ウーバーイーツ 大阪 電話。 Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートセンターへの電話番号を都市別にまとめたよ

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪の配達エリアや登録方法は?情報まとめ|デリバリー配達ナビ

ウーバーイーツ 大阪 電話

『届いた料理がめちゃくちゃ』『注文者と連絡がとれない』『自転車配達中に転んで料理がめちゃくちゃになってしまった・・・』といった、注文者や配達パートナー間でちょこちょこ目にするトラブルは、決して他人事ではありません。 また、お金に関しては現金による決済が開始されたこともあり、配達に対して疑問や不安を抱えている方も多いかと思われます。 他のアルバイトと同様に、UberEatsならではの苦労というものが付きまとうのは仕方のないことかもしれません。 今回はを利用するうえで、困った際の連絡先となるカスタマーや窓口をご紹介します。 スマホが壊れたときにも連絡できるよう、メモなどに記録してスマホカバーや財布などに入れておけば、いつの日か役に立つことがあるかもしれません。 Contents• Uber Eatsに関する問い合わせ窓口は二種類! 以前だとひとつのダイヤルで対応していたのですが、現在では• おもに 料理を注文した人が相談するための『UberEatsお客様サポートセンター』• おもに 配達パートナーが相談する『全国各地のUberEats配達パートナーセンター』 という二種類に分けられています。 UberEatsお客様サポートセンター Uber Eatsに関する基本的な問い合わせはUber Eatsサポートセンターが電話にて受け付けています。 こちらは 料理の注文者側(お客様)が問い合わせするためのダイヤルで、• 注文した料理と違うものが入っていた(足りなかった)• 料理が著しくこぼれていた• いつまで経っても料理が届かない• 配達パートナーとの間に問題が発生した• クレジットカードで決済済みなのに料金を請求された といった困りごとや疑問に関する相談で利用します。 こちらではおもに、 配達パートナーサイドの問い合わせやサポートを メインに問い合わせを受け付けています。 配達ごとに関してお悩みの際はどんどん活用していきましょう。 注文者と連絡が取れないといった配達パートナーがサポートを受けるためのあらゆる窓口として機能します。 配達パートナーであれば、• 届け先で注文者が不在、メッセージを送ったが反応が返ってこない• 注文者にいわれの無いクレームをつけられ、口論になっている• 配達中に転んだりぶつけたりして料理をダメにしてしまった• 配達先が外国の人で話がうまく通じない• 配達中に事件・事故に巻き込まれた といった困りごとの際は、とりあえず連絡してみるのが吉です。 注文者がインターホンに出てくれない、あるいはメッセージに反応しないといったキャンセル案件などでも、配達パートナーがサポートセンターへ連絡をしなければその配達の報酬が受け取れないため、意外と重要な番号になることを覚えておきましょう。 全国各地の電話対応パートナーセンター 関東方面• 東京、埼玉、千葉エリア:0800-080-4117• 神奈川エリア:0800-080-4255 中部、関西方面• 名古屋エリア:0800-123-6931• 大阪エリア:0800-080-4270• 京都エリア:0800-170-0024• 神戸エリア:0800-080-4288 九州エリア• 福岡エリア:0800-080-4153 トラブル以外にも使える そのほか、• 報酬の振込み口座を変更したい• アプリの使い方を詳しく知りたい• UberEatsの配達パートナー提携を解消したい• しっかりと稼げるような実践的なヒントやコツを教えてもらいたい といった際にも、上記のご自身が利用するパートナセンターで問い合わせてみると良いでしょう。 まとめ Uber Eatsに関する相談や問い合わせは• Uber Eatsサポートセンター• 全国のUber Eatsパートナーセンター が受け付けています。 注文者側の正当な理由のクレームであれば料金の返却やクーポンがもらえることもありますし、配達パートナー側の正当性によるキャンセルでは、サポートセンターへ連絡することでキチンと走行ぶんの報酬が振り込まれる手筈となっています。 配達パートナーが届け先でお客さんが商品を受け取りに出てこないからと、そのまま帰ってはダメです! トラブルの際には独断で返金要請や返金処理などはせずに、サポートセンターへ取り次いでもらうようにしましょう。 外国人の注文者電話出ず、サポセンに電話したら対応遅くてキレる。 久々にサポセンにキレたわ。 破棄でいいみたい。 ピザいただき🤣 — HKT箱推しめる単推し 東京ウーバー自転車 merulove1030 また、配達パートナーに関する相談であれば サポートセンターよりも全国パートナーセンターの方が対応がしっかりしているとのウワサなので、サポートセンターで望みの回答が得られない場合は足労となりますが、パートナーセンターで訊ねてみると良いかもしれません。 UberEats配達パートナーをはじめてみよう!と思った方は、下記の公式募集ページへ進んでみましょう。

次の

「2020年5月最新」大阪でのウーバーイーツの登録や注文は?お得なプロモコードも紹介!

ウーバーイーツ 大阪 電話

CHAPTER(チャプター)• ウーバーイーツとは|UberEats始め方・注文エリア・配達員登録方法・配達料 UberEatsのアカウント登録 UberEatsユーザー UberEats配達パートナー ウーバーイーツで料理を注文したい人 ウーバーイーツで配達をしたい人 まだ「UberEats」で注文したことがない初回注文者限定 UberEatsレストランパートナー 「UberEats(ウーバーイーツ)」を利用したい人は、「ユーザー登録」か「配達パートナー登録」が必須になります。 これから、サービスを利用したい側で、まずは「アカウント登録」をしてください。 「UberEats(ウーバーイーツ)」とは• 北海道: 北海道(7月下旬~)• 東北: 宮城県• 関東: 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県• 関西: 大阪府、京都府、兵庫県、奈良県• 北陸: 石川県、富山県、新潟県(7月9日~)• 中部: 愛知県、静岡県、長野県(7月2日~)• 中国: 広島県、岡山県• 四国: 香川県、愛媛県• 現在の「配達エリア」に関しては「公式サイト」で、ご覧ください。 UberEats(ウーバーイーツ)は「ファーストフード店」から「行列のできる有名レストラン」まで、「アプリ」or「ウェブサイト」から、「簡単に好きな料理を注文できる」、最新のFood Delivery(デリバリーフードサービス)です。 「自宅」以外にも、「オフィス」や「公園」などにも、いつでもどこでも出来立ての料理を届けてくれるのが特徴です。 2020年2月現在のUberEats(ウーバーイーツ)の配達可能エリアは、「東京・横浜・川崎・大阪・京都・神戸・名古屋・広島・岡山」などのエリアでサービスを展開しており、サービスエリアは、継続的に拡張されています。 長めの会議や、残業で小腹が空いた時、忙しいときの家での食事、人を呼んでのホームパーティー、外でのピクニックやお花見など、様々な場面で、簡単に活用できる、とても便利なサービスです。 ウーバーイーツ UberEats ユーザー(注文者)のメリット まだ「UberEats」で注文したことがない初回注文者限定 「UberEats(ウーバーイーツ)」を利用したい人は、「ユーザー登録」が必須になります。 これから、サービスを利用したい側で、まずは「ユーザー登録」をしてください。 ウーバーイーツ UberEats 現金払い・Apple Pay・LINE Pay・PayPay・クレジットカード・デビットカード 「UberEats(ウーバーイーツ)」の支払い方法について、解説していきます。 「UberEats」の「支払い方法」と「種類」 「 UberEats(ウーバーイーツ)」の「支払い方法」は、サービス開始当初は、「クレジットカード」と「デビットカード」の「カード払いのみ」でした。 しかし、最近では、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「支払い方法」にも、「カード支払い」以外に、「現金払い」と「Apple Pay(アップルペイ)払い」「LINE Pay(ラインペイ)払い」「PayPay(ペイペイ)払い」が追加されて、「以下の支払い方法」から、選択できるようになり、さらに便利になっています。 UberEats(ウーバーイーツ)支払い方法 「お支払い画面」が表示されたら「お支払い方法を追加」をタップし、先ほどと同様に「支払い方法」を「現金」にして、あとは画面の指示に従って操作してください 以上のように「UberEats(ウーバーイーツ)」の「支払い方法」を、「カード払い」から「現金払い」に変更したい場合は、簡単に変更できますので、試してみてください。 ウーバーイーツ UberEats 割引プロモーションコード 「UberEats(ウーバーイーツ)」では、「注文した商品代金」や「配送手数料」が「割引」になったり「無料」になる、お得な「プロモーションコード(クーポンコード)」なるものが、無料で配布されています。 この「プロモーションコード(クーポンコード)」は、「期間限定」で、「季節」や「イベント」毎に、新しいものが展開されていて、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「アプリ」などから、誰でも入手することが出来ます。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「アプリ」では、「プロモーションコード(割引クーポン)」が、期間限定で、このように配布されています 例えば、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「」などは、「初めてウーバーイーツを使う人限定」なのですが、利用するだけで「商品代金」が「1000円割引」にもなるので、「マクドナルド(マック)」や「松屋」などの、比較的、料金が安いチェーン店で使用すれば、「タダ(無料)」で、「商品」を注文することが出来るようになるのです。 ただし、上記の「1000円割引プロモーションコード」に関しては、「UberEats(ウーバーイーツ)」を初めて利用する人のみ、という「条件」が付いていますので、使用する際は、「プロモーションコード(クーポンコード)」毎の「条件」を、しっかりチェックするようにしてください。 また、「プロモーションコード(クーポンコード)」の使い方は「2つ」ありますので、最後に、それぞれについて簡単に説明しておきます。 割引プロモーションコードの使い方 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「アプリ」で「商品」をカートに入れてから、「カートを見る」をタップして、カート内を表示させ、「プロモーションコードを追加」をタップして、「現金払い」に変更してください 上記の方法で、「UberEats(ウーバーイーツ)」で、注文毎のお会計で、「プロモーションコード(クーポンコード)」が適用できます。 ウーバーイーツ UberEats お友達紹介コード 「UberEats(ウーバーイーツ)」には、「お友達紹介クーポン(お友達紹介コード)」と言われる、特殊な「プロモーションコード(クーポンコード)」も存在しており、こちらも誰でも利用することが可能です。 「お友達紹介クーポン(お友達紹介コード)」とは、あなたの「紹介コード」を、友達に紹介することで、その「紹介コード」を使って、初めて「UberEats(ウーバーイーツ)」で「商品」を「注文」してくれると、「あなた」と「友達」の双方に、「割引クーポン」が送られるモノです。 お友達紹介コードで貰える「割引クーポン」 「お友達紹介クーポン」 適用条件 あなた お友達 あなたの招待コードから友達が「UberEats」に登録する 0円 1000円割引(初回・2回目) あなたの招待コードから友達が登録し、初回注文が完了する 1200円割引 0円 紹介された「お友達」は、「招待コード」を入力して、「UberEats(ウーバーイーツ)」に登録するだけで、「UberEats(ウーバーイーツ)」内で使用できる「1000円割引」のクーポンが獲得できます。 しかも、その後、「招待コード」で「UberEats(ウーバーイーツ)」に登録した「友達」が、「UberEats(ウーバーイーツ)」で初めての注文を完了させると、「お友達紹介クーポンコード」を紹介した「あなた」に、「1200円割引」のクーポンが付与されます。 ウーバーイーツ UberEats プロモーションコード送り方 では、実際に「UberEats(ウーバーイーツ)」の「お友達紹介コードの送り方」と「お友達紹介コード(プロモーションコード)の使い方」について、解説していきたいと思います。 紹介したい人向け「プロモコードの送り方」 あなたが招待した友達が、あなたの「招待コード」を利用して、「UberEats(ウーバーイーツ)」に登録をして、初回の注文を完了させると、あなたにも「UberEats(ウーバーイーツ)」で使える「1200円割引のクーポン」が付与されます。 自分が所有している「UberEats(ウーバーイーツ)」の「プロモーションコード(クーポンコード)」の内容を確認したい時は、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「アプリ」を起動させて、画面の下にある「人型アイコン」をタップして、続けて「プロモーション」という項目をタップしてください。 「プロモーション」をタップすると、現在「UberEats(ウーバーイーツ)」で、あなたが所有している「クーポンの一覧」「割引内容」「使用期限」などの詳細を、確認することが出来ます。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「プロモーションコード(クーポンコード)」には、それぞれ「有効期限」が決められていますので、有効期限が切れる前に、「UberEats(ウーバーイーツ)」内で、商品を購入して、使用するようにしましょう。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「プロモーションコード(お友達紹介コード)」の「使い方」を、解説しました。 ウーバーイーツ UberEats 領収書の発行方法 「UberEats(ウーバーイーツ)」で「領収証」を貰う方法について、解説していきます。 「UberEats(ウーバーイーツ)」で文した「商品」の「領収書」は、「レストラン(飲食店)」からの発行ではなく、「UberEats(ウーバーイーツ)」から発行されます。 決して、「レストラン(飲食店)」から「領収書」が発行されるわけではないので、その点は注意してください。 「UberEats(ウーバーイーツ)」で「商品」を頼んで「領収書」が欲しい人は、商品の配達が完了すると、「会員登録」時に登録した「メールアドレス」宛てに、自動的に「UberEats(ウーバーイーツ)」から「領収書メール」が届きます。 必要であれば、その「領収書メール」を印刷して経理に出すなどの方法で、使用してください。 また、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「領収書」に関しては、「メール」以外にも、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「アプリ」からでも確認をすることが出来ます。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「アプリ」を起動して、画面下にある「レシート」アイコンをタップして表示された画面の「以前のご注文」という「タブ」から、「過去の注文履歴」と「領収書」を確認することが出来ますので、「領収書」が欲しい人は、そこもチェックしてみてください。 ウーバーイーツ UberEats 配達パートナー 配達員 登録方法 「UberEats(ウーバーイーツ)」で「商品」を「注文」した場合の「流れ」は、上記のような「流れ」となります 「配達パートナー」とは 「自転車」や「原付バイク」で「ユーザー(注文者)」の元に、料理をお届けするのが「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」です。 「配達パートナー」は「UberEats(ウーバーイーツ)」の「Uber Driverアプリ(ドライバー専用のアプリ)」を「オンライン」にするだけで、「好きな時に稼働でき」、「週単位で収入を得る」ことが可能です。 配達の「仕組み」 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア内」であれば、好きな場所で稼働することが出来ます。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「Uber Driverアプリ」を「オンライン」にすると、近くのレストランから「配達の依頼」が届きます。 レストランへ「商品」を取りに行き、料理を受け取り、アプリ上の地図に従って、注文者に料理をお届けすると、配達の仕事は完了です。 「時間帯」 「UberEats(ウーバーイーツ)」では、毎日、営業時間中の好きな時間で、「アプリを開いた時のみ」稼働することが可能です。 「UberEats(ウーバーイーツ)」上の、ピークタイム(繁忙時間)は、「午前11時から午後1時」の「ランチタイム」と、「午後6時から午後9時」の「ディナータイム」となります。 ウーバーイーツ UberEats 「配達パートナー」のメリット 「登録」が簡単 の後、身分証明書等を提出の上、「パートナーセンター」で「配達バッグ」を受け取ると、すぐに「UberEats(ウーバーイーツ)」で配達の仕事を開始することが可能になります。 「シフトのない自由な働き方」 「個人事業主」として、いつでもどこでも、ご自身の都合に合わせて、稼働することが出来ます。 「UberEats(ウーバーイーツ)」では、1時間だけでも、週末だけでも、もちろん毎日配達することも可能です。 「週単位での支払い」 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「インセンティブ報酬(配送料)」は、週単位で、登録した口座に振り込まれます。 「運動しながら収入を獲得、街の魅力を発見」 「UberEats(ウーバーイーツ)」では、「自転車」で配達すれば、運動しながら「収入を得る」ことが出来ます。 「UberEats(ウーバーイーツ)」で稼働すると、普段行かない場所や、レストランを訪れる機会も多く、きっと新たな発見があるでしょう。 ウーバーイーツ UberEats 「インセンティブ(報酬)」 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」は、「ユーザー(注文者)」の元へ料理を配達することで、 「インセンティブ報酬(配送料)」を得ることができます。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー (例:東京・埼玉・千葉で配達を行った場合)」への「インセンティブ報酬(配送料)」は、以下のように計算されます。 また、1軒のレストランから、配達先2ヶ所(配送距離 各1km,1. (a)受け取り料金:265 円 「受け取り料金」は「レストランで商品を受け取った際に発生」します。 「配達先が2ヶ所ある場合」でも、「受け取り場所(レストランなど)」が、1ヶ所だった場合には、「受け取りは1回としてカウント」されます。 (b)受け渡し料金:125 円 「受け渡し料金」は、「注文者に商品を渡した際に発生」します。 「配達先が2ヶ所ある場合」には、「2ヶ所分の受け渡し料金が発生」します。 「複数の配達先があった場合」には、「合計の距離の分が計算対象」となります。 配送する「曜日」「時間」「地域」によって、異なる倍率が設定されています。 例えば、「平日の午前11時~午後1時」の「エリアA」における「ブースト倍率」が「1. 最新の情報については、「アプリ内」、「ホーム画面」のカードを確認してください。 今後、キャンペーンが実施される際は、別途、案内が届きます。 サービスエリアごとに「基本料金」と「サービス手数料」が異なります。 自分が稼働したいエリアの「基本料金」と「サービス手数料」を「配達パートナーガイド」で、確認しておいてください。 既に変更されている条件がある場合もありますので、最新の情報は「配達パートナーガイド」にて、ご確認ください。 「支払サイクル」について 「UberEats(ウーバーイーツ)」では、 「月曜日の午前4時」を「締め日」として、原則「1週間に1度」、支払い処理が行われます。 対象となる「インセンティブ(報酬)」がある場合は、明細を確認できるようになるタイミングで、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「アプリ」もしくは「明細」から、「支払い金額」などを確認することが出来ます。 ウーバーイーツ UberEats 「配達パートナー」は個人事業主 このように「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」は、「ユーザー」の元へ料理を届けることで、「インセンティブ報酬(配送料)」を貰えるのですが、「配達パートナー」と「」の間には、実は 「雇用関係はありません」。 ( ここが重要な点です) 「配達パートナー」と 「UberEats(ウーバーイーツ)」間には、「雇用関係がありません」ので、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」として働き始めると、時間の制限やシフトもなく、スキマ時間を活用し、好きなエリアで稼働できる、まったく新しい、自由な働き方を体験することが出来ます。 ただし、(個人事業主なので当たり前ですが)配送中の事故やトラブルなどは、すべて自己責任です。 「UberEats(ウーバーイーツ)の配達パートナー登録サイト」の 「右上にあるフォーム」に、 「メールアドレス」「名(ローマ字)」「姓(ローマ字)」「電話番号」「パスワード」「都市」「招待コード(任意)」を入力し、「次へ」をクリックしてください。 車両選択の画面が表示されたら、UberEats(ウーバーイーツ)の登録サイトにて、 「使用したい車両を選択」してください。 「」は、UberEats(ウーバーイーツ)に登録されていれば 「レンタルした車両」でも構いません。 または「レンタル車両」が利用できます (3)軽自動車またはバイク(125cc超)・事業用車両のみ ・125cc 超のバイク、または軽自動車は利用できます ・車両は事業用登録されている必要があります。 125cc 超のバイクの場合は、「緑色のナンバープレート」、軽自動車の場合は「黒色のナンバープレート」のついた車両のみ、利用できます ・日本では、「自家用車での配達は許可されていません」。 自家用車「白色のナンバープレート」のついた車両は利用できません。 また、日本では「自家用車での配達は許可されていません」ので、ご注意ください。 事前に確認しておきましょう。 ) 登録用のプロフィール写真 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「登録用」の「プロフィール写真」は、「UberEats(ウーバーイーツ)」の各種アプリや、メール等でも使用されます。 車両登録用の書類 (1)自転車の場合 ・公的機関が発行する、「有効期限内の顔写真付き身分証明書(表面)の写真」をアップロードしてください。 「パスポート」「運転免許証」「マイナンバーカード」「住民基本台帳カード」のいずれかが対象となります。 外国籍の方の追加必要書類(外国籍の方のみ) 外国籍の方は、「パスポート」または「在留カード」の、いずれかの写真をアップロードしてください。 登録に必要な書類のアップロード方法• 「オンライン」で「アカウント登録」を開始する• 「パートナーセンター」で「アカウントを有効化」する お近くの「パートナーセンター」で「アカウントを有効化」する 次に「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナーとして登録」した後の、 「アカウントを有効化」するまでの方法を解説しています。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー登録」は、 「オンラインでアカウント登録を開始するステップ」と 「パートナーセンターでアカウントを有効化するステップ」の2つに分けられます。 前回までの作業で、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」として稼働するための、最初のステップである「配達パートナーとしてのオンライン登録」が、完了しましたので、次は、お近くの 「パートナーセンター」へ行き、登録した 「アカウントの有効化」を進めていきましょう。 「UberEatsの仕組み」の説明• 「UberEats 配達パートナーの業務形態や仕事内容」の説明• 「コミュニティガイドライン」の説明• 「配達パートナーの配送料金」についての説明• 「登録に必要な書類や写真」の確認• 「Uber Driver アプリの使い方」についての説明• 「配達用バッグ」の受け渡し• 「配達用バッグの使い方」の説明• 「配達用バッグのデポジット」についての説明• 「紹介キャンペーン内容」の確認• 「アカウントの有効化」• 「Uber Driver アプリ」の確認• これが終われば「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」として、「お仕事」が出来ますので、あと少し、頑張りましょう。 パートナーセンターで「アカウントを有効化」し、「配達用バッグ」を受け取ったら、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナーの登録」が完了します。 「パートナーセンター」で「アカウントを有効化」させる 残り全ての「登録手続き」は、 お近くの「パートナーセンター」で行います。 「登録を完了」させるためには、「パートナーセンター」へ行き、自分の 「配達パートナーアカウント」を 「有効化」しましょう。 「パートナーセンター」へ行くための 「予約は不要」です。 この後に紹介する 「」を持参して、 「営業日&営業時間内」に、 お近くのパートナーセンターへ行ってください。 「パートナーセンター」へ到着しましたら、「UberEats(ウーバーイーツ)」のスタッフの人が、対面で対応してくれます。 登録が完了しましたら、すぐにでも「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達」を開始することができますよ。 また、パートナーセンターへ行く前に、「パートナーセンター」の「場所」と「営業日」「営業時間」は、事前に確認しておきましょう。 パートナーセンターの、営業日と営業時間は、予告なく変更になる可能性がありますので、念の為、下のリンクから、「UberEats(ウーバーイーツ)」の最新情報を確認しておいてくださいね。 配達に使う 「スマートフォン」• SMSの受け取りや発着信可能な 「電話番号」• 「銀行口座情報(銀行のキャッシュカード)」• その他 「登録に必要な書類」 それでは、上記の「必要な持ち物」について、1つずつ説明していきます。 (1)配達に使うスマートフォン ・配達に使用する「Uber Driver アプリ」がスマートフォンで正しく動作するかの、確認があるため、「配達に使うスマートフォン」に「Uber Driver アプリ」をインストールして持って行ってください。 また、この「動作の確認」が完了しないと、「アカウントが有効化」されませんので、注意してください。 長年使用している「端末」や「格安SIM」「格安スマホ」などは、配達時の配達完了ができない問題も多く報告されているようです。 (「パートナーセンター」では、Appleの「i Phone」が推奨されています) (2)SMSの受け取りや発着信可能な電話番号 ・「配達パートナー」の仕事には、スマートフォン上での「SMSの受け取り」や「電話の発着信ができる電話番号」が必要です。 準備した上でパートナーセンターに行くようにしてください。 銀行口座のトラブル回避のために、正しく銀行口座が登録されているかを、パートナーセンターで確認します。 そのため、登録した銀行口座のキャッシュカード(銀行口座情報)を、忘れずに持っていくようにしてください。 しかし、一部、銀行で、海外口座からの振込に対するセキュリティが厳しく、振込がされないケースが報告されているようです。 海外からの振込に対するトラブルの多い銀行は、パートナーセンターで直接聞くことが出来ます。 また、比較的、トラブルの少ない銀行(三菱UFJ銀行・三井住友銀行)の口座を持っている人は、そちらのキャッシュカードで登録することが、おすすめです。 (4)その他「登録に必要な書類」 ・登録書類のアップロードや、内容に不備があった場合は、「登録に必要な書類」が、再度、必要になりますので、必ず、念のために持っていくようにしてください。 UberEats「コミュニティガイドライン」を理解する 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「コミュニティガイドライン」は、すべてのユーザー(配達パートナー、レストランパートナー、注文者)が、快くサービスを利用するための「ガイドライン」です。 ユーザーの「UberEats(ウーバーイーツ)」への「アクセス停止措置」に繋がる可能性のある「行動の事例」や「評価の仕組み」についての記載がありますので、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」の仕事をする前に、必ず、一度、読んでおいてください。 「評価」の仕組みを理解する 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」が、配達を完了するたびに、「レストランパートナー」と「注文者」は、「配達の体験を評価する」ことが出来ます。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」も、「レストランパートナー」からの「商品の受け取り」および、「商品の受け渡し」体験について「評価する」ことが出来ます。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」は「Uber Driver アプリ」の【評価】タブにて、自分の最新の「評価」を確認することが出来ます。 配達パートナーに対する評価の算出方法• 配達パートナーに対する配達評価は、直近100件の評価が占める割合に基づいて算出されます• 評価は「レストランパートナー」または「注文者」が行います• 配達パートナーは、10件以上の評価を受けると、配達評価を確認できるようになります• 配達評価は、アプリの「プロフィール」から確認できます ゴールドパートナー認定を目指そう! 「UberEats(ウーバーイーツ)」では、「配達回数」「評価」などに基づき、「実績の高い配達パートナー(配達員)」を「ゴールドパートナー」として認定し、「ゴールドパートナー」限定の「特典」を、用意してくれています。 「ゴールドパートナー」の「特典」は、どれも素晴らしいモノばかりですので、「配達回数」をこなし、「ユーザー」や「レストランパートナー」からの評価も高め、「ゴールドパートナー」を、目指しましょう。 ゴールドパートナー限定の特典• 「キャンペーンの優先案内」:配達パートナー向けのイベントやキャンペーンの案内を優先的に受けられます• 「UberEatsプロモーションコード」:ウーバーイーツでの注文で利用できる割引クーポンコードが、更新時に貰えます• 「レストラン優待」:UberEats(ウーバーイーツ)のレストランパートナーからの割引など、特別な優待を受けることが出来ます。 一般的な「配達パートナー(配達員)」が「ゴールドパートナー」になるためには、4半期(3ヵ月)ごとの「配達実績」に基づいて、1年に4回の更新で、以下の条件を全て、クリアしなければなりません。 以下の4項目が、選定基準となりますので、確認をしておいてください。 ゴールドパートナーになる条件• 過去3ヵ月間の合計配達回数が「500回以上」であること• 過去3ヵ月間に、料理のピックアップ後に、自己都合でキャンセルをした回数が「5回以内」であること• この「アイコン」は、「注文者」および「レストランパートナー」が使用している「アプリ」にも表示され、あなたが「ゴールドパートナー」であるかどうかを、知らせてくれるようになります。 レストラン優待の利用方法• 登録した車両とは、違う車両で配達した• アカウントの複数所有や、他人のアカウントの使用など、「アカウント」を不正利用した• 自分が注文した商品を、自分で自分に配達した• 配達距離を稼ぐために、わざと「遠回り」をし、不正に配達距離を稼いだ• 過度な配達のキャンセルをした• 注文者の「プライバシー侵害」に接触するような行為をした• 「コミュニティガイドライン」に接触する行為をした• Uber社員やスタッフに対する不適切な態度や発言をした• Uberと関連した建物や所有物に損害を与えた• その他「技術的サービス規約」に接触する行為をした• 配達パートナーが心がける「マナー」 「レストランパートナー」や「注文者」からの高評価を受けるために、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」にも、高いプロ意識が求められます。 心がける「マナー」3選• 清潔感• コミュニケーション• 料理の扱い方 清潔感 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」が入るエリアは「レストラン店舗」や「オフィスエリア」などが、含まれます。 また、レストランによっては、厨房などの食品を扱っているエリアに、直接入る可能性もありますので、レストラン側や、注文者の期待に応えるような、綺麗で清潔な服装を心がける必要があります。 また「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」が運ぶのは、食品です。 注文者が懸念なく、受け取った食品を食べれるように、「配達用バッグ」や「車両」の、小まめな清掃を心がけましょう。 常に、注文者やレストランパートナーの視点に立ち、清潔で安心感を与えられるよう、気を付けましょう。 コミュニケーション 「配達リクエスト」を受けた後に 「Uber Driver アプリ」の 「レストランからの注意事項」に、 「レストランに入店する際の指示」が記載されている場合があります。 レストランに入店する前に、しっかり読み、指示に従うようにしましょう。 また、同じく「注文者」への配達が始まったら、注文者が記載した 「配達に関する注意事項」が、アプリに表示されますので、注文者に配達する前に、しっかりと読み、指示に従いましょう。 食品の扱い方 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」が運ぶ食品は、レストランパートナーと注文者にとって、とても大切なお料理です。 料理を丁寧に扱い、こぼれないように安定した配達を行いましょう。 レストランパートナーや注文者から、料理を配達中にも、床に置いたりしないで欲しいという、現場の声が、非常に多くなっているようなので、お料理が「配達バッグ」の中に入っていたとしても、絶対に床に置くことは避けましょう。 「配達パートナー」の「保険と補償制度」 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」には、以下の2つの「保険」が適用されます。 日本の「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に対しては、配達中の「対人・対物事故」と「配達パートナー自身の傷害補償制度」が提供されています。 「対人・対物賠償責任の保険(相手に対するケガや損害)」• 「事故による傷害補償制度(本人のケガ)」 どちらも「三井住友海上火災保険株式会社」と「UberEats(ウーバーイーツ)」が結んでいる契約している民間の保険です。 配達の仕事で、自転車・原付バイク・バイク・軽自動車を利用する「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が、配達リクエストを受けた時点から、配達が完了、またはキャンセルするまでの間に生じた事故に対して、適用されます。 上記の「保険」を利用したい場合の、「事前申し込み」や「追加料金の支払い」などは、まったく必要ありません。 万が一、配達の仕事中に、事故にあってしまった場合は、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「サポートセンター」に連絡すると、「専任チーム」が、対応してくれます。 配達バッグの「デポジット」と「使い方」 「アカウントの有効化」完了後、全ての配達パートナーは「パートナーセンター」で 「」を貰うのですが、この 「配達用バッグ」の 「デポジット代(預り金)」として、後日、 「4,000円」を支払うことになっています。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」の仕事を辞める場合に、「配達用バッグ」を「パートナーセンター」へ返却すると 「デポジットは返金されます」ので、ご安心ください。 UberEatsの営業時間を理解する UberEats(ウーバーイーツ)にも、営業時間があり、 毎日 9:00~24:00(神奈川県内のサービスエリアのみ毎日 10:00~23:00)の時間帯で営業しています。 「営業時間」とは、「注文者が、UberEatsを使って、店舗に注文をすることが出来る時間帯」です。 UberEats上での営業時間を確認したい場合は、「UberEatsの注文者アプリ」で確認してください) 「飲食店」独自の「注文可能時間」を確認する方法 「UberEats(ウーバーイーツ)」の営業時間とは別の、「飲食店(店舗)」が独自に設定している「注文可能時間」を確認したい場合は、「注文者アプリ」から、確認したい「レストランのサムネイル」をタップして、レストランの詳細情報画面を表示させてください。 「レストラン(店舗)」の詳細ページが表示されたら、次は「レストラン情報」にある「詳細情報」を、続けてタップしてください。 スマートフォン・スタンド(車両に備え付けるタイプ)• スマートフォン・ストラップ(首からかけるタイプ)• スマートフォン・ケース(腕などに装着するタイプ)• スマートフォン用の予備バッテリー(1個あれば、安心です)• 飲料水(水分補給)• タオル(突然の雨、汗対策に)• レインコート(突然の雨に)• 配達用バッグの中のお料理を固定する為のアイテム(タオル・サバイバルシート・エマージェンシーブランケット・詰め物・段ボールの仕切り・カップスタンド・テープ・予備の保冷バッグ)• 配達用バッグに入れるお料理の温度を保つためのアイテム(保冷剤・カイロ・サバイバルシート・エマージェンシーブランケット)• 自転車を守る「チェーンロック」 「現金払い設定」の「配達リクエスト」を受信する方法 「ユーザー(注文者)」側が、「支払い方法」を「現金払い設定」にしている場合には、「配達パートナー(配達員)」も「現金払い設定」を許可していないと、「現金払いのユーザー(注文者)」からの「配達リクエスト」が、初期設定では、届かない状況となってしまっています。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が、「現金払い」の「ユーザー(注文者)」の「注文」も取り込みたい場合、「配達パートナー(配達員)」側でも「設定を変更」して、「現金支払い」の「ユーザー(注文者)」からの「配達リクエスト」も届くようにしましょう。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「支払い方法」に「現金払い」が追加されてから、「現金払い」で注文をする「ユーザー(注文者)」は、かなり増えてきましたので、「配達パートナー(配達員)」側でも、「現金払い」のお客さんの配達を積極的に行っていくことで、配達回数も増えて、稼げる報酬額も、増えていくことが予想されます。 「現金払いの配達リクエスト」には、「お釣り」を自分で用意しておかなければならないという、面倒くささもありますが、それ以上に「稼げる金額が増える」という、大きな「メリット」もありますので、是非、積極的に「現金払い設定」を「オン」にして、「現金払いのユーザー」の「配達」も、取り込んでいきましょう。 「配達パートナー」現金払い設定を許可する方法 「」の「配達パートナー(配達員)」が「現金払い設定」の「配達リクエスト」を許可する方法を、説明します。 ウーバーイーツ UberEats 「配達パートナー」現金払い設定• 「Uber Driverアプリ」を起動する• 「メニュー」から「アカウント」をタップする• 「お支払い」をタップする• 「お支払い方法を追加」をタップする• 「自分のカード情報」を入力する• 「カード情報の入力」が終わった後、「2営業日」ほど待つ• 「Uber Driverアプリ」を起動させ、トップ画面右下に新たに表示される「設定ボタン」をタップする• もう1度、画面右下に表示される「設定ボタン」をタップする• 「Uber Driverアプリ」を起動したら「メニュー」から「アカウント」をタップして、「アカウント画面」の「お支払い」を、続けてタップしてください。 「お支払い」をタップすると「お支払い画面」が表示されますので、続けて「お支払い方法の追加」をタップしてください。 「お支払い方法の追加」をタップすると、「カード情報」の入力画面が表示されますので、ご自身の「クレジットカード」または「デビットカード」の「カード情報」を入力してください。 この「カード情報」を入力しないと、「現金払い設定」の「配達リクエスト」を受け付けることが出来ませんので、必ず「カード情報」を入力するようにしてください。 「カード情報」の入力が終わった後は、そのまま「2営業日ほど」待ちます。 「カード情報」を「Uber Driverアプリ」に入力して、2営業日ほど経過したら、再び「Uber Driverアプリ」を起動させてください。 「Uber Driverアプリ」を起動させると、トップ画面右下に、新たに「設定ボタン」が表示されていれば、OKです。 その「設定ボタン」をタップしてください。 「設定ボタン」をタップすると「乗車の予定表画面」が表示されますので、さらに画面右下にある「設定ボタン」を、もう1度タップしてください。 上記の「手順」で、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」側でも、「現金払い」の「配達リクエスト」が届くようになります。 注意 「現金払い」を許可した「配達パートナー(配達員)」は、自分でお釣りを支払っていきますので、「お釣り」を用意しておく必要があります。 「現金払い設定」を「オン」にした「配達パートナー(配達員)」は、配達の仕事の前に、毎回「釣り銭(お釣り)」を、忘れずに用意するようにしてください。 ウーバーイーツ UberEats 「配達パートナー」ピンずれ対策 「Uber Driver アプリ」のみだと、 「アプリ上の配達先のピンの位置」と「実際の届け先」がズレていることが良くあります。 これを 「ピンずれ」と呼びます。 もちろん、「Googleマップ」でも、時々「ピンずれ」は発生するのですが、「Uber Driver アプリ」からボタン1つで「Googleマップ」に切り替えて、両方で確認できるので、配達時間短縮のためにも「Googleマップ」も、必ずスマホにインストールしておきましょう。 また、配達パートナーであっても、「UberEats(ウーバーイーツ)注文者用アプリ」は、ダウンロードしておくことをおススメしています。 後は、 「UberEatsの注文者専用アプリ」に、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」として、「働きたいエリアの住所を入力する」ことで、自分が配達したいと考えている「エリア」に、「UberEats(ウーバーイーツ)」と提携しているレストランがどのくらいあるのか、大まかな数字や、レストランの特徴を、事前に把握することが出来ます。 また、機会があれば、配達パートナーとして稼働する前に、注文者としても、「UberEats(ウーバーイーツ)」に登録し、一度、実際のサービスを利用してみることも、おススメです。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の利用者として、サービスを利用してみることで、「UberEats(ウーバーイーツ)」のサービスが、どういったものなのか、より理解を深めることに繋がります。 初回の配達前に感じる「不安やドキドキ」も、緩和されるかもしれません。 まだ「UberEats(ウーバーイーツ)」を使ったことがない人は、是非、一度、「ユーザー(注文者)」として、お料理を注文してみてください。 まだ「UberEats」で注文したことがない初回注文者限定 「UberEats(ウーバーイーツ)」を利用したい人は、「ユーザー登録」が必須になります。 これから、サービスを利用したい側で、まずは「ユーザー登録」をしてください。 「UberEats 自転車向け保険」 「UberEats(ウーバーイーツ)」では、日本における 「自転車・原付バイク・軽自動車」を利用する「UberEats 配達パートナー」に対して、 配達中の「対人・対物事故」の「補償(保険)」と 、配達中の本人が、事故によりケガをしてしまった場合の「傷害補償制度(保険)」の、2つの 「配達パートナー向け保険」を用意してくれています。 UberEats配達パートナー向け「対人・対物保険」 この保険は、Uber(ウーバー)が、日本国内の民間保険会社(三井住友海上火災保険)と契約を結んでいる「傷害保険(上限あり)」となります。 「自転車・原付バイク・軽自動車」を利用する「UberEats 配達パートナー」が、「配達リクエスト」を受けた時点から「配達が完了する」までの間に、生じた事故に対して適用されます。 また、この保険に関する「事前申し込み」や「追加料金の支払い」はなく、配達中の事故にあった時に、「サポートセンター」まで、連絡をするだけで、事故の報告を受けた「専任チーム」が対応してくれます。 内容としては「25万円を上限とした医療見舞金」「1000万円の一時金と100万円の葬式費用を上限とした死亡見舞金・葬式費用」「最大1000万円の一時金の後遺障害見舞金」「30日を上限として1日あたり7500円の見舞金が受けられる入院に伴う見舞金」「不幸にも配偶者が死亡した場合に、その配偶者や扶養家族者(18歳以下)に1人あたり15万円の見舞金(最大3人)」などが受け取れます。 ウーバーイーツ UberEats 「配達」の仕事を始める 「」の「配達の仕事」の流れは、以下の通りとなります。 「UberEats(ウーバーイーツ)」配達の仕事の流れ• お店の人に「UberEats」であることを伝える。 元気に挨拶する。 商品を受け取る際、間違いがないかを、注文番号を使って確認する• 商品を、丁寧に配達バッグの中に入れ、配達中に「ぐちゃぐちゃ」にならないように、中でしっかりと固定する• ピックアップの体験を評価する 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は「対人・対物賠償責任の保険」と「配達パートナー自身の傷害補償制度」が用意されていますので、万が一、配達の仕事中に事故にあってしまった人は、すぐに「警察」と「UberEats(ウーバーイーツ)」の「サポートセンター」に連絡するようにしましょう。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「サポートセンター」に連絡をすると、「専任チーム」が保険の処理などを、対応してくれます。 注文者に指示された場所から、注文者に電話をかける• 注文者が電話に出ない場合は、アプリから「電話したことをお客様に通知しますか?」を選択し、通知を行う• 「Uber Driverアプリ」上で「10分のカウントダウンタイマー」が作動するので、待っている10分の間に、追加で、最低2回、注文者に電話をかける。 (可能であれば、さらに追加でメッセージも送信する)• また規程の配送料(配達が完了した時に支払われる額と同等額)が支払われます。 預かっている注文品は、迷惑にならないように、自分で破棄をしてください。 今いる場所が、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア内」でない場合は、サービスエリア内に移動するようにしましょう。 さらに、「サービスエリア内」の「配達需要の高いエリア」にいると、「配達リクエスト」を受ける確率が高まります。 また、マップ(地図)に「ブースト・マーク」が付いている場合は「Uber Driver アプリ」を開くだけで、オンラインにならなくても、「ブースト」のあるエリアを見ることが出来ます。 ブーストがあるエリアは、需要の高いエリアになりますので、、積極的に行くようにしましょう。 「オンライン」(配達リクエストを受け付ける状態)にするには、画面下部にある、青い丸の「出発」ボタンをタップしてください。 「出発」ボタンをタップすると、「オフライン」から「オンライン」へと変更になります。 「配達リクエスト」が、なかなか来ない場合は、配達需要の少ないエリアにいるのかもしれませんので、需要の高そうなエリアに移動するようにしましょう 「出発」ボタンをタップすると、「出発」ボタンが消え、画面下部に「オンラインです」と、文字が表示されます。 このオンライン状態でいると、配達リクエストが届くようになります。 「配達リクエスト」が来ると、「Uber Driver アプリ」の音が鳴り、「黒いカード」が、画面下部に現れます。 「配達リクエストを受ける」には、「Uber Driver アプリ」の「黒いカード部分をタップ」します。 「配達リクエスト」を拒否する場合は、「Uber Driver アプリ」の画面を触らずに、「黒いカードが消えるまで、そのままにしておく」か、左上に現れる「拒否する」というボタンを、タップしましょう。 配達リクエストを受けると、「Uber Driver アプリ」上に、最初の目的地となる「レストランの住所(画面上にある黒い四角内)と、地図が画面上に表示されます。 画面下部に表示されるレストラン名をタップすると、「レストランと配達に関する詳細情報」が表示されます。 詳細情報の画面では、「レストランの住所」「レストランからの注意事項」「注文品」「注文番号」を、確認することが出来ます。 「注文品」は、「注文品を集荷」のセクションに表示される「盾に黒い丸が3つ並んでいるアイコン」をタップすると、見ることが出来ます。 また、レストラン名の横になる「電話マーク」をタップすると、レストランに直接、電話をかけることが出来ます。 最初の画面の右下にある 「ナビ」ボタンをタップすると、「Googleマップ」に切り替わります。 Googleマップ上で案内が開始されますので、レストランに向かってください。 レストランに入る前に、「Uber Driver アプリ」上で 「レストランからの注意事項」を、必ず確認するようにしてください。 入店する際に、どこから入店して欲しいか?(たいていは裏口)、店内のどこで商品をピックアップして欲しいか?配達用バッグを店内に持って入っても良いかどうか?など、店内ルールが書いてあります。 お店の近くまで来たら、迷惑にならない場所へ、車両を停めて、レストランへ向かってください。 レストランに到着したら、レストランに入店し、UberEats注文品の受け取り場所まで行きましょう。 「Uber Driver アプリ」上の 「レストランからの注意事項」セクションに、 入店方法や、 受け取り場所についての指示が書いてありますので、必ず確認してから、入店しましょう。 レストランに入店したら、大きな声で 「ウーバーイーツです!」と、レストランの方に挨拶しましょう。 レストランパートナーに、ピックアップに来た注文品の 「注文番号」を伝えましょう。 「注文番号」は、「Uber Driver アプリ」上で確認できます。 もし、まだ、料理が完成していない場合は、レストラン側が指示した場所で待機してください。 料理の準備が出来たら、レストランパートナーから、注文品を受け取ってください。 その際に、必ず、注文品の注文番号を、再度、確認しましょう。 注文内容と、手渡された料理との内容に、相違がないかを可能な限り、確認してください。 注文品を受け取ったら、配達用バッグに詰めましょう。 ある「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」さんの「配達バッグ」の中の写真です。 配達中に、注文品が動かないように、段ボールなどを使い、仕切り版を作ったり、大きなスポンジをカットして、「配達バッグ」の中の空間を埋めるよう、いろいろと工夫されています。 注文品をバッグに詰めたら「注文品を集荷」の下にあるボックスをタップして、 「チェックマーク」を入れましょう。 ボックスをタップすると、注文品を受け取ったという印の「チェックマーク」が表示されます。 続いて、レストランでのピックアップ体験を評価します。 「ピックアップはいかがでしたか?」というセクションに「サムズアップ(親指上のマーク)」と「サムズダウン(親指下のマーク)」が表示されますので、問題がなければ「サムズアップ」を選択しましょう。 画面に下に表示されている 緑色の「配達を開始する」ボタンを、「左から右にスワイプする」と、注文品の集荷が完了し、注文者への配達が開始されます。 配達を開始すると、レストランへ向かう時と同じように、地図が表示されます。 また、画面上部には、注文者がいる場所の住所が表示されます。 画面下部には「(注文者名)への配達に向かっています」と表示されています。 ここをタップすると、「注文者のいる場所の詳細」が表示されます。 「お客様からの注意事項」には、「配達に関する注意事項」が記載されています。 例えば、「家に着いたらインターホンを鳴らさないで、ドアをノックしてください」などと、配達時の注意書きが、書いてありますので、しっかりと読み、指示に従って、配達を行ってください。 また、注文者名の右横にある「電話アイコン」をタップすると、注文者にメッセージを送ったり、電話をかける事が出来ます。 全画面の「電話アイコン」をタップすると、このような画面が出てきます。 注文者の右横にある「電話アイコン」をタップすると、電話をかけることが出来ます。 キーボードの上部にある「メッセージを入力してください」という欄に、注文者へのメッセージを入力し、送信すると、メッセージが注文者に送信されます。 最初の画面右下にある「ナビ」ボタンをタップすると、「Googleマップ」に切り替わります。 「Googleマップ」上で、注文者の指定した住所への案内が始まりますので、目的地に向かってください。 注文者の指定した場所が近くなってきたら、「Googleマップ」から「Uber Driver アプリ」に切り替えて、その場所に向かいましょう。 地図上の赤いピンが立っている場所が、目的地です。 マンションやビルの場合、入り口がどこにあるかを把握してから、行動するようにしましょう。 注文者の元へ行く前に、アプリ上の「お客様からの注意事項」をよく読み、注文者からの配達指示を理解しましょう。 「お客様からの注意事項」を見る方法は、地図が表示されている画面下部にある「(注文者名)へ配達に向かっています」をタップした時に、表示されるウィンドウから、確認することが出来ます。 注文者に会ったら「UberEatsです。 配達に来ました」と、聞こえる声で、しっかりと挨拶をしましょう。 また、注文者に注文品をお渡しする際に「お待たせしました」など、相手を思いやったコミュニケーションを取ると、より良いでしょう。 注文品を手渡したら、注文者への配達の体験を評価しましょう。 評価が終わったら、画面下部にある、青い「配達済み」というアイコンを、左から右にスワイプして「配達完了」になります。 配達をキャンセルする場合 配達リクエストを受けた後に、止むを得ず配達をキャンセルする場合は、以下の手順と流れに沿って、配達のキャンセルを行ってください。 商品をピックアップする前のキャンセル方法• 配達をキャンセルすると「キャンセル率」が高まり、過度に配達のキャンセルを行うと、アカウント停止措置が取られる確率が高まっていきます。 配達パートナーのキャンセル率が、各都市の平均値よりも、はるかに高い場合は、警告が届き、アプリから強制的にログアウトさせられることがあります。 キャンセル率が最高限度を超え続ける場合、対象となる「配達パートナー」は、アカウント停止措置が取られて、配達の仕事が出来なくなります。 配達パートナーが、引き受けた配達をキャンセルした場合、レストランパートナーと注文者の、双方の評価が下がります。 キャンセルが、止むを得ない場合もありますが、キャンセルは最低限に留めるようにしてください。 「キャンセル」とは、「配達リクエスト」を受け付けた後、配達をキャンセルした時のことを指します。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」の「キャンセル率」は、「配達パートナーが受けた配達の合計数」のうち、「キャンセルした配達数」に基づきます。 ウーバーイーツ UberEats 「配達員」の配達やり方とコツ ウーバーイーツの配達依頼が最も多い時間帯は? あくまで、個人的な見解となりますが、「」の「配達パートナー(配達員)」をやってみて、「雨の日」と「晴れの日」で「配達依頼が多い時間帯」を、表にしてみました。 「晴れの日」と「雨の日」の時間帯の違い 配達依頼が多い時間帯 天気 11時~14時(ランチタイム) 晴れの日・雨の日(注文が多い) 18時~21時(ディナータイム) 晴れの日・雨の日(注文が多い) 15時~18時 雨の日(注文が多い) 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として稼働する「エリア(配達可能地域)」や、その時の状況が異なるので、一概には言えませんが、やはり「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として働く上では「ランチタイム」と「ディナータイム」は、外せません。 「ランチタイム」や「ディナータイム」では、「晴れの日」や「雨の日」関係なく、配達回数も多くなり、「クエスト(配達回数インセンティブ)」や「ブースト(倍率インセンティブ)」が掛かりやすくなるので、効率良く稼ぎたい人は、この「時間帯」の「配達」を頑張った方が良いと思います。 「平日」と「土日祝日」の時間帯の違い 配達依頼が多い時間帯 平日 土日祝日 9時~10時(早朝・モーニング) 比較的少ない 比較的多い 11時~14時(昼・ランチタイム) 多い 比較的多い 18時~21時(夜・ディナータイム) 多い 多い 22時~24時(深夜・夜食) 比較的多い 比較的多い 上記の表も、あくまで個人的な見解で、今度は「平日」と「土日祝日」の「配達依頼が多い時間帯」を、比較してみました。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、「フルタイム」で稼働する人だけではなく、「会社員」の「副業」として「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として稼働する人も、やはり、「ランチタイム」と「ディナータイム」には、必ず「配達の仕事」を入れた方が良いです。 圧倒的に、稼ぐ効率が良いので、「ランチタイム」と「ディナータイム」は、1番の頑張り時となります。 後は、時間的に余裕がある人は、週末の22時~24時の「深夜の夜食タイム」と呼ばれる時間帯の「配達」は、ライバルが帰宅することで離脱して、「配達パートナー(配達員)」の「人手」が不足する時間帯となるにも関わらず、配達の需要は伸びたりするので、個人的には、この「深夜の夜食タイム」での配達も、おすすめしています。 インセンティブの発生を狙って稼ぐ方法 「」の「配達パートナー(配達員)」として効率良く稼ぐには、基本料金にプラスされる「インセンティブ(追加報酬)」を狙って、「配達エリア」「配達時間」「配達日」などを、決めていく必要があります。 基本的な「インセンティブ(追加報酬)」3つ• 「クエスト(配達回数インセンティブ)」• 「ブースト(倍率インセンティブ)」• 「オンライン時間インセンティブ」 「UberEats(ウーバーイーツ)」では、「インセンティブ(追加報酬)」が発生する条件が、公表されているわけではありませんので、あくまで実体験と憶測ではあるのですが、個人的見解で、「インセンティブ(追加報酬)」が付く確率が高い条件を、表にしてみました。 インセンティブの名前 内容 発生しやすい条件 クエスト(配達回数インセンティブ) ある決められた時間内に、一定の配達回数を達成すると、ボーナスを得ることが出来る「インセンティブ」のこと。 17時~22時までの間に配達を4回完了させると+400円、配達を12回完了させると+2,600円といった感じで、達成できた配達回数によって、貰えるボーナスが増える 「ランチタイム」や「ディナータイム」など、「配達依頼」の「数」が、多くなるエリア・時間帯 ブースト(倍率インセンティブ) 指定のエリアや、指定の時間で配達を完了させると、通常の配達報酬の1. 1倍~1. 2倍の報酬が貰える「インセンティブ」のこと。 「雨の日(悪天候の日)」「ランチタイム」「ディナータイム」「オープンしたばかりの新エリア」などで「配達パートナー」の「人手」が不足しているエリア・時間帯 オンライン時間インセンティブ ある決められた時間内に、配達で得た報酬が、「UberEats」が定めた「基準額」に満たなかった場合、基準額に満たなかった分の差額も、報酬として貰える「インセンティブ」のこと。 例えば、あるエリアで10時~11時の間に、基準額「2,000円」の「オンライン時間インセンティブ」が適用されていた時に、配達で実際に稼げたのが500円しかなかった場合、差額の1,500円も保証して貰えることが出来る 「配達パートナーが少ない時」「注文の数が少ないエリア」や「注文の数が少ない時間帯」など 上記のように、「」の「配達パートナー(配達員)」として稼ぎたい人は、「クレスト」「ブースト」「オンライン時間インセンティブ」という「3つの追加ボーナス」を、通常の配送報酬に絡めながら、効率良く稼いでいくことが重要なのです。 ウーバーイーツ UberEats レストランパートナー登録方法 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「レストランパートナーになりたい人」 ウーバーイーツ UberEats 「レストランパートナー」とは 「ユーザー」が「」で注文した料理を調理するのが「レストランパートナー」の役割となります。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「レストランパートナー」となるには、「UberEats(ウーバーイーツ)」のサイトから、「レストランパートナー」への「登録申請」を行い、「飲食店(店舗)情報」を、「UberEats(ウーバーイーツ)」に審査してもらう必要があります。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「審査」を通過して合格すると、「レストランパートナー」として、あなたの「飲食店(店舗)」の情報を、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「サイト」や「アプリ」に、掲載してもらうことが可能となります。 ウーバーイーツ UberEats 「飲食店(店舗)」登録方法 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「レストランパートナー」として、「飲食店(店舗)」を「サイト」や「アプリ」に掲載してもらうには、レストランパートナー専用の「申請フォーム」を入力して、「UberEats(ウーバーイーツ)」に「飲食店(店舗)情報」を、送信する必要があります。 「UberEats(ウーバーイーツ)」に「飲食店(店舗)情報」を送信した後は、「UberEats(ウーバーイーツ)」側の審査が終わるまで、少し待ちましょう。 「UberEats(ウーバーイーツ)」側の審査に合格すると、「UberEats(ウーバーイーツ)」側から「連絡」が来ます。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「サイト」や「アプリ」に掲載してもらうために、担当者の人に「導入方法」聞いたり、「掲載メニュー」を決定したり、「メニューの写真撮り」などを、していきます。 ウーバーイーツ UberEats 「飲食店(店舗)」手数料と費用 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「レストランパートナー」になる場合、「飲食店(店舗)」側が、最初に投資する「初期費用」は、一切いりません。 月額費用などの固定支出もありません。 あとは、「UberEats(ウーバーイーツ)」からの「注文」を受注するための「タブレット端末」を「店舗」に設置する必要があるのですが、「自前」の「タブレット端末」を持っている場合は、「0円」ですが、タブレットを持っていない場合は、「UberEats(ウーバーイーツ)」から「月額1,700円」でレンタルすることが出来ます。 あとは「料理」や「飲み物」を入れる「容器代」などの費用が必要です。 ちなみに、「テイクアウト」に必要な「容器」や「包装紙」は、以下のようなモノがあります。 自分の「お店」に必要なモノだけを購入して使用しましょう。 テイクアウトに必要な容器や包装紙• テイクアウト用の容器• スプーン• フォーク• ナプキン• 「正直、高いなァ」という、印象があるかもしれませんが、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「システム使用料」と「配達の仕事」をしてくれる「配達パートナー(配達員)」に支払う「インセンティブ報酬」も、この中に含まれていますので、致し方ない金額だな、と思います。 これは、もともとの「設定金額(上代)」や「原価率(下代)」などにもよりますが、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「レストランパートナー(加盟店)」が参考にしうる「原価率と利益率」の表の、簡単な一覧を作りましたので、もし、よければ参考にしてみてください。 お店の、売上全体の「5分の1」が「UberEats(ウーバーイーツ)」と契約してから出来た売上となっているので、売上的には、結構、助かっていると「オーナー」も言っていましたね。 このように、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「レストランパートナー」は、かかる「手数料」や「経費」の点から、「お店」で「商品」を購入する時の「店頭価格」よりも、「UberEats(ウーバーイーツ)」上の「掲載価格」を割高にしているお店もよくあります。 「マクドナルド(マック)」や「松屋」などの「チェーン店」も、店頭価格よりも「数十円」、「UberEats(ウーバーイーツ)」の掲載料金を、高くしていたりしますので、掲載価格の設定に迷ったら、「UberEats(ウーバーイーツ)」の注文者アプリをダウンロードして、既に掲載されている他店舗の「商品価格」を参考にし、値段を決定するようにしてください。 また、あなたのお店で、「原価率の高い食材」を使用しているメニューがある場合は、最初の価格設定を誤ると、販売すればするほど、赤字が重なっていくことになってしまいますので、最初に行われる「UberEats(ウーバーイーツ)」の「担当者」との顔合わせの時の「メニュー選び」で、お店側にも「利益」が残るように、「掲載する商品」と「販売価格」を決定しましょう。 「UberEats(ウーバーイーツ)」に掲載する写真 「UberEats(ウーバーイーツ)」に掲載する「商品写真」は、最初の掲載時のみ「UberEats(ウーバーイーツ)」の「担当者」が、お店まで撮影に来てくれます。 最初に掲載した後の、追加のメニュー掲載に関しては、「UberEats(ウーバーイーツ)」に「申請」をしてから、掲載する「商品写真」を、自分達で撮影し、撮影したデータを「UberEats(ウーバーイーツ)」に送ると、「UberEats(ウーバーイーツ)」側で「商品写真」を掲載してくれるように、なります。 また、「営業時間」や「店舗の注文可能時間」などは、「タブレット」を使って、お店側から、いつでも変更・追加が出来るようになっています。 あと、「ユーザー(注文者)」からの注文が入ると、「タブレット」から音が鳴り、知らせてくれる「仕組み」となっていますので、別の仕事に取り組んでいても、非常に分かり易いです。 「注文」が届いたら、「飲食店(お店)」側は、それを確認して、料理を調理し始め、調理が終わったら「タブレット」画面の「ピックアップの準備完了」ボタンをタップすると、複数の「配達パートナー(配達員)」に注文情報が流れ、マッチング後に、「配達パートナー(配達員)」が、お店まで「商品」を取りに来てくれる段取りとなっています。 注意この記事で紹介している情報は、2020年3月時点の情報です。 現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。 UberEats ウーバーイーツ 対応地域範囲外・エリア外の都道府県 「UberEats(ウーバーイーツ)」で、サービスエリア外になっている「市区町村」の情報をリスト化しましたので、確認してみてください。 UberEats ウーバーイーツ 範囲エリア・地域外の市区町村リスト UberEats ウーバーイーツ サービスエリア外の市区町村 2020. 「UberEats」の「公式サイト」の「検索窓」に、任意の「都市名」や「住所」を打ち込んで、検索を行ってください。 「UberEats(ウーバーイーツ)」拡大エリア範囲・対象地域の確認方法.

次の

UberEats(ウーバーイーツ)配達時、廃棄になった場合の対応は?

ウーバーイーツ 大阪 電話

Uber Eats大阪のレストラン一例• CRITTERS BURGER(ハンバーガー)• マルサンカクシカク(デザート)• オムちゃん食堂(洋食)• ハラペコ食堂(韓国料理)• 新世界じゃんじゃん横丁 串かつ 勝大(串かつ)• B(サラダ)• エッグスンシングス(カフェ)• 不二の茶(タピオカドリンク) 今までデリバリーしてなかった個人レストランがUber Eats(ウーバーイーツ)のお蔭でデリバリーしてもらえるのは嬉しいですよね! ちなみに、Uber Eats(ウーバーイーツ)は家や会社だけではなく、公園やカラオケなどにも配達することができます。 大阪城公園や靭公園などでピクニックするときにも直接配達してくれるんですよ。 Uber Eats ウーバーイーツ 大阪のおすすめレストラン5選 大阪市内にあるUber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店の中で、Uber Eats(ウーバーイーツ)の評価4. 5以上(最高5. 0)ある人気のおすすめレストランを厳選して5店舗ご紹介します。 大阪カオマンガイカフェ ジャンル タイ料理 住所 大阪府大阪市浪速区難波中2-4-14 注文可能時間 11:00~22:00 詳細 店名にあるカオマンガイはもちろんパッタイやグリーンカレーなどのタイ料理が食べられるお店。 タイ料理ってあまり自宅で作らないと思うので、出前にいいですよね! カオマンガイカフェにはお子様向けの辛みが無いメニューもあるので、家族で食べられます! カオマンガイカフェの店舗はなんば駅から徒歩2分のところにありますが、東南アジア風で雰囲気もいいので、Uber Eats(ウーバーイーツ)だけじゃなくてレストランで食べるのもおすすめです! 渡邊カリー 心斎橋店 ジャンル カレー 住所 大阪府大阪市中央区南船場3-8-11 心斎橋元村ビル202 注文可能時間 火曜~金曜11:30~14:30、17:00~20:00 土曜11:30~17:00 日曜・月曜定休日 詳細 カレーはUber Eats(ウーバーイーツ)の中でも人気のメニューですが、その中でもおすすめなのが渡邊カリー。 渡邊カリーは「毎日食べたくなるカレー」をテーマに鯛と鶏の和出汁にスリランカ産のスパイスを自家調合したオリジナルカレー専門店です。 渡邊カリーは梅田と心斎橋にありますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)では、心斎橋店から配達します。 マゼニボジャンキー アメ村店 ジャンル まぜそば 住所 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-7-30 BEAST本店ビル1F 注文可能時間 11:40~21:50 詳細 マゼニボジャンキーはミシュランガイドのビブグルマンに掲載された「ふく流らーめん轍」の系列店で、まぜそばに特化したラーメン屋さんです。 マゼニボジャンキーとは、煮干醤油の魚介出汁、背脂とパンチの効いた醤油ダレ、青ねぎを少し焦げるくらい炒め、太麺の上にぶっかけた轍特製の味濃い目のまぜそばです。 ラーメンは出前には不向きですが、まぜそばやつけ麺は店舗で食べているのとほぼ同じ味で食べられるので、おすすめです! 〆ご飯が付いているので、ガッツリ食べたいときに最高ですね! 北極星 堀江店 ジャンル 洋食、オムライス 住所 大阪府大阪市西区北堀江3-5-5 メゾン・ド・オーク1F 注文可能時間 15:00~20:00 詳細 大阪で オムライスといえば北極星ですよね!オムライス発祥の店とも呼ばれています。 北極星の美味しいオムライスが、Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用すれば自宅や職場で食べられるとか最高ですね! 気を付けたいのがUber Eats(ウーバーイーツ)で注文できる時間が15時~20時までということです。 残念ながらランチタイムは店舗だけで、デリバリーはやっていないみたいです。 北極星は大阪を中心に10店舗以上ありますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用できるのは今のところ堀江店だけになります。 くりやん ジャンル 丼もの 住所 大阪府大阪市北区神山町9-13 注文可能時間 月曜~土曜11:00~23:15 日曜11:00~21:00 詳細 くりやんは梅田駅近くにある丼ものやラーメンが食べられる飲食店です。 人気メニューはほうれん草と豚ひき肉の「ポパイ丼」とピーマンと豚ひき肉の「ピー丼」です。 他にも丼ものを中心に、美味しいメニューがたくさんあるので、飽きずに食べられますよ! 大阪でUber Eats ウーバーイーツ を注文する方法 Uber Eats(ウーバーイーツ)では、飲食代の他に、 配送手数料(送料)とサービス料が掛かります。 送料は50円~550円の間で、レストランとの距離や人気などの要素から自動的に算出されます。 基本的には距離が近ければ近いほど安くて、徒歩5分~10分くらいにあるレストランは送料50円~100円で注文できます。 サービス料とは注文した料理代金にかかる料金で、 小計の10%掛かります。 ですので、料理代金が高くなればなるほど料金も高くなるという仕組みです。 また、Uber Eats(ウーバーイーツ)は従来の出前でよくある「最低注文料金」はありませんが、 注文料金が700円未満の場合、手数料150円が掛かります。 Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用すれば夜中に小腹が減った時にコンビニに行かなくてもいいから嬉しいですよね。 もちろんレストランの営業時間によって変わってきます。 朝の早い時間や深夜はマクドナルドや吉野家のような24時間営業している大手チェーン店が多いですね。 大阪でUber Eats ウーバーイーツ の配達に登録するには? 大阪でウーバーイーツ配達員とも呼ばれているUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになるには、 にアクセスしていただいて登録します。 Uber Eats(ウーバーイーツ)は普通のバイトのように面接も履歴書もありません。 18歳以上であれば誰でも登録できます。 登録したらサイトの指示に従い、身分証明書(パスポート、運転免許証、マイナンバーカード)をアップロードし、報酬を受け取るためのアカウント設定を進めます。 Uber Eatsパートナーセンター大阪の外観 住所 大阪府大阪市中央区伏見町4-2-14 WAKITA藤村御堂筋ビル1F アクセス 大阪メトロ御堂筋線淀屋橋駅徒歩3分 営業時間 12:00〜19:00(祝日定休) 地図 大阪のUber Eatsパートナーセンターの場所は御堂筋線淀屋橋駅から徒歩3分です。 入り口は御堂筋沿いにあり、1階にあるので、外からでも分かると思います。 Uber Eatsパートナーセンター大阪に行くのに事前予約の必要はありません。 営業時間内であればいつでも行って登録を完了することができます。 Uber Eatsパートナーセンターでの登録の流れは、まず登録の不備がないか確認します。 問題なければスタッフからUber Eats(ウーバーイーツ)の説明があって配達バッグをもらって終わります。 およそ30分くらいで終了します。 持ち物はスマホさえ持っていけば問題ありませんが、ネット上でアップロードした必要書類に不備があるかもしれませんので、身分証や銀行のキャッシュカードなどを持っていくと安心です。 Uber Eatsパートナーセンターに行って登録が完了したら、もうその日からUber Eats(ウーバーイーツ)で配達することができます。 登録後いつでも辞めれます• 月額費用など一切かかりません リンク先: 登録手続きは全てWEB上で完結できます! 大阪のレンタル自転車で配達する Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達を始めるには、基本的に自転車か125cc以下のバイクが必要です。 単発でやるならママチャリとかでもできますが、長時間やるには結構きついです。 そういった場合は電動自転車のシェアサイクルを利用して配達するということもできます。 docomoが運営している(通称:赤チャリ)が大阪市内を中心にどんどん数を増やして便利になっています。 相互利用できるHUBchariと合わせて、大阪市内にあるサイクルポート約50箇所に置いてある約500台の電動自転車を自由にレンタルすることができます。 さらに、Uber Eats(ウーバーイーツ)からの紹介で登録すると、法人定額会員の価格、 月額4,000円で乗り放題で利用できます。 docomoシェアサイクル(赤チャリ)の詳しい登録方法はをご覧いただくか、淀屋橋にあるUber Eatsパートナーセンターに登録しに行ったときに直接スタッフに確認してください。 大阪のUber Eats配達パートナーの報酬について 大阪のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに支払われる報酬は完全歩合です。 配達すれば配達した分だけ報酬がもらえます。 また、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの 報酬の支払いは週払いです。 毎週日曜日締め(正確には月曜日の午前4時締め) で翌週の木曜日払いです。 つまり、月曜日〜日曜日の1週間分の収入が、その4日後の木曜日に支払われます。 では、大阪のUber Eats(ウーバーイーツ)の報酬はどうやって決まるのかご紹介します。 大阪のインセンティブは 「ブースト、クエスト、オンライン時間インセンティブ、ピーク料金」の4種類があります。 ブースト ブーストとは配送料に掛け算される倍率で、曜日や時間や地域によって異なる倍率が設定されます。 主に配達依頼が増えるランチタイムやディナータイムにつきます。 ブーストを設定することにより、ピークタイムの配達パートナーの人数を増やすという効果があります。 大阪は東京と比べると基本料金は安いですが、ブーストの倍率は高く、ブースト2倍とか普通にあります。 大阪配達員の皆さま 明日よりブーストが元に戻ります 土日も2. 3に復活 あの低ブーストは一体何だったのでしょうか? — プリッツ UberEats大阪配達員 UberEATSosaka70 クエスト Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達では、 土日や雨の日は特別インセンティブ(クエスト)が発生することがあります。 この特別インセンティブが発生する日は結構稼げる日ですので、できるだけ働くことをお勧めします!だいたい前日にメールでお知らせが来ますよ。 今日は10時30分から稼働してるけどクエスト8件達成まで残り5件…時間的に無理???? 新大阪厳しいんかな… — フリーランス1年生 30代から会社に所属せずに生きる LCsPHt2lUdIED6X オンライン時間インセンティブ オンライン時間インセンティブとは、 最低時給保証のようなものです。 アプリをオンラインにしていれば配達依頼が来ようが来まいが、指定された報酬が貰えます。 このインセンティブはあまり頻繁に発生しなく、エリアが拡大したときなどに発生します。 ピーク料金 ピーク料金とは、2019年8月に開始された新しいインセンティブです。 ピーク料金は注文件数が増加したエリアにリアルタイムにインセンティブを発生されます。 このピーク料金はかなりおいしいので、ピーク料金が発生したらそのエリアに向かうことをおすすめします。 Uber Eats ウーバーイーツ 大阪は時給いくら稼げる? 大阪でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達は時給いくらくらい稼げるのでしょうか? 実際に大阪でUber Eats配達パートナーとして働いている人の収入の口コミ・情報をTwitterで集めました。 本業が終わってからのウバ活。 — さっちょ???? それとは別に新たな楽しみ方も見つけれた もう帰ります???? 大阪のUber Eats配達パートナーの時給は、東京より少し低いかほぼ同等の金額が稼げるといっていいでしょう。 大阪で1日Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達すれば、だいたい10,000円~18,000円くらい稼げると思います。 時給でいうと1,000円~1,800円くらいですね。 報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります。 近県では、とは時給800円~1,300円、は750円~1,100円くらいが相場です。 そう考えると、大阪はかなり稼げるエリアですね。 もちろん大阪と言ってもエリアは広いので、難波付近で働くのと高槻市で働くのでは時給は変わってきます。 基本的には 栄えているエリアの方が稼げます。 大阪はUber Eats(ウーバーイーツ)の利用者も多く、エリアもどんどん拡大しているので、 でやることもできるくらい稼ぎやすいです。 はもちろん無料ですので、まずは一度、大阪のUber Eats(ウーバーイーツ)に登録してみてはいかがでしょうか? 大阪ののUber Eats ウーバーイーツ で稼げるエリアやコツ 同じ大阪のUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアでも稼げる人と稼げない人がいますが、どうすればより稼げるようになるのでしょうか? 大阪で稼げるエリアはどこかというと、 一番は「」が発生しているエリアです。 ピーク料金は通常の配達料に加え、数百円の追加インセンティブが発生するので稼げます。 また、ピーク料金があるエリアは需要があるエリアということなので、基本的に稼ぎやすいエリアです。 具体的にどのエリアにピーク料金が発生しやすいかというと、やっぱり 梅田~難波辺りですね。 基本的にUber Eats(ウーバーイーツ)は繁華街ほど配達依頼が多いので、なるべく大きな駅に行くと良いと思います。 シミやばいな 残念ながら今日は夜から・・・ — E. Uber Eats ウーバーイーツ 大阪の情報まとめ 大阪のUber Eats(ウーバーイーツ)についてご紹介しましたが、ちょっと長くなってしまったので最後にまとめます。 大阪のUber Eatsまとめ• Uber Eats大阪のエリアは大阪市、堺市、吹田市など20市• 大阪のUber Eatsの営業時間は午前9時~深夜0時(大阪市の一部は午前8時~深夜1時)• Uber Eats配達パートナーは18歳以上であれば誰でも登録できる• Uber Eats配達パートナーの報酬は完全歩合制で週払い• 大阪の収入の相場は時給1,000円~1,800円くらい• 大阪で稼げるエリアは梅田~難波付近や大きな駅 は大手チェーンレストランや個人レストランの料理がどこでもデリバリーできますので大変便利です。 料金はお店で食べるより安いですが、クーポンを利用すればお店で食べるより安く食べることができますので、ぜひクーポンを使ってお得に食べてください!.

次の