ペアーズ with どっち。 ペアーズでマッチング後の初メッセージはどっちから?こんな時は女性から送ろう!|ネット婚活で6人から告白され、理想的な彼と結婚できた30代OLのブログ

頂上決戦!王道マッチングアプリwithとペアーズ徹底比較!あなたに合ったアプリはどっち?

ペアーズ with どっち

要は、ピンポイントで特定の異性を探すことは出来ないという事です。 タップルにおけるいいね!は「カード」と言いますが、女性が表示されたら、いいね!をしても、イマイチ…をしても、 必ずカードを消費します。 どちらにせよ消費するなら、ワンチャンいいかも!をしておいたほうが得じゃないか!って思いますよね? そうです!それで正解です! 笑 殆どの男性はそれで納得いくと思いますが、中には 絶対美人じゃないと嫌だなどこだわりのある人間だっています。 そういう人の場合は、いいかも!してマッチングしたところで話す気もないので意味ないんですよね。 逆に、どんどん出てくる女性をあり、なしで切っていくゲームような様が楽しい!と言う人もいます。 Pairs(ペアーズ)での異性の検索方法 ペアーズは今までの普通のマッチングアプリと同様に、年齢や居住地、体型や年収などで相手を絞り込みます。 そうすると、その条件に該当した登録者一覧が並ぶので、そこかで気になる人に 直接いいね!を送ることになります。 はい!終わりです。 ペアーズはずいぶんシンプルですね。 タップルとペアーズはどっちを選ぶべきか 男性編 まずこの検索システム、これで殆どの人はどっちのほうが良いか決まるはずです。 いいね!の数 料金 1いいね当たりの値段 5 490円 98円 10 980円 98円 20 1640円 82円 30 2460円 82円 50 3500円 70円 100 7000円 70円 つまりこれ、ペアーズで1いいねする料金で、タップルでは8いいね出来てしまうという事です。 但し相手は選べない。 これをどう捉えるかです。 いいね!を送ることになるのは、基本的にペアーズでもタップルでも男です。 なのでここは男視点で考えていきますが、 大きく2種類の男性がいると思います。 女性を特定したい人と、何でもいい人です。 例えば僕は可愛い子が好きなので、好みでない子と話してもしょうがないって考えてしまいます。 婚活しているなど、真剣な人も、当てずっぽうに女性と話してる暇もないと思います。 逆に、顔はそんなに気にしないよ。 年齢の絞り込みで十分だよ。 何でもいいから、女性であればとにかく会えればそれでいいよ。 って方もいます。 これは本当に好みになるのですが、女性を特定したいならペアーズがおすすめです。 なぜかというと、タップルでは間違っていまいちをしてしまう場合も多いんですよね。 そうするともうその人は表示されなくなるので、これがストレスです 笑 逆に、出来るだけ沢山会いたいならタップル誕生がおすすめです。 怒涛のカードの安さで、女の子にいいかも乱舞をかまして圧倒的な出会い率を誇ります。 ペアーズは、1いいねの値段が高いので、それなりに男性も一生懸命探していいね!を送ってきます。 タップルは、1いいねが安く、イマイチをしてもいいねをしても同じお金がかかるので、男性は興味がそんなに無くてもいいねをしてきます。 こう見ると、女性の立場からいったらペアーズのほうが本気のいいねを貰えるので使い勝手が良さそうです。 特に女性は写真や雰囲気でほぼ貰えるいいね数が決まってしまうので、自信がない人はタップルのほうがいいねを貰いやすく、またマッチングもしやすいと言えるでしょう。 女性はどちらのアプリも 完全無料なので、どちらも気軽に初めてみて、気になる人とマッチング出来たほうを続けるのもありだと思います。 殆どの人がこの時点でどちらにするか決まったと思いますが、まだまだ比較項目はあります。 あとは年齢層と、どっちが可愛いかと、どっちが出会えるかと、値段ですね! タップルとペアーズのマッチングのしやすさの違い タップルは現在まで述べ 5,500万組のマッチングが成立していると言います。 前項のタップルとペアーズのおすすめ女性編でもちょこっと話しましたが、とにかくタップルは多くのいいかも!を送れる仕組みなっているので、自然とマッチングが多く発生するんですよね。 ペアーズとかってコツを知らないとなかなかマッチングしないこともあります。 稀にメッセージが苦手。 もしくはめんどくさいという方がいるのですが、そういう人もタップルのほうがおすすめです。 なぜかというと、ペアーズは比較的ガチなので、そういう相手には言葉もしっかり選んで話さないと続かないんですよね。 タップルは気軽なので、ノリ良く適当に話してても出会えてしまいます。 むしろしっかり話し過ぎると引かれる事もあります。 ちなみにペアーズとタップルはどっちが可愛い? これは結果だけ。 ずばり同じくらい可愛いのですが、パッと見た感じはタップルのほうが可愛いです。 やはり若い、社会人になって間もない頃はファッションにとても気を使っている時期というのもあり、元気もあるので可愛く見えますね。 ペアーズもタップルも可愛いのですが、どっちかって言われたら、多少タップルのほうが可愛いと思います。 でも本当にどっちも可愛いです 笑 タップルとペアーズの料金表。 どっちが安い? いいね!の値段とカードの値段の話は先にしたので、ここでは月額固定料金の比較をします。 有料会員になると出来る重要な機能は、 メッセージのやり取りが出来るようになること。 これは両アプリとも同じです。 タップル ペアーズ 目的 気軽な出会い 真剣な恋活 傾向 沢山出会える じっくり探す マッチング率 高い 普通 会員数 250万人 700万人 年齢層 18~30歳 22~35歳 料金 1,565円~3,900円 1,380円~3,980円 私の おすすめタップルですが、私自身が実際に 一番沢山の女性と出会ったのはペアーズです。 矛盾してるぞ!と言われそうですが、私は本当に好みの顔じゃないと嫌なので、その我がままのせいでタップルが若干使いにくかったんですよね。 なので、私のように何か こだわりがある人はペアーズでじっくり探したほうが使いやすい場合もあります。 でも 殆どの人はタップルのほうが使いやすいと思います。 でもどちらも良いアプリなので、私は 両方使っています。 気にいったのはどちらですか?.

次の

ペアーズの要注意人物/危険人物一覧【2020最新】見分け方&対処法教えます

ペアーズ with どっち

Withも電話番号だけで登録出来るようになりました! ユーザー層や会員数はどれくらい差があるの? では、それぞれのマッチングアプリでの ユーザー層や 会員数はどのように差があるのでしょうか。 ユーザー層 まず、ユーザー層についてです。 Withのユーザー層として、特徴的であるのは 20代の男女が過半数を占めている点です。 学生の方にも多くご利用いただいているようです。 一方、ペアーズのユーザー層としては、 20代〜30代前半です。 Withと比較すると、 年齢層が若干上がっている点が特徴として挙げられます。 とはいえ、大幅な差があるとは一概に言えません。 会員数 次に、会員数についてです。 アプリ名 With ペアーズ 男性 約62万人 約198万人 女性 約51万人 約90万人 (2018年8月現在の会員数) 以上が、withとペアーズの会員数です。 見て分かるように、ペアーズの方がwithよりも男女ともに会員数が多い結果となりました。 男性は 約3倍、女性は 約1. 8倍の差が開いています。 以上の、ユーザー層と会員数の現場から分かる各々のメリットとして、以下の点が挙げられます。 with• 比較的、年齢層が若いため恋活を目的とした利用者が多い• ペアーズと比較すると、会員数が少ないためライバルが集中する可能性がある ペアーズ• 会員数が圧倒的に多いため、アプローチできる人数を増やすことができる• 利用している年齢層が20〜30代前半であることから、恋活だけではなく、結婚を見据えたお付き合いを考えているユーザーも多い ユーザー層には差がなく、会員数に大幅な差があるといった結果でした。 会員数が多いペアーズでアプローチを 多く行って出会いを勝ち取るか、会員数は少ないwithで 集中的にアプローチを行うか。 また、若い年齢層が多いwithで 恋活を中心に行うか、幅広い年齢層のユーザーが多くいるペアーズで 婚活を行うか。 あなたはどちらに当てはまりますか? 気になる利用料金を比較! マッチングアプリといえば 「男性が有料」で「女性が基本的に無料」である利用料金システム。 Withやペアーズに限らず、他のマッチングアプリもそのような料金システムを採用していることが多いです。 より具体的に、それぞれ差はないのか比較してみましょう。 男性会員の料金 まず、男性会員の利用料金です。 プラン 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 With 2,800円 2,600円 2,300円 1,800円 ペアーズ 2,980円 2,860円 2,380円 1,898円 数ヶ月ごとにプランが複数あります。 どちらのマッチングアプリも、 より長い期間利用することで、利用料金が安くなるようですね。 Withとペアーズを金額面で比較すると、安いのは withであることが分かります。 半年以上利用して、長期的に婚活を行おうとすると、差額が 80円(6ヶ月プラン)であるため、さほど変わらないと感じる方も少なくないでしょう。 一方、短期集中型として、まずは1ヶ月利用する場合、差額は 180円。 多少の差ですが、この差をどう捉えるかはあなた次第ですね。 こ こでは「金額」での比較しか行っていないため、一概にwithが良いとはいえません。 しかし、以下のような方にはwithはおすすめしやすいです。 1ヶ月の短期集中型でマッチングアプリを利用したい• マッチングアプリになるべくお金をかけたくない 女性会員の料金 次に、女性会員の利用料金です。 こちらは、どちらも 「基本的には無料」です。 男性が課金して利用可能になる 「ユーザー検索」「メッセージのやりとり(年齢確認が必要)」などの基本的なサービスは無料で利用することができます。 一方、 料金が別途必要になるコンテンツもあります。 どのようなコンテンツなのでしょうか。 それは、 「ポイント」を購入するときです。 このポイントは、男性に押す「いいね!」が足りなくなってしまったときに必要になります。 とはいえ、毎日ログインすることで、一定数ポイントを得ることができますし、男性の方からいいね!してもらうことの方が多いため、わざわざ課金して利用するサービスではないかもしれません。 コミュニティ機能をしっかり活用できる? さて、これまでマッチングアプリの基本情報、ユーザー層、会員数、利用料金について比較しました。 ここでは、withとペアーズ2つのマッチングアプリの最大の差とも言える 「コミュニティ機能」について比較します。 コミュニティ機能とは、 共通の趣味ごとに作られたくくりのようなものです。 例えば、 野球観戦が好きだから「野球観戦が好きな人」というコミュニティに入る 以上のように、好みに合わせてコミュニティに属することで自分と同じ野球観戦好きなユーザーを見つけられる、というように活用します。 より効率的に自分の趣味に合った、または趣味を理解してくれるお相手を探すためにはこの コミュニティ機能を活用しない手はないでしょう。 Withにもペアーズにもどちらもコミュニティ機能は存在しています。 どちらのコミュニティ機能としてさほど機能面の差はありません。 しかし、Withとペアーズを比較した際に、最も大きな差と言える点が1点あります。 それは、アプローチへのアドバイスが付いているか付いていないかについてです。 ペアーズでは、ごく一般的なメッセージ・コミュニティ機能を利用できます。 コミュニティ機能を活用して、共通の趣味などの会話などを交わすことで気になっているお相手にアプローチすることは十分可能です。 一方、withでは メンタリストDaigoさんによるアドバイスがもらえるのです。 以下のように、心理学に基づいたアプローチへのアドバイスをもらうことができます。 メッセージ送信画面にて、共通の趣味や好みの一覧が表示• 「お店はその場の雰囲気で決めましょう」などの、お互いの性格を理解した上でのアプローチ方法 Withでは、利用開始時に自身の 「性格診断」を行います。 メールの方法や、デートの仕方、性格タイプなど幅広いその人のタイプが診断されています。 これらの結果をもとに、 コミュニティ機能での好みを参考にしながら最適なアプローチ方法を提示してくれます。 恋愛においてどうアプローチすれば相手の心に響くのかいまいち分からないという方でも、これらのアドバイスを参考にしながら簡単にメッセージなどでアプローチできます。 以上が、withとペアーズのコミュニティ機能の大きな差です。 アプローチに自信がないという方は、withでのアドバイスをもらいながら挑戦してみることをおすすめします。 結局、どっちが自分に合っているの? さて、withとペアーズについて比較しながらご紹介してきました。 結局どちらが自分に合っているのか、あなたは確認することができましたか? 最後に、withとペアーズの大きな特徴をまとめました。 自分にはどっちが合っているのか、考えながら参考にしてみてくださいね。 withが適しているタイプ• より多いタイプのユーザーから自分に合ったお相手を探したい• 恋愛もしたいが、今後の 結婚も視野に入れた出会いを求めている• 費用が多少かかっても気にならない• Facebookを利用していないが、 すぐにアプリを始めたい あなたはどちらに当てはまりますか? マッチングアプリを利用する目的を明確にしよう 今回は、話題のマッチングアプリであるwithとペアーズを比較しながらご紹介しました。 数多く存在するマッチングアプリ ですが、まずはご自身の「目的」を明確にすることから始めてみましょう。 恋愛目的なのか、結婚を前提にしたお付き合いを望んでいるのか、目的が違うだけで適しているマッチングアプリは異なります。 自分に合ったマッチングアプリ を上手に選択して活用し、理想の恋愛につながるような出会いを探していきましょう。

次の

Pairs・Omiai・withって結局どれがいいの?5つの項目で比較しました!

ペアーズ with どっち

「ペアーズとwithはどっちが出会える?」「この2つは何が違うの?」 ペアーズもwithも人気のマッチングアプリなので、この2つの違いがわからず、自分にはどっちがいいのか悩まれる人もいることでしょう。 マッチングアプリには、それぞれ自分に向き、不向きもあるので、自分に合ったマッチングアプリを選ぶことが大切です。 この記事では マッチングアプリを使い続けて2年。 これまでに数百人の女の子と出会ってきた僕が、あなたにベストなマッチングアプリが選べるように解説していきます。 この記事を読むことで、あなた好みの可愛い女の子と出会い、恋愛関係になるための、あなたにベストなマッチングアプリが見つかるはずです。 会員数• ユーザーの年齢構成• ユーザーの利用目的• 機能の違い ペアーズとwithの特徴を知ることによって、あなたがマッチングアプリを使う目的に対してどちらがベストなのかわかると思います。 たとえば、単純に遊び相手がほしいのか?セフレがほしいのか?恋人がほしいのか?婚活したいのか?その目的は人それぞれだと思います。 単純に出会いやすさだけではなく、マッチングアプリにいる女の子にもそれぞれ利用目的があるので、あなたの目的に合ったマッチングアプリを選ぶことが大切です。 そのためにも、それぞれのマッチングアプリの特徴を詳しくみていきましょう。 会員数はペアーズが圧勝!! 会員数 1日の登録者数 ペアーズ 1000万人 約7000人 with 250万人 約2000人 会員数ではペアーズの方が圧倒的に多いです。 ペアーズは7年前に始まり、withは4年前に始まりましたので、ペアーズの方が会員数が多いのは当然ですが、その差は歴然ですね。 首都圏ではwithでも充分に出会えますが、人口の少ない地方ではなかなか厳しいです。 たとえば、人口が最も少ない鳥取県の登録数を比較すると以下のようになります。 ペアーズ with 合計 6900人 1300人 男性 5300人 900人 女性 1600人 400人 地方でもペアーズなら充分な人数がいるので出会えますが、withではかなり厳しいです。 そのため、地方なら会員数が多いペアーズの方がぜんぜん出会えます。 僕は地方に数日間行くことがあるのですが、そのときはペアーズで現地の子とデートしてます。 余談ですが、僕はもともと非モテだったので、恋愛にコンプレックスを持っているんです。 そのため、できる限り女の子と出会える機会を作ろうと思っていて、地方に行ったときの空き時間でもマッチングアプリで女の子と出会いを作っています。 女の子にとって魅力的な男になりたいし、魅力的な男になるには経験積むしかないと思っているからです。 そういった点で僕は何処にいても出会いが作れるペアーズが気に入ってます。 【結論】人口の少ない地方に住んでいるならペアーズがおすすめ!! ユーザーの年齢層はwithが若い(20代が多い) 続いて、ペアーズとwithのユーザーの年齢層を比較していきます。 ユーザー全体の年齢層が低いのはwithです。 ペアーズとwithの【男性の年齢層】の割合はこうです。 そのため、30代後半でwithは正直厳しいかなと思います。 婚活するならペアーズ ユーザーの年齢層からわかることは、withは20代が中心であり、婚活目的ではなく、恋人がほしいユーザーが多いことです。 ペアーズは幅広い年齢層のユーザーがいるので恋人探しもできるし、婚活にも向いています。 なので、婚活したいならペアーズです。 また若い人中心のwithでは30代後半になるとウケもよくないし、30代後半のユーザー数も少ないので出会い難いです。 このことから、withは20代の出会いに適しているし、30代ではペアーズの方が出会いやすいです。 ペアーズとwithの機能を比較 ペアーズもwithもほんとに出会える評判のいいマッチングアプリです。 では、出会えるためにペアーズとwithはどのような機能があるのか解説していきます。 withの大きな特徴! メンタリストDaiGo監修の性格診断 withが他のマッチングアプリとは違う大きな特徴がメンタリストDaiGoさんが監修の診断です。 これはDaiGoさんが監修した機能で、アプリ内で自分の性格を細かく分析してもらえます。 分析した結果、自分と相性の合う相手が表示されます。 この機能によって「今まで他のアプリではぜんぜんマッチングしなかったけど、withならマッチングできた! 」という人が多いのがwithの特徴です。 なぜ診断機能があるだけでwithはマッチング率が高いのか。 それは定期的に診断イベントが開催され、このイベントでは相性の合う相手に対して無料で「メッセージ付きのいいね」が送れるからなんです。 これがかなりマッチング率が高いんです。 女の子も診断を受けているのでアクティブなユーザーだし、「相性が良い」という理由によって安心してマッチングします。 とくに男性で「外見に自信がなかったけど、withなら想像以上にマッチングする!! 」と驚かれる人が多いです。 ほんとに!? と思われるかもしれませんが、 そもそもwithは性格診断や相性がウリのマッチングアプリなので、男女共に内面重視なユーザーが多いんです。 またwithは他のマッチングアプリと比べて、女の子からいいねが送られてくることが多いです。 その理由は診断によって相性の良さがわかるからです。 さきほどもいったように、そもそもwithのユーザーは内面重視の傾向があるので、相性が合う人だからいいねが付けやすいんですね。 この診断機能こそがwithにしかない大きな特徴です。 メンタリストDaiGoからアドバイスがもらえる メンタリストDaiGoさんが監修だけあって、もう1つのwithの特徴がプロフィール作成や、メッセージの送り方にDaiGoさんからアドバイスがもらえることです。 マッチングしやすくなるプロフィールのアドバイスが届いたり、マッチングして女の子とメッセージをしているときに、相手のプロフィール内容からどんな話題をしたらいいかアドバイスが届きます。 ちなみにメッセージのアドバイスに関しては性格診断に基づいたものなので、なかなか的確です。 このDaiGoさんのアドバイス機能はマッチングアプリ初心者や、メッセージが苦手な人にとってはとても助かる機能ですね。 趣味や価値観で繋がるペアーズのコミュニティ機能 ペアーズの大きな特徴がコミュニティ機能です。 ペアーズには10万種類のコミュニティがあり、自分を表すコミュニティに所属することができます。 コミュニティの種類はほんと様々で、主に【性格や趣味、価値観や職業】などのコミュニティが存在します。 たとえば「お酒が好き」、「年上が好き」、「甘えるのが好き」、「看護師してます」、「アニメが好き」、「映画が好き」というように、趣味から職業、性格や好みなどほんと様々です。 これらのコミュニティに所属することで、共通点が見つけられるし、同じ感性、価値観の相手を探すことができます。 僕は自分の好みの子がいそうなコミュニティに所属するし、お酒が好きなのでお酒好きな子と出会えるコミュニティに所属しています。 またコミュニティに所属することで、女の子も共通点を感じていいねを送ってくるのでマッチングしやすくなります。 withにしてもペアーズにしても、やはり共通点や相性が合うと感じられるとマッチング率が高まりますね。 ペアーズのコミュニティは必ず利用した方がいいです。 ペアーズの距離検索がマッチング率高すぎる ペアーズの検索機能は他のマッチングアプリと比べても細かく条件を絞り込めるのですが、何よりも距離検索が抜群にいいです。 現在地から10Km以内で検索すれば市内の女の子を探し出せるし、僕は近所の子と出会いまくっています。 ペアーズにいる女の子は真剣な恋人や婚活目的なので、近くってだけでかなりマッチング率が高まります。 というのも、やはり付き合ったときのことを考えているので、会いたいときに会える距離ってだけでポイント高いんですよね。 僕も遠くの子とデートするのがめんどくさいので、30Km以内の子としかマッチングしないようにしています。 この距離検索によって遠くの子は避けることができるので、「せっかくマッチングしたのに遠すぎてなかなか会えない」ってことがありません。 ペアーズとwithの共通点は【好みや相性が合う相手】と出会える ペアーズは「コミュニティ」、withは「診断」によって、それぞれ自分に合った相手が見つかるマッチングアプリになっています。 ペアーズもwithもこれらの機能によって理想的な相手とマッチングさせることに力を入れた優れたマッチングアプリだと僕は感じています。 ユーザーにステキな出会いを届けるマッチングアプリの役割を果たしていますよね。 そのマッチングアプリとしてのスタンスが人気の証拠なんじゃないでしょうか。 あなたにベストなマッチングアプリ ペアーズとwithを比較してきましたが、結局どちらも評判通りのいいマッチングアプリです。 どちらのマッチングアプリを選べばいいのかは、あなたの目的や環境によって異なります。 冒頭でお伝えしたように.

次の