不倫 訴える。 不倫で探偵をつけられた!探偵を訴えることはできる?あなたは訴えられてしまう?|ランニング探偵事務所公式ブログ

不倫はどこから?男女が考える境界線と法的にみるOUTライン

不倫 訴える

1、不倫の慰謝料請求とは? 少し難しい話になってしまいますが、不倫慰謝料請求権の消滅時効について知るにあたり、まずは不倫慰謝料請求権の法律上の意味について知っておきましょう。 (1)不倫慰謝料請求権の法律上の意味とは? そもそも慰謝料とは、精神的苦痛を受けたことに対して支払われる金銭です。 そして不倫の慰謝料は、 「夫が会社の同僚と不倫をした!」「妻が同窓会で久しぶりに会った同級生と浮気した!」というな場合に不倫・浮気された側が婚姻相手、もしくは不倫相手に対して請求することができます。 このような不倫の際に慰謝料を請求する権利ですが、法律用語では 「不法行為に基づく損害賠償請求権」にあたります(民法709条)。 キスした、とか食事をしただけでは慰謝料の請求は基本的には困難です。 また、たった一度の性行為ということではなかなか慰謝料請求が難しい、認められたとしても金額が低廉になるというのが現実です。 まとまった金額の慰謝料が認められるためにはある程度の継続的関係があることが必要とされています。 また、仮に知らないとしても、知らないことに落ち度(過失)がある場合には慰謝料請求が可能です。 例えば、仮に交際相手が「自分は独身だ」と言い張っていたとしても、左手の薬指に指輪をしていたような場合には、既婚者であることを知らないことに落ち度があるといってよいでしょう。 不倫における「損害」とは、婚姻関係を破綻させたことです。 よって、不倫関係の開始時に既に婚姻関係が破綻していたような場合には、慰謝料請求することができません。 ちなみに、ここでいう婚姻関係が破綻している状態とは、• 別居している• 同居しているが、性関係もなくほとんど会話もない などの場合をいいます。 2、不倫の慰謝料請求の時効とは? このような慰謝料請求権ですが、いつまでも請求できるわけではなく、法律上、一定の期間が経過すると消滅するものと定められています。 この期間を経過すると請求が難しくなります。 (1)不倫慰謝料請求権が消滅してしまうまでの期間は? 少し紛らわしいのですが、法律は権利が消滅してしまうまでの期間として2つの期間を定めています。 具体的には以下の2つの期間が定められており、2つのうち、いずれかの期間が経過した時点で時効消滅することとなります。 不倫関係があったときから20年間(除斥期間)• 不倫関係があったことと不倫相手を不倫された側が知ってから3年間(消滅時効) 2についてはどの時点から時効の期間のカウントが開始するかですが、不倫慰謝料請求の消滅時効は、 「損害及び加害者を知ったとき」から進行します(民法724条)。 よって、相手の顔は知っているが、名前や住所がわからない場合には事実上慰謝料請求が不可能なので、時効期間のカウントは開始しません。 そうすると、不倫の事実を知った時から3年間で時効期間が経過ということになりそうですが、離婚については一方で、「離婚が成立してから3年が経つと不倫慰謝料請求権は時効にかかる」という判例があります。 (2)時効期間が経過したからといって自動的に請求できなくなるわけではない! もっとも注意しなければならないことは、不倫関係と不倫相手を知った時から不倫慰謝料請求権が3年で自動的に消えるということではありません。 慰謝料を請求される相手方(元パートナー、不倫相手)が「もう時効なので、慰謝料は払いません」と主張( 時効の援用)をしないと、慰謝料請求権は消滅しません。 また、元パートナーや不倫相手が時効期間が経過したことを知らずに「慰謝料は払うから少し待って下さい」とら「分割払いでもいいですか?」などと言った場合、時効を主張できなくなります。 この場合、消滅時効の期間が経過していても不倫慰謝料の請求は可能です。 関連記事 (3)ただ時効のみに気をつけておけばいいわけではない! 少しでも慰謝料請求したいと考えているのであれば、時効には十分注意しましょう。 もっとも、時効期間内であっても、不倫関係が解消して時間が経ってしまうと、事実関係や証拠などがうやむやになってしまいます。 慰謝料を請求するにあたっては証拠が重要となってくるので、証拠がうやむやにならないようできるだけ早期に慰謝料請求の手続きを進めた方がよいでしょう。 3、時効を止める方法がある? ここまで読んで下さった方の中には、「やばい!時効期間が間近に迫っている」という状況の方もいらっしゃるのではないでしょうか? まだ時効期間が経過していないのであればご安心下さい。 実は、時効は止める方法があります。 「止める」と一言でいっても、以下の2パターンがあります。 (1)消滅時効期間がまたゼロからスタートする場合 まず、裁判上の請求(支払督促の申立、訴訟の提起、民事調停の申立、即決和解の申立)をした場合には、その時点で消滅時効期間がゼロとなり、また最初から期間が数え直しとなります。 ですので、時効期間が迫っている場合には支払い督促や訴訟の提起をするとよいでしょう。 とはいえ、消滅時効期間が間近に迫っているような場合には支払い督促や訴訟の提起の手続きをする時間的余裕がないでしょう。 (2)消滅時効期間を一旦停止させる場合 裁判上の請求をするのは時間がかかるので、法律は「催告」という制度を設けています。 催告とは、裁判外で内容証明郵便等を送付して請求しておけば一旦時効が止まるという制度で、それから6ヶ月以内に訴訟を提起すれば消滅時効期間はゼロになります。 もし、消滅時効期間が間近に迫っている場合には、まず内容証明郵便を送って時効を停止させましょう。 まとめ 今回は不倫慰謝料請求をする権利の消滅時効期間について書いていきましたがいかがでしたでしょうか? 請求しようと考えている方は、もし時効期間が間近に迫っているのであれば、早急に期間を停止させる手続きを採り、確実に慰謝料を獲得できるようにしましょう。 カテゴリー• 101• 153• 190• 129• 118• 135• 361•

次の

女が不倫で背負う15のリスク【これだけの犠牲を払う覚悟、ありますか?】

不倫 訴える

渡部さんが『週刊文春』の取材に対して、女性たちが語った内容を認めたことを考えれば、たしかに事前にレギュラー番組の全降板を決めたのも頷けます。 では、肝心の妻である佐々木さんはどんな反応を示したのでしょうか。 渡部さんは「妻にも説明し、謝罪した」と伝えられていますが、『週刊文春』の記事では、佐々木さんが「激怒」して「逆上」したともとれる内容が記されています。 それは『週刊文春』が渡部さんに直撃取材した時の様子です。 「(早口になって)知りません。 「いや……」 ここで絶句した渡部さんは虚空を眺めて、「ちょっと車を停めてきていいですか」と記者に伝えたまま、戻ってくることはありませんでした。 その数時間後、渡部さんから不倫相手の女性たちに次々と電話が…。 「今日、文春の人が来て色々言われたんだけど、俺らが最後に会った日にちは覚えてる? 」そう、冷静な口調で渡部さんは「奥さんが隣にいるんだけど代わるね」と告げ、妻の佐々木さんが直接、電話口に出たそうです。 「あなた酷いですね。 今の会話、録音してますから。 嘘をついたら大変ですよ。 彼と最後に会ったのはいつ? …最後に彼と会ったのはいつなのか、そこはっきりして。 私たちが結婚したのが17年だから。 その前なんですか、後なんですか? 」 当然激怒し、逆上しているであろう妻の佐々木さんから、そう問い詰められ、裁判もちらつかせられ、女性は恐怖を覚えたといいます。 「結婚後に何度も肉体関係を迫ってきたのは渡部さんのほうで、彼女から誘ったことは一度もない。 それはLINEの履歴にもしっかり残っています」 冒頭の女性の知人は『週刊文春』にそう語っています。 ひょっとしたら、渡部さんも「結婚前の出来事」にしたかったのかもしれませんが、『週刊文春』が握っているであろう「証拠」が一つや二つとは思えません。 頭の回転が速いであろう渡部さんであれば、この状況がすでに「詰んでいる」と、容易に想像できるでしょう。 だからこそ、記事が出る前に、テレビ及びラジオ番組、全レギュラー番組降板という前代未聞の決断に及んだのかもしれません。 ここまできたら、とことん落ちるところまで落ちて、本来の職業である「芸人」として、いつしか「笑い」の力に変えてもらいたいものです。

次の

不倫を訴えるにはどうする? 裁判の前に知っておくべきポイント

不倫 訴える

浮気されているとわかったとき、「 浮気相手を訴えたい!」と思うことは自然なことです。 しかし、このような法律が関わるトラブルに巻き込まれることが初めてで、「訴えるといっても何をすれば…?」と困惑している方も多いでしょう。 浮気された場合に訴えることと言えば、ズバリ 慰謝料請求があります。 浮気 正確には 不貞行為 は、不法行為となりますので、不法行為に対しては慰謝料請求を行うことができます。 浮気相手を訴えようとお考えの方は、 慰謝料請求によって解決させていくことだとお考えください。 ちなみに、いきなり「訴えてやる!」と裁判を起こすことはほとんどなく、 まずは書面や話し合いでの請求を行っていくことが通常です。 この記事では、 浮気相手を訴えるために慰謝料請求が認められる条件や、 NG行為などについて解説します。 泣き寝入りすることなく、浮気相手にきちんと責任を取ってもらいましょう。 浮気相手を訴えるには慰謝料請求を!慰謝料請求が認められる条件とは 冒頭でもお伝えしたように、浮気相手を訴えるのであれば慰謝料請求を検討しましょう。 浮気に対する制裁は金銭請求が原則ですし、 他の方法では反対にご自身が違法行為を行ってしまうこともあり得ます。 ここでは、慰謝料請求が認められる条件について解説します。 不貞行為=肉体関係がある 一般的には『浮気』『不倫』などと言われていますが、法的に慰謝料請求が認められるケースは、まず 不貞行為の事実がある場合に限られます。 不貞行為とは、夫婦・婚約・内縁関係にある男女のどちらかが、 配偶者以外の異性と自由意志で肉体関係を持つ「 貞操義務違反」のことで、不法行為にもなり、法定離婚事由としても認められます。 不倫と言っても、一緒に食事をしたりキスをしたりしただけでは不貞行為にはならず、慰謝料請求を行っても認められません。 【関連記事】 浮気相手が既婚者だと知っていた 浮気相手に対し慰謝料請求をする場合、 浮気相手が配偶者のことを既婚者だと知っている必要があります。 例えば、配偶者が「未婚だ」と噓をつき浮気相手と肉体関係を持っていたとすれば、浮気相手に対する慰謝料請求が認められない可能性が高くなります。 夫婦関係が破綻していない 浮気に対する慰謝料請求が認められるには、 浮気によって夫婦関係が破綻した事実が重要になります。 浮気が行われる以前から別居していたなど、すでに夫婦関係が破綻しているような状況では、上2つの条件を満たしたうえで慰謝料請求を行ったとしても認められない可能性が出てきます。 不貞行為の証拠がある ご自身の中でこれらの条件を満たしていると思っていても、 浮気の証拠が不十分であれば慰謝料請求が認められない可能性も出てきます。 例えば、毎日配偶者の帰りが遅くて浮気相手と会っているとわかっている状況でも、それだけでは「肉体関係はなかった」「 浮気相手から 結婚していると知らなかった」など 反論の余地を与えてしまいます。 裁判所を介した手続きに移ったとしても、客観的に事実を伝えることができずに 慰謝料請求が認められない、もしくは少額になってしまうケースがあります。 後から詳しく解説しますが、浮気に対する慰謝料請求を成功させるためには、証拠をそろえておくことも重要になるのです。 浮気された時にやってはいけない行為 浮気されたとなれば、感情的になってしまうのも十分にわかります。 しかし、 浮気相手を陥れてやろうと行き過ぎた行為をしてしまうと、こちら側が 違法行為をしてしまい、場合によっては 刑事事件にまで発展する可能性もあります。 特に以下は浮気された時にカッとなって行ってしまいがちですので、注意しましょう。 感情に任せて暴力をふるう・暴言を吐く 怒りの感情に任せた暴力や暴言は、その行為そのものが犯罪となってしまいます。 例えば、浮気相手の自宅や職場に怒鳴り込んだり電話をかけたりすることで、『 住居侵入』『 脅迫』『 暴行』などの違法行為に該当してしまうことがあります。 「訴えてやる!」と一方的に伝えても、状況や言い方によっては 脅迫罪にもなり得ます。 まずは冷静になって、どのような手順で浮気相手に責任を取ってもらうかを考えましょう。 SNSでも、個人が特定できるような内容を広めることで名誉毀損として訴えられる可能性も出てきます。 浮気相手が許せない気持ちもわかりますが、 不用意に周囲に知らせてもかえってリスクが生じるだけですので、慰謝料請求によって制裁を加えるようにしてください。 【関連記事】 浮気相手に慰謝料請求する手順とそのポイント 繰り返しになりますが、浮気相手に責任を取ってもらうには慰謝料請求を行いましょう。 ここでは、その手順について解説します。 「訴えてやる!」といきなり裁判になることは稀ですし、原告 裁判を起こす人 にとっても負担が大きいです。 まずは 書面や話し合いなど、当事者同士での解決を目指していくことが多いです。 上から順に行っていき、それでも相手が応じない場合には裁判所を介した手続きも検討してください。 【関連記事】 浮気相手の情報をそろえる 浮気相手に慰謝料請求をするのであれば、まずは浮気相手の情報をそろえておく必要があります。 最低でも氏名と住所くらいは把握しておくべきでしょう。 配偶者が教えてくれれば良いのですが、なかなか口を割らないケースもあります。 例えば配偶者と同じ職場という情報しかない状態で、会社に連絡するなどの方法を強引に進めてしまうと、上でもお伝えしたように名誉毀損等のトラブルにも発展しかねません。 証拠集めと一緒に探偵に調査してもらうか、弁護士を通して話し合いの場を設けるなどして浮気相手の特定を行いましょう。 浮気の証拠をそろえる お伝えしましたが、不貞行為の証拠が少なければ浮気相手に反論されやすく、裁判所を介した手続きになっても認められない可能性が出てきます。 ラブホテルへ出入りしている写真や動画• 性行為中の写真や動画• 浮気を認める音声などの記録• 興信所や調査会社による浮気に関する報告書• ラブホテルでのクレジットカード使用履歴• 浮気相手との不貞行為を伺わせるような両名間のメールのやり取り• GPS移動記録 ラブホテルに滞在している記録 具体的には、上記のような内容が浮気の証拠として有効です。 個人の力だけでは集めることも難しいですから、証拠が不十分だという方は探偵に浮気をお願いすることも考えてみてください。 【関連記事】 内容証明郵便によって請求する 「浮気相手の情報」「証拠」をそろえることができたなら、いよいよ慰謝料請求を行っていきます。 まずは浮気相手の住所に内容証明郵便で慰謝料請求の書類を送ることが簡単です。 内容証明郵便とは、郵便局が書類の内容を証明してくれるサービスで、浮気相手から「そのような請求は知らない」と言い逃れをすることを防ぐことができます。 書く内容のテンプレートのようなものも出回っていますので、 全てご自身で作成して送ることもできますが、弁護士に依頼して作成してもらうのがおすすめです。 弁護士に慰謝料請求の書面を作成してもらうことで、 根拠をもって慰謝料請求ができますし、高額な慰謝料請求や浮気の再発防止などの要求も通りやすくなります。 また、弁護士名義になるので、 浮気相手に与えるプレッシャーも相当なものでしょう。 こちらも自分たちで決めることも可能ですが、やはり弁護士がいることで話もまとまりやすく、決まった約束も守られやすいです。 自分たちで話し合いの場を設けても、感情的になって上でお伝えしたNG行為を取ってしまうこともあります。 いずれにしても、 示談書によって決まった慰謝料額や約束した内容は書面に残しておくようにしましょう。 【関連記事】• 【北海道・東北】• 【関東】• 【北陸・甲信越】• 【東海】• 【関西】• 【中国・四国】• 【九州・沖縄】• 【最終手段】裁判所を介した手続きで請求する 当事者同士の交渉で解決しない場合、 裁判所を介した手続きに移ることを検討してください。 『訴える』というと、一般的にこの裁判をイメージしますが、 浮気の慰謝料請求においては、どうしても解決できない場合の手段です。 裁判は法に従って判断され、証拠がより重要になりますので、裁判までにしっかり確保しておきましょう。 また、裁判では判決以外にも『 和解』という選択肢があります。 状況によっては、和解の方が得をするかもしれません。 はじめから『和解はしない』というのではなく、内容によっては和解も視野に入れることをおすすめします。 期間や労力も必要になってき、弁護士依頼も必須 費用は請求額や弁護士によります となってきますので、やはり できる限り上記の話し合いで解決させることを目指すべきでしょう。 浮気相手だけに慰謝料請求するときは求償権に注意 最後に補足になりますが、浮気相手だけに慰謝料請求をするときには 『 求償権』のことも考えておきましょう。 求償権とは、浮気をした当事者同士でお互いの損害分担を求める権利のことです。 浮気をした当事者は、浮気相手だけが悪いのではなく、配偶者の方にも当然落ち度はありますね。 一方的に浮気相手だけに慰謝料請求を行うと、 求償権を行使されることがあります。 このような事態を防ぐには、あらかじめ配偶者の損害負担分も考えて根拠を持った慰謝料請求を行うようにします。 例えば、「100万円の慰謝料が相当ですが、そのうちの半分は夫 妻 が負担し、50万円をあなた 浮気相手 が払ってください」というような交渉・請求ができますね。 そして合意ができれば、当事者全員で和解書を作成しましょう。 特に 『離婚はしない』『高額な請求を行う』ような場合には、浮気相手も反論の1つとして求償権の行使をすることが考えられますので、しっかり弁護士に相談したうえで根拠を持った慰謝料請求をしましょう。 【北海道・東北】• 【関東】• 【北陸・甲信越】• 【東海】• 【関西】• 【中国・四国】• 【九州・沖縄】• まとめ 浮気相手を訴えるには、 慰謝料請求を行うことを大前提として考えていきましょう。 決して、感情的になって 暴言や暴力を持ち出さないようにしましょう。 できれば待ち伏せなども控え、冷静になれない相手方であるからこそ、ある意味丁寧に対応をすることが必要でしょう。 安易に「訴えてやる!」と伝えることも、言い方によっては脅迫などになり得ますので注意が必要です。 脅迫が認められてしまい、のちに慰謝料の減額事由になってしまったり、名誉毀損が認められ、減額事由になってしまう例は後を絶ちません。 しかし、浮気で慰謝料請求を認めてもらうには、 不貞行為 肉体関係 の事実を証明する証拠が重要になります。 浮気が疑われるだけの段階では、いきなり慰謝料請求を行うのではなく、しっかり証拠集めから行っておいた方が良いかもしれません。 浮気の証拠集めは探偵。 慰謝料請求については弁護士。 と、それぞれの専門家がいますので、しっかり相談しながら最適な方法で解決させていきましょう。 離婚問題を弁護士依頼すると、事務所にもよりますが 50~100万円ほどの弁護士費用がかかります。 いざ弁護士が必要になったとき、弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。 そんなときに役立つのがです。 離婚したいけれども相手が応じず離婚できない• 養育費を払ってもらえなくなった• 不倫相手に慰謝料を請求したい 弁護士費用保険メルシーでは、このようなことが起き、 弁護士へ解決を依頼したときの費用(着手金・報酬金)が補償されます。 離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題、相続トラブル等でも利用することができます。 保険料は月額2,500円。 追加保険料0円で子供や両親も補償対象になります。 より詳しい内容について知りたい方は資料を取り寄せてみましょう。

次の