押尾 学 沢尻 エリカ。 沢尻エリカ容疑者の新供述が報じられない背景 弁護団の1人に「有名」弁護士

沢尻エリカと元夫・高城剛氏知人の証言「高城さんは必死に止めていた」(現代ビジネス編集部)

押尾 学 沢尻 エリカ

みなさん、こんにちは。 マオです。 「合成麻薬MDMA」で麻薬取締法所持で逮捕されたのは、沢尻エリカだけではなく、過去に同じ事務所に所属していた元俳優の押尾学がいます。 押尾学は、正確には「合成麻薬MDMA」所持だけではなく、相手の女性を放置し死なせた疑いで別件逮捕もプラスされているのですが、今回、この沢尻エリカの逮捕によって、エイベックス・マネジメントでは、公になっている麻薬の逮捕者は、2件目なのです。 エイベックスは、あくまで個人の問題として処理していますが、実際のところはどうなのでしょうか? 有名人がドラックを入手するのは、簡単なのでしょうか。 報道では、クラブからの入手として挙げられていますが、クラブ以外からのルートも実際には存在していることでしょう。 有名人が、売人から直接購入することは皆無に近いらしいのですが、それは入手したい本人が特定できないように、何人も通して、身元がバレないようにするためだといわれています。 しかし、大元の売人と知り合いであれば、大元から大量に購入できるルートも存在しているでしょう。 というのは、大元売人が大口顧客を優先に売りさばくのは当然で、他の商品であっても同じことがいえるからです。 ドラック売人も大量に仕入れをしているのですから、まずは大口顧客を優先し、あとは個人の需要がある人に売りさばくのではないかと考察できます。 クラブで「合成麻薬MDMA」が売買されているような形です。 エイベックスのタレントはなぜ、「合成麻薬MDMA」麻薬取締法所持で逮捕されるのか? そこで過去に元俳優押尾学が、逮捕された経緯をまとめてみました。 それでは早速どうぞ。 の と 凄いな。 逮捕から、。 どんどん芋づる式に出て来そう。 次は の か? の逮捕を思い出したな。 あれも でキメセクしてたんやもんな。 俺も沢尻エリカとキメセクしたい。 芸能界は闇が深い。 逮捕から、。 どんどん芋づる式に出て来そう。 次は の か? の逮捕を思い出したな。 あれも でキメセクしてたんやもんな。 俺も沢尻エリカとキメセクしたい。 芸能界は闇が深い。 — おしえておしえて。。。。 『稼ぐ芸能人でもシラフで生きづらい日本』 — hiroumiの仮想通貨投資 hiroumi2004 MDMA合成麻薬で死ななくて良かったね。 沢尻エリカ 押尾学事件を思い出してしまった。 — 幸せの蒼い鳥 EnishiHidaka 離婚したり 別にって言ったりと 色々お騒がせな さん でしたが まさか に手を出すとは 思いませんでした も使ってましたね💦 — 🧶💟ayumi💟🧶 ayumi17572759 MDMA所持ったら芸能界ではお塩先生こと押尾学氏以来だ。 誰だっけ?つい😅調べた。 だった。 もこの年だったんだね。 まさかののりぴーで、旦那逮捕はショックだろうで心配したら 本人もやっていた!という裏切り。 ファンではなかったけど好意的に見てたからショック。 に対しても残念過ぎる — ルル doradoracafe 2009年元俳優がMDMAで逮捕。 誰だっけ?つい😅調べた。 だった。 もこの年だったんだね。 まさかののりぴーで、旦那逮捕はショックだろうで心配したら 本人もやっていた!という裏切り。 ファンではなかったけど好意的に見てたからショック。 に対しても残念過ぎる — ルル doradoracafe オラオラ系の奴って常にオラつきたいから薬に頼るしかない。 あれ程話題になった事を忘れる人間がいた。 家族の中に。 まぁ世の中そんなもんなんだろう。 身内でそういう人間がいるのが情け無い。 自分は関係ないって思うからなんだろうな。 与党応援のNHKがこのタイミング。 事務所が痛手〜保険はありますからね。 常に沢山ある引き出しの中の彼女は人柱。 酷いね。 クラブなんて出入りしてれば、たちまち餌食。 砂糖に群がるアリ で検索 森元首相の名前が出てくる わかりやすい闇 — kaka YUKIMIHOP MDMAは、 セックスドラッグで使えるからな。 昔は苦い思い出だ。 優雅に暮らしてらっしゃるようで何よりです。 — Noel. — ああああ K43Hf9m5IlLttoA 過剰摂取で死ななかったのが幸いだよ。 女優さんなのに、記憶力が悪くなる副作用も書かれている薬に走らなくても良かったのでは? ま、不特定多数だとしても一緒にやってた男の逮捕は考えられるはず。 ハイパーなんやらは何してんのかな。 サロンに入ったこともあったのに。 セミナーも聞きに行った。 関係者が本件を発覚前に知っていたのかは不明。 家宅捜索でドラッグが押収された。 なぜエイベックスが、押尾学が事件を起こす直前に、「合成麻薬MDMA逮捕」されることを知っていたのか? まるで、2009年8月2日に押尾学が、逮捕されるのを知っていたかのようですね。 沢尻エリカが逮捕されることは、知らなかったのでしょうか? 沢尻エリカは、まだエイベックスマネジメントの俳優部門に所属していて、事務所のプロフィール写真も残っています。 押尾学と沢尻エリカの違いは、この辺にあります。 また罪状も麻薬だけではないので扱いは違いますが、同じ事務所の俳優が、麻薬所持で逮捕されている事には変わりません。 エイベックスは、過去に華原朋美の件もあり、不可解な点がいくつもあり疑惑の事務所であることには変わりません。 タレントが薬物逮捕されても、大元の部分が解明されなければ、エイベックス事務所の体制は今後も続くのではないかと思われます。 また、エイベックス会長が麻薬入手しているという記事から、益々疑惑は深まるばかりです。 押尾学事件から見る、沢尻エリカの薬物ルートは、どこが元なのか、根本を明らかにしなければ、世間では疑惑の事務所という見方しかないでしょう。 今後もこのエイベックスは、麻薬とは切っても切れない関係があると見ていますし、ネットの反応からも、す感じている人はいます。 また、事務所に所属しているタレントも注目され続けるでしょうし、マトリの対象から外れることもないのかもしれません。

次の

ただのワガママ?沢尻エリカの『別に』発言の真相は?

押尾 学 沢尻 エリカ

- 2019年 1月月14日午後11時03分PST まず、佐々木希さんに元ヤン時代があったということですが、言われただけでは信じられないという人もいるかと思います。 実際に、僕もブレーク後の佐々木希さんしか知らなかったので、最初は「いやいや、そんなわけ…ww」っていう状態でしたから。 しかし、そんな笑いも元ヤン時代の画像を見てみるとふっ飛んでしまいました。 net引用 いかがでしょうか、ご覧の通り「くわえタバコ」の佐々木希さんが写っております(汗) また、このプリクラ画像の中に書かれてる文字を見てみると、こんな文字が書かれています。 jp引用 本格的にゴリゴリのヤン車に乗ってる佐々木希さんです。 かなり気合い入ってるように見受けられますね(汗) 今の柔らかい雰囲気の佐々木希さんからは想像できないほどの鋭い目つきも印象的でした。 佐々木希がヤンキーになった理由とは? 佐々木希さんに元ヤン時代があったことは事実でしたが、そもそもなぜヤンキーになってしまったのでしょうか。 佐々木希さんの小学生~中学生時代の画像を見てみると、全然ヤンキーになるように見えないんですよね。 ポテンシャル激ヤバよ。 — いすぱ isupa6704 このように、どちらかというと真面目なグループにいそうな感じですよね。 しかし、佐々木希さんが中学生の時に、運送会社で勤務していた父親が仕事中に事故に巻き込まれて重い後遺症が残ってしまいます。 そんな不自由な体になってしまったショックから、父親は自らの手で命を絶ってしまったそうです。 この一件でメンタルが崩壊してしまい、一気にヤンキーへの道に染まっていったのではないかと言われています。 家庭環境の変化でグレるというパターンはよくあることですが、佐々木希さんもその類だったということなのかもしれませんね。 続いて、佐々木希さんが元ヤン時代に伝説を残されているとのことで、そちらの詳細も見ていきましょう。 スポンサードリンク 佐々木希と木下優樹菜が一触即発!? レコヒッツのMCでまだギャルっぽさ全開だった佐々木希と木下優樹菜が2人ともお笑い芸人と結婚するなんて放送当時は想像もしてませんでした。 こちらの噂について調べてみると、お互いにモデルになった2人は、あるファッション雑誌の撮影で一緒になることがありました。 そこで、初対面で舐められないように圧倒してやろうと思ったのか、 木下優樹菜さんが佐々木希さんに対して、ガンを飛ばしまくっていたとのこと。 しかし、佐々木希さんは、そんな木下優樹菜さんの行動に全く動じることもなくツンとしていたのだとか(驚) その結果、 「ヤバい、、、勝てないな」と木下優樹菜さんは直感したのだとか。 佐々木希の元ヤン時代と目の下の傷跡の関係は? - 2018年 8月月6日午後11時21分PDT 佐々木希さんの目の下に傷跡があるとのことですが、お気づきになっていたでしょうか? 普段の佐々木希さんを見ていると、メイクの関係もあってか全然わかりませんが、よく見ると 古傷のような傷跡があるそうです。 その佐々木希さんの目の傷跡がわかる画像がこちらになります。 com引用 いかがでしょうか、右目の下に薄っすらと傷跡のようなものが確認できますね。 本格的な元ヤンだったと思われますので、それこそタイマンなど喧嘩で負った傷だとしても不思議なことではありません。 ただ、この目の下の傷跡については、佐々木希さん本人が噂されていることとは違うことを明言されていました。 佐々木希さんの目の下の傷跡の真相、それは、お兄ちゃんと遊んでいた時に負ってしまった傷だそうです。 続いて、佐々木希さんの元ヤン時代やその後の元カレについて見ていきましょう。 佐々木希の元ヤン時代の元カレに押尾学の名前が? - 2018年 4月月23日午前4時24分PDT 佐々木希さんの元ヤン時代のことを調べてると、 「元カレ」の情報などもいくつか出てきました。 実際に噂されている元カレだと思われる画像もありました。 誘惑に勝ったうち。 偉いぞ。 そして眠い。。。 にしても、押尾学かっこいいなぁー — あやちゃん ayaaaaka20 押尾学さんといえば、逮捕もされるほどの危険人物だっただけに、嘘であってほしいと願っている人も多いことでしょう。 今回の内容をサクッとまとめるとこんな感じになりました。

次の

沢尻エリカ逮捕のMDMAとはラブドラッグ?押尾学とKAZMAXもハマる合成麻薬?

押尾 学 沢尻 エリカ

過去に文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。 エンタメ(女性)部門の第1位は、こちら!(初公開日 2019年11月20日)。 * * * 11月16日、警視庁は女優の容疑者(33)を合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取り締まり法違反の容疑で緊急逮捕した。 「週刊文春」では、2012年に沢尻エリカの大麻使用について詳しく報じている。 当時の記事(2012年6月7日号)を再編集のうえ、公開する。 その一言につきます」 先週号(2012年5月31日号) の週刊文春スクープを受け、映画「ヘルタースケルター」の監督 (39)は同映画のPRキャンペーンの会見で、こうコメントした。 先週、週刊文春が報じたのは、 女優・沢尻エリカ(26)の大麻使用の過去と、現在も疑われている継続的使用。 前回の取材では、沢尻の夫である高城剛氏(47)から回答を得られなかったため、5月下旬、出張先の中国・北京から帰国したばかりの高城氏を直撃した。 あの書類(通知書)は、間違いなく本物ですよ。 蜷川さんも事実を知っているはずなのに、なぜ隠そうとするんですかね。 僕はエリカから、(蜷川監督に)早い段階で伝えられたと聞いています。 僕は、この件がスポーツ紙やテレビでまったく取り上げられないことにも驚いています。 僕は今まで彼女に何か問題が起きる度に対処し、誰に何を聞かれても多くは語ってきませんでした。 陰に日向にエリカを庇ってきましたが、もう面倒見切れません。 今回のことで、今後、日本とスペインの警察が動く可能性もある。 取材は2時間以上にわたった。 09年9月、沢尻の前所属事務所スターダストプロモーション(以下スターダスト)は、同年8月の、らの薬物事件を受け、かねてから素行不良が問題視されていた沢尻の薬物検査を行なった。 検査の結果、大麻の陽性反応が示され、同社がその後、代理人を通じ沢尻サイドに専属契約の解除を告げる「通知書」を突きつけたことは、先週号で報じた通りである。 1 当社(スターダスト、編集部注)は、本人との平成 15年8月1日付のマネージメントに関する専属契約 (以下「専属契約」といいます)を、本日をもって解除いたします。 2 本解除は、平成6年9月10日に本人の同意のもと薬物検査を実施したところ大麻について陽性反応が示され、本人は大麻使用の事実を認めた上で、今後大麻の使用を止めることはできない旨を表明したことなどが、専属契約の第9条(1)に 該当することによるものです。 先週、週刊文春の取材に対し、スターダストは一貫して取材を拒否。 現所属事務所のエイベックスは「ご指摘の事実はない」と回答するばかりだった。 だが、高城氏はこの「通知書」が本物であること、そして沢尻に薬物問題があったことを認めた上で、こう話すのだ。 「当時、僕はスターダストの事務所に呼び出され、取締役F氏とマネージャーのK氏から、この件について直接聞きました。 書類は間違いない。 ただ、これは本来は(沢尻を管理していた) スターダストが話すべきこと。 詳細についても聞いていますが、今の段階では 『スターダストに聞いて下さい』というほかない。 「そこでの治療が上手くいき、彼女は立ち直ったように見えました。 だからこそ、僕は安心してエリカと結婚したのです」 2人の結婚は、09年1月。 当初、結婚生活は順調そのものだったという。 沢尻からの一方的な「離婚表明」 だが、09年9月、前述のように沢尻がスターダストから専属契約を解除される。 これがほころびの始まりだった。 沢尻に通知書が送付され、薬物問題が浮上すると、ヒロイン役に内定していた映画「SPACEBATTLESHIP ヤマト」の降板も余儀なくされた。 この頃、高城氏はスターダストにこんな話を持ちかけられていたという。 「僕のところで、エリカを引き取ってくれと頼まれたのです。 でも、僕の会社は芸能プロダクションじゃないし、女優のマネージメントなんてしたことがないので、お断りしました」 沢尻が芸能活動を再開するのは翌2010年3月。 スペインに個人事務所を設立し、「たかの友梨ビューティクリニック」のCM契約も決まった。 ところが事態は一変する。 その年の4月、突如、沢尻が一方的に「離婚表明」をしたのだ。 半年後、高城氏が知った「離婚表明」の真相 きっかけは同年4月26日の「Mr. サンデー」 (フジテレビ)の「離婚スクープ」だった。 同番組の直撃取材を受けた沢尻は、「今はまだ言えません」と意味深な発言を残したが、夫の高城氏は「寝耳に水」と反論。 夫婦の見解がまるで一致しないという奇妙な「離婚騒動」の勃発に世間は釘付けになった。 沢尻が自分の公式HPで正式に離婚を表明したのは、離婚報道の翌日だった。 <私、沢尻エリカは、夫である高城剛と離婚する意思を固め、現在家族の仲介の下、協議に入っております事をご報告いたします> 本人がHPで表明したことで、他のマスコミも一斉に「離婚は秒読み」だと報じた。 だが実際には夫婦の話し合いは行われず、沢尻は高城氏との一切の連絡を断っていたという。 いったい何が起きているのか、高城氏には理解できないことばかりだった。 その真相は、後に妻自身の口から聞くことになる。 「俺が離婚させてやる。 マスコミはどうにでもなる」 「これは誰が仕掛けたことだったのか。 離婚騒動から半年が経ち、エリカが僕のところに戻って来たときに、彼女から話を聞いて、すべての真相が判明しました。 実は2010年9月、離婚騒動の最中に、僕はエリカと極秘裏に日本で会っていました。 仲介者はエリカ個人の弁議士です。 その弁護士は彼女がスターダストを辞めた薬物検査の経緯や、彼女が置かれている立場を知っていたので、このままではよくないと判断したのでしょう。 そうでなければ、離婚問題で対峙する僕と内々に会わせるわけがない。 だが、実際には、あれほど別れたがっていたはずの高城氏とスペインに雲隠れしていたのである。 スペイン滞在、沢尻は高城氏に衝撃的な話を次々に打ち明けたという。 「エリカは、離婚騒動がはじまる前に、エイベックスの松浦勝人社長に会ったと言いました。 松浦社長は彼女に『スターダストから、大麻の件を聞いている。 ドラッグ検査の際のやりとりの録音も持っている』と話したということです。 そして、『高城と離婚することがエイベックスとの契約の条件』とし、『俺が離婚させてやる。 マスコミはどうにでもなる』と話したというのです。 弱みを握られたエリカは、 『エイベックスに行くしかない』と話していました」 「一緒に寝る時には、エクスタシーもやったよ」 驚いた高城氏は、友人ら第三者を呼び、沢尻に同じ話をさせ、証人になってもらったという。 当時の沢尻は身も心もボロボロだった。 頼れる人がいない日本を飛び出しスペインに逃げ込んだものの、 バルセロナの家では部屋に閉じこもっていることが多く、まるで人間不信に陥っているように見えたという。 だが、このスペイン滞在の間に、新たな問題が発生した。 薬物の再使用である。 週刊文春は先週号で、現在も続く沢尻の薬物疑惑の根拠として、自称「大麻インストラクター」のスペイン人男性・セルジオ氏の証言を報じた。 セルジオ氏は沢尻と「会うたびに大麻を吸った」という。 スターダスト解雇から約1年。 沢尻はそれでもまだ大麻を止められなかったのだ。 しかも、セルジオ氏は人妻である沢尻と不倫関係になったことまで告白した。 そして、先週号では敢えて触れなかったが、彼はこんな話も洩らしていた。 考えてみれば挙動がおかしいところもありました。 僕自身は、セルジオの連絡先はおろか、フルネームも知りません。 エリカから『友人』として彼を紹介されたことはありますが、彼がバルセロナでは有名なドラッグディーラーであることは噂に聞いていましたから、もっと友人を選ぶようエリカにも話していた。 それだけにセルジオの不倫の証言には驚きました。 エリカは、僕が仕事で海外に出かけているスキにセルジオを家に上げていたことがあり、そのことで彼女を叱ったこともあります。 彼女は聞く耳を持ちませんでした。 僕はエリカに何度も(薬物から)立ち直るよう説得してきました。 ところが、そのたびに彼女の周囲にいる仕事関係者や友人は『エリカらしいから大丈夫』、『そのままでいい』などとそそのかし、彼女の更生を阻んだのです。 最後は、日本に帰る、帰らないで言い合いになり、エリカはまるで何かに取り憑かれたかのように『2度と私の家族に会うな!』、『ファック!』と叫ぶと、壁にコーヒーカップを投げつけて一方的に帰国してしまったのです」 「目的は明確で、エリカを『脱がせてカネにする』こと」 沢尻は帰国後にも騒動を起こす。 2011年1月、「たかの友梨」のCMイベントでこう発言したのだ。 「帰国前に、たしかに離婚を承諾するとは言いましたが、僕はその条件として、『エリカが自分の口で今まで起きたすべてのことを嘘をつかずに話すこと』とはっきり伝えています。 彼女が言うような離婚協議は、一度たりともしていません」 沢尻と高城氏の離婚が現在も成立していないことは言うまでもない。 「僕が困っているのは、彼女との離婚そのものより も、マスコミが偏った報道をすることです。 マスコミおよび、それに連なる『誰か』は、僕をつぶしたいのでしょう。 その『誰か』の目的は明確で、エリカを『脱がせてカネにする』ことです。 そのために、彼らは組織的にエリカの薬物問題を、隠蔽し続けてきたのだと思います」 ヤマトで沢尻を降ろしたTBSが、再びドラマに起用 沢尻の薬物問題を隠蔽したメディアのひとつがTBSだという。 前述のように、09年にスターダストをクビになり、当時ヒロイン役に内定していた映画「SPACEBATTLESHIP ヤマト」の降板を余儀なくされた沢尻だが、その理由も薬物問題だった。 「ヤマトを企画したのは、 映画の製作委員会にも名を連ねるTBSです。 当然ながらTBSは、エリカが受けた薬物検査の結果を知っていた。 僕は当時、製作委員会の方から『スターダストの幹部からTBSに薬物検査の結果が伝えられた』とはっきり聞いています。 そのTBSが、先日、エリカをテレビドラマ(『悪女について』)で復帰させたことを知り、驚きました。 なぜ、ヤマトでエリカを降ろしたTBSが、エリカを再びドラマに起用するのか。 薬物問題はどうパスしたのか。 理解できません。 エイベックス、スターダスト、TBSなどのメディア、そして取り巻きのクリエイターたち......。 エリカの薬物問題を認識する人は複数います。 それを見て見ぬ振りを決め込み、握り潰し、夫を黙らせようとする。 そして、エリカの弱みを握り、裸にして、カネにしようというのが、このたびの離婚騒動に隠された真相なのです。 「色々あったから、脱ぐしかない」 『へルタースケルター』のこともエリカは、こう言っていました。 『色々あったから、脱ぐしかない』と。 今日、僕がお話ししたことについて、エリカの関係者はきっと『事実無根』『調査中』などと言って、明言を避けるでしょう。 僕を名誉毀損で訴えようとするかもしれませんが、僕の話は真実ですから、どうぞ、というだけです。 裁判に発展すれば、墓穴を掘るだけでしょうが、まずはエイベックスがエリカに契約解除のいきさつを直接確認した方がいい。 僕は、おたくと契約しているアーティスト(沢尻)に聞いたことをお話ししているのですから」 最後に高城氏は、離婚問題の現状についても打ち明けた。 「僕の気持ちとしては、エリカに未練はとっくにありません。 今まで何とか立ち直ってもらうように、僕なりに出来る限りの事はしてきました。 しかし、エリカは大手芸能プロに弱みを握られ、言いなりに動くしかないような人間でした。 冷たいようですが、もっと骨のあるヤツだと思っていたので、残念ですね。 今後もう、彼女と関わる事はないと思います。 今すぐ離婚すると、彼らの思うつぼですから、エリカの薬物問題が解決に向かい、今までのような偏向報道がなくなり、本件が正しく報道される頃を待って、事務的に進めたいと思っています。 エクスタシー使用の証言も含め、週刊文春は複数項目に渡る質問状をエイベックスに送った。 だが、同社の担当者から返ってきたのは、「前回の回答と同様です」(前回の回答は「ご指摘の事実はなく、弊社はコンプライアンスに基づいてアーティスト契約をしております」)の一行のみ。 誠実な対応とは言えないだろう。 また、TBSにも改めて 高城氏の指摘を質したが、「制作過程についてのご質問には従来からお答えしておりません」と前週とまったく同じ回答が返ってきた。 企業活動の透明性を高らかにうたい、<TBSグループにとって好ましくない情報も同様に扱い、説明責任を果たすために開示する>とする同社は、名ばかりの行動憲章を取り下げるべきではないか。 (「週刊文春」2012年6月7日号より) (「週刊文春」編集部/週刊文春 2012年6月7日号).

次の