ご迷惑をおかけして申し訳ございません 英語。 英語で「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」って何て言う?

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんって英語でなんて言うの?

ご迷惑をおかけして申し訳ございません 英語

<目次>• <英文ビジネスメール例文>• 英文ビジネスメールの末文の役割 『末文』の役割は、主に3点です。 重要事項の確認をする。 相手への具体的な依頼があれば記す。 感謝や、スムーズな意思決定を促す。 ビジネス英文メールというと、とかくビジネスライクに用件だけという印象がありますが、欧米でも人間関係は重要ですし、日本人特有の心遣いを末文に添えることで、好印象を与えられることも事実です。 また、日本人の場合、締めくくりとしての儀礼的な表現がないと落ち着かないという心理が働くこともあるでしょう。 そこで今回は、「感謝やスムーズな意思決定を促す」ための末文や人間関係を繋ぐ末文の例文を特にご紹介します。 英文ビジネスメール例文1. 人間関係を繋ぐ末文 I look forward to hearing from you soon. メールお待ち申し上げます。 I look forward to talking with you. お話しできる機会を楽しみにいたしております。 I hope we can keep in touch by e-mail. メール交換できれば、幸いです。 I look forward to your visit. ご訪問、楽しみにいたしております。 If you have any questions, please feel free to contact us at any time. ご質問等ございましたら、いつでもご連絡下さい。 Please give my best regards to your staff. スタッフの皆様にもくれぐれも宜しくお伝え下さい。 英文ビジネスメール例文2. 感謝を表す末文 I am much obliged to you. 厚く御礼申し上げます。 ご配慮心より御礼申し上げます。 Thank you very much for your prompt reply. 早速のご返信、ありがとうございます。 Thank you for everything. いろいろとありがとうございました。 Thank you very much for your help. ご助力ありがとうございます。 I appreciate your time and effort. ご尽力を感謝いたしております。 Thank you in advance. 宜しく御願い致します。 Thank you for your cooperation. ご協力ありがとうございます。 英文ビジネスメール例文3. 謝罪の末文 クレームへの対応や、相手に多少無理をお願いする内容のメールの場合には、謝罪の表現が必要になってきます。 「Please」や「We apologize」といったクッション言葉を使うとより効果的です。 We apologize for any inconvenience this may have caused you. この件につきまして、ご迷惑おかけいたしましたことお詫び申し上げます。 ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした。 I apologize for the short notice. 急なお知らせで申し訳ありません。 Please accept our deep apologies for your incovenience we have caused. ご迷惑をおかけしましたこと心よりお詫び申し上げます。 Please accept our apologies. 本当に申し訳ございません。 Please accept our deep apologies for any inconvenience we may have caused you. すぐにお返事申し上げず失礼いたしました。 We apologize sincerely for the delay in payment. 支払いが遅れ申し訳ありません。 We appreciate your understanding of our situation. 何卒、事情をご理解くださいますよう御願い致します。 We would appreciate your understanding. ご理解の程、お願い申し上げます。 【関連記事】•

次の

英語で謝罪:ビジネスで礼儀正しさ、誠実さが「ごめんなさい」と共に伝わる6つのポイントと英語例文

ご迷惑をおかけして申し訳ございません 英語

1.英会話・ビジネスの口頭で「何度もすみません」の英語フレーズ 仲間や家族同士、仕事の同僚間でも使うときは「何度もごめん」というカジュアルな言い方になりますね。 また、ビジネスでは「何度もすみません・失礼します」という少し丁寧な言い方になりますね。 「Sorry to bother you again. 」が、一般的に一番使われるカジュアルな表現になります。 何かを何度も聞いたり、何度もメールやメッセージを送ったりする場合に使えます。 また、 「Sorry to keep bothering you. 」でも同様です。 少し丁寧になると下記のようになります。 ビジネスなどフォーマルな場面でも使える表現です。 「bother(ボザー)」は「悩ます・困惑させる」という動詞になります。 」という英語府レースがありますが、それは「お構いなく!」や「気にしないで!」という意味になります。 (また私だけど・・・)」という表現も仲がいい間柄では使える表現ですので覚えておきましょう! 日本人は謝りすぎると言われているので、仲がいい友達などにはこれくらいの表現で全然大丈夫です。 これを更に丁寧にすると、「bother」の代わりに 「interrupt」(インターラプト)という単語を使います。 「interrupt」は、「割り込む・遮る」という意味です。 」という表現でOKです。 2.ビジネスメールで使える丁寧な「何度もすみません」の英語フレーズ ここでは丁寧に表現する「何度もすみません」のメールやメッセージ編をご紹介します。 例えば次のような場合に必要になりますね。 お忙しいところ、何度もすみません• 度々のご連絡失礼いたします• 何度もメールしてすみません• 続けてのメール失礼します 基本となるのが、 「Apologies for ~. 」、または 「I apologize for ~. 」となります。 「apologize(アポロジャイズ・謝罪する)」と「apology(アポロジー・謝罪)」の複数形(apologies)と前置詞の「for」を使って表現します。 「sorry」の単語を使うより、更に丁寧になります。 また、「My apologies for ~. 」も同様です。 それでは先ほどの日本語を英語で表現してみると下記のようになります。 お忙しいところ、何度もすみません:Apologies for my continuous e-mails. 」とすでに知っている相手であればこれでもOKです。 度々のご連絡失礼いたします:I apologize for my frequent contacts. 」などでも構いません。 何度もメールしてすみません:I apologize for bothering you with all the emails. 」でも同様です。 続けてのメール失礼します:I apologize for e-mailing you again. また、他にも次のような場面があるので、その表現も押さえておくとビジネスメールを書くとき、口頭でフォーマルに伝える時に役立ちますので、押さえておきましょう!• また、「I really appreciate your precious time. (あなたの貴重な時間に感謝します)」など感謝で表現してもOKです。 何度も催促してすみません:Apologies for asking you many times. (急かしてすみません)」という表現もあります。 度重なる変更申し訳ありません:I truly apologize for many changes. 前置詞の「for(またはto)」の後ろに具体的な名詞・動名詞(toの場合は動詞)を入れることでストレートに相手に何が何度もしているのかを明確にできます。

次の

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」を英語で言うと?ビジネス謝罪文

ご迷惑をおかけして申し訳ございません 英語

<目次>• <英文ビジネスメール例文>• 英文ビジネスメールの末文の役割 『末文』の役割は、主に3点です。 重要事項の確認をする。 相手への具体的な依頼があれば記す。 感謝や、スムーズな意思決定を促す。 ビジネス英文メールというと、とかくビジネスライクに用件だけという印象がありますが、欧米でも人間関係は重要ですし、日本人特有の心遣いを末文に添えることで、好印象を与えられることも事実です。 また、日本人の場合、締めくくりとしての儀礼的な表現がないと落ち着かないという心理が働くこともあるでしょう。 そこで今回は、「感謝やスムーズな意思決定を促す」ための末文や人間関係を繋ぐ末文の例文を特にご紹介します。 英文ビジネスメール例文1. 人間関係を繋ぐ末文 I look forward to hearing from you soon. メールお待ち申し上げます。 I look forward to talking with you. お話しできる機会を楽しみにいたしております。 I hope we can keep in touch by e-mail. メール交換できれば、幸いです。 I look forward to your visit. ご訪問、楽しみにいたしております。 If you have any questions, please feel free to contact us at any time. ご質問等ございましたら、いつでもご連絡下さい。 Please give my best regards to your staff. スタッフの皆様にもくれぐれも宜しくお伝え下さい。 英文ビジネスメール例文2. 感謝を表す末文 I am much obliged to you. 厚く御礼申し上げます。 ご配慮心より御礼申し上げます。 Thank you very much for your prompt reply. 早速のご返信、ありがとうございます。 Thank you for everything. いろいろとありがとうございました。 Thank you very much for your help. ご助力ありがとうございます。 I appreciate your time and effort. ご尽力を感謝いたしております。 Thank you in advance. 宜しく御願い致します。 Thank you for your cooperation. ご協力ありがとうございます。 英文ビジネスメール例文3. 謝罪の末文 クレームへの対応や、相手に多少無理をお願いする内容のメールの場合には、謝罪の表現が必要になってきます。 「Please」や「We apologize」といったクッション言葉を使うとより効果的です。 We apologize for any inconvenience this may have caused you. この件につきまして、ご迷惑おかけいたしましたことお詫び申し上げます。 ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした。 I apologize for the short notice. 急なお知らせで申し訳ありません。 Please accept our deep apologies for your incovenience we have caused. ご迷惑をおかけしましたこと心よりお詫び申し上げます。 Please accept our apologies. 本当に申し訳ございません。 Please accept our deep apologies for any inconvenience we may have caused you. すぐにお返事申し上げず失礼いたしました。 We apologize sincerely for the delay in payment. 支払いが遅れ申し訳ありません。 We appreciate your understanding of our situation. 何卒、事情をご理解くださいますよう御願い致します。 We would appreciate your understanding. ご理解の程、お願い申し上げます。 【関連記事】•

次の