コロナ ウイルス 中国 死亡。 脳性まひの少年、取り残され死亡 新型ウイルスで家族を隔離

新型コロナウイルス肺炎で初の死者 中国・武漢:朝日新聞デジタル

コロナ ウイルス 中国 死亡

志村けんさん、国境を超えて台湾人にたくさんの笑いと元気を届けくれてありがとうございました。 きっと天国でもたくさんの人を笑わせてくれることでしょう。 ご冥福を心から祈ります。 — 蔡英文 Tsai Ing-wen iingwen 「中国に志村を殺された、という空気になるのを恐れたのではないか」。 国民的スターの死がさらなる中国への反感につながらないか、世論の動向をしきりに気にする様子だったという。 社説で異例の「読売新聞バッシング」 一方4月12日、中国共産党系の環球時報(電子版)には「読売新聞は成長しろ」と題した社説が掲載された。 タカ派の過激な論調で知られる環球時報だが、日本メディアがやり玉に挙げられることはまれだ。 環球時報は社説で読売新聞を激しく攻撃した 異例の取り上げ方をされたのは、当日の読売朝刊に載ったコラム。 北京駐在の中国総局長の署名入りで、習近平政権について、新型コロナ対応の過ちを認めようとしないなどと指摘した内容だ。 環球時報社説はこの総局長を何度も名指しし「アメリカの顔色を窺って原稿を書いている」「彼の中国滞在は無駄だった」などと強烈に批判した。 翌日には中国外務省も「記事は中国への無知、偏見と傲慢に満ちている」などとして、読売新聞側に申し入れをしたことを明らかにした。 ただ欧米メディアを中心に、中国の姿勢を厳しく批判する報道は決して珍しくない。 やや唐突感のある「読売バッシング」には、北京にいる特派員の間でも困惑が広がった。 世界各国がウイルスとの終わりの見えない戦いに苦しむなか、一足先にウイルスとの戦いに勝利を収めつつあるのに、これほどまでに日本の世論を気にする理由は何か。 ほんの半年前には熾烈な貿易戦争を繰り広げていたライバル・アメリカは、日本時間20日現在ですでに4万人を大きく上回る死者を出している。 トランプ大統領は感染拡大をめぐる「中国責任論」をあおり、中国と激しく対立している。 また、アメリカだけでなく中国の情報公開の不透明さを批判する声が、国際社会に広がりつつある。 習近平指導部が避けたいのは、コロナ収束後に世界で「反中国」の包囲網が形成されるというシナリオだろう。 日本を含む127か国に医療物資を提供するなど、「マスク外交」にも熱心だ。 早くも「アフター・コロナ」の世界秩序をにらむ中国にとって、日本との関係はさらに重要さを増す。 「桜が咲くころ」に習近平国家主席の国賓訪日が決まってから、中国は友好ムードの醸成に力を注いできた。 しかし日本側の対中感情は改善が進まないどころか、新型コロナの感染拡大を機にかえって悪化しかねない状況だ。 中国側が「志村けんさんの死」に神経を尖らせたのもそのためだ。 習主席の訪日は延期となり、現時点で実現のめどは立たないが、その障害になりうる反中世論のタネはできる限りつぶしておきたいとの思惑がありそうだ。

次の

【中国が隠す恐ろしい現実】コロナウィルス・本当の死亡者数の真実・街には殺人部隊も【動画あり】

コロナ ウイルス 中国 死亡

志村けんさん、国境を超えて台湾人にたくさんの笑いと元気を届けくれてありがとうございました。 きっと天国でもたくさんの人を笑わせてくれることでしょう。 ご冥福を心から祈ります。 — 蔡英文 Tsai Ing-wen iingwen 「中国に志村を殺された、という空気になるのを恐れたのではないか」。 国民的スターの死がさらなる中国への反感につながらないか、世論の動向をしきりに気にする様子だったという。 社説で異例の「読売新聞バッシング」 一方4月12日、中国共産党系の環球時報(電子版)には「読売新聞は成長しろ」と題した社説が掲載された。 タカ派の過激な論調で知られる環球時報だが、日本メディアがやり玉に挙げられることはまれだ。 環球時報は社説で読売新聞を激しく攻撃した 異例の取り上げ方をされたのは、当日の読売朝刊に載ったコラム。 北京駐在の中国総局長の署名入りで、習近平政権について、新型コロナ対応の過ちを認めようとしないなどと指摘した内容だ。 環球時報社説はこの総局長を何度も名指しし「アメリカの顔色を窺って原稿を書いている」「彼の中国滞在は無駄だった」などと強烈に批判した。 翌日には中国外務省も「記事は中国への無知、偏見と傲慢に満ちている」などとして、読売新聞側に申し入れをしたことを明らかにした。 ただ欧米メディアを中心に、中国の姿勢を厳しく批判する報道は決して珍しくない。 やや唐突感のある「読売バッシング」には、北京にいる特派員の間でも困惑が広がった。 世界各国がウイルスとの終わりの見えない戦いに苦しむなか、一足先にウイルスとの戦いに勝利を収めつつあるのに、これほどまでに日本の世論を気にする理由は何か。 ほんの半年前には熾烈な貿易戦争を繰り広げていたライバル・アメリカは、日本時間20日現在ですでに4万人を大きく上回る死者を出している。 トランプ大統領は感染拡大をめぐる「中国責任論」をあおり、中国と激しく対立している。 また、アメリカだけでなく中国の情報公開の不透明さを批判する声が、国際社会に広がりつつある。 習近平指導部が避けたいのは、コロナ収束後に世界で「反中国」の包囲網が形成されるというシナリオだろう。 日本を含む127か国に医療物資を提供するなど、「マスク外交」にも熱心だ。 早くも「アフター・コロナ」の世界秩序をにらむ中国にとって、日本との関係はさらに重要さを増す。 「桜が咲くころ」に習近平国家主席の国賓訪日が決まってから、中国は友好ムードの醸成に力を注いできた。 しかし日本側の対中感情は改善が進まないどころか、新型コロナの感染拡大を機にかえって悪化しかねない状況だ。 中国側が「志村けんさんの死」に神経を尖らせたのもそのためだ。 習主席の訪日は延期となり、現時点で実現のめどは立たないが、その障害になりうる反中世論のタネはできる限りつぶしておきたいとの思惑がありそうだ。

次の

中国が早くも見据える「コロナ後」の世界 志村けんさん死亡にもピリピリ 中国が恐れるものとは

コロナ ウイルス 中国 死亡

地元メディアの報道によると、眼科医のリー(李)さんは、現地時間の2月7日2時58分、新型コロナウイルスによる肺炎で死亡した。 リー(李)さんは2019年12月に新型コロナウイルスについて医師仲間に警告し、警察に一時的に拘束された。 2019年12月30日に医師仲間に新型ウイルスについてメッセージを送ったリー(李)さんは、「虚偽の発言をした」「噂を撒き散らした」として警察当局から出頭を求められた。 リー(李)さんは、警察当局が「噂を撒き散らした」として捜査を行ったとしている8人のうちの1人だった。 WHOがお悔やみのメッセージ 世界保健機関(WHO)は、リー(李)さん死亡の知らせを受け、お悔やみのメッセージを発表した。 世界保健機関(WHO)は、ツイッター(Twitter)を通じて、 「リー(李)医師の死亡はこの上なく悲しい。 我々は皆、新型コロナウイルスに関するリー(李)医師の活動に感謝している」と述べ、お悔やみの気持ちを表明した。 中国の死者636人に 中国の保健当局からの発表によると、この24時間で新型コロナウイルスにより73人が死亡し、死者の数は636人になった。 感染者も3143人増え、3万1161人となった。 《新型コロナウイルスの経緯》 新型コロナウイルスによる肺炎の発症は、フーベイ省(湖北省)のウーハン(武漢)市で2019年12月19日に初めて確認された。 ウーハン(武漢)保健委員会は2019年12月31日に、新型コロナウイルスの発生源とされるウーハン(武漢)市内のファーナン(華南)海鮮市場を閉鎖した。 1月23日には、新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するために、ウーハン(武漢)の市内の公共交通機関(地下鉄、路線バス、長距離バス、フェリー)を運行・運航を一時停止し、鉄道の駅と空港を閉鎖した。 (2020年2月7日 金曜日).

次の