レモン 歌詞 意味。 米津玄師「lemon」の歌詞の意味は?レモンの比喩表現に目から鱗。

米津玄師「Lemon」歌詞の意味は?果物のレモンとの関係性を考察!

レモン 歌詞 意味

ドラマ内容が「不自然死研究所」を舞台とする「死」を扱ったものであることと、米津さん自身が雑誌インタビューにて「この曲を作っている最中にうちのじいちゃんが死んだんです。 それで今まで自分の中で作り上げてきた『死』に対する価値観がゼロになった。 結果、『あなたが死んで悲しいです』とずっと言ってるだけの曲になりました」と語っていることから、 「大切な人との死別を歌った曲」と考えている方も少なくないようですね。 また、この曲が当初より「アンナチュラルの主題歌」という決定ありきで作られたものであることも、やはり「死別」がテーマだと推測する根拠になっているようです。 しかし、歌詞に登場する二人のストーリーについて、私個人の考えは少し違います。 なぜなら、この楽曲の歌詞には、想いをつづった対象者が現在進行形で存在していることが示唆されているからです。 ただ、たとえ二人が生きていて互いを想い合っていたとしても、さまざまな理由から「永遠の別れ」が訪れることはありますね。 それは、物理的な距離が離れた場合かもしれませんし、どちらかが「完全なる別の未来」を選択したときかもしれません。 ですからこの曲は、米津さんが「身内の死」にインスパイアされた、「永遠の別れ(その原因は死と限定されていない)」を主軸に置いた曲であると考えます。 スポンサーリンク? においに関する記憶は色あせにくい 次に、楽曲名でもあり、歌詞の中にも登場する「Lemon」についての考察です。 「においに関する記憶は色あせにくい」という事実をご存知でしょうか? ヒトの嗅覚に関するシグナルは、視床を通らずダイレクトに大脳へ流れ込むため、何らかの香りを伴った記憶は、心にとどまりやすいんだそうです。 私にも経験があるのですが、ある特定のにおいを嗅いだときに、瞬間的に同じにおいをまとっていた知人との思い出がフラッシュバックされた…なんてことがないですか? おそらくこの歌の主人公は、彼女(全体の流れから察するに、私はこの曲は恋愛の歌だと思っています)との思い出に「レモンの香り」が紐づいていたのでしょう。 歌詞では「あなたとの思い出=レモンの匂い」という関連性が示唆されていますから、彼女がレモンや柑橘系の香水を好んでいたのかもしれませんし、レモンティーをよく飲んでいた、なんてこともあり得るかも。 そのため、今もふとレモンの香りを嗅ぐと、彼女のことが胸に浮かんでしまうのではないでしょうか。 また、「1/2の林檎」という話があるように、二つに切り分けられたフルーツなどは、「別れてしまった運命の二人」の象徴として比喩表現に使われる場合があります。 歌の主人公は、「本来一つのものであったほどに大切な片割れ」との永遠の別れを憂い、そこから進むことができないでいるのかも知れませんね。

次の

崖の上のポニョ、歌詞の本当の意味を知ると怖くなる都市伝説とは※ネタバレ注意

レモン 歌詞 意味

『Lemon』は愛する人を失った「わたし」の歌である。 ドラマ『アンナチュラル』は不審死した死体を解剖する研究所を舞台にしたドラマであり、それを受けて作られたのがこの曲だった。 そして米津は楽曲制作中に祖父を亡くし、それが楽曲の出来栄えを大きく変えてしまったと語っている。 引用: というほどだからかなりのものだ。 死者を思う場として教会がMVの舞台に設定されていることからも、 この曲は愛する人との死別を歌っていることは間違いない。 それでは細かく歌詞を解釈していこう。 ジレンマと皮肉 Aメロはジレンマと皮肉が続く米津玄師らしい価値観で歌詞が書かれている。 夢であって欲しいことが現実で、現実であって欲しいことが夢。 自分があなたに必死で隠していたことは、もう決して暴かれることはない。 今やあなたに知ってほしいとさえ思っている。 このような永遠に解決できない地獄、これが米津玄師が愛しい人を失って感じたことなのか。 どこへ帰れないのか サビの感覚はかなり共感できるところがある。 会えない人との思い出は、なぜか楽しかったことよりも辛かったことばかり思い出してしまうものだ。 あなたへの愛はもう戻れない心の深くまで染み込んでしまったから、忘れることができない。 愛はすでに別れの悲しみに変わったのに、 元の自分には帰れない。 だから心の中に雨が降っている。 雨が降り止むときは悲しみが終わり、あなたを忘れるとき。 あなたが光でなくなるとき。 肌で感じる喪失感 2番のAメロ、あなたを視覚ではなく触覚で感じる。 その手触りこそあなただった。 たしかにそこに居た。 今はもう居なくなってしまった。 そのことに対して自分が出来るのは、ただ泣くことだけ。 やはりこの歌は、死別について歌っている。 Bメロで横顔と出てくるのは、あなたと自分がずっと側に寄り添っていたから。 だから咄嗟に出てくる表情は正面ではなく、横顔なのだ。 魂の不滅 2番のサビではあなたの魂の不滅を願いながらも、自分と同じ苦しみを味わっていないことを祈っている。 死によって消えてなくなったのではなく、どこかであなたが続いていてほしい。 でもどうか苦しまないで。 このジレンマも米津らしい。 あなたが天国にいるイメージと、心象風景の光が重なってくる。 素直な言葉で Cメロではこれまでの詩情や、死への思いは鳴りを潜め、ただ あなたへの率直な思いが素直な言葉で溢れだす。 ここまでリスナーを惹き付けてきたレモンの匂いや、雨、肌の触感。 情景を充分に与えた上で、誰にでも共感出来る言葉が流れる。 これが彼の詞のバランス感覚だ。 レモンはあなたとわたし ラストサビで切り分けられてしまったレモンは、2度と元に戻ることはない。 あなたとわたしの関係を例えている。 わたしにとってのあなたのように、あなたにとってもわたしが光でありますように。 自分自身もレモンの片割れに例えたのは、そんな祈りがあったからだろう。 この場面には彼のエゴも見えてくるのだ。 レモンの断面は神や仏の背中から指す光によく似ている。 鮮やかな黄色と車輪状に入ったスジ。 昔の人にとって神仏が目の前に現れなくとも、絶対的な希望であったように、わたしにとってあなたは光なのだ。 決して見ることは無いとしても。 歪つな果実 米津玄師は無意識のうちにレモンを選んだと語っているが、CDのジャケットに自らレモンを描いたように、 その形は強いイメージとしてあったはずだ。 球になりきれない歪な いびつ 形こそ、レモンの持つ特徴である。 果物と言えば甘いものなのに、レモンは苦くて酸っぱい。 それなのに花言葉は情熱だったりする。 どこかズレている。 アメリカ人がレモンというとき、それは「不完全」「できそこない」を意味するのである。 そのズレた印象が『Lemon』全体と重なってくる。 最後に曲タイトルが出て、逆再生されているようなMVは一般的なものからズレている。 恋人を想う歌なのに、悲しい思い出しか出てこない歌詞も。 あるいは恋するあなたが登場人物なのに、そこに歌われているのが米津の祖父への想いであることも。 MVでハイヒールを履いている米津玄師自身も。 全てが歪み、ズレている。 そして レモンは歪な形だからこそ、球体と違い、切り分けられた片方としかペアになれない。 この歪みこそ、例え相手が亡くなってどうにもならないとしても、その人の姿を追い求めてしまう人の愛の歪さを示している。

次の

米津玄師『Lemon』歌詞の意味は?ハイヒールが意味する理解されない想いとは?ドラマ「アンナチュラル」主題歌

レモン 歌詞 意味

『Lemon』は愛する人を失った「わたし」の歌である。 ドラマ『アンナチュラル』は不審死した死体を解剖する研究所を舞台にしたドラマであり、それを受けて作られたのがこの曲だった。 そして米津は楽曲制作中に祖父を亡くし、それが楽曲の出来栄えを大きく変えてしまったと語っている。 引用: というほどだからかなりのものだ。 死者を思う場として教会がMVの舞台に設定されていることからも、 この曲は愛する人との死別を歌っていることは間違いない。 それでは細かく歌詞を解釈していこう。 ジレンマと皮肉 Aメロはジレンマと皮肉が続く米津玄師らしい価値観で歌詞が書かれている。 夢であって欲しいことが現実で、現実であって欲しいことが夢。 自分があなたに必死で隠していたことは、もう決して暴かれることはない。 今やあなたに知ってほしいとさえ思っている。 このような永遠に解決できない地獄、これが米津玄師が愛しい人を失って感じたことなのか。 どこへ帰れないのか サビの感覚はかなり共感できるところがある。 会えない人との思い出は、なぜか楽しかったことよりも辛かったことばかり思い出してしまうものだ。 あなたへの愛はもう戻れない心の深くまで染み込んでしまったから、忘れることができない。 愛はすでに別れの悲しみに変わったのに、 元の自分には帰れない。 だから心の中に雨が降っている。 雨が降り止むときは悲しみが終わり、あなたを忘れるとき。 あなたが光でなくなるとき。 肌で感じる喪失感 2番のAメロ、あなたを視覚ではなく触覚で感じる。 その手触りこそあなただった。 たしかにそこに居た。 今はもう居なくなってしまった。 そのことに対して自分が出来るのは、ただ泣くことだけ。 やはりこの歌は、死別について歌っている。 Bメロで横顔と出てくるのは、あなたと自分がずっと側に寄り添っていたから。 だから咄嗟に出てくる表情は正面ではなく、横顔なのだ。 魂の不滅 2番のサビではあなたの魂の不滅を願いながらも、自分と同じ苦しみを味わっていないことを祈っている。 死によって消えてなくなったのではなく、どこかであなたが続いていてほしい。 でもどうか苦しまないで。 このジレンマも米津らしい。 あなたが天国にいるイメージと、心象風景の光が重なってくる。 素直な言葉で Cメロではこれまでの詩情や、死への思いは鳴りを潜め、ただ あなたへの率直な思いが素直な言葉で溢れだす。 ここまでリスナーを惹き付けてきたレモンの匂いや、雨、肌の触感。 情景を充分に与えた上で、誰にでも共感出来る言葉が流れる。 これが彼の詞のバランス感覚だ。 レモンはあなたとわたし ラストサビで切り分けられてしまったレモンは、2度と元に戻ることはない。 あなたとわたしの関係を例えている。 わたしにとってのあなたのように、あなたにとってもわたしが光でありますように。 自分自身もレモンの片割れに例えたのは、そんな祈りがあったからだろう。 この場面には彼のエゴも見えてくるのだ。 レモンの断面は神や仏の背中から指す光によく似ている。 鮮やかな黄色と車輪状に入ったスジ。 昔の人にとって神仏が目の前に現れなくとも、絶対的な希望であったように、わたしにとってあなたは光なのだ。 決して見ることは無いとしても。 歪つな果実 米津玄師は無意識のうちにレモンを選んだと語っているが、CDのジャケットに自らレモンを描いたように、 その形は強いイメージとしてあったはずだ。 球になりきれない歪な いびつ 形こそ、レモンの持つ特徴である。 果物と言えば甘いものなのに、レモンは苦くて酸っぱい。 それなのに花言葉は情熱だったりする。 どこかズレている。 アメリカ人がレモンというとき、それは「不完全」「できそこない」を意味するのである。 そのズレた印象が『Lemon』全体と重なってくる。 最後に曲タイトルが出て、逆再生されているようなMVは一般的なものからズレている。 恋人を想う歌なのに、悲しい思い出しか出てこない歌詞も。 あるいは恋するあなたが登場人物なのに、そこに歌われているのが米津の祖父への想いであることも。 MVでハイヒールを履いている米津玄師自身も。 全てが歪み、ズレている。 そして レモンは歪な形だからこそ、球体と違い、切り分けられた片方としかペアになれない。 この歪みこそ、例え相手が亡くなってどうにもならないとしても、その人の姿を追い求めてしまう人の愛の歪さを示している。

次の