求人 行政書士。 行政書士求人|行政書士法人エベレストの求人情報

「行政書士 求人」で検索するのはもうヤメろ!

求人 行政書士

行政書士の資格があると就職で有利になる? 行政書士の資格があれば就職に絶対に有利になるとは言い切れませんが、 一部で就職に有利になる場合があります。 基本的に行政書士の働き方としては独立開業がメインであり、 行政書士として企業に勤務することはできません。 企業から雇用されるという形態は、行政書士としての働き方として一般的ではないものの、行政書士事務所や一般企業での就職において資格が評価されることもあります。 資格が役立つ例 一般企業で 契約書の締結や 許認可申請を行う際に、さまざまな分野での業務に関わることで社員の一人として行政書士の資格を活かすことができます。 また、資格取得者は、行政書士の試験勉強を通じて民法や会社法などの法律知識を習得しているため、 法律を扱っている部門では資格取得者の需要もあるようです。 行政書士の就職先 行政書士は 独立開業を前提とした資格ですが、行政書士が 士業事務所や 一般企業に就職するというケースもあります。 行政書士の就職先にはどのようなところがあるのでしょうか? 行政書士事務所 行政書士の就職の形としては最も一般的です。 現役で活躍している行政書士の世界に身を置くことができ、 将来独立開業するためのノウハウを得ることもできます。 ひとことで行政書士事務所といっても、会社設立、相続、帰化申請、車庫証明など、取り扱う業務には幅があります。 自分がやりたいと思う分野の事務所があれば働きかけてみると良いでしょう。 ただ行政書士事務所に就職できたとしても、すぐに専門的な業務を任せてもらえるとは限りません。 現場で働く時には、書類を届けたり庶務的な仕事を兼ねているケースもありますが、 現場で学んだ経験は開業するときの役に立ちます。 他の士業事務所 税理士事務所、法律事務所など 他の士業事務所で行政書士が働くケースあります。 顧客からの依頼内容によっては、一つの案件で税務、法律、関連書類の手続きが必要になる場合があります。 そのような場合には、税理士、弁護士、行政書士が連携して それぞれの専門性を駆使してスピーディーにサービスを提供することができます。 一般企業 一般企業に勤める場合は、主に契約書を取り扱っている部門、特に 法務部および総務部で知識を活かした仕事ができます。 また、不動産業界や建築業界では、営業許認可の手続きや公共事業の入札に関する業務などにおいて力を発揮することができます。 いずれの場合も行政書士の 独占業務を行うことはできず、資格取得を通じて身につけた知識・スキルを活かして、有資格者以外でも可能な一般的な業務を行うことになります。 独立開業が一般的 士業事務所での経験も、一般企業で勤める経験も、結局は 独立開業のための準備となることが多いです。 開業する前に経験を積むことで、実務を学ぶことができる、業務の流れに詳しくなる、現場の空気を肌で感じることができるといった、さまざまなメリットがあります。 就職する場合も、独立開業という働き方をゴールに見据える場合が多いといえるでしょう。 行政書士の求人の実態 「行政書士」の資格を必須としている求人の数は多いとはいえません。 行政書士の母数自体が多くない上に、 そもそも行政書士が就職をするのはあまり一般的なケースではないので、求人の数が少ないのも当然です。 一般企業にとっては、いずれは独立してしまう可能性の高い行政書士を雇うことに抵抗を感じる場合もあります。 また行政書士事務所については、行政書士を雇う余裕がなかったり、一人で業務がこなせれば行政書士を新たに採用する必要がないといった事情もあります。 求人を探す際のポイント 一般企業に勤める際も、 将来的な独立を見据えて企業を選択すると良いでしょう。 具体的には、 自分が専門としていきたい分野との関連度が高い企業に就職することで、実務経験がそのまま自分の力になったり、あるいは企業に勤めていた頃の人脈が独立後に活きることもあります。 コンサルティング業務は需要が高い おすすめの業務内容として コンサルティング関連の仕事があります。 書類作成に終始するだけの行政書士の場合、業務の大半が機械やAIに取って代わられてしまう可能性があり将来性が高いとはいえません。 したがって専門性を生かしたコンサルティング業務ができる行政書士を目指すことがおすすめです。 実務経験も大切 就職する際は資格だけでなく 就職先の業務内容に活かせる実務経験も重視されます。 不動産会社、建設会社、法務部、総務部での事務経験があると、転職後の仕事に役立てることができます。 行政書士の仕事は事務的なものが多く、事務処理のスピードや正確性が求められます。 また、秘書の経験がある場合は対応力やコミュニケーションスキルが重宝されるでしょう。 年齢によるビハインドは大きくはない 行政書士資格の取得者の大半は 30代から50代です。 若い行政書士の数は少ないので、資格取得の際の年齢をあまり気にせずとも大丈夫です。 その一方で、若くして行政書士の資格を取得できた場合は、それをアピールすることもできます。 就職活動におすすめの方法 先述の通り、行政書士としての就職は狭き門ですが可能性はゼロではありません。 就職活動がうまくいくにはどうしたら良いかを考えていきたいと思います。 行政書士の専門業務だけにこだわらない 行政書士の資格取得後は専門業務に携わりたい、という思いは当然です。 しかし焦りは禁物ではないでしょうか。 一般的な仕事からも学ぶことはたくさんあります。 お客様への対応、実務で扱う書類などを目の前にして、 現場で起きていることを肌で感じられるのは貴重な機会です。 専門業務だけにこだわるよりも、将来独立するために必要な一つ一つのスキルを磨くことを意識していくことをおすすめします。 パートやアルバイトも視野に入れる これは家庭の事情もあるので安易におすすめはできませんが、 求人を正社員だけで探すと範囲を狭めてしまうことにもなります。 パートやアルバイトなどの非正規雇用も検討してみると、自分のやりたい分野を扱っている職場がみつかるかもしれません。 納得のいく働き方を選択するのが良いでしょう。 独立開業の話は慎重に 就職活動の際に、面接官から 将来的に独立したいかという質問があるかもしれません。 答えるときは言葉を選ぶことも大切です。 いずれは独立することがあっても、そのときがくるまでは 会社の役に立てるように仕事を頑張っていくという熱意をアピールしてください。 ダブルライセンスは就職に生きるのか ダブルライセンスをする資格にもよりますが、 基本的には就職や転職の際にも大いに役立ちます。 行政書士とダブルライセンスの相性が良い宅建士や司法書士、社労士に関しては、就職して働くのも一般的であり、資格取得による安定した生活が期待できます。 宅建士 行政書士とのダブルライセンスにより、 不動産業界で活躍できる範囲が広がることが期待できます。 宅建士は不動産取引に関すること、行政書士は官公庁に提出する書類の作成や手続きの代行を主に行いますが、両方の資格があると仕事の幅が広がります。 不動産売却の際には契約書等の書類が必要になります。 行政書士が取り扱う範囲に不動産関係の書類があり、 宅建士と行政書士の資格を共に生かした働き方が可能です。 司法書士 司法書士と行政書士は試験範囲が憲法、民法、商法で重複しており、一方の資格の勉強で得た知識がもう一方の資格を得るための勉強に役立ちます。 司法書士の資格取得後の就職先として、 司法書士事務所、 一般企業の法務部や総務部などがあげられますが、独立開業するという選択肢もあります。 ダブルライセンスがあることで、会社設立の手続きの際に許認可申請と登記を同時に行うことができたり、お客様の依頼に素早く対応できたりします。 社労士 社労士は人事・労務を専門とする資格で、取得していると 就職や転職に有利になり収入が安定しやすいのが一つの特徴です。 行政書士は独立開業する人が大半で、 仕事が継続的に取れなければ収入が不安定になりやすいのが特徴です。 そこで社労士と行政書士のダブルライセンスにより、 それぞれの資格が持つ強みを活かすことができます。 社労士としては取り扱うことができない業務を行政書士としてカバーできたり、一般企業や士業事務所など、さまざまな業界で活躍の場が広がります。 行政書士と就職まとめ• 独立開業がメインである行政書士の求人は少ないが、就職により、独立を見据えて実務やノウハウを学べるのは貴重な機会である• 行政書士全体の平均年収は600万程度である• 就職先には行政書士事務所、一般企業の総務部や法務部などがあり、資格以外の実務経験も大切である• コンサルティング業務やダブルライセンスで自分に対する需要を高めたり、働き方の幅を広げることができる 行政書士資格を持っていると就職に有利になるか? という疑問への答えを中心に、あらゆる角度から詳しく考察してきました。 行政書士の求人は多いとはいえませんが、資格の活かし方次第では実力を発揮できるチャンスは大いにあり、 将来的に独立開業するときも就業経験が強みになります。 資格取得に関心がある方は、前向きに行政書士を目指すことを検討してみてください!.

次の

行政書士求人サイト|ベンチャーサポート行政書士法人

求人 行政書士

全国16拠点に展開。 ご覧の通りの右肩上がりの成長を続け、今では『日本最大級の士業グループ』になりました。 このグループ全体の収益を最大限にスタッフ還元することで、業界内はもちろん、上場企業にも劣らない「高収入」と「高待遇」をご用意して求人募集しています。 そして、「毎年確実に昇給」していきますので、将来的には大きな収入差になるはずです。 他社よりも高収入・高待遇になることはお約束しますので、ぜひベンチャーサポートにお越し下さい。 キャリアを重ねれば、経験や資格に関係なく高収入が可能です。 (週休二日制。 有休消化率100%推奨。 退職金制度、フレックスタイム制、産休・育休実績多数) これだけの規模ですので、個人の行政書士事務所のように一人に重い業務負担がかかることはありません。 ( 仮に他社と同程度の業務内容であったとしても高い報酬になります。 関連会社を含めた全体の収益が大きいため、それを積極的にスタッフの収入に反映していくことで業界では難しい水準の給与・待遇が実現しました。 引き続き、今後も「上場企業を超える水準」まで目指していきます) 経営悪化で縮小するという不安もありませんので、長く働きながら自身のキャリアを磨いていける「一生安心して働ける職場」として、将来にわたって安定した待遇をお約束します。 「給料が安い」 「やりたいことができない」 「頑張っても評価されない」 「将来性が見えない」 「忙しくて残業が多い」など、あらゆる仕事に対する不満は解消できるはずです。 (働き方はそれぞれのペースで結構ですが、いずれにしても高水準の給与・待遇になります) これまでにスタッフ紹介で入社した人は100人以上。 将来独立を目指す方も、一生安定して働ける職場をお探しの方も、「全員が入社して良かった」と言える環境をご用意してお待ちしております。 応募資格 学歴・資格は一切不問。 平均年齢32歳の若くて明るい雰囲気の事務所です。 (20代からの長期キャリア形成を図るため若年層の募集になります。 年間で1000件を超える会社設立で、起業家の支援をしています。 2.相続手続き 遺産分割協議書の作成、戸籍の収集・精査、遺言書作成など、相続手続きの業務を幅広く代行します。 3.建設業許可 建設業許可に関する、新規申請から経営事項審査・入札参加までをサポートします。 建設業の新規設立案件も多数あります。 4.その他企業法務 主に税理士法人の顧問先7000社からの依頼で、「ビザ・宅建業免許・古物商許可など」多様な許可申請を代行します。 新規設立法人や、すでに税理士顧問契約を結んでいる会社からの法務の依頼を受けることで「企業法務」の総合的な経験を積むことが可能です。 経験者・未経験者を問わず、実務経験豊富な先輩が1から丁寧にやり方を教えていきます。 残業を努力とは考えず、仕事を早く終わらせて帰ることを評価します。 日々の業務で実力をつけて「入社して2年。 会社指示による引越を伴う転勤はありません。 東京・銀座オーミオフィス 〒104-0061 東京都中央区銀座3-7-3 銀座オーミビル8階• 東京・銀座ファーストオフィス 〒104-0061 東京都中央区銀座1-10-6 銀座ファーストビル4階• 横浜・スカイビルオフィス 〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2丁目19番12号 スカイビル16階• 大阪・梅田オフィス 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3号 大阪駅前第3ビル20階 応募方法 業界未経験の方や、少しでも迷われている方は、定期的に開催される「会社説明会」にお気軽にお越し下さい。 経験者の方による直接応募は応募フォームよりお願いします。 履歴書は当社で厳重に処分し、返却は致しませんのであらかじめご了承下さい。 (応募から内定まで1ヶ月以内ですが、現職の引き継ぎや税理士試験スケジュールも考慮し、内定後の入社時期を遅らせることも可能です) メッセージ ベンチャーサポートは税理士事務所として創業以来、昔ながらの慣習をすべて取り払ってきました。 弊社代表が業界に対して感じてきた理不尽なルール、 「仕事内容が変わらない、スキルアップを望めない、昔からの師弟制度の名残りや、お客様の方を向かず先生業にあぐらをかいている体質、先生一人だけが儲かる仕組み、顧問先が減ってきて将来が不安になる」 ・・・というような常識を徹底して排除してきました。 他の事務所で働いていて何らかの不満を感じている方には、ベンチャーサポートにお越し頂きたいと思います。 今は不満も不安もないと思っていても、士業業界は特に「機械に仕事が奪われる」と言われている時代です。 将来的に仕事がなくなるのか?それともテクノロジーとして活用できるのか? それは結局、どれだけ「人」に向き合っているかどうかになるでしょう。 一方で、ただ業務を行うだけの事務所では生き残ることが難しい時代になるのではないでしょうか・・・ お客様も「人」、スタッフも「人」です。 どんなに時代が変わっても人は変わらないからこそ、ベンチャーサポートはこれまでも、これからも「人」を大切にしていきます。 『お客様に求められるサービスを提供して、それによる収益を最大限にスタッフに還元していく』 これはすべて人にフォーカスしてきたから実現できたものであり、サービス業として当たり前のことをしてきた結果でしかありません。 特に、人や職場の雰囲気、昇給のスピードには皆さん驚かれます。 ここまで先輩が後輩のために動いてくれる会社はなかなかない」 「未経験でもわかりやすく教えてくれるので安心」 「未経験でもやる気があれば評価してもらえる」 「本当にアットホームな空気なので働きやすい。 周りの人間が新人をほったらかしにすることはない」 「人がいい。 とにかく楽しい」 「友人からの紹介で入社。 今までの事務所とは違う」 「従業員の意見を上司が聞いてくださる」 「社員同士の連携・管理体制が整ってて凄いと感じた。 先輩方の知識もレベルが高い」 「やったらやった分だけ評価される。 面白い人 社内も社外も と一緒に仕事ができる」 「明るい雰囲気、スタッフ全員が活き活きとしている」 「固定概念にとらわれず良い変化が常に起こる。 年齢問わずチャンスが平等にある。 分からない事を何でも聞ける、相談相手が多い」 「多様な人が混ざることで組織が硬直化せず、良い部分がより深く濃くなっていくのを実感」 「今、職場環境や仕事への不安があるとしたら、それを解決してくれる会社」 「よく笑える。 よく話せる。 よく相談できる」 「なんといっても社内メンバーの仲の良さ!」 「自分が頑張っていることを周りがよく見ており、評価してくれる」 「若さや勢いだけではなく知識や経験がしっかりとある人が多い」 「一人ぼっちがいない。 気軽に質問できて自分自身を成長させることができる」 「士業事務所を越えた上場会社並みの存在感と待遇」 「お客さんとの関係性をとても大切にしている」 「みんな和気あいあいとして人間関係はよい環境」 「目標になる人がたくさんいるような会社」 「昇給の額が他社に比べかなり水準が高い」 「会社の雰囲気がすごく良かった。 自由に話しながら仕事をしていることにびっくり」 「新人だからとはねのけたりせず、良い意見であれば採用して運用して頂ける」 「先輩方がみんなフラットで親身に教えてくれる」 「思ったことは発信していける環境」 「スタッフの人間性、有給・昇給など与えてもらえるものが多い」 「想像以上に明るい。 スタッフ間の仲が良い」 「同じ業界では給与水準が高い」 「頑張っている人をきちんと評価してくれる」 「悩んでいる人を一人にしないというのが徹底されている」 「実務経験をいっぱい積める。 他社の三年分は嘘ではない」 「自分の仕事が評価され、早期に給与が上がった」 「日々の業務で相談する人がたくさんいる」 「みんながコミュニケーションを取って人に関心を持っている」 「社内の雰囲気がとても明るく風通しもいい」 「人のために仕事する楽しさを知れた」 「団結して仕事をしている」 「みんな仲が良い楽しい職場」 「仕事に行きたくないと思わない仕事環境」 「今までの事務所の不満の大部分は解消する」 「若手もベテランもみな親しみやすく、常に周囲の人のことを考えている」 「周囲との連携を大事にしていて風通しの良い会社」 「一人で抱えさせるようなことはなく一緒に悩んでくれる仲間がいる」 「年功序列ではなくやる気を出す人が前にでて頑張れる」 「わからないことへのサポートをしてくれる」 「スタッフ全員が楽しそうで活き活きしている」 「出る杭は引き抜かれる」 「いい意味で説明会とのギャップがない」 「人付き合いで悩むことがない」 「教育体制が整っている」 「給与の上がり幅がすごい」 「悪影響を与える人がいない」 「みんなが大人。 ちゃんとしている人が多い 」 「人としての魅力がある人が多い」 「意味のわからない無駄な人間関係がない」 「人間関係で悩むことはなく、相談しやすい風通しの良い職場」 「想像以上に楽しい職場でした!」 「社内の雰囲気がかなり良く仕事に集中できる」 「育児などにここまで理解がある会社を他に知らない」 「先輩が優しく丁寧に教えてくれるので未経験でも全く問題ない」 「周りがすごく面倒見が良い。 ちゃんと評価してくれる」 「プライベートを大切にしてくれる」 「縦横問わずスタッフ同士の気持ちの距離が近い」 「スタッフ同士の仲が良く仕事がしやすい」 「個人の考え・意見が通る」 「自分の頑張りが正当に評価される」 「教育制度は本当にすごい。 常に気遣って下さる先輩社員が多い」 「給与が周りの同い年に比べたら上がる」 「社員育成のためのカリキュラムがとても明確」 「社内の雰囲気がとてもよい」 「面倒見がいい社風」 「毎日笑いが絶えない」 「能力や努力に見合った昇給・インセンティブがある」 「非常に雰囲気が良く非常に働きやすく感じます」 「この環境を知るともう他では働けなくなる」 「仕事を楽しみながらプライベートも充実させられる」 「頑張りが報われる環境」 「相談を含め話しやすいので仕事効率、雰囲気がとても良い」 「嫌味な上司や同僚がいなかったことが衝撃」 「教育制度や社内システムが整っている」 「自分の頑張りを誰かが見てくれている」 「先輩方が率先してやってくれているので後輩は良い背中を見て育つ」 「仕事だけの関係ではなく休日も職場の方と出かけられるぐらい仲が良い」 「コミュニケーションを非常に重要視している」 「社内のメンバーとの距離が非常に近い」 「昇給の幅が同業種より圧倒的に高い」 「人間関係に疲れない」 「楽しく働けて他の3倍成長できる」 「知識が足りないと感じても研修が充実しているためどんどん学んでいける」 「皆さん親切で働きやすい。 困った時に親身に接してくれる」 「社員同士の仲がとても良く、怒ったり怒鳴ったりする人は一人もいない」 「上司の感情論がなく従業員が平等」 「困っている人を放っておかない助け合いの精神に溢れた会社」 「公私共に楽しい事務所」 「教育体制がしっかりしている」 「若手とベテランとの壁がない」 「先輩・年上は神といった、ぎくしゃくした空気感を感じない」 「昇給も臨機応変に対応してもらえる」 「一人になっていたり困っていると誰かが声をかけてフォローしている」.

次の

行政書士の求人

求人 行政書士

求人募集中の行政書士法人エベレスト(代表社員:野村篤司)は、2019年1月25日に、の認証を取得致しました(認証期間:平成34年3月31日まで)。 名古屋市内の「行政書士法人」としては、名古屋市「初」となりました。 さらに2019年2月20日には、「AICHIWISH企業」としても認定を得ることができました。 「士業はブラック事務所が多い」と諦めている人は、 行政書士法人エベレストの求人応募もご検討下さい! この度は、「行政書士法人エベレスト」の採用(求人募集)ページをご覧頂き、誠にありがとうございます。 今、このページを閲覧していらっしゃるあなたは、「行政書士事務所で働きたい」とお考えでいらっしゃることでしょう。 既に行政書士資格をお持ちであるかもしれませんし、今はまだ勉強中かもしれません。 私はこれまで多数の「行政書士有資格者」との採用面接を行ってきましたが、ほとんどの求職者の方が「専門的知識を活かしたい!」と答えられます。 専門的知識を習得するのは簡単ではないですから、そう考えるのも当然でしょう。 ところが「その専門知識を 何のために活かすか?」という私の問いに対して、明確に即答できた方はあまりいません。 我々は慈善事業ではなく、民間の営利組織ですから、売上(利益)を追求するために、専門知識を活用することは否定しません。 実際のところ、利益がなければ、良いサービスも提供できませんし、会社はつぶれてしまいます。 教科書通りの答えでは、株式会社でしたら(経営理念のことはさておき)「株主の利益」のために日々業務を行うでしょうし、公務員であれば「住民のため」、「国民のため」の奉仕と答える人が多いでしょう(建前はさておき、本音は「自分の生活ため」と心の中で答えても、まぁ良いでしょう)。 それでは、「行政書士法人エベレスト」はいかがでしょうか?行政書士法に定める「国民の利益」に資するためというのも一つの答えですが、当社では、 「社会的課題の専門的解決に挑む」(ソーシャルビジネス) を一つのキーワードに捉え、いかに社会問題を自社が開発提供するサービスで解決できるのかを考えて日々業務を行っています。 あなたの中に、解決したい社会的課題(少子高齢化、自殺率の高止まりなど、枚挙に暇がありません)はございませんか?ピンと来るものがある方は、ぜひ「行政書士法人エベレストへの求人」へご応募ください。 ご縁があり、共に社会的課題の解決、すなわち「ソーシャルビジネス」が共にできれば幸いです。 このごく当たり前のことができなくては、士業法人を母体とするコンサルティングファーム「エベレストグループ」においてビジネスはできません。 しかし専門職だからといって、その分野だけ詳しくなればいいというわけでもありません。 お客様満足に最大限に応えるために、周辺知識についても積極的に知識を習得させていく努力が必要です。 そもそも勉強が嫌いという方は「論外」ですが、「自分の専門分野だけを勉強していたい」という方はエベレストグループには不向きと考えられます。 積極的に「事務」の仕事のプロフェッショナルを目指すならまだしも、単に「営業がしたくないから」というネガティブな方も多いです。 理由を聞くと、営業はノルマがきつい、しんどいというイメージや経験があるようです。 このようなイメージの通り、「営業活動」が、サービス提供者の自己本位な押し売りであってはなりません。 それは社員もお客様も不幸になります。 エベレストグループが提供するのは「お客様が欲しいサービス」であって、創意工夫を凝らした良い「あるべき理想のサービス」を追求しています。 そのため、これらのサービスをさらにブラッシュアップしながら、より多くの方に提供することがエベレストグループの社会的責務ですので、「営業活動」はすなわち「社会貢献」であるとの認識でどんどんサービスを広められる方を採用しています。 お客様が求めるものは、「資格者」ではなく、お困りごと等をスムーズに解決に導いてくれる人、すなわち「満足に応えてくれる人」なのです。 「またサービスを利用したい」「困ったらまた相談したい」という既存顧客(リピーター)を重視した品質の高いサービスを提供していくことができる人が求められます。 常にお客様満足の「追究」が必要です。 例えば、お客様のことを最優先に考え、たとえ直接的に自社(自分)の利益にならなくても、他社が提供するサービス等をご案内できる人が求められます。 本末転倒にならぬよう、「家族」の幸せを第一に考える人とでなければ、「お客様の幸せ」なんてしっかりと考えることはできません。 家族の幸せのためには、自身の健康にもしっかりと気を使わなくてはなりませんので、残業ばかりで不健康な働き方しかできず、「体調管理」ができない方は不採用となります。 失敗なくして成長はありません。 チャレンジできない人は、成長が鈍い人です。 ただ「チャレンジ」と「博打」は違いますので、しっかりとした「計画性」が大事です。 慎重かつ大胆な発想ができる人が求められます。 「士業」の法定業務だけを最低限のレベルでこなしているだけの方は不採用となり、新たなサービスの開発や改善に前向きな方を採用致します。 「サービス業」として当たり前ですね。 否定から生まれるものは多くありません。 思考が停止状態に陥ってしまっている人も多いです。 一見、違和感を覚えることでも、一旦肯定的に捉えることで、新たな発想が得られるものです。 もちろん、うまくいかない現状があれば「否定」を受け入れる柔軟さも必要です。 そのため、他社と一緒に事業に取り組んだりする際は、自社のみの利益を考えてはいけません。 また他の従業員の方であっても迷惑をかけず、一人一人がその満足に応えていかなければなりません。 稀に「自責の念で考えろ」という経営者がいますが、それ自体が「他責」となります。 しっかりと周囲の方々に感謝し、自らに原因を求めて改善・成長していける方を求めています。 当グループが成長することは、それだけ品質の高いサービスを享受することができる人が増え、人々の幸せに繋がるからです。 つまり、少しでも多くの人々を幸せにするために、エベレストグループは成長拡大していかなければなりません(決してお金持ちになりたいからとか、名声が欲しいからといった理由ではありません)。 そのために、惜しみなく協力していただける仲間を募集しています。 「就職活動対策として「行政書士」の資格を取ったけど、 新卒採用や就職活動でまったく役に立たない」と感じていませんか? 確かに、「行政書士」資格は一般の民間会社からすれば、特に採用メリットに感じないかもしれません。 むしろ「肩書ばかり気にする人」と、時にはマイナスに働くこともあるでしょう。 しかしながら、行政書士法人エベレストでは、「行政書士有資格者」を優遇して採用しています。 これは、「国家資格」は運転免許のようなものであると考えているからです。 当たり前ですが、運転免許がないと、車を運転することができません。 行政書士業務においても、行政書士試験を突破するくらいの最低限の法的素養の証明である資格がなければ、お客様満足に十分に応えることはできないと考えています。 「行政書士資格」を 行政書士法人エベレスト(名古屋市・安城市)で今こそ、最大限に活用してみませんか? 行政書士有資格者であれば一度は耳にしたことがあると思いますが、「行政書士の求人はとても少ない」と言われています。 しかし、「お金をかけてまで行政書士の募集活動はしていないけど、 良い行政書士有資格者がいればすぐにでも採用したい」という行政書士法人(行政書士事務所)は、実はとても多いのです。 行政書士法人エベレストもその一つですが、求人に応募される皆様にお願いしたいのは、「より多くの行政書士法人(行政書士事務所)」とコンタクトをとってみて、ということです。 一般的に「企業研究」と言われるものですが、 「これが本当に同じ行政書士という職業なの?!」というぐらいにそれぞれの行政書士業務の内容や仕事の取り方、進め方が異なります。 私がそうだったように、行政書士資格を獲得したばかりの方であれば、きっとその多様性に驚くことでしょう。 そのうえで、行政書士法人エベレストのような、(『業務特化型』ではない)『総合型』の行政書士法人に魅力を感じていただければ幸いです。 学 歴 : 大学卒業以上 年 齢 : 不問(22歳~) 応 募資 格 : 行政書士有資格者 又は登録者)であって、次のいずれかに該当する方。 これは、行政書士試験の内容・レベルと行政書士実務の乖離が激しく、単なる試験合格者では全くの未経験者を採用することと変わらないと判断しているためです。 経 験 : 応募要件を満たす方であれば、行政書士業務の経験の有無は不問です。 なお、行政書士又は司法書士事務所ないしは会計事務所において、「継続して」3年以上の勤続経験がある方を 優遇します。 応募方法: まずはからご連絡ください。 文章力を含め、すべて選考対象とします。 当社では「事業計画書」を書くことが日常茶飯事なため、実務試験に近いです。 ポイント: (1)将来的に「支店」として独立開業を目指すこともでき、神奈川事務所が第1 号の実績になっています(原則勤続5年。 社内独立制度)。 (2)事業の継続に必要不可欠な「営業」活動に積極的な行政書士法人であり、セミナーの主催も多いため、 営業に自信がない、営業がしたくない、人前で話すのが苦手という場合は、求人申込みをご遠慮ください。 自ら仕事を獲得していきたいという積極的な人材を求めています。 共感できる方のみ、求人募集へお申し込みください。 試用期間: 6ヶ月 応募方法: まずはからご連絡ください。 ポイント: (1)兼業や副業を可としています。 (2)子育てや家庭との両立を応援しています。 (3)勤続3年で正社員登用制度もあります。

次の