ライン 友達 削除 したら。 LINEの友達削除したらどうなるの?気になる相手バレも含めてご紹介!

LINE友達に知らない人が自動追加されてた時の削除法

ライン 友達 削除 したら

学生から大人まで老若男女問わず今や日本中のほとんどの人が使用していると言っても過言ではないのがLINEです。 日常生活においてLINEが無い生活など考えられないという人も多いのでは無いでしょうか。 それまでに日本においてLINEは浸透しており、機能的にも実質的にもメッセージアプリやSNSという枠を大きく超えたサービスを展開しています。 しかし、ここまで生活において大きな役割を占めるだけに様々な問題や悩みを生むことも多いのは事実です。 中でも友達のブロックや削除について悩んでいる人はとても多いと思います。 LINEは気軽に連絡先を交換できる反面で、交換後に連絡を取りたくなくなることや頻繁に連絡が来て鬱陶しいということもあります。 しかし、人間関係を悪化させる可能性がある行為なので、LINEのブロックや削除を行うことはかなり神経質になってしまいます。 今回はそのLINEでのブロック・削除の方法やブロック・削除後にどうなるのかをご説明します。 LINEで友達をブロックする際に気になることは、相手に対して通知されるのかと言うことです。 通知されてしまうと相手に即座にバレてしまい関係の悪化に繋がりかねませんし、それでは簡単にブロックをすることができません。 まず、結論を述べるとLINEのブロックは相手に通知されることはありません。 こちらがブロックしても自分の友達リストから消えて自分の中でブロックを認識するだけで、相手には完全に何の通知もいきません。 逆に相手がこちらをブロックした際も同じで自分に通知が来ることも完全にありません。 これで少しLINEのブロックに対するハードルが下がったのではないでしょうか?では、LINEでのブロックの方法を見ていきます。 一番オーソドックスな方法は友達リストからブロックする方法です。 友達リストでブロックしたい相手を探し、左にスワイプすることでブロックのボタンが現れます。 続いてはブロックではなく、LINEにおける友達の削除についてです。 削除はブロックの上位機能のようなものですが、こちらも通知が気になってしまいます。 結果を言うと、こちらも相手に通知が届くことは完全にありません。 LINEではブロックも削除も相手に通知されない点では全く同じで、相手からするとブロックされようが削除されようがなんら変わりはありません。 ではLINEでの削除の方法を見ていきます。 まず削除をするにはブロックを行っておく必要があります。 前項でブロックの方法は説明したので、ブロックを行っている体で話をします。 ブロックができたら、LINEの設定画面を開きます。 設定画面の中から友達をタップします。 ではLINEのブロックと削除の違いはなんなのか気になっている方も多いと思います。 ブロックにしろ削除にしろ自分があまり良くないと思っている相手にする点は変わりませんし、相手にはどのみち通知もいかず相手からはどちらも変わりはありません。 では、ブロックでも削除でもどっちでもいいのでは?と思ってしまいます。 しかし、LINEのブロックと削除は似て非なるもので明確な違いが存在します。 まず、ブロックについてはブロックを行うことで相手は自分にメッセージを送ることが出来なくなります。 正確にはメッセージを送ってもこちらに届かなくなります。 通話やタイムラインなども見ることが出来なくなります。 自分のLINE上では友達リストから消えてしまい、ブロックリストに表示されるようになります。 しかし、トークは削除しない限り残りますし、トークから入っていけば相手のタイムラインを見ることもできます。 ブロックを解除する際も、自分からのLINE上でブロック解除を行うことができ相手に再追加の通知が行くこともありません。 では削除するとどうなるかというと、削除に関しては実は自分への影響がほとんどなのです。 まずブロックすることで反映された内容は削除後も継続されます。 引き続き相手はLINEでメッセージを送っても届きませんし、タイムラインなども見れません。 一方、自分は削除をすることで、今までブロックリストにいた相手が完全にLINE上から消えてしまいます。 LINE上のトークなども消えてしまうので、相手のことを見ることは全く出来なくなりますし、こちらからブロックを解除するようにバレずに友達リストへ戻すことは出来なくなります。 友達へ戻すにはLINEのQRコードやIDなどの情報が必要となり、自力ではなかなか追加出来なくなりますし相手にもバレてしまいます。 このように、LINEの削除では相手への影響はほとんどなく、自分への影響がほとんどなのです。 どうしても名前も見たくないような相手や、まったくの他人が友達リストに入ってしまった時であれば問題ないですが、そうでもなければブロックにとどめておくのが無難です。 削除でも気がおさまらず、相手から完全にLINEでの連絡をされたくない場合も少なからずあると思います。 LINEでは、相手がLINEアカウントを新しくした場合などに今までブロックや削除を行っていた相手が急に自分のLINEに表示されることがあります。 あくまでもLINEのブロックや削除はLINEのアカウント単位で行われており、相手の電話番号などの個人情報で管理されているわけではありません。 なので、ブロックや削除した人とは別人の扱いになってしまうのです。 このタイミングで連絡などが来てしまったり、もしかすると連絡するためにLINEアカウントを新しくしてくる場合も少なからずあるかもしれません。 こういったとき完全にLINEの連絡を断つ方法を参考までにご紹介します。 まずは、ブロック〜削除までを行います。 この時点で基本的にはもう連絡が来ることはないです。 さらにここから、設定の友達を開きます。 友達の中から、上部の友達追加と友達への追加を許可をオフにします。 これは、自分のスマホの連絡先から相手を自動でLINEに登録したり、相手の連絡先に登録されている場合に相手に自動でLINEに追加されることを許可するオプションです。 これらをオフにすることで、基本的には自らの手動での友達追加しか出来なくなります。 つまり、相手がLINEアカウントを新しくしようとも相手に追加されることも自分に追加されることもありません。 これなら削除後も継続して完全にLINEでの連絡の拒否が可能です。 是非参考にしてみてください。 しかしながら、この自動の友達追加などの機能はLINEにおいてとても便利な機能であることも確かです。 オフにする際にはデメリットなども考慮して、そこまで完全に拒否する必要があるのかしっかり判断しましょう。 次に無料通話です。 LINEではどれだけ通話をしても無料ということでリリース当初はとても驚かれました。 今ではLINEの通話だけで全ての通話を済ませたり、ビジネスや企業単位でもこのLINE通話を使っているところまであるほどです。 LINEのリリース直後は通話品質に難があったり、遅延が顕著で使いにくかったりもしましたが現在ではビジネス等でも使われるだけあって、普通のキャリア通話と変わらない品質にまで改善されています。 それだけ利用者が多いLINE通話ですから、ブロックや削除後にどうなるのかは気になります。 こちらも実は相手のLINE上からは何の変化もないのです。 今まで通りにトーク上や友達リストから通話をかけることができます。 呼び出し音も変わらずに鳴ります。 しかしこちらも通話に相手が出ることが無いという点が異なります。 何度かけても相手のライン上では通知も無く履歴も残らないので当然です。 同じくトーク上からノートも確認することができます。 このように、実際のところブロックや削除をしても相手のLINE上からはほとんどの情報にアクセスされてしまいます。 ブロックや削除をするような相手からできるだけ情報を見られたくないとも思うでしょうが、LINEの現在の仕様ではこればかりはどうにもなりません。 しかし、これはLINEの仕様や気遣いが足りないというのではなく、ブロックしたことが相手にバレないためのLINE側の最大の配慮だと思います。 やはり、相手にブロックや削除がバレることはブロックする側には望ましくありません。 もちろん、ブロックや削除された相手もいい気はしないでしょう。 バレなければいいという単純な話ではもちろんありませんが、それでもブロックする側にもされる側にも嫌な気持ちやトラブルが発生しないようにするための配慮であると言えます。 ブロックした際と同じように相手を再登録をすればまた友達として復活します。 しかしLINEでは削除をしてしまった場合には再登録をすると相手にバレてしまうのです。 ブロックからの再追加ではバレることはないのですが、削除をしてしまった場合には新たな友達が現れたことになり追加された旨の通知が届いてしまいます。 これがLINEにおいて削除した相手を再登録する際の最大のデメリットです。 また、基本的にはバレる以前に再登録するには、相手からLINEのQRコードやIDを聞くなどする必要があります。 これではバレるバレない以前の問題で、ハードルが高すぎます。 ましてや、削除していたから再登録させてくれなど口が裂けても言えません。 では、実質再登録はできないのかと言うとそうではありません。 先に言った通りそれでも追加できる裏ワザがあるのです。 1つ目の裏ワザは再登録したい相手も入っているグループから追加する方法です。 削除前から既存のグループトークでは今まで通りに表示されることを説明しましたが、それをうまく利用した裏ワザです。 まずはグループトーク画面を開き上部グループメンバーのバーをタップします。 次の裏ワザは、LINEで共通の友達に相手の連絡先を送ってもらうことです。 LINEではLINE上でLINEの連絡先を送る機能があります。 この機能を利用して削除している相手をLINEに再登録するのがこの裏ワザです。 相手の入っているグループトークが無いなどの場合にはこの方法を使うしかありません。 しかし、この裏ワザの場合は教えてもらう相手にも削除している状況を説明する必要がありますし、個人情報なのできちんと信頼関係がある必要があります。 友達などであれば簡単に教えてくれるかもしれませんが、勝手に教えた教えていないなどのトラブルにならないよう細心の注意を払うようにしましょう。 もちろんこの方法で再登録しても相手には通知されるので気をつけてください。

次の

LINEで友達を削除する方法と手順!バレない方法とは?

ライン 友達 削除 したら

appllio. com では、単なるブロック・非表示と「削除」は何が異なるのでしょうか? それは端的に言えば、 「友だちリストへの戻しやすさ」です。 ブロックや非表示の効果は、あくまでも「一時的」なものです。 ブロックリストや非表示リストには相手のアカウントが存在した状態なので、いつでも友だちリストに復活させられます。 ところが、ブロックリストや非表示リストから相手を「削除」した場合、自分のLINE上から相手のアカウントが完全に消えてしまうことになります。 トークルームが残っていない場合、再び友だちリストに復活させるのにQRコードを読み取りやID検索などの手段を用いて改めて友だち追加をしなければなりません。 安易に削除してしまうと、取り返しのつかないことになりかねないので注意が必要です。 相手をブロックリストから削除する手順 まずは、相手をブロックする必要があります。 すでにブロック済みの人はここを飛ばしてください。 友だちリストでブロック削除したい相手を長押し(ロングタップ)します。 メニューが表示されるので[ブロック]をタップして確認すれば、ブロック完了です。 iOS版LINEでは、相手を左スワイプして表示されたメニューから[ブロック]をタップしてもOK。 続いて、ブロックした相手を削除します。 iOS版LINEはブロックリストから削除したい相手を選択後、[削除]をタップして確認画面で再度[削除]をすればOK。 Android版LINEは、削除したい相手の横にある[編集]ボタンをタップして[削除]を選択してください。 相手を非表示リストから削除する手順 iOS版とAndroid版LINEで手順が異なります。 iOS版LINEの場合 友だちリストで非表示・削除したい相手を長押し(ロングタップ)します。 メニューが展開されるので[非表示]ボタンをタップし、確認メッセージで[確認]を押してください。 もしくは、相手を左スワイプして表示されたメニューから[非表示]をタップしてもOKです。 Android版LINEの場合 バージョン9. 2以降のAndroid版LINEを使っている場合、友だちリスト上から即座に非表示・削除ができます。 友だちリストでアカウント名を長押しすると、展開するメニューに[削除]が表示されます。 この[削除]ボタンを押した後、確認画面で再び[削除]をタップすれば、そのまま「非表示・削除」が完了します。 なお、バージョン9. 2以前のLINEを使っている場合は、iOS版と同様にメニューから[非表示]を選択し、非表示リストから削除しましょう。 ブロックリストで削除した場合の人間関係に与える影響は気になるところです。 削除した側のLINEに起こる現象 削除した側では、ブロックリストから相手のアカウントが消えて、そのままブロックの効果が持続します。 以下、ブロックするとどのような影響が生じるのかを箇条書きで紹介します。 ブロックリストから削除した後も、相手とのトークルームは消えることなくそのまま残ります。 ここで、トークルームさえも削除して相手の存在を完全消滅させたいところですが、それはあまりおすすめできません。 左:トークリストでトークルームを長押し 右:展開したメニューで[非表示]をタップ というのも、友だちをブロックした後にトークルームまで削除すると、再度復活させる方法はかなり限られます。 LINE IDを相手に聞いたり、QRコードを読み取ったりといった必要が出てくるため、削除した事実を相手に察知される確率も上がってしまうでしょう。 また、ブロック削除後、相手と共有したアルバムやノートの確認や削除をしたくなっても、トークルームを削除したら二度とアクセスできません。 したがって、もう二度と連絡をとらなくてよい迷惑アカウント以外は、 トークルームを削除せず非表示にしておくと安心です。 非表示にしておけばトークリストから隠せるうえ、トークルーム非表示リストからいつでも復活できます。 現象1:友だちリストから相手が消える• 本来、友だちの非表示機能は、相手を「友だちリスト」から隠すだけの機能。 基本的に自分のLINEにおける見え方を整理するものであって、メッセージの送信や通話、タイムラインなどの機能には影響しません。 ただ、非表示リストから削除した場合は、状況が異なります。 その相手とはもうLINE上での「友だち」ではない状態となるのです。 そのため、削除した側には、メッセージや通話機能に少なからず影響が現れます。 トークルームに「削除された友だちです」「友だちではないユーザーです」と表記される 左:iOS版LINE 右:Android版LINE 非表示リストから削除した相手のトークルームには「削除された友だちです(iOS版)」「友だちではないユーザーです(Android版)」のメッセージとともに「追加」「ブロック」「通報」ボタンが表示されます。 ブロックの場合と同様に[追加]ボタンを押すと「新しい友だち」に相手が追加されます(相手には通知されません)。 appllio. 友だち追加後に通話が可能です」のメッセージとともに、着信が拒否されます。 また、友だち追加していない相手には自分から通話を発信することもできないので、通話機能が一切使えない状態となります。 「メッセージ受信拒否設定」をオンにしている場合、相手からのメッセージを受信しない 非表示にしてから削除した相手とは、友だち状態ではなくなります。 「ホーム」タブの設定ボタンから[プライバシー管理]へ進むと「メッセージ受信拒否」のオン・オフを設定できる そのため、友だち以外のアカウントからメッセージを受信しない「メッセージ受信拒否」の設定をオンにしている場合、相手からのメッセージが一切届かなくなります。 また前述したように、通話の着信もしないうえ、着信通知のメッセージも届きません。 つまり、 「メッセージ受信拒否」の設定をオンにした状態で、相手を非表示にしてから削除してしまうと、相手とはLINE上で一切連絡が取れなくなるわけです。 意図せずブロックとほぼ同じ状況になってしまうので、友だちを非表示リストから削除する場合は設定に注意しましょう。 非表示削除された側のLINEに起こる現象 ブロックと同様、非表示削除された側のLINEには、目立った変化は起こりません。 削除された旨が通知されることもなく、メッセージの送受信も通常どおり可能。 また、改めて友だち追加をされても、削除された側のLINEには「新しい友だち」として表示されることもありません。 ただ、唯一「タイムライン」には変化が起こります。 非表示リストから削除されると、 相手の新規投稿が、公開範囲を問わずタイムラインに表示されなくなるのです。 また、自分の投稿も非表示削除した相手のタイムラインには流れません。 前述したように、LINEのタイムラインに投稿が表示されるのは、 相互に友だちに追加しあっている場合のみです。 どちらかが一方的に相手を友だち追加している状態では、お互いのタイムラインに投稿は表示されません。 また、相手のホームを訪問した場合には「全体公開」の投稿は見れますが、「友だち公開」に設定されている投稿は非表示になります。 LINEで削除した相手をバレずに「復活」させる方法 ブロックや非表示にして削除した相手であっても、やはり友だちに復活させたいと考え直すこともあるでしょう。 ここでは、相手にバレずに友だちに再追加する方法を紹介します。 いずれの方法でも相手に通知されることはありません。 トークの「非表示リスト」も確認しよう 復活させたい相手とのトークルームを 「削除」ではなく「非表示」にしていた場合、すでに友達から削除していたとしてもトークルームの「非表示リスト」でトークを再表示後、友達に再追加できます。 あとは、上述の方法でトークルームから友達に再追加すればOKです。 ブロック削除および非表示削除いずれの相手にも適用できます。 方法2:共通のグループトークか複数人トークで、相手のプロフィールアイコンをタップし「追加」ボタンを押す ブロックもしくは非表示リストから削除した相手と共通で参加しているグループトーク/複数人トークがあれば、相手にバレずに友だちに再追加できます。 相手が参加しているグループトークのTOP画面もしくはトークルームの上部をタップし、メンバーリストを表示します。 ここで、友だち追加したい相手のアカウントをタップして選びましょう。 左:ブロックリストから削除した場合 右:非表示リストから削除した場合 相手のLINEのホーム画面が表示されます。 方法3:別の友だちから相手を紹介してもらう 削除してしまった相手を別の友だちから「紹介」してもらうことで、再び友だち追加することが可能です。 教えてもらった側は、送ってもらった連絡先をタップしホーム画面で[追加]ボタンをタップするだけ。 簡単に相手を再度友だち追加できます。 appllio. Q1:削除した相手を復活させると通知される? A:削除後に再度友だち追加しても、相手に通知されません。 しかし、ブロックもしくは非表示リストから削除した場合、相手のLINE上ではお互いに友だちとして登録されたままの状態が保持されています。 削除した側が再度友だち追加したとしても、相手側の友だちリストは変化がなく、通知がいくこともありません。 また、「新しい友だち」や「知り合いかも?」にも表示されないので安心してください。 appllio. com Q2:スマホの電話帳(アドレス帳)から友達の連絡先を削除すると、LINEの友だちからも削除される? A:削除されることはなく、これまで同様にLINEの友だちとして保持されます。 試しに連絡先をすべて削除しても、LINEの友だちリストに一切変化はなかった 「友だち自動追加」の設定がオンの場合、電話帳(アドレス帳)に登録されている電話番号に紐付いて、自動で友だち追加される仕組みになっています。 そのため、スマホの電話帳から連絡先を削除すると、それに連動して「LINEに追加した友だちも削除されるのでは」と考えるかもしれません。 しかし、LINEの友だちを消すには、LINEアプリ上で削除をおこなう必要があります。 電話帳からユーザーを削除してもLINEの友だちリストにはなにも影響しません。 Q3:相手の友だちリストから自分のアカウントを削除させる方法は? A:相手の友だちリストから自分を消去する手段はLINEの機能として用意されていません。 相手の友だちリストに自分が存在していることがどうしても許容できない場合、唯一残された手段は、自分のLINEアカウントを削除(退会)するというもの。 それにより相手の友だちリストから自分を消すことが可能です。

次の

LINEで友達を削除する方法と手順!バレない方法とは?

ライン 友達 削除 したら

appllio. com では、単なるブロック・非表示と「削除」は何が異なるのでしょうか? それは端的に言えば、 「友だちリストへの戻しやすさ」です。 ブロックや非表示の効果は、あくまでも「一時的」なものです。 ブロックリストや非表示リストには相手のアカウントが存在した状態なので、いつでも友だちリストに復活させられます。 ところが、ブロックリストや非表示リストから相手を「削除」した場合、自分のLINE上から相手のアカウントが完全に消えてしまうことになります。 トークルームが残っていない場合、再び友だちリストに復活させるのにQRコードを読み取りやID検索などの手段を用いて改めて友だち追加をしなければなりません。 安易に削除してしまうと、取り返しのつかないことになりかねないので注意が必要です。 相手をブロックリストから削除する手順 まずは、相手をブロックする必要があります。 すでにブロック済みの人はここを飛ばしてください。 友だちリストでブロック削除したい相手を長押し(ロングタップ)します。 メニューが表示されるので[ブロック]をタップして確認すれば、ブロック完了です。 iOS版LINEでは、相手を左スワイプして表示されたメニューから[ブロック]をタップしてもOK。 続いて、ブロックした相手を削除します。 iOS版LINEはブロックリストから削除したい相手を選択後、[削除]をタップして確認画面で再度[削除]をすればOK。 Android版LINEは、削除したい相手の横にある[編集]ボタンをタップして[削除]を選択してください。 相手を非表示リストから削除する手順 iOS版とAndroid版LINEで手順が異なります。 iOS版LINEの場合 友だちリストで非表示・削除したい相手を長押し(ロングタップ)します。 メニューが展開されるので[非表示]ボタンをタップし、確認メッセージで[確認]を押してください。 もしくは、相手を左スワイプして表示されたメニューから[非表示]をタップしてもOKです。 Android版LINEの場合 バージョン9. 2以降のAndroid版LINEを使っている場合、友だちリスト上から即座に非表示・削除ができます。 友だちリストでアカウント名を長押しすると、展開するメニューに[削除]が表示されます。 この[削除]ボタンを押した後、確認画面で再び[削除]をタップすれば、そのまま「非表示・削除」が完了します。 なお、バージョン9. 2以前のLINEを使っている場合は、iOS版と同様にメニューから[非表示]を選択し、非表示リストから削除しましょう。 ブロックリストで削除した場合の人間関係に与える影響は気になるところです。 削除した側のLINEに起こる現象 削除した側では、ブロックリストから相手のアカウントが消えて、そのままブロックの効果が持続します。 以下、ブロックするとどのような影響が生じるのかを箇条書きで紹介します。 ブロックリストから削除した後も、相手とのトークルームは消えることなくそのまま残ります。 ここで、トークルームさえも削除して相手の存在を完全消滅させたいところですが、それはあまりおすすめできません。 左:トークリストでトークルームを長押し 右:展開したメニューで[非表示]をタップ というのも、友だちをブロックした後にトークルームまで削除すると、再度復活させる方法はかなり限られます。 LINE IDを相手に聞いたり、QRコードを読み取ったりといった必要が出てくるため、削除した事実を相手に察知される確率も上がってしまうでしょう。 また、ブロック削除後、相手と共有したアルバムやノートの確認や削除をしたくなっても、トークルームを削除したら二度とアクセスできません。 したがって、もう二度と連絡をとらなくてよい迷惑アカウント以外は、 トークルームを削除せず非表示にしておくと安心です。 非表示にしておけばトークリストから隠せるうえ、トークルーム非表示リストからいつでも復活できます。 現象1:友だちリストから相手が消える• 本来、友だちの非表示機能は、相手を「友だちリスト」から隠すだけの機能。 基本的に自分のLINEにおける見え方を整理するものであって、メッセージの送信や通話、タイムラインなどの機能には影響しません。 ただ、非表示リストから削除した場合は、状況が異なります。 その相手とはもうLINE上での「友だち」ではない状態となるのです。 そのため、削除した側には、メッセージや通話機能に少なからず影響が現れます。 トークルームに「削除された友だちです」「友だちではないユーザーです」と表記される 左:iOS版LINE 右:Android版LINE 非表示リストから削除した相手のトークルームには「削除された友だちです(iOS版)」「友だちではないユーザーです(Android版)」のメッセージとともに「追加」「ブロック」「通報」ボタンが表示されます。 ブロックの場合と同様に[追加]ボタンを押すと「新しい友だち」に相手が追加されます(相手には通知されません)。 appllio. 友だち追加後に通話が可能です」のメッセージとともに、着信が拒否されます。 また、友だち追加していない相手には自分から通話を発信することもできないので、通話機能が一切使えない状態となります。 「メッセージ受信拒否設定」をオンにしている場合、相手からのメッセージを受信しない 非表示にしてから削除した相手とは、友だち状態ではなくなります。 「ホーム」タブの設定ボタンから[プライバシー管理]へ進むと「メッセージ受信拒否」のオン・オフを設定できる そのため、友だち以外のアカウントからメッセージを受信しない「メッセージ受信拒否」の設定をオンにしている場合、相手からのメッセージが一切届かなくなります。 また前述したように、通話の着信もしないうえ、着信通知のメッセージも届きません。 つまり、 「メッセージ受信拒否」の設定をオンにした状態で、相手を非表示にしてから削除してしまうと、相手とはLINE上で一切連絡が取れなくなるわけです。 意図せずブロックとほぼ同じ状況になってしまうので、友だちを非表示リストから削除する場合は設定に注意しましょう。 非表示削除された側のLINEに起こる現象 ブロックと同様、非表示削除された側のLINEには、目立った変化は起こりません。 削除された旨が通知されることもなく、メッセージの送受信も通常どおり可能。 また、改めて友だち追加をされても、削除された側のLINEには「新しい友だち」として表示されることもありません。 ただ、唯一「タイムライン」には変化が起こります。 非表示リストから削除されると、 相手の新規投稿が、公開範囲を問わずタイムラインに表示されなくなるのです。 また、自分の投稿も非表示削除した相手のタイムラインには流れません。 前述したように、LINEのタイムラインに投稿が表示されるのは、 相互に友だちに追加しあっている場合のみです。 どちらかが一方的に相手を友だち追加している状態では、お互いのタイムラインに投稿は表示されません。 また、相手のホームを訪問した場合には「全体公開」の投稿は見れますが、「友だち公開」に設定されている投稿は非表示になります。 LINEで削除した相手をバレずに「復活」させる方法 ブロックや非表示にして削除した相手であっても、やはり友だちに復活させたいと考え直すこともあるでしょう。 ここでは、相手にバレずに友だちに再追加する方法を紹介します。 いずれの方法でも相手に通知されることはありません。 トークの「非表示リスト」も確認しよう 復活させたい相手とのトークルームを 「削除」ではなく「非表示」にしていた場合、すでに友達から削除していたとしてもトークルームの「非表示リスト」でトークを再表示後、友達に再追加できます。 あとは、上述の方法でトークルームから友達に再追加すればOKです。 ブロック削除および非表示削除いずれの相手にも適用できます。 方法2:共通のグループトークか複数人トークで、相手のプロフィールアイコンをタップし「追加」ボタンを押す ブロックもしくは非表示リストから削除した相手と共通で参加しているグループトーク/複数人トークがあれば、相手にバレずに友だちに再追加できます。 相手が参加しているグループトークのTOP画面もしくはトークルームの上部をタップし、メンバーリストを表示します。 ここで、友だち追加したい相手のアカウントをタップして選びましょう。 左:ブロックリストから削除した場合 右:非表示リストから削除した場合 相手のLINEのホーム画面が表示されます。 方法3:別の友だちから相手を紹介してもらう 削除してしまった相手を別の友だちから「紹介」してもらうことで、再び友だち追加することが可能です。 教えてもらった側は、送ってもらった連絡先をタップしホーム画面で[追加]ボタンをタップするだけ。 簡単に相手を再度友だち追加できます。 appllio. Q1:削除した相手を復活させると通知される? A:削除後に再度友だち追加しても、相手に通知されません。 しかし、ブロックもしくは非表示リストから削除した場合、相手のLINE上ではお互いに友だちとして登録されたままの状態が保持されています。 削除した側が再度友だち追加したとしても、相手側の友だちリストは変化がなく、通知がいくこともありません。 また、「新しい友だち」や「知り合いかも?」にも表示されないので安心してください。 appllio. com Q2:スマホの電話帳(アドレス帳)から友達の連絡先を削除すると、LINEの友だちからも削除される? A:削除されることはなく、これまで同様にLINEの友だちとして保持されます。 試しに連絡先をすべて削除しても、LINEの友だちリストに一切変化はなかった 「友だち自動追加」の設定がオンの場合、電話帳(アドレス帳)に登録されている電話番号に紐付いて、自動で友だち追加される仕組みになっています。 そのため、スマホの電話帳から連絡先を削除すると、それに連動して「LINEに追加した友だちも削除されるのでは」と考えるかもしれません。 しかし、LINEの友だちを消すには、LINEアプリ上で削除をおこなう必要があります。 電話帳からユーザーを削除してもLINEの友だちリストにはなにも影響しません。 Q3:相手の友だちリストから自分のアカウントを削除させる方法は? A:相手の友だちリストから自分を消去する手段はLINEの機能として用意されていません。 相手の友だちリストに自分が存在していることがどうしても許容できない場合、唯一残された手段は、自分のLINEアカウントを削除(退会)するというもの。 それにより相手の友だちリストから自分を消すことが可能です。

次の