犬 寝 てる 時 痙攣。 犬が寝てる時に震える理由!犬が夢を見て痙攣したり寝言を言う原因を解説

犬が寝ている時にピクピクするのは何故?犬は夢を見ているのか

犬 寝 てる 時 痙攣

犬が寝ている時に痙攣する原因 睡眠中の飼い犬に起こる痙攣には、どのようなものがあるのでしょうか? ノンレム睡眠とレム睡眠 この2つの睡眠状態は、鳥類と哺乳類に存在して、愛犬は寝ているときに、 深い眠り(ノンレム睡眠)と 浅い眠り(レム睡眠)を交互に繰り返しています。 眠りが深いノンレム睡眠のときは、脳波はおだやかな波になり、呼吸は規則正しく、脈拍は遅くなり、血圧体温ともに低下します。 眠りの浅いレム睡眠のときはどうでしょうか。 レム睡眠のとき、寝ている状態であるにもかかわらず、 脳は起きている状態に近いのです。 寝ているのに眼球がキョロキョロ動いている愛犬をみて、驚いた飼い主さんもいるでしょう。 呼吸や脈拍は乱れ、眼球はキョロキョロ動き、耳、足などがピクピクと痙攣を起こす。 手足がバタバタ動き出すと、本当にうちの子は大丈夫なのだろうかと心配になりますが、 大丈夫です。 これがレム睡眠なのです。 ちなみに、犬の睡眠時間ですが、成犬で12~15時間、小犬や高齢犬だと18時間程度だといわれています。 てんかん てんかんは、なんの前触れも、前兆もなく起こります。 ですが、寝入るころ、睡眠中、寝起きに多いと言われています。 てんかんの発作を起こした飼い犬を見ると、飼い主さんは死の恐怖を感じると思います。 私自身も発作をはじめて目にしたときは、強いショックを受けました。 見たことがないと理解できないかもしれませんが、なんの知識もないままでいると、愛犬の発作時に正しい対応ができません。 それでは、てんかんがどのようなものか見ていきましょう。 てんかんの原因は、大きく次の2つの種類に分類されます。 【特発性てんかん】 脳に構造上の異常が見つからず、原因不明のものです。 これには、遺伝的な要素の関連があるといわれています。 犬のてんかん発作のほとんどはこの特発性てんかんで、一般的に生命の危険はないといわれています。 【症候性てんかん(二次性てんかん)】 脳の構造上の異常が存在して、それが原因で起こるものです。 脳の構造上の異常は、次のような病気が原因で起こります。 命にかかわるような病気が多いので要注意です。 脳の外傷• 脳腫瘍• 脳炎(パグ脳炎(壊死性脳炎)、肉芽腫性髄膜脳炎、ジステンパー脳炎など)• 水頭症• 肝性脳症• 尿毒症• 先天性の脳の奇形• 上記のほか、脳に異常をもたらすさまざまな病気 てんかん発作は、大きく次の2つの種類に分類されます。 【全般発作】 脳の 全体が異常な興奮状態になり、発作が 全身に及びます。 前足と後ろ足が、ピーンと伸びて正常な姿勢を保てません。 後ろに引っくり返ったり、横に転がったりしても、犬自身ではどうすることもできません。 やがて、犬かきをするような動きになります。 個体差にもよりますが、数分~十数分で元に戻ります。 【焦点性発作(部分発作)】 脳の 一部分が異常な興奮状態になり、 特定の部分に発作を起こします。 したがって、 全身のけいれんはなく、前足だけ、顔面だけなど、 体の一部がけいれんします。 まず安心していただきたいのが、 てんかんの発作が起きてすぐに死んでしまうといった心配は少ないということです。 しかし、次のような時間・頻度で発作が起こった場合は、すぐに病院に連れて行ってあげてください。 群発発作: 一定周期での発作(例:月に1回)、連日発作(例:3日間で合計20回)• 発作重積: 1度に15~30分以上発作が止まらない、発作が終わったら連続して次の発作が起こる また、犬のてんかんのほとんどは、一般的に命の危険はないといわれる 「特発性てんかん」ですが、まれに危険な病気が原因の 「症候性てんかん」の可能性があるため、1度の発作でも動物病院で診てもらうことをおすすめします。 心臓病 高齢犬の痙攣の場合、心臓病の発作の可能性があります。 見落とすことがないようにしましょう。 激しい運動や長時間のお散歩は、高齢犬の心臓に負担をかけます。 体中に血液を送る役目をする心臓に負担がかかると、不整脈や低血圧など問題が出てきます。 スポンサーリンク 痙攣の対処法 眠りの浅いレム睡眠による痙攣 飼い犬の場合、 睡眠時間の8割は浅い眠りのレム睡眠だといわれています。 そうすると、飼い主さんのそばで眠っている愛犬は、四六時中寝言を言ったり痙攣をしていることになります。 寝ている最中に、 心配だからといって起こしてはいけませんよ。 安心できるあなたのそばで、ぐっすり眠っているだけのですから。 てんかんが疑われるとき まずは落ち着いてください、と言っても、おそらくは無理だと思いますので、まず 飼い犬の様子をしっかりと覚えていてください。 あとで病院で説明するためです。 けいれんは、全身か、部分的か(どの部分か)• 意識の有無• 何分くらい続いたか• おしっこやうんちをしてしまったか• 前兆はあったか• 発作後はどうだったか これらをしっかり覚えておくか、メモをとっておきます。 飼い犬がけいれんを起こしている間、どんなに可哀想でも、飼い主さんは手を出してはいけません。 意識のないときもあり、痙攣を起こしている最中に偶然に牙が飼い主さんに当たる場合もあります。 これは私の経験ですが、発作中に失禁しなくても、 ある程度おさまったらトイレの場所につれていってあげましょう。 特にトイレのしつけが入っている犬は、トイレ以外の場所でしたくなくて、我慢していることがあります。 てんかんは見ている人間も恐怖ですが、当のワンちゃんはもっと恐怖を感じています。 我慢させないよう配慮してあげてください。 高齢犬に痙攣が起こった場合 特に高齢犬の発作は病気が疑われますから、早めに病院へ連れて行きましょう。

次の

犬が寝ている時にピクピクする理由

犬 寝 てる 時 痙攣

夢を見ている時に痙攣する? 犬はなぜ睡眠中に痙攣するのでしょうか? 原因は色々考えられますが、一番よくあるのが 「夢を見ている時に痙攣する」と言うことです。 レム睡眠のときに夢を見る レム睡眠中の痙攣は人間にも同じことが当てはまり、 ジャーキングなどと呼ばれています。 犬も人間と同じように、 レム睡眠(浅い眠り)と ノンレム睡眠(深い眠り)を繰り返しながら眠っています。 レム睡眠は「体は寝ているけれど脳が起きている状態」で、この時に夢を見ます。 そして 睡眠中の痙攣は、このレム睡眠の時に起こりやすいと言われています。 しかも犬は、危険にすぐに対応できるように、レム睡眠の時間がとても長いです。 レム睡眠中の痙攣にはどのように対処すれば良い? レム睡眠中の痙攣は夢を見ているだけとはいえ、中には激しく体を動かす犬もいます。 見ている方としてはちょっと心配になってしまうこともありますよね? でも、睡眠は犬にとっても大切な時間です。 人間も睡眠不足になると体の調子が悪くなったりしますよね? 犬も同様で、睡眠が十分に確保されていないとストレスが溜まってしまいます。 レム睡眠中の痙攣の場合は、体を揺すって起こしたりせず、そっと寝かせておいてあげてくださいね。 犬の動きを見ながら、どんな夢を見ているのかな?と想像して楽しむくらいがいいかもしれませんね。 ちなみに子犬の場合はちょっと事情が違っているようです。 子犬は成長するために、睡眠中に絶えず脳からの信号が全身に送られていて、睡眠がかなり重要な役割を果たしています。 そのため睡眠中に起こされたりすると、成犬に比べてストレスも大きくなってしまいます。 子犬の場合もやはり、そっと寝かせておいてあげるのが良いでしょう。 てんかんの場合 ここまで、「睡眠中の痙攣は夢を見ているだけ」というお話をしてきました。 でも中には、病気が原因で痙攣しているケースもあるんです。 よくあるのが、 てんかん発作の痙攣です。 てんかん発作による痙攣の症状や対処法について見ていきましょう。 てんかん発作による痙攣の特徴 てんかんは、痙攣の原因としてもっとも多いとされる病気で、睡眠中に痙攣が起こることもよくあるようです。 先天性の場合は幼犬から発症しますが、老犬になって初めて発症する二次性のてんかんもあります。 てんかん発作は突然起こる場合もあれば、前兆がある場合もあります。 前兆としては、落ち着きがない、神経質になる、大量のよだれ、嘔吐など様々で、その数分後から数日後に痙攣が起こるとされています。 レム睡眠中の痙攣とてんかん発作による痙攣はどのような違いがあるのでしょうか? 簡単に言うと、てんかん発作による痙攣は「とっても激しい」です。 かなり激しいので、一度見ただけでも「これは普通じゃないな」と分かる場合も多いでしょう。 それから、てんかん発作による痙攣の場合は、体を揺すったりしても起きません。 てんかん発作の場合は脳の神経回路が異常を起こしていて、意識がない状態です。 分かりやすいように、動画のリンクを貼っておきますね。 夢を見ている場合とてんかんの場合で、比較してみると違いが分かるかと思います。 ただし、てんかんの方はちょっとショッキングな映像なので、苦手な方は見ないでくださいね。 脳や心臓の病気、内分泌の異常、感染症、中毒症状、低血糖、低体温症、熱中症など様々です。 特に老犬になると、脳や心臓の病気によって急な痙攣発作が起こる場合もあります。 ただし、寝ているときに痙攣するという場合は、圧倒的にてんかんやその他の脳の病気の場合が多いようです。 たとえば心臓発作などはお散歩後や運動の後などの興奮した後に起こりやすい傾向があります。 また、内分泌の異常や中毒、低体温症などは震えが止まらないといった症状が出るのが普通です。 いずれにしても、「いつもと何か違うな」と感じたら、早めに病院を受診するようにしましょう。

次の

犬が寝ている時にピクピクするのは何故?犬は夢を見ているのか

犬 寝 てる 時 痙攣

もくじ• 猫の睡眠 それにしても、 猫は寝てばっかり。 丸くなって寝たり、座って目を閉じたり。 ホントに具合悪いんじゃない? 心配しそうになりますが、大丈夫。 猫は 1日14時間以上眠るんだって。 猫が痙攣するのは、このどちらかの場合。 「ワールドキャットチャンピオンになって、 賞金でまぐろ食べ放題に行きたいニャン!」 いや、 そういう将来の夢ではないです。 起きてる間に感じた、喜びや驚きが、 頭の中に残っていて、睡眠中、 脳で再生放送されているそうです。 夢を見ると、生理的に体が反応し、 痙攣を起こしたり、白目をむくことも! うちの茶トラは、寝言も多くて、 口の周りが、ナワナワします。 怖いよー。 これは眠りの浅い、 レム睡眠に起こる現状。 睡眠時間の大半は、 レム睡眠状態なので、 私たちが見ていない時も、 案外、痙攣しているのでしょうね。 全く動かず、置きもの状態の時は、 ノンレム睡眠期かもしれません。 ガクガク、うなされて可愛そう? 起こしてあげなくて、大丈夫なのか? 何もしなくてOKです。 むしろ、 眠りの邪魔をしない方が、 猫にとっては、ありがたいでしょう。 」 そうですね、夢を見ているせいでなら、 問題はありません。 でも、 病気で痙攣する場合も、あるんです! ほっておくと、命に関わるかも?! 次は、正常と異常、 痙攣の違いをお話ししましょう。 病気による痙攣 以前、飼い猫の予防接種で、 動物病院に行った時のこと。 診察待ちの犬・猫が、たくさんいました。 私の向いに座っていた方が、 連れている猫は、キャリーバックで、 大人しく寝そべっていたのですが、 突然 ビクンッと、大きく痙攣し、 その後も痙攣がずっと続きました。 なんの病気だったのかは、わかりませんが、 獣医さん達が 「てんかん」という、 言葉を使っていたのを、覚えています。 普通の睡眠時と見分けるポイントは、 声をかけても、反応しないということ。 夢を見ているだけなら、揺すれば起きます。 また、てんかんの症状は、 睡眠中でなく、起きてる時もでます。 この時、 私は初めて「てんかん」状態の猫を、 みたのですが、 異常事態と感じました。 恐らく、自宅で猫が、 いつもと違う痙攣を起こしたら、 すぐに病気を、疑うと思います。 我が家の茶トラは、よくビクつくけど、 アメショが震えているところは、 見たことがありません。 毛がモフモフで、わかりにくいのかも? うちの猫、てんかんかしら?と、 心配に思われる方は、 口で説明するのは、難しいですし、 猫が寝ているところを、 動画にとって、 獣医さんに診せるといいですよ。 普段から猫の様子を、よく観察して、 異変が起きたら、素早く病院に、 連れて行ってあげましょう!.

次の