中央日報日本語。 NYT、保安法によってデジタルニュースチームを香港から撤収…ソウルへ(中央日報日本語版)

日本語で読める韓国新聞サイト 朝鮮日報・中央日報・東亜日報・東洋経済日報

中央日報日本語

概要 [ ] 6月15日、の党地方支部(平山県西柏坡華北局)において創刊。 翌3月に本部をへ移転し、同年8月にの公式機関紙となる。 初期の人民日報は表記が用いられたが、毛沢東の「文字改革」により、表記に改められた。 7月には国外向け版の発行もはじめ、版に加えて、版、版、版、版、版、版の7か国語で配信されている。 路線においてが導入されると発行部数が落ちるものの、の掲載など紙面の変化が見られるようになった。 第一面の最上部「人民日報」の題字は、のである。 「」は1997年に人民日報の版として開設され、翌1998年に日本でも開設された。 関係の版では、中国で発生したニュースを日本語で紹介する「日本語版」と、日本で発生したニュースを中国語で紹介する「日本版」があり、いずれも人民網日本株式会社が運営している。 日本版は日本とを専門報道対象とする中国唯一のニュースサイトでもある。 人民網は、携帯電話へのニュース配信を始めた初の外国メディアである。 当初はだけの対応であったが、2008年初よりとにも公式ウェブサイトが開設(現在未対応)されており、中華人民共和国のニュースを日本語で発行する「日文版」と日本のニュースを中国語で発行する「中文版」がある。 これらは、上記の日本語版と日本版に対応しており、毎日70本以上のニュースが届く。 これらの大量のニュースから必要なものだけを、分野やキーワードを指定してで受け取るメールニュースや、日本の携帯では表示できない中国語を画像で表示するなどが、他の携帯サイトにはない特長である。 また2008年8月より、一般からの投稿も可能になり、中華街情報なども掲載されるようになるなど、日本対応が進んできている。 人民日報とは提携関係にあり、では、やと並んで、人民日報の記事を特別コーナーにて常時掲載しているのに対し、人民日報のウェブサイトでは、の記事を常時掲載している。 また、かつては元朝日新聞社北京支局長のが、日本代理人を務めていた。 も海外特約メディアの一つであり、記事掲載やシンポジウム共催などで提携している。 創刊当初は縦書きであったが、現在(20世紀後半~21世紀初頭)は横書きである。 2013年5月、翌2014年に落成予定の新社屋ビルが、中国のネットユーザーの間で「なんとも雄々しい形状である」との評判を呼び始め、外電を通じて世界中に報道される事態となった。 中国のネットユーザーが選ぶ「中国のトンデモ建築物ベスト10」においても、長年1位を堅持してきたの「天子大酒店」 を、建設途上でありながらも同社新社屋ビルが追い抜き、1位に選出されるという珍事が発生している。 脚注 [ ]• - 、2013年5月10日• - 、2012年4月11日• - 、2013年7月16日 関連項目 [ ]• 中華人民共和国の主要メディア• (CCTV)• (「人民日報」のテレビ版)• (中華人民共和国の国営通信社)• (「人民日報」の国際版)• (人民日報グループ)• 日本向け中華メディア• (かつてのの機関紙) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 中国の情報を中国語で• 中国の情報を日本語で• 日本の情報を中国語で• 中国の情報を日本語で+日本の情報を中国語で(2016年2月29日に閉鎖)• 日本の情報を中国語で•

次の

NYT、保安法によってデジタルニュースチームを香港から撤収…ソウルへ(中央日報日本語版)

中央日報日本語

米ニューヨーク・タイムズ(NYT)が香港駐在人材の一部を韓国で移動させることにした。 今月初めから施行されている香港国家保安法が言論環境を不安定にしたという判断のためという説明だ。 14日(米現地時間)、NYTは香港を基盤としたデジタルニュースの運営を韓国ソウルに移すと明らかにした。 NYTは「香港は数十年間、外国企業に開放的な地域だった」としながら「中国本土と近いうえ、自由奔放な言論の伝統に導かれた英文ニュースメディアのアジア本部としての役割を果たしてきた」と報じた。 今回の移転決定の背景については「しかし、香港内の反政府勢力をけん制するために、中国が通過させた国家保安法が報道組織を混乱に陥れていて、アジア言論界の中心地としての香港に対する不確実性を高めている」と説明した。 ニューヨーク・タイムズの国際取材・運営総括と経営陣は14日、職員に送ったメモに「香港の新国家保安法がわれわれの運営とジャーナリズムに多くの不確実性をもたらした」と記した。 NYTは近く香港職員の約3分の1に該当するデジタル記者団をソウルに移すと明らかにした。 NYTは香港以外の場所として、タイ・バンコク、韓国ソウル、シンガポール、日本・東京を考慮に入れた。 NYTは「韓国は海外企業に友好的であり、独立した言論があり、主要ニュースで中心的な役割をするにあたり魅力的だった」と明らかにした。 残留人材もある。 香港特派員は香港に根拠地を置いて取材を継続する予定だ。 香港NYTには欧州版とアジア版の紙新聞を印刷する「インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ」の印刷制作チームも常駐中だが、このチームは残る予定だ。 広告とマーケティング人材も残るものとみられる。 新保安法の影響がまだ完全に明らかにならない中で、一部のメディアはひとまず香港にとどまる計画だ。 香港で大型チームを維持しているブルームバーグニュースとCNNは、現在、香港を離れる計画はないという。 今月1日から施行された香港保安法は、出版社や放送局などが香港の国家安保を害するような報道を禁じている。 問題は「国家安保を害する報道」の範囲が曖昧で、反中報道をするメディアはすべて保安法処罰の対象になる可能性があるという点だ。 このため、メディアに対する検閲水位が高まり、中国政府の意向に沿う報道をするメディアだけを残すのではないかとの懸念が高まっている。 1529• 255• 456• 229• 156• 178• 139• 116• 17536• 115• 709• 815• 725• 702• 683• 566• 2618• 2755• 2583• 2438• 2827• 12261• 2620• 2727• 3018• 2901• 995.

次の

厚労省、今度はCNNと中央日報を“名指し“批判。検閲に繋がりかねないとの危惧も。【新型コロナ】

中央日報日本語

CNNなどの報道は? CNNは3月6日、「日本で発表の感染者数は『氷山の一角』、専門家が検査態勢の強化促す」という見出しで、日本の新型コロナウイルス感染対策の現状について。 緊急事態宣言が出された北海道について、「道内の感染者数は公式統計では80人台とされている」と前置きした上で、新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する厚生労働省対策推進本部事務局員で北海道大学大学院教授の西浦博氏の見解を、以下のように掲載していた。 北海道大学の西浦博教授は、実際にはその10倍に上る可能性があるとの見方を示す。 西浦氏は、ウイルスの拡散予想を目的とする統計モデルの作成で政府の対策を支援する立場から、感染者数の推定は、流行の発信源となった中国の武漢市の状況と一致すると話している。 これに対して厚労省は、検知できていない人がいることは認識しているとした上で、日本国内の症例は合計3000例前後だと思われると述べ、西浦氏の推計に反論した。 jp(3月6日11時配信記事より) 一方、韓国の中央日報日本語版は3月7日、このCNNの記事を受け引用する形で「日本の専門家『公式統計の10倍水準と推定』との小見出しで、以下のように。 政府のウイルス拡大シミュレーションモデル構築にも参加した北海道大学の西浦博教授はCNNのインタビューで「日本の新型コロナ感染者は公式統計の10倍ほど」と予測した。 西浦教授は「日本の流行実態は新型コロナ発生地の武漢で起きたものと一致する」とし、予測モデルによると日本の感染者数は1万人を超えると推定されると明らかにした。 北海道の感染者数について、「累積確定患者数が 70余名に至らない段階の頃に、 北海道に渡航歴のある外国人の患者情報に基づく推定を実施したところ、患者数が941 名(95%信頼区間:156、2906)と推定されました」と詳細を公表。 「このことから、北海道の感染者は報告の10 倍を超える程度であったことが言えます」と認めた。 これについては、「感染しても極めて軽症で済む方が多いことや、発病しても受診せずに診断されない方が多数いることを反映しています」と説明した。 「北海道に関する推論、全国に適用は困難」 一方で、北海道に関する推定を日本に用いることについては、 「同様の推定を日本全体に妥当性をもって適用することは困難です」との見解を示した。 その理由について、 「日本の確定患者数のうち 700余名はダイヤモンドプリンセス号の乗船者に基づくデータであり、同様の計算をそれら患者に適用することも困難」とした上で、 「『1万人を超える』とする解釈は明らかに誤りであり、 この言及は当方が提供したものではありません」とCNNと中央日報の記事で言及された内容を否定した。 また厚労省は9日、別のツイートで、 「新型コロナウイルス感染症の『相談・受診の目安』が、『PCR検査』の能力との関係で厳しく設定されているとの報道がCNNなどでありました。 しかしながら、両者は別のものです」としてCNNの報道を。

次の