メル ペイ ポイント の 使い方。 メルペイポイントの使い方・有効期限の確認方法

メルペイとは?【登録方法~使い方まで徹底解説】メルペイスマート払いで後払いOK!

メル ペイ ポイント の 使い方

メルペイはメルカリの売上金やポイントを、通常の店舗(コンビニ、ファーストフード、スーパーマーケット、ファミレスなど多数)で日常的な買い物の購入に使えるというサービスです。 (売上金がない場合は銀行からチャージして、メルペイで使うこともできます。 ) 最近流行りのペイペイなどはバーコード決済ですが、メルペイの場合は「iD決済」を利用します。 (メルペイはバーコード決済も利用できます) 「iD決済」はバーコードをお店の人に見せるわけではなく、決済端末にスマホを近づけて決済するという方法になります。 メリット・デメリットなどは次の項目で詳しく見ていきましょう。 メルペイが使える店舗は? (出典:) コンビニだとセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、ポプラなどで利用できます。 その他かなり多くのお店で使えます。 上の画像に載っているのはごく一部なので詳しくは以下で確認してみてください。 (出典:) このようなiDマークやメルペイマークのある店舗で利用可能です。 メルペイの4つのメリット メリット1:メルカリの売り上げを利用できる メルカリで何かを売った時の売り上げ金はメルカリ内にストックされますが、これを銀行に振り込みしようとすると手数料がかかってしまいます。 知っていると知らないでは大きな差ですね。 個人的にメルペイの一番大きなメリットは現状ではこれかなと思います。 メリット3:使える店舗が多い 各スマホ決済サービスは利用できる店舗の拡大というところに課題があります。 サービスが乱立し、利権などの問題で使える店舗が少ないサービスが多いわけですね。 でもメルペイはバーコード決済だけでなく、「iD決済」も利用できます。 (出典:) この「iD」のマークを見たことがある人は多いでしょう。 iDはすでにかなり広まっていて、利用できる店舗数が多いわけです。 セブンイレブンで利用できるスマホ決済サービスは少ないですが、iDなら利用できます。 2019年3月時点で135万個所以上で使用できるので、多いのが分かると思います。 また更に LINE PAYとも提携して、お互いの利用店舗を使えるようにすると発表がありました。 実現するとかなりの範囲で使えるようになると思います。 便利になる一方でお店側の負担は大きいんですね。 でもメルペイは決済料金の1. (利用者側の手数料は無料です。 ) ですので お店としても導入しやすく、利用店舗が広がる可能性が高いと思います。 また「iD」だけでなく、バーコード(QRコード)決済にも対応しているので、小さなお店でも導入しやすくなっています。 メルペイのデメリット デメリット1:Apple Payかおサイフケータイの機能がないとiDを使えない メルペイにはバーコード決済とiD決済が用意されていますが、 iD決済の方はApple Payかおサイフケータイの機能がないスマホでは使えないんですね。 iD決済の店舗数が多いので、iDは使いたいところです。 iPhoneの場合、対応しているのはiPhone7以降になります。 (iPhone6もApple Pay対応ですが、日本と規格が違うので利用できない) Androidの場合は自分のケータイにおサイフケータイの機能がついているのか確認しておきましょう。 デメリット2:ポイント還元がない 例えばペイペイや楽天ペイなどは、それを使って決済したときに0. でも メルペイにはポイント還元はないんですよね。 メルペイは売上金を一度ポイントに変換してからメルペイで使用することになります。 またキャンペーンや友達紹介などでもポイントをもらえます。 そのため、メルペイ内にはポイントが存在していますが、 これはポイント還元とはまた別のものというわけです。 これがメルペイの一番残念な点かなと思います。 メルペイをお得に使いたいならクーポンをうまく利用することになりそうですね。 メルペイの使い方 古いバージョンのメルカリを使っている場合はメルペイは使えませんが、最新版にアップデートすると使えるようになります。 始めに設定が必要なのでまだ設定していない人は以下の記事を参考にして設定を済ませておきましょう。 iD決済の場合の使い方 「iD」マークのあるお店ではこちらの使い方になります。 支払いのタイミングで、お店の人に「 iDで」と伝えてください。 「メルペイで」ではダメなので注意してくださいね。 Androidの人はおサイフケータイに「メルカリ(iD決済)」が追加されていると思いますので、普通におサイフケータイとして使えばOKです。 それで決済が完了します。 iPhoneの人はひと手間かかりますが、それでも簡単ですね。 Touch IDもFace IDも必要なく、iPhoneを立ち上げなくても同様の決済ができるのはSuica モバイルSuica しかありません。 それ以外の場合は、必ずTouch IDもFace IDの認証が必要になるので、一度iPhoneを立ち上げる必要があります。 メルペイも上記のようにiPhoneを立ち上げる必要があります。 レジの支払いのタイミングで「 メルペイで」と伝えましょう。 するとこのようにバーコードとQRコードが表示されます。 これをお店の人に見せて、バーコードリーダーで読み取ってもらったら決済が完了します。 iD決済の方が圧倒的に店舗数が多いですが、小さめのお店の場合はコード払いもあります。 いずれにせよ簡単に使えますね。 (このスマホでは0円になっていますが、売上金があるときにはここに金額が表示されます) でもこの状態ではメルペイでは利用できないんです。 変換の手数料は無料です。 ちなみにですが、銀行口座をメルペイに登録すれば、この面倒な作業をする必要がなくなります。 銀行口座を登録してメルペイにチャージする方法 これは少し長くなるので以下の記事にまとめました。 まとめ メルペイを利用する価値のある人は以下のような人です。

次の

メルペイの仕組みやメリットデメリット!使い方やポイント還元の事も解説|資産運用や財テクを知って生活を豊かにする山斗のブログ

メル ペイ ポイント の 使い方

メルペイのポイント還元キャンペーン 還元は翌日に付与されます ポイントの還元は、 利用した翌日に還元されます。 還元のタイミングは 翌日の23時59分までに行われるとアナウンスしており。 付与のタイミングがいつになるかはシステムの処理状況によって変わります。 還元率は場所によって異なる 今回のメルペイキャンペーンの目玉である 「還元率」です。 残高が3000円、ポイントが1800ポイントだった場合、 合計 4800円分の現金を持っていることになります。 ポイント移行手続きによる申請待ちなどが発生しませんので、 使いたいときにすぐ使えるのが強みになります。 つまり1店舗の利用で発生するポイント付与上限ではありません。 キャンペーンを開催していないときに店舗でメルペイ決済をしてもポイントが付きませんが、この大型連休中のキャンペーン期間中のみポイントが付くことになります。 ぜひこのチャンスを逃さずにどんどん利用しましょう。 「メルペイ残高」と「ポイント」違いは ここで疑問を持った方が居ると思います。 「メルペイ残高」と「ポイント」の違いがよく分からないという疑問です。 メルペイ残高の場合、ご自身の銀行口座に出金することができるため現金が手に入ります。 対してポイントの場合は、 出金することができないため現金化することができません。 以上がそれぞれの違いになります。 ポイント付与対象外があります メルペイのキャンペーン特設案内ページでは、以下の記述があります。 Apple payのモバイルSuicaでは、チャージにメルペイを利用することができます。 しかし、そのチャージではポイント還元の対象にはならないということになります。 メルペイキャンペーンの案内文には 「実店舗での利用のみが還元対象」になっています。 この案内文を見ると 「これまで還元されていたことになるのでは?」と感じる方も居ると思います。 おそらく、運営の手違いで還元対象になっていたかと考えられます。 26日 までの利用は対象に。 それ以降は対象にしないという対応になったのでしょう。 今後Suicaチャージでポイント還元を考えている方は、対象にはなりませんのでご注意ください。 ポイントに有効期限があります 還元で取得したポイントには、有効期限がありますので気を付けましょう。 還元されるポイントの付与日を含めて180日になります。 およそ半年が有効期限になります。 総ポイント保有で180日の有効期限ではなく、それぞれの利用で取得したタイミングからになります。 うっかりポイントを貰ったことを忘れてしまって失効してしまわないように気を付けてください。 できるだけ早めに利用するのが良さそうです。 電子マネー「iD」とメルペイコード対応の店舗しか使用できない ポイント利用も含めて、 電子マネー決済の「iD」と「メルペイコード」が利用できる店舗に限ります。 電子マネー決済にはたくさん種類があり、他社の「Quick pay」や「LINE pay」では利用できません。 利用する前に 「iD アイディー は使えますか?」と店員さんに一言伝えるとスムーズかと思います。 近くに利用できる店舗がありましたら積極的に行ってみてください。 ポイントは銀行出金ができない メルペイのポイントは、 銀行口座に出金することができないため、現金化することができません。 ポイントは使い切る意識で利用すると良いでしょう。 本人確認が必須 キャンペーン参加とポイント利用には「本人確認」が必要になります。 確認方法は以下の2つが用意されています。 お支払い用銀行口座の登録• アプリでかんたん本人確認 本人確認が完了すると、利用することができるようになります。 余裕をもって参加するようにと案内をしています。 18歳未満はキャンペーン対象外 ポイント還元キャンペーンの 対象は18歳以上になります。 18歳未満の方は参加することができませんので、ご注意ください。 少し不便なのは銀行口座から1000円単位でしかチャージができないという点です。 クレジットカードを用いてのチャージはできないため、チャージは計画的に行う必要があります。 還元されていなかった場合の対処法 システム上の都合や利用状況により遅れることがある 公式ページでは、 利用者の利用状況とシステム上の都合により還元が遅れる場合があると案内をしています。 また、ポイント付与のタイミングは冒頭でも記載しましたが、 利用した翌日の23時59分まで付与となっているため、タイミングがいつになるか分かりません。 22時以降の深夜に付与されることがありますので、時間を置いてチェックをすると良さそうです。 運営に問い合わせてみる 万が一、日付を越したり明らかに時間がかかっていると思った場合はメルカリのサポートを受けましょう。 本キャンペーンについてのお問い合わせは 【GW半額ポイント還元!キャンペーン】と記載のうえ、サイドメニュー、またはマイページの 「お問い合わせ>お問い合わせ項目を選ぶ>クーポン・キャンペーンについて>メルペイのキャンペーン」からご連絡ください。 お問い合わせの手順をご紹介します。 (アプリ経由の場合) アプリの下のタブ一番右にある 「マイページ」をタップします。 マイページ内に 「お問い合わせ」がありますのでタップします。 「お問い合わせ項目を選ぶ」をタップします。 項目を 「クーポン・キャンペーンについて」を選択します。 「メルカリのキャンペーン」をタップし、サポート内容を記入します。 公式ページの案内にある通り 【GW半額ポイント還元!キャンペーン】を文頭に入れて、問い合わせ内容を書きましょう。 送信をすると後日返答が来ます。 他にキャンペーンの多いオススメの電子マネーは? PayPay(ペイペイ) PayPayの魅力としては、まずお得さが挙げられます。 ペイペイは 「ワクワクペイペイ」などの高還元率のキャンペーンが毎月行われています。 これまで継続的に10%~20%程の高還元率を受けることができましたし、これからもワクワクペイペイキャンペーンは続けられていくものと思われます。 更に、 PayPayでは銀行口座からのチャージなら常時3%が還元が行われていますし、20回に1回最大で1000円還ってくるPayPayチャンスも好評を得ています。 更に、 PayPayは銀行口座とクレジットカードの2つの方法でチャージできるのも魅力です。 中でもYahoo! マネーカードによるチャージであれば、3%の還元に加えて1%がTポイントが付与され、実質4%の還元を受けることができます。 知り合いに立替えて貰った時や皆で割り勘をする時など、大変便利です。 多くの便利機能が魅力的なPayPayですが、更に大切なポイントとしては知名度が高いという事でしょう。 現在様々なコード決済がありますが、 PayPayは「100億円あげちゃうキャンペーン」などでユーザーも増加し、多くの知名度ランキングで上位にランクインしています。

次の

メルペイの使い方 超入門──iD決済やコード払い、チャージなど

メル ペイ ポイント の 使い方

メルペイ残高• メルペイポイント• メルペイスマート払い メルペイ残高 メルペイの主な支払い方法です。 メルペイに登録した銀行口座から必要な金額を「 メルペイ残高」にチャージすることで、メルペイでの利用額が残高から引き落とされるようになります。 銀行口座またはかんたん本人確認を住まえると、メルカリでの売上金もメルペイ残高に合算されるようになります。 メルカリの売上金を銀行口座に振り込み現金化する手間もかからず、そのまま支払いに使用することができます。 なお、メルペイ残高にチャージしてみたものの使い道がないというような場合には、銀行口座を登録しておけば、その口座に払い戻すことができます。 メルペイポイント キャンペーン等で入手したメルペイポイントも 1ポイント=1円としてメルペイの支払いに使用することができます。 銀行口座の登録またはかんたん本人確認をしない場合には、メルカリの売上金をそのままメルペイの支払いに使用することはできません。 その場合には、売上金をメルペイポイントに変換することで支払いを行うことができます。 還元キャンペーンやプレゼントでもらえますので、キャンペーン情報は見逃さないようにしましょう。 メルペイスマート払い メルペイの残高もポイントもない、それでも買い物をしたい!という場合には、翌月にまとめて精算する「メルペイスマート払い」を活用しましょう。 メルカリスマート払いの利用には銀行口座の登録かかんたん本人確認を済ませる必要があり、利用金額は利用した月の翌月末までに支払わなければなりません。 便利なスマート払いですが、支払いを延滞すると年14. 決済方法は2種類!コード決済とiD払い メルペイの支払い方法は、一般的なコード払いの他に、電子マネー「iD」を利用した支払い方法が選択できます。 コード決済 メルペイは現在普及が進んでいるQRコード決済で支払うことができます。 さらにLINE Pay、d払い、au Payとの大連携進められており、近い将来これらのうち1つでも導入している店舗なら、どのコード決済も利用できるようになると発表されています。 iD払い メルペイはコード決済の他、NTTドコモが提供する電子マネー「iD」での支払いも可能です。 iDはApple Pay、GooglePayに登録することができるため、メルペイのアプリを立ち上げなくても、スマートフォンをかざすだけでメルペイ残高から支払い可能。 全国の90万店舗以上で使えるため、コード決済に対応していない店舗でもメルペイを利用できます。 すでにメルカリのアカウントを持っているならば、画面下部の「ログイン」に進んでください。 支払い用銀行口座の登録を行えば、メルカリの売上金はメルペイ残高にチャージされるようになり、わざわざポイントに変換しなくても買い物に利用可能。 メルペイ残高へのチャージもスムーズに行うことができます。 メルカリの売上金には180日の振込申請期限があり、振込申請口座を登録していないまま期限が過ぎると失効してしまいます。 ただし、メルペイに支払い用銀行口座を登録しておけばその申請期限の制限がなくなるため、失効の危険がなくなります。 なお、メルペイで登録する支払い用銀行口座と、メルカリの振込申請口座は別の口座です。 メルペイ残高の払い戻しを受ける場合には、振込申請講座も登録しておく必要がありますので、ご注意下さい。 今後も対応銀行が拡大されていく見込みですが、ネット銀行は2019年10月現在未対応です。 メルペイ > 画面下部の「使い方」 > 「かんたん本人確認で売上金の有効期限なしに」バナー へ進み、ガイドに従って顔写真と本人確認書類を撮影、提出してください。 メルペイ:チャージ方法 メルペイでの買い物に必要なメルペイ残高、メルペイポイントのチャージ方法をそれぞれ紹介します。 メルペイ残高へのチャージ 既に支払い用銀行口座を登録しているなら、メルペイ残高のチャージを行えます。 ホーム画面の「チャージ(入金)」ボタンを押し、支払い用銀行口座とチャージ金額を選択。 最後に「チャージする」を押せば完了dす。 なお、メルペイ残高への1日のチャージは20万円まで。 メルペイ残高が100万以上ある場合には追加のチャージはできません。 また、最低チャージ額は1,000円からとなっているため、不足している端数分だけチャージするというようなことはできません。 売上金をポイントへ変換 銀行口座の登録が済まされていない場合には、メルカリの売上金をポイントへ変換しましょう。

次の