 (フリーステッチングは、ここまでです。 ) 8.もふもふさせたいので、羊毛フェルトを付け足す。 9.くるみボタンに布をつけて、完成! どうでしたでしょうか? 簡単にかわいいステッチができるので、おすすめです。 気をつけるポイントとしては、下記2点です。 544円 税込 送料別• 1089円 税込 送料別• 673円 税込 送料別• 385円 税込 送料別 レビュー数:(0件)• 326円 税込 送料別• 110円 税込 送料別• 2666円 税込 送料別• 110円 税込 送料別• 110円 税込 送料別• 110円 税込 送料別• 1584円 税込 送料別 レビュー数:(0件)• 47916円 税込 送料別 レビュー数:(0件)• 990円 税込 送料別 レビュー数:(0件)• 1782円 税込 送料別• 363円 税込 送料別• 1214円 税込 送料別• 440円 税込 送料別 レビュー数:(0件)• 3080円 税込 送料別• 737円 税込 送料別 レビュー数:(0件)• 1485円 税込 送料別 レビュー数:(0件)• 2277円 税込 送料別• 451円 税込 送料別• 3696円 税込 送料別• 110円 税込 送料別• 445円 税込 送料別 コメント 0件.

次の

【楽天市場】刺しゅう > メーカーで選ぶ > クロバー > フリーステッチング:手芸材料の通信販売 シュゲール

フリー ステッチ ング ニードル 100 均

ネットでのフリーステッチングニードルが気になってしょうがなかったのですが今日やっと買えました。 簡単ししゅう プチプチさすだけでスピーディーな刺繍です。 バックステッチ ループ サテンステッチ 色々なステッチが楽しめます。 もー楽勝で刺繍できるのかしらと思ってました。 パッケージあけて糸を通すまで。 とりあえず刺繍糸を六本から三本に分けるんですがこれが苦痛 分けた糸をニードルに通すのに2工程 刺繍大変だからこれ楽!で飛び付いた私にはメンドウなんです。 ボールペン位あってもいい感じ。 上手くできないから力入って指痛いしやる気ほとんどなくなりました。 さんの動画では結構簡単そうなんですが私には難しいです。 やのレビューとかいま読めばなるほどって思います。 針の種類も他の使えばまだ出来たりするかも やりたい!って時に出来たので満足なんですが全然簡単じゃなくてがっかり パイル刺繍かわいいのになー。 いつか使いこなせるようになりたいです。

次の

【楽天市場】刺しゅう > メーカーで選ぶ > クロバー > フリーステッチング:手芸材料の通信販売 シュゲール

フリー ステッチ ング ニードル 100 均

必要な材料と道具 少し特殊な道具を使うので、扱い方をしっかり覚えましょう。 a:針 糸の本数によって使い分けます。 3本どり用が一般的です。 (メーカーにより形状は異なります。 ) b:スレダー 専用の糸通し器です。 c:チューブ ループの長さの調節に使います。 (調節機能のついた針では使用しません) d:フープ しっかり布が張れて、固定力の強いものを使います。 e:刺繍糸 3本どりにして使います。 糸巻きになっているタイプはより扱いやすいです。 布 布目が粗いもの、Tシャツ素材など伸びやすいものやフェルトなどは適していません。 裏側から刺すので、図案は裏側に描いておきます。 また、必ず反転させた図案を描いておきましょう。 針にはあらかじめチューブがセットされていますが、短いループの作品にしたい場合は、このチューブをはずして、2mmくらいにカットしたチューブを追加します。 針先からスレダーを差し込みます。 針の後ろから出てきたスレダーに糸を通します。 スレダーを引き抜きます。 そのまま続けて、スレダーの細い方の先を針穴に通します。 裏側が上になるように布をフープにセットします。 布がピンと張るように四方に引っ張りながら、ねじを締めていきます。 (ちょっと強すぎるかも?と思うくらいしっかり引っ張りましょう。 フープを固定して、針は布に対して垂直に刺します。 針を抜き、針先から布が離れないように1〜2mm先に針を刺します。 布の上を滑らせるように同じ間隔で刺し進みます。 方向を変えるときは、針ではなくフープの方を回します。 1周まわったら、1mmほど内側を渦巻き状に刺していきます。 中心まで刺せたら、最後のひと針を指で押さえて針を引き抜きます。 糸は根元でカットするだけ。 玉結びなどはしません。 表に返せばもこもこのループができあがっています! こんな楽しみ方もありますよ! ループ刺しゅうの裏側は、バックステッチのような刺しゅうになるので、2通りの楽しみ方ができます。 台紙に貼ってカードにしてみました! もこもこ感がかわいいニードルパンチ 専用ツールを使えばタオルのようなループが簡単にできるユニークな技法。 ぷちぷちと布を刺す感覚もおもしろいですよ。 クチュリエブログでは、刺繍はもちろん、裁縫、手編みなど、さまざまな手づくりのコツをお届けしています。 手づくりキットを販売しているクチュリエショップや、公式SNSアカウントもお見逃しなく!.

次の