おざわ りょうこ。 *東進*大学輩出OB・OGリスト−法政大学−

べっぴんさん

おざわ りょうこ

肩書き スクワットアドバイザー、健康運動指導士 名前 小川りょう おがわりょう 専門分野 健康寿命の延伸、要介護・寝たきり予防に向けた運動指導と講演活動および健康アイテムの考案 ブログ ホームページ• エクササイズ・トレーニング• メンタルケア 指導歴20年の豊富な経験と知識、確かな指導力を持つ、健康づくり分野のプロフェッショナル。 フィットネスインストラクターを経て、2000年にフリーランスの健康運動指導士としての活動をスタート。 豊富な経験と確かな指導力で、カルチャースクール講師や講演・セミナー講師をはじめ、イベント・ワークショップ企画実施、商品開発、書籍・雑誌でのコラム執筆・監修など精力的に活動。 楽しく気取らない人柄で、健康づくり講演活動や運動指導は中高年を中心に大人気となっています。 スクワットアドバイザーとして、自ら考案したスクワットボードを用いて、足腰を鍛えて健康・美容に役立つ、安全で効果的なフォームで行う「スクワット」の普及に尽力しています。 早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程修了。 <出版実績> ・『ココロ・カラダ塾』(幻冬舎ルネッサンス) <メディア実績> ・(2015. 講座は午前の部(AM10:30~PM0:00)と、午後の部(PM1:30~3:00)の2回行われます。 午前と午後は違うテーマなので、自分の興味や体力にあわせて選べます。 もう年だからと諦めるのはまだ早い! いくつになっても体力年齢はアップします。 どちらの講座でも、小川りょう先生が中高年にぴったりのエクササイズを優しくわかりやすく指導してくれますよ。 長続きしない筋トレも、エアー(空気)のチカラでコロコロくるくる。 アイテムを使えば簡単に、劇的な効果を得られます。 時短筋トレエクササイズを体験しましょう。 小川りょう先生考案のオリジナルメソッド「ももしりスクワット」を全員で行います。

次の

小沢遼子

おざわ りょうこ

糸井 重里 いとい しげさと 文学部中退。 コピーライター、エッセイスト。 有名なコピーは「不思議、大好き」「おいしい生活」「君にクラクラ」「インテリげんちゃんの夏休み」など。 数多くのCMや広告を手掛け、ヒット作を次々と世に送る。 現在、インターネット上でほぼ日刊イトイ新聞を展開中。 1995年ドラフト3位でヤクルトに入団。 2005年日本ハムファイターズへ。 作新学院・法政大学から巨人に入団する。 「怪物くん」の異名を持つ日本を代表する速球投手。 参議院の民主党議員。 阪神タイガースの元投手。 TV朝まで生テレビなどに出演。 元埼玉県議。 ミュージシャン。 ザ・ブルーハーツ、ザ・ハイロウズなどで日本の音楽シーンを席巻。 現・ザ・クロマニヨンズ。 フジテレビアナウンサー。 阪神タイガースコーチ。 現役時代は阪神、西武で活躍し、豪快なバッティングはファンを魅了した。 男子400mハードル選手。 日本記録保持者。 05年世界陸上ヘルシンキ大会で銅メダル。 01年のエドモントン大会でも銅メダル。 短距離・ハードル種目では五輪・世界陸上を通じて初の日本人メダリスト。 芸能レポーター。 TV「やじうまワイド」「スーパーモーニング」など。

次の

小沢遼子

おざわ りょうこ

もしもしロボ調査[Wiki ウィキ 情報] 小沢遼子 来歴・人物 東京都出身。 埼玉県立浦和第一女子高等学校、法政大学社会学部心理学科卒業後、広告代理店、出版社勤務を経て、1967年、当時継続していたベトナム戦争に異議を唱えるため、ベトナムに平和を! 埼玉市民連合結成、自ら代表としてベトナム反戦運動を展開。 1971年、統一地方選挙浦和市議会議員選挙に立候補し、最高得票で当選(革新系無所属)。 以後、3期連続当選。 1983年、埼玉県議会議員選挙に転じ当選(革新系無所属)。 1987年、2期目を目指す県議選で、高校の後輩で同じく浦和市議会議員だった岡真智子が日本社会党公認で立候補。 ともに革新系で支持層が重なり、支持者を奪い合い落選(岡は当選)。 以後政界を退き、評論家として活動。 1984年6月24日、KBS京都企画・制作、独立UHF11局ネット生放送、田原総一朗司会の、討論番組「21世紀の日本を考える 5時間闘論 平和 なにを、いかにして守るのか」に出演。 当時放送開始の「朝まで生テレビ! 」に野坂昭如・西部邁・舛添要一・木元教子らとともに度々出演。 1989年第15回参議院議員通常選挙、1990年第39回衆議院議員総選挙、1991年東京都知事選挙・浦和市長選挙、1992年埼玉県知事選挙の候補者としてマスコミ等で名前が挙がる。 「マドンナ議員」が話題になる中、日本社会党などから出馬を打診されるが全て断る。 なおマドンナ議員に関し雑誌で「イギリスの緑の党は幹部が皆女性だがこれは女性だからではなくたまたま優秀な人が女性だったという話であるが、日本の政党のマドンナ候補は話題作りや票集め対策で能力重視ではない」と痛烈に批判。 1993年、埼玉県議会議員が相互に政治団体の帳簿上、同額寄付金をやりとりし、確定申告時に寄付控除を受ける、所謂「回し献金」を行っていたことが発覚。 「回し献金」の事実が明らかになった県議は自民党会派所属県議20人と無所属議員1人の計21名。 税務当局の指摘を受け修正申告に応じた。 「回し献金」について元社会党県議の黒田重晴(元越谷市長)は、「当時同僚だった小沢遼子元県議からこの方法を教わり約7年前からやっていた」と述べた。 小沢もこれを認め、「1987年に落選するまで、3年間控除を受けた」「寄付控除はどんな個人でも税金の控除の対象になる方法であり、私の場合もその一例に過ぎない。 政党所属県議に比べ、税制上の優遇措置の少ない無所属県議にとって唯一優遇を受けられる方法だった」と話した。 1998年・1999年、原子力政策円卓会議モデレーター就任。 就任後、茨城県東海村で発生したJCO臨界事故にも携わる。 2000年、放射性廃棄物シンポジウムコーディネーター就任(同シンポジウムは単年で終了)。 浜田卓二郎・松永光・山口敏夫・土屋義彦ら自民党所属埼玉県輩出議員や、土井たか子元社会党委員長を厳しく評論。 2014年10月3日に放送されたTBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ! 」において、9月27日に発生した御嶽山の噴火後の救助活動が悪天候で進まない事について、「今日も中止しているでしょ? 危ないとかって言うんで」「度々中断しているじゃない。 『あ、やっぱり日本は自衛隊なんだ』って思いましたよ」「これはイスラム国に行って、いつ爆弾が飛んでくるかわからないところに人助けに行けるようなあれじゃないと。 だからきっと安倍さんも見ていてね、国会で集団自衛権の問題は言わないじゃないですか。 あれは無理でしょう」「アメリカの潜水艦がやられているところに突っ込みます? 上から石が落ちてくるかもしれない。 風が吹いてくるかもしれない。 毒ガスの臭いがするかもしれない。 それで近づけない軍隊は軍隊じゃないですよ」「私は安心しました。 これは無理だと。 むしろ日本でこういうことがあったときに、ガスマスクだとか、ヘルメットだとか。 そういうものを持っているレスキュー隊として活動していただくのが自衛のためには一番です」などと、集団的自衛権とも絡めて、自衛隊や政府の対応を批判した。 なお、この発言に森本毅郎もまた「ちょっとの風が吹いたり、雨が降るとやめちゃう自衛隊」と同調した。 以前は阪神タイガースのファン。 北海道日本ハムファイターズのファンにシフトしたと公言。 無かった場合はページ更新のみされます。 ozawa ryouko 小沢遼子さんはカビゴンを探しているのかも知れない!.

次の