洗面台 ランキング。 《プロ500人が選んだ洗面化粧台ランキング2018》10社38商品のトップはTOTO「サクア」 :: リフォーム産業新聞

洗面台の人気ランキングを紹介!おしゃれで可愛い人気台5選はコレ

洗面台 ランキング

クレーム品について 弊社、出荷時に、検品を致して出荷しておりますが、万が一不良品などがありましたら商品到着時より7日以内にお知らせください。 7日以内にお知らせいただけませんとクレームの対応は出来ませんのでご了承ください。 返品の際は、商品を到着時のように梱包をして頂きますよう宜しくお願い致します。 訳あり商品につきましては、ノークレーム・ノーリターンでございますのでよくご検討された上で、ご購入して下さい。 (土・日・祝日は発送出来ません。 ご了承ください。 ) 送料については、各商品ページに記載されております。 ご確認ください。 注文受付後、Yahooから自動送信されるメールの配送料金は、地域により金額に違いが出る事がございますので、その後弊社からお送りする、最終注文確認メールの内容をご確認の上ご決済をお願い致します。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 ご使用に関しましては、全て自己責任にてお願い致します。

次の

洗面化粧台専門館

洗面台 ランキング

リフォームをしよう!と洗面化粧台を選ぶ際に、みんなはどんな洗面化粧台を使っているのか?どう評価しているのか?気になりませんか? ここでは洗面化粧台の価格帯をの3つに分けて、それぞれリフォームのプロ達400人がおすすめする洗面化粧台のランキングをご紹介します! リフォームのプロ400名が選んだ おすすめの洗面化粧台ランキング 2016 グレードごとに、高級価格帯(約10万~80万)、中級価格帯(約10万~50万円)、普及価格帯(約8万~20万円)の3つに分けて集計。 毎年、『リフォーム産業新聞』でリフォーム営業マン・プランナーへ調査を実施。 5段階評価でポイントを加算し、獲得ポイントの多い商品から 「リフォーム大賞」としてランキング形式で発表している。 コストパフォーマンスの高さだけでなく、狭いスペースでも設置できるコンパクト感などに評価が集まった。 高級価格帯で1位に輝いたのルミシスは、特にデザイン面が高く評価された。 独自形状の洗面器が製品全体のデザイン性を高めており、人気のポイントとなっている。 より大理石らしさを主張した新素材「ラピシア」を採用。 『ルミシスを選びました 』 田金眞一氏 美しさと高級感あるデザイン 一般に広く受け入れられるわけではありませんが、それなりに高い収入があり、高級感を求められる人気。 他社製品と比べて高級感はどうかと言われることもありますが、LIXILのカウンター、ボウルはとても美しいと思います。 高級価格帯おすすめ洗面化粧台ランキング2位 システム・Jシリーズ(TOTO) 3225ポイント 高級価格帯の2位にはTOTO、システムJシリーズがラインクイン。 間口は750㎜~3150㎜まで1㎜単位でオーダーが可能。 ライフスタイルに合わせて基本アイテムを自由に組み合わせ、アレンジが出来る。 透明感あふれるクリスタルカウンターで、自宅にいながらもホテルライクを味わえる。 高級価格帯おすすめ洗面化粧台ランキング3位 L-CLASS(パナソニック) 2638ポイント 高級価格帯の第3位に入ったのは、パナソニックのLクラス。 鏡は、両サイドからしっかりと照らし、顔の横側にも光が当たる「ツインライトLED」を採用。 顔に影ができにくくメイクをしやすいと女性に人気。 日々の使い勝手と掃除のしやすさに重点が置かれている点も高評価された。 例えば、鏡の下の水栓の後ろ側の壁部分など、手の入りにくい部分や水が飛び散りやすい所を掃除しやすくした設計など、細かい部分への配慮が感じられる。 さらに、LIXIL洗面化粧の多くに対応している機能で好評なのが、グッドデザイン賞も受賞した「てまなし排水口」で、日々の清掃が楽になるという主婦のための機能性の充実が高ポイントにつながっているようだ。 『ピアラを選びました』 仙台支店長 山内健司氏 水が散らずにコスパが高い コストパフォーマンス、使い勝手、デザイン性がよいです。 洗面ボウルが大容量で、周辺に水を散らさない・汚さないところが好評です。 木目の「クリエカラー」が人気で、標準として使えるものがあるのも採用しやすい点です。 中級価格帯おすすめ洗面化粧台ランキング2位 オクターブ・リモデア(TOTO) 3255ポイント 中級価格帯の2位には、TOTOのオクターブ・リモデアがランクインした。 1位のピアラと僅差で惜しくも2位となった。 左右の鏡を手元に引き寄せて見えやすくできる「スウイング三面鏡」が人気。 「きれい除菌水」など機能も充実している。 中級価格帯おすすめ洗面化粧台ランキング3位 L. (LIXIL) 2802ポイント 中級価格帯で3位に入ったのは、LIXILのL. 水栓まわりに水がたまらず、拭き掃除も簡単に行える「キレイアップ水栓」を採用。 収納キャビネットはコンパクトなのに、底面積が広く大容量なのも人気。 人気のポイントは扉を3クラス、11色から選べる。 コスパのいい商品でしかも、施主がデザインを選べるという特徴は、顧客にとってはうれしい。 セーターなどのかさばる衣類の手洗いや、洗髪もしっかり行える。 水栓の向きを前後左右に動かせるので、部分洗いにも便利。 デザイン性・施工性・機能性・コストの評価ポイントのどれをとっても高得点でバランスもいい。 『サクアを選びました』 工事部 小川真和氏 洗髪に便利な水栓の配置 狭いところでも使いやすいのと、水栓が奥についているのが魅力です。 シャワーヘッドを伸ばして頭を洗うのに便利だと、年頃のお子さんがいる家庭で喜ばれています。 下台の上部にある「ストックポケット」など機能性を重視したつくりで、価格が高くないことから、幅広く選ばれる製品です。 普及価格帯おすすめ洗面化粧台ランキング2位 オフト(LIXIL) 3780ポイント 普及価格帯で2位に入ったのは、LIXILのオフト。 大型ボウルは洗面・洗髪、つけ置き洗いなどに便利。 お湯お使いはじめにカチッと知らせるエコハンドル水栓が選択可。 普及価格帯おすすめ洗面化粧台ランキング3位 シーライン(パナソニック) 2775ポイント 普及価格帯で3位に入ったのは、パナソニックのシーライン。 子供や女性の使いやすさを追求した奥行き530㎜と狭い洗面空間を有効に使える450㎜の2タイプがある。 カウンター間口は1800㎜まで対応。 このようにプロの意見を参考にして洗面化粧台を見てみると、それぞれの特徴が見えてきます。 洗面化粧台は、家族の生活に合わせたピッタリの1台を見つけることが大切です。 様々な意見・資料を参考して、あなたの街のリフォーム会社へ相談してみてください。

次の

洗面化粧台のメーカーランキングを発表! 女性利用者780人の本音【2016年度】

洗面台 ランキング

リフォームを考える時、ついつい後回しになってしまいがちな「洗面化粧台」。 あまりこだわらずに「良く売れてる物」「一番安い物」と問い合わせを頂きます。 洗面化粧台は「どれも同じ」だなんて思っていませんか?適当に選んでしまうと、使ってみて「使いにくい」「収納が少ない」と思うことも…。 各メーカー共に幅広い機能と価格帯の洗面化粧台を揃えています。 デザイン、水栓、収納、ミラーなど、工夫を凝らした洗面化粧台が多数あり、明確なイメージが浮かんでいない方でもメーカーショールームに行けば欲しい機能の洗面化粧台が見つかる可能性が高まります。 特別なこだわりが無くても、まずは各メーカーのショールームへ行き、色々と見てみるのをお勧めします。 洗面化粧台には大きく分けて「ユニットタイプ」と「システムタイプ」の二種類があります。 ユニットタイプは設置する間口サイズに合わせてパーツを選択するタイプ、システムタイプは間口に合わせてミリ単位で設計していくセミオーダータイプになります。 ここでは主に「ユニットタイプ」の説明をしていきたいと思います。 1・寸法を計る• 現在、洗面脱衣所に設置されている洗面化粧台の間口 幅 はどのくらいですか? ユニットタイプの洗面台の間口は600mm、750mm、900mmの3種類が多く メーカーのシリーズによっては500mm、1,200mm等のサイズもあります 主流です。 カウンターの高さも、750mm、800mm、850mmの3種類を用意しているメーカが多く、使う人の身長にあわせて使いやすい高さを選ぶ事ができます。 また、洗面化粧台を設置する部屋の天井の高さ、マンションなら梁の有無、奥行きなども調べておいた方がスムーズに商品を選ぶことができます。 2・化粧台の収納タイプを選ぶ• 扉タイプ 2枚扉タイプとも呼び、もっともベーシックな収納の洗面台。 バケツなどの大きなものも楽に収納できます。 棚をつければ思い通りの収納空間を作れます。 引出しタイプ 片引き出しタイプとも呼び、扉タイプとスライドタイプの良い所を取り込んだタイプ。 タオルや小物などを分けて収納できるので、スッキリ整頓できます。 フルスライドタイプ 手前までスライドできるので、奥の物まで見えやすく取り出しやすい人気のタイプ。 デッドスペースができにくく収納力抜群です。 3・ワークトップの高さと奥行きの幅を決める• 使いやすいワークトップの高さ.

次の