渡邊龍志。 ウイルスシャットアウト 首掛け、首下げタイプのウイルス対策商品をレビュー 消費者庁から行政指導

【楽天市場】東亜産業MIT [会社概要]

渡邊龍志

今回は新型コロナウイルスの対策の一環として、東亜産業さんのウイルスシャットアウトというストラップタイプの亜塩素酸ナトリウム配合の除菌ブロッカーを購入してみました。 amazonや楽天でも販売されていて、ツイッターでもセブンイレブンで販売されていたり、ヨドバシカメラのスタッフが使用しているということで、なにかと話題の商品です。 先日、テレビ放映もされたようで、近隣のドラッグストアでも品切れ続出の商品です。 繁華街の大通りを歩くと、数名の方が、ウイルスシャットアウトをかけている姿を見ます。 今回は首掛け、首下げのウイルスシャットのレビュー、効果?効き目?やけど?などウイルスシャットにまつわる情報をまとめてみました。 似たような商品は、クレベリンからも販売されたことがあり、有名なのは、クレベリンのスティックタイプになりますが、胸ポケットがないと使い勝手が悪いです。 逆に、ウイルスシャットアウトは、首にかけるだけで、ストラップも付属されているのがうれしいです。 また、二酸化塩素なので、クレベリンの置き型タイプのようにプールのような強烈な塩素の匂いを警戒しましたが、全く異臭もなかったです。 このように、日常生活でウイルス対策できる商品の一つとして、東亜産業のウイルスシャットアウトは、優秀だと思います。 ウイルスシャットアウトはウイルスの対策の一つであり、コロナウイルスに効果があるわけでも、効き目が実証されているわけではないので注意 東亜産業のウイルスシャットアウトは、亜塩素酸ナトリウムと天然ゼオライトによって、二酸化塩素を発生させます。 二酸化塩素発生剤はクレベリンなどが、有名です。 が、PDFで二酸化塩素に対して、詳しい調査をされているので、参考にしてみました。 次亜塩素酸のスプレーなども注目を集めていますが、アルコールスプレーと違って、刺激が強いため、手指の消毒に適しておらず、ドアノブやキッチンなど、日ごろよく手が触れる部分の消毒に使われます。 販売元の東亜産業も、製品紹介ページにこのような注意喚起の文章を載せています。 令和2年3月10 日付消費者庁「新型コロナウイルスに対する予防効果を標ぼうする商品の表示に関する改善要請等及び一般消費者への注意喚起について」の発表に関して 平素より格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。 本日、消費者庁より発表がありました、表題の件に関して、弊社が販売しております除菌グッズに関しては、販売当初より、「新型コロナウィルスに対して効果がある」という表示は行っておりません。 弊社商品をお取り扱いいただいている販売店様におかれましては、一般消費者の方の誤解を招くことのないよう、新型コロナウイルスへの効果効能があるかのようなコピーや広告等は控えていただきますよう、引き続きお願い申し上げます。 また、弊社の商材を取り扱って頂いているネットショップ様へは「新型コロナウィルスに対して」誤解を招く様な表示の注意を促す資料の送付実施を行っております。 送付資料はをご参照ください。 株式会社東亜産業 代表取締役 渡邊龍志 以上の点から、ウイルスシャットアウト単独で完全に予防を推奨するものではありません。 コロナウイルスやインフルエンザに効果があるという記載がある場合、薬事法に触れることになります。 マスクは手指を口や鼻などの粘膜に触れるリスクを下げます、また乳酸菌などの免疫力を高める食品を積極的にとったり、睡眠をしっかりとるといった基本的な生活な見直しをあわせて行うことが、重要でしょう。 ウイルスシャットアウト やけどに注意? 乳幼児やペットに触れないように気を付ける ウイルスシャットアウトの裏面に気になる記載がありました やけどには十分注意してください ・・・・どういうことでしょうか 過去にウイルスシャットアウト同様に、首下げタイプで空気中のウイルスを除菌する「ウイルスプロテクター」という商品の使用で、やけどの報告があり、厚生労働省が販売元に自主回収を促すという事態にまで発展しました。 千葉県で幼児の胸の皮膚が化学熱傷でただれ重傷を負うなど、今月6日以降、6件の事故情報が寄せられた。 既に国内で70万個以上、販売されており、厚生労働省が同社に自主回収を指導する予定。 首から下げたプレートの中に、漂白剤に使われる次亜塩素酸ナトリウムの錠剤が不織布に包まれており、汗に触れると成分が溶け出し、皮膚に刺激を与えるとみられる。 ウイルスシャットアウトの亜塩素酸ナトリウムも漂白に使用され、使用の注意には、「漂白成分がある」「乳幼児やペットが触れないように注意」「就寝中の使用はやめてください」と記載があります。 また、塩素アレルギーなどをお持ちの方も使用を控える記載がありました。 万が一、製品を使用して皮膚に異常があった場合は、使用を中断して、皮膚科にみてもらう必要があります。 おそらく、コンビニやドラッグストアで販売される可能性が高い商品です。 今回は基本的な情報と、基本的な使用感であり、この商品一つでコロナウイルスを対策するものではありません。 マスク、除菌スプレーの商品供給がいつから正常になるか、見通しは立ちませんが、このブログでは、今後も情報発信につとめていきます。 YOUTUBEも最近はじめましたので、よろしくお願いします。 追記 携帯型の空間除菌用品に対して消費者庁が行政指導した理由と経緯について 後日、消費者庁から、「携帯型の空間除菌用品の販売事業者5社に対する行政指導について」という名目で、景品表示法に違反する恐れがあることから、再発防止の指導とともに、一般消費者にSNSで注意喚起されたということで、この記事でもお伝えします。 「コロナへの効果」への問題性のみならず、そもそも「身に着けるだけで空間除菌が機能しているのか?」という商品そのものへの機能への疑問から、調査されたようです。 PDFから一部抜粋すると 当該表示の根拠とされる資料は、 狭い密閉空間での 実験結果に関する資料であることがほとんどであり、風通しのある場所等で使用す る際には、表示どおりの効果が得られない可能性があります。 消費者庁は、一般消費者が携帯型の空間除菌用品の効果について著しく優良であ ると誤認し、ウイルスの感染予防について誤った対応をしてしまうことを防止する 観点から、行政指導の対象となった事例の概要(別紙1)を公表いたします。 省庁からの資料というものは、ボリュームがあり一般人からは敬遠されるものが多いですが、今回は簡潔に2~3ページにわたっての注意喚起になっています。 から読むことができますので、目を通していただけると幸いです。 二酸化塩素に関しては、依然から置き型の商品も含め、密閉空間でなければ効果が薄いということは指摘されており、ウイルスシャットがネットやドラッグストアで盛況だった状況で、SNS、ブログ、動画で本商品に対して、好意的な発信、逆に効果がないことを訴える発信が交錯していました。 今回コロナウイルスを受けて、携帯型の空間除菌が、マスクの代用としてブームといえるほど売れたことを受けて、消費者庁が重い腰をあげたことになります。 ウイルスの除菌・除去に関しては、全くのデタラメではないが、外出先の周囲をしっかり除菌・除去するという点は、誇張した表現だったという結果になりました。 携帯型の空間除菌用品に関しては、国内で販売している業者も多く、必ずしも国内のメーカーで販売されている商品の内容、情報が優れており、信頼できるものではないという疑念を生む結果となりました 私もドラッグストアに従事する人間として、このことを肝に銘じて、流される情報に一度待ったをかけて、自分なりに判断する癖をつけるべきであると考えます。 記事には筆者の体験談も記載いたしますが、あくまで個人の感想です。 たまにゲームレビュー、京都の飲食店、投資情報も随時更新 ブログでの、コメントは現在受け付けていないので、質問やお仕事の依頼がございましたら ツイッター メールアドレス tukasamakoto5 gmail. com まで THE カテゴリー•

次の

選ばれた人だけのハイクラス転職サイト【ビズリーチ】

渡邊龍志

会社のトップは「代表取締役社長」のことが多が、「代表取締役」と「社長」は異なる定義による呼称で、「代表取締役」と「社長」が同じ人とは限らない。 代表取締役は、会社法の規定にある呼称。 取締役会で代表として選ばれた役員で、業務を執行し、会社を代表して契約や裁判などの行為をする権限を持つ。 一人とは限らず複数名いることもあり、その場合は、代表取締役が互いに協議することなく、それぞれが代表として業務を執行することができる。 社長は、「会長」「CEO」「専務」「常務」「部長」「課長」などと同じ、会社内部の規定による呼称。 社長も会社の業務を執行する最高責任者だが、企業の内部的な責任者で、外部的な責任者ではない。 あるプロジェクト案が出た場合、プロジェクトを進めることの意思決定は、会社内部の代表である「社長」が行う。 プロジェクトを進める上で、取引先との契約や多額の借り入れなどが必要な場合、会社法上の規定にある代表の「代表取締役」が執行する。 最終的な意思決定をする者が、社内向けと社外向けで異なることは不便であるため、ふつうは社長が代表権を持ち、「代表取締役社長」となっているケースが大半である。 しかし、会長が代表権を有して「代表取締役会長」となり、社長には代表権がなく「取締役社長」といったケースも稀にある。

次の

東亜産業(代表 渡邊龍志/劉凱鵬)、東京都にマスク100万枚😷を寄付!!

渡邊龍志

株式会社東亜産業は怪しい会社なのか。 調査してみた結果、最近、ハンドジェルとウイルスシャットアウトという商品を購入した人達による、不安や苛立ちの口コミが散見された。 一方、東亜産業は東京都などへウイルス対策に寄与すべく『ハンドジェル6万本とマスク160万枚寄贈』して、その地域貢献活動が評価されている優良企業であることが判明した。 今回は、東亜産業がクローズアップされる原因にも触れる。 東亜産業を知らない人のために。 これらを企画開発しているのが株式会社東亜産業です。 興味のある内容から読む!• 東亜産業はみんな知ってるコレの会社 衛生用品の急激な需要アップに対して、東亜産業はもちろん、他の製造会社・商社・販売店は国内外から在庫をかき集めて販売してきました。 アルコール消毒液(除菌含む)の製造に至っては、酒蔵や飲料メーカーが独自のノウハウと生産ラインを活用して貢献していることは既知の事実です。 東亜産業の商品は、量販店やネットショップなどで売られていますが、OEM提供をしているためか、裏方にまわることも多く長いこと社名の認知度は高くはありませんでしたがコロナ禍でアルコール関連商品を求める人が増え、知られることとなりました。 東亜産業は怪しい会社なのか 株式会社東亜産業は創業24年、社員の半数が中国籍というグローバルなメーカーです。 中国=怪しいと感じる人は一定数いるでしょうが、私たちが普段手にしている商品の多くが、中国で造られていますから偏見は良くありませんね。 株式会社東亜産業が取り扱う商材のジャンルは、日用品、雑貨、美容機器等が主体で、生活家電や雑貨、化粧品、医療機器など様々な製品を商品企画から設計・デザイン・販売までワンストップで手がけることができるのがポイント。 新型コロナウィルスで、アルコール関連商品の需要が急増したあたりから、「東亜産業=ハンドジェル」のようなイメージが仕上がってしまいましたが、実際は、下記のような商品展開をしています。 【代表的な商品】シーリングライト、扇風機、バスマット、アイマスク、マッサージャー、電子タバコ 最近では、除菌グッズが大ヒット商品となり、直近5年間で売上高を10倍以上伸ばしている成長企業。 顧客となるターゲット層は、実店舗・一般消費者で 商社(販売店を含む)や小売業やECを通じて製品を消費者に届けている。 この会社の強み大きく分けて「2つ」 東亜産業のアルコール入りハンドジェルに関する、事実誤認の評判や口コミが広がっている様子が見受けられるが、しっかりした生産体制と製品企画力は、自治体がマスクやハンドジェルなど、同社製品の寄贈を受け取っている事実から信頼性が高いことがうかがえる。 そんな東亜産業の強みを詳しく解説しておく。 生産体制• ワンストップサービス 東亜産業の場合、商品の企画・開発・デザイン・品質管理~販売まで、メーカーとして必要な機能が整っており、ご相談をいただいてからは「素早く」「低コスト」にサービスを提供することが可能です。 各機能は、部門として設けているため、顧客の希望に合わせて「複数社に発注することなく」1社完結で全てのサービスを受けることができます。 製造拠点 一貫した社内生産体制を構築。 国内自社工場を3つ保有し、国外では中国にも自社工場と協力会社の工場があるため、量産にも柔軟な対応が可能です。 特に海外7つ工場があることから、製造コストの低減と、素早さの面で顧客ニーズに応えるだけの十分なキャパとノウハウを持っているのは東亜産業の特長のひとつです。 企画製造力 TOAMITを筆頭に、自社ブランドの展開もする東亜産業では、最近「タピオカ」といった飲料系の商品ラインナップもできました。 100円ショップ「ダイソー」では、東亜産業のタピオカミルクティのクオリティが108円とは思えない!として話題になっています。 日用家電~美容健康器具、化粧品~食品に至るまで、新しいアイデアと時流を読み取る力で、スピーディかつ効率よく商品を世の中に共有する「企画製造力」は他の追従を許さないレベルです。 実は、今回、東亜産業について調査して記事を執筆したのには明確な目的がある。 それは、同社の商品を大手ホームセンターで発見して、手を伸ばそうとしたときのことだ。 陳列棚の場所を、薬局(ドラッグストア・スペース)の外に出して販売していた。 しかし、その後、厚生労働省は消毒用エタノールの代替品として「米国疾病管理予防センター(CDC)が60%以上のエタノールの使用を推奨していることを踏まえ国内でもより低濃度の製品を使えるようにした。 」とで報じられている。 東亜産業の商品を販売するホームセンター、ドラッグストア、家電量販店の表示物などのやり方は目に余るものあります。 東亜産業さん可哀想ですね。 怪しい会社というのは、かなり的外れで、手厳しく、風評ともとれるネット上の口コミや間違った評判にさらされているのがみてとれます。 自治体のウイルス対策に貢献する会社 東亜産業は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、数年前までマスク製造を行っていた製造ラインを2020年2月に再開し、生産したマスクは全て寄贈している。 余談だが、東亜産業が販売しているアルコール入りハンドジェルは、コロナウイルスを除菌する効果効能を記載していないのに、販売する店舗が「コロナウイルスに負けない!」などと書いたコーナーに混ぜて販売したり、隣接する什器に陳列して展開するなどギリギリの商法を行っている輩が許せない気持ちになる。 令和2年3月、ウイルスシャットアウトの販売を停止している。 偽造品に関する注意喚起を行っているので「偽物」には気をつけましょう。 東亜産業のウイルス対策貢献活動トピック 東亜産業のアルコール入りハンドジェルを酷評するみなさんへ。 リアルに、アルコール度数が問題なら、どうして東京都・福岡県・名古屋市・広島市・北九州市は、東亜産業さんからのマスクやアルコール入りハンドジェルの寄贈を受けているのでしょうか。 (下記、根拠を示します)• 令和2年3月18日 名古屋市発表「株式会社東亜産業よりマスク10万枚の寄贈」• 令和2年4月3日 グループ会社・東和化粧品が広島市に対し「マスク10万枚寄贈」• 令和2年4月9日 広島市に対し「マスク10万枚寄贈」• 令和2年4月9日 東京都に対し「マスク100万枚+アルコール入りハンドジェル5万本を寄付」• 令和2年4月10日 北九州市に対し「マスク10万枚寄贈」• 令和2年4月23日 福岡県に対し「マスク20万枚びアルコール入りハンドジェル1万本を贈呈」 2020年6月26日現在、東亜産業が自治体に提供したアルコール入りハンドジェルの数は「6万本」、マスクの数は「160万枚」に上ります。 違法な商品を売っているという人は、是非とも根拠を示してもらいたい!これほどの社会貢献活動を行っている企業を、やれ中国製か日本製か、この会社には中国人が働いているからなどという馬鹿げた発言を即時停止して欲しい。 ) 北里大学がアルコール度数について研究結果を発表 医薬部外品および雑貨の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)不活化効果について研究結果を公表しています。 それによると、アルコール度数は「50%以上」あれば効果があると記しています。 ただし、 使い方として、手に取るハンドジェルは多めとし、1分間の手揉み中に消えないほどの量を使うことで、コロナウイルス対策としての有効性があるという内容を発進しています。 北里大学(北里研究所)が、プレスリリースまで出していることを考えると情報の信頼性は高い。 しかし、東亜産業が販売している「ハンドジェルのアルコール濃度は約56~59%」ですが、 コロナウイルス対策用として製造されたモノではなく、用途も室内での利用を想定されているため効果をうたうものではない。 ( ここを勘違いしないでほしい!) 一方で、消費者視点で解釈した場合、厚労省が「アルコール度数70%」を定義していた訳で、基準を満たさない判断材料が、そもそもズレていたとも考えられます。 ただ、その点については、皆さん医療関係者や研究者ではないの情報の信憑性は権威ある機関からの発表を重視して当然です。 つまり、最近、ネットで絶えなくなってきている、東亜産業への酷評は、ことごとく感情論であり風評被害レベルであると解釈することができますね。 商品の企画・開発が中心の会社は他にも沢山在ります。 メーカーの企画開発・製造を受託ということになる。 製品は卸やドン・キホーテ等の小売店を通じて消費者に届くこともある。 衛生用品のうち、昨今「ウイルスシャットアウト」「ハンドジェル」といった除菌グッズ等も製造販売していた。 ウイルスシャットアウトは実店舗向けの製品として、室内利用を想定し作られた空間除菌グッズ。 首からかけることができる空間除菌グッズとなっている。 この製品は既に令和2年3月までに製造及び販売を終了しているが、現在、大手ECサイトにおいて、「ウイルスシャットアウト」との名称を使用する商品が大量に販売されており、一部の商品については、コピー商品であることが確認されている。 (「ウイルスシャットアウト」という名称は、東亜産業により商標登録出願済み) 既に販売を終了していること、主に実店舗向けの製品として販売していたことなどから、現在流通している商品の大半は、コピー商品である可能性がありECサイトで販売されている製品とその口コミは偽造かもしれないため、注意が必要。 ハンドジェルは手指の水なしジェルタイプアルコール洗浄。 東亜産業社はこのハンドジェルに対し「新型コロナウイルス対策に対する効果がある」という表示は一切行っていない(他社同様、確認できていない)。 化粧品として販売届を提出しており『 そもそもが医薬部外品では無い』とのこと。 医薬部外品とは、日本の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものである。 予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすものがこれに含まれる。 出典元: 東亜産業の商品ラインナップ 東亜産業は健康関連商品を扱っていますが、その商品ラインナップは下記の通りで、お買い求めになる場合は直営ECショップ、Amazon(ポイントを貯める人)、楽天市場で手に入れることができるが、模造品や偽造品には十分に気をつけて欲しい。 ハンドジェル アルコール洗浄タイプ 500ml• ハンドケア 自動 ハンドリラックス ヒーター搭載 加圧3段階• TOAMIT タピオカ粉 6本セット 「大粒 BUBBLE TEA 350ml 日本製 烏龍茶」• ハンドジェルUruClin アルコール配合 洗浄タイプ 500ml• ハンディーマッサージャー(コードレス)• USB 携帯扇風機(充電式)• クレール パリ エレガントソープ スウィートソープ クレールパリss(Clair 12本)• EMS エクササイズマシン• ゲルクリーム BOTANICAL RADIANCE ハトムギ クリーム 化粧下地• そして社会貢献活動には、代表の渡邊龍志氏を筆頭に、大量の衛生用品を寄贈。 ここまで読めば、判って貰えただろうか。 日本が大変な時、東亜産業のような中国籍の従業員が多い会社が、地域へ貢献する行動をしてくれているという事実。 これは無視してはならないことであるし、自分の確認不足や知識不足をさておいて、相手の商品や社名を批判する材料にしてはいけないのではないかということ。 自分が何をできるか。 どんな形で社会の役に立てるかということを考え、主体的に行動した、東亜産業の行動は賞賛に値する。 最後に株式会社東亜産業の会社概要を紹介する。 仕事上、日用品の販売などをしている方へ。 この記事を読んで、東亜産業の理解が深まり、興味を持っていただけたら、是非、声がけをしていただきたいと思います。 私は、このような会社が貢献している事実を伝えるのが仕事です。 よろしくお願いします。 東亜産業の会社概要 文頭にて、中国籍の社員が多い旨を紹介しましたが、株式会社東亜産業は日本の会社です。 国内3ヵ所に工場を設けています。 ハンドジェルに中国製のものがありますが、中国には東亜産業のパートナー企業がありますので、日本製と合わせて中国製の商品も展開しているのです。 社名 株式会社東亜産業 英語表記 TOA Industry Co. ,Ltd. ODM・OEM製品の企画開発を軸とした事業展開をして国内外企業と数多くの取引をしている。 toa-ind.

次の