エアコン 室外 機 大き さ。 室外機の音・うるさい時の対処法・どれくらい大きいか

experience-ccra-in.ctb.com: ESEOE エアコン室外機カバー 保護カバー 汚れ防止 風 ホコリ 雨 日よけ 遮熱 アルミフィルム製 電気代削減 ベルトで固定: DIY・工具・ガーデン

エアコン 室外 機 大き さ

エアコン選び~1番のポイントは能力(容量) エアコン選びの一番のポイントはやはり能力(容量) 冷房も暖房もお部屋の広さにあわせた、エアコンを選ぶのがコツ! 家電量販店や電気屋さんのエアコンコーナーに行くと、6畳用や20畳以上用などの能力別に棚分けされているのでなんとなくはわかります。 でも、その表示されてる畳数はなにを目安にしているのか?エアコンの能力(kw)とはどのような関係なのか?が気になるところ。 エアコンの能力の単位はkw~馬力やkcalは? 容量の大きい業務用エアコンなどでは『 馬力』を単位として使用したりもしますが、家庭用エアコンの能力は『 kw(キロワット)』で表示されています。 家庭用のエアコン選びで馬力を使うことはほとんどありませんが、1馬力=2. 5kw相当の計算になります。 また、昔はkwではなくkcal(キロカロリー)でエアコンの能力を表していましたがこれももう懐かしいお話です。 エアコンはこの 能力(kw)によって、どれくらいのお部屋の広さに対応できるかが決まっています。 能力(kw)ごとの適応畳数は以下のような目安になっています。 エアコンの能力と適用畳数(お部屋の広さ) セパレートタイプエアコンの容量(冷房能力)は2. 2kwからとなっていて、家庭用エアコンの最大容量は9. 0kwまでのラインナップになります。 2kw 2. 5kw 6畳 9畳 2. 5kw 2. 8kw 7畳 10畳 2. 8kw 3. 6kw 8畳 12畳 3. 6kw 4. 2kw 10畳 14畳 4. 0kw 5. 0kw 12畳 16畳 5. 6kw 6. 7kw 16畳 20畳 6. 3kw 7. 1kw 18畳 24畳 お部屋の大きさ~1畳は何㎡? エアコンの能力はほとんどが畳数で表示されているので、間取り図などあればそれを参考に畳数を確認しましょう。 もし、畳数がわからない…と言う場合はメジャーなどで計って計算されてみてください。 6 = お部屋の畳数 1畳は1. 冷房能力と暖房能力の違い 暖房能力は冷房能力に比較して 約3割程度パワーが上がります。 どちらもエアコンの能力ですが、電気屋などで商談に使われる「2. 8kwのエアコン」といった表現は 冷房能力を基準にする場合がほとんどです。 また「6畳用エアコン」という表現もしばしば耳にしますが、これは 木造の建物に設置した場合の冷房能力を基準として多く使われます。 そして、この 木造か鉄筋かもエアコンの能力選びの重要なポイントになります。 要注意!鉄筋と木造でエアコンの畳数が違う!? エアコンの適応畳数には必ず「鉄筋」と「木造」の場合の数値が、 木造6畳~鉄筋8畳用 のように記載されていますが、木造と鉄筋の文字が小さく、あたかも8畳ぐらいまでいけるエアコンと勘違いすることもあります。 店頭であれば販売員が説明してくれますが、ジャパネットや通販で購入する場合は気をつけましょう。 また、適応畳数は単純に「 気密性」の点から、鉄筋マンションなどよりも木造一軒家の方が空気が漏れやすいという判断ですので、戸建ての木造住宅でも『 新築の高気密高断熱住宅』などであれば鉄筋の畳数を目安にするのがおすすめです。 こんな時は能力が大きめのエアコンがおすすめ 吹き抜けのリビング 鉄筋12畳のマンションなら通常は2. 8kwクラスのエアコンで十分ですが、吹き抜けがある場合は熱効率がかなり落ちます。 とくに温かい空気は天井へと逃げてしまい 暖房能力が落ちるので気をつけましょう。 大きなガラスの窓がある 以前の記事「」でもご紹介しましたが、 部屋の暑さの7割以上は窓から入る熱が原因です。 最近流行りの壁一面のガラス窓などはおしゃれですが、エアコンの効きは悪くなるので少し大きめの能力にしておくのがおすすめです。 カウンターキッチンのLDK リビングやダイニングは家族が集まる場所なので自然と熱が溜まりやすくなります。 さらにカウンターキッチンがある場合は、台所のガス・レンジなどの熱源があり、 夕飯の準備をする5時頃がとくに室温があがります。 もともとLDKを1台でまかなうには大容量のエアコンを必要としますが、熱の発生も考慮しておく必要があります。 マンション・アパートの最上階 鉄筋マンションで充分な能力のエアコンを購入したけどぜんぜん冷えない… よくあるのが最上階などの天井が直接屋根や屋上とつながっているお部屋。 夏場の屋根や屋上は、まさに焼かれたフライパンのような熱さで 冷房能力は大幅に落ちます。 西日のあたる角部屋 太陽が当たる南側のお部屋ももちろんですが、西日が指す角部屋などはとくに部屋の温度が上がります。 鉄筋マンションの6畳ぐらいの寝室でも、西日があたり続けた部屋は 夜になっても熱が冷めないので少し大きめにしておきたいところです。 2階に室内機・1階に室外機 一戸建てのベランダがない部屋だと、2階にエアコンをつけて1階に室外機だけを置くケースもあります。 この場合、室外機から室内機までの 配管の長さが増え、さらに2階までガスをあげるためパワーが落ちます。 この場合もできれば、 適用畳数のワンランク上のタイプを選ぶのがおすすめです。 二部屋同時に冷やす 2部屋続きでそれぞれにエアコンが設置できる場合、大容量エアコン1台でまかなうか、2台でそれぞれの部屋につけるか悩むところです。 それぞれにメリット・デメリットがありますが、 常に2部屋使うなら大容量エアコンがおすすめです。 ロフト付きの一人暮らしアパート ロフト付きアパートは前述の吹き抜けリビングと同じくエアコンの能力が落ちる環境になります。 さらに吹き抜けと違って、暑い空気がたまるロフト部分を寝室として使うため、とくにエアコンの冷気が欲しくなります。 こちらの記事でもおすすめしていますが、やはり エアコン+サーキュレーターの併用が一番です。 パソコン・テレビがある 鉄筋6畳なのに2. 2kwのエアコンで冷えない!というケースもありました。 お伺いしてみると高性能のデスクトップパソコンが2台にモニター3台、50型のプラズマテレビ1台・ホームシアターにミニ冷蔵庫付きの素晴らしいお部屋でした。 電化製品はエアコンのように冷やすものもありますが、ほとんどが「熱」を発します。 とくにパソコンは夏場の熱暴走などのキケンもあるので、冷却できる環境を作っておくのが大切です。 エアコンの能力不足は故障の原因 お部屋の広さにあったエアコンを選ばないと『冷えない・暖まらない』だけでなく、 フルパワー運転を続けることで故障や寿命が縮む原因になります。 エアコンや冷蔵庫は大容量タイプを選んでも、消費電力(電気代)がさほど変わらない場合が多く、小さい能力でフルパワーで使うよりも 大きい能力で控えめ運転させるほうが省エネになります。 ですので、 エアコン能力の選び方としては少し大きめにしておくのが失敗しないコツです。

次の

室外機カバー 特大 ジャンボサイズ アルミ製 1080×390×945mm おしゃれ 木目調 エアコンカバー ベランダ 雨 雪 日よけ 大型 KB

エアコン 室外 機 大き さ

セパレート式と呼ばれる一般家庭用エアコンにおいて、室内と室外機械を連絡するホース類を設置するために必要で特殊機種を除き、冷媒配管・連絡電線・ドレンホースが束になり配管穴から外に出すために必要な穴です。 エアコンは室外機で温度を変えた空気を室内機で部屋に広げるため空気や電気の通り道が必要でそれらが上記にで紹介した、冷媒配管・連絡電線・ドレンホースという部品になります。 また例外として壁の中にあらかじめそういった配管が仕込まれている「隠蔽配管」という 特殊な状況もあり、その場合は穴の中に管が有るので穴っぽいものがあった場合は中を覗いて見でください。 一番簡単な確認方法は、穴らしきものの真裏側にもカバーやパテがあればほぼ通常の状態です。 また、大家さんに聞いてみるのも確実な確認方法の一つです。 エアコン業者がする穴あけ工事 ほとんどの家庭で使われている一般的なエアコンは、室内機と室外機に分けられている セパレートエアコンです。 エアコンダクトの穴は 室内機と室外機を繋ぐための配管を通すためのもので、この穴がなくてはエアコンを取り付けることはできません。 普通、この穴は エアコンの室内機の右下に開けられます。 これがもし、 室内機と並行、もしくは上向きにあると排水が上手く外に排出されません。 左下に配管用の穴を開けることも可能ですが、右下と比べるとやはり排水はしづらく、上手に排水ができないと逆流してしまう可能性がありますので、 特別な理由がない場合は室内機の右下の位置がベストです。 また、配管と本体を繋ぐ役割の補助配管が右側についていることが多く、穴から外に出して配管を繋ぐ場合の手間が最小限に抑えられるので、作業が数段楽になります。 以上のことから一番スタンダードな右下に穴を開けることが多いのですが、お部屋の状況などにより違う場所に開けることもあります。 その場合、排水が上手くいくように取り付け業者の方が工夫して考えてくれますので、プロの判断に任せてください。 大切な自宅に安易に穴を開けてしまうと 取り返しのつかない事態にもなりかねませんので、自分で作業を行う場合は事前にしっかりと学習をして最善の注意をするようにしましょう。 新築で穴を開ける時の注意点とは? 新しく購入した大切な家の壁に、エアコンの設置に必要とはいえ穴を開けるのは勇気がいります。 一度開けてしまうと、取り返しが付きませんので、取り付け業者に依頼するときはしっかりと自分の希望を伝え、打ち合わせをするようにしてください。 一番重要なのが穴を開ける場所、即ち取り付け位置ですが、部屋の用途により異なります。 直接冷気が当たらないようにするなど、各自の使いやすい位置をよく考えましょう。 位置によっては室温調整が上手くいかないこともありますので注意が必要です。 室内機と室外機を結ぶ配管を通すために壁に穴を開けるわけですが、最も起きやすいトラブルの一つに 大切な家の構造部材を傷つけてしまったり、穴を開けてしまったりすることがあります。 専門の業者に依頼すれば、そんなトラブルも少ないと思いますが、もし自分で取り付けを行うのであれば、事前にしっかりと穴を開けてはいけない場所を確認しておいてください。 また、 配管に勾配をつけずに設置してしまうと、排水が上手くいかずに逆流してしまう危険がありますので、こちらにも十分に気を付けるようにしましょう。 専門の業者にお願いするときでも、このような注意点を頭に入れておくと、トラブルの際に役立つかもしれません。 穴を開けずに設置する方法とは? 賃貸マンションやアパートなどで エアコンダクトの穴を開けることができない、新築の家なので壁に穴を開けたくないなどさまざまな理由で穴を開けることが難しいケースがあります。 そのような場合にはどのようにしてエアコンを取り付ければ良いのでしょうか。 一般的には壁に穴を開けてエアコンを設置しますが、 穴を開けずに設置する方法も少なからずありますので簡単にご紹介させていただきます。 まずは、 窓用エアコンを購入し、設置することです。 窓にはめ込むタイプのエアコンで、一般的な家庭用のエアコンのように大がかりな取り付け工事は必要ありません。 簡単な工具があれば素人でも比較的簡単に設置することができますが、冷房の効きが若干弱いわりに電気代が高くなってしまいます。 また、運転音も少し大きめなどで、取り付けるお部屋の用途を考えて購入してください。 もう一つの方法は、 窓用の取り付け材である窓パネルを取り付けることです。 この窓パネルは約3000円~で購入することができ、取り付け作業も簡単に行う事ができます。 ただし、このパネルを取り付けてしまうと、 窓の鍵が完全には閉めることができなくなり、防犯面で多少不安が残ります。 以上の二つの方法ですと、 賃貸住宅でもエアコン設置の許可がおりやすいですが、デメリットもありますので、よく考えてから設置するか判断してみてください。 まとめ.

次の

エアコンがうるさいときの対策・原因・メーカー|室外機

エアコン 室外 機 大き さ

このページの目次• そもそも理想的な室外機設置場所の条件とは? 室外機の設置場所を決める上で、気を付けるべきポイントは以下の5点です。 室外機が水平に据え付けられる• 室外機の周りに通気スペースがある• 直射日光に当たらない• 室内機と室外機の距離が近い• 雨ざらしにならない エアコンの性能は、室外機の設置場所によって大きく左右されます。 設置場所を誤ると、エアコンの効きが悪くなったり、騒音が引き起こされたりする可能性もあります。 まずはそのチェックポイントについて詳しく説明していきます。 室外機が水平に取り付けられる 室外機の取り付け場所は、水平でなければなりません。 室外機が傾いて設置されていると、振動や騒音を引き起こす可能性があるからです。 エアコンを使っている間、室外機は常に振動しています。 しかし、室外機が傾いた状態で据え付けられていると、この振動は増大化し、部屋の中にいても室外機の振動や騒音が気になってしまうことがあります。 そのような事態を防ぐため、室外機は水平な場所に取り付けましょう。 また、止むを得ず傾斜のある場所に取り付ける場合には、専用の架台を使って室外機の土台を水平に整える必要があります。 室外機の周りに通気スペースがある 室外機の周りには、空気を循環させるため、通気スペースを空けておきましょう。 下図は、エアコンメーカーのパナソニックが推奨する、通気スペースの広さです。 <パナソニックが推奨する室外機の通気スペース> 出典: この通気スペースを設けることで、エアコンの消費電力を最小限に抑えることができます。 室外機は冷房運転時、熱を周りに捨てる役割を果たしています。 しかし、室外機の周りに通気スペースがないと、空気を循環させることができず、熱い空気が室外機の周辺に溜まってしまいます。 その結果、室外機は効率的に熱を捨てることができず、エアコンの電力効率は悪くなります。 パナソニックは通気スペースの有無がエアコンの運転に与える影響を以下のように説明しています。 室外ユニットの据え付けは、放熱に必要なスペースとして、前・後・左・右・上・下の3方向を開放し通風路を確保してください。 ただし、ベランダの据え付けなどで、やむおえず2方向しか開放できない場合は、冷暖房能力および消費電力が10%程度悪化する場合があります。 出典: エアコンを効率的に使い、電気代を最小限に抑えるために、室外機の周りには通気スペースを設けましょう。 室外機に直射日光が当たらない 室外機を日光の当たらない場所に設置することも、エアコンの消費電力を抑える方法の一つです。 そのため、室外機が日向に設置されていると、太陽熱の影響で室外機本体が温まってしまい、先ほどの通気スペースの件と同じように、エアコンの消費電力が増加してしまいます。 このような事態を避けるため、室外機は日陰に設置するようにしましょう。 また、室外機の設置場所が日向しか確保できない場合は、室外機にカバーを付けることで、日除けの効果を得ることができます。 室内機と室外機の距離が近い エアコンの電力効率を最適にするには、室内機と室外機は近くに設置しなければなりません。 <冷房運転のメカニズム> 出典: 冷房運転時、室外機では冷たい空気を作り、配管を通して室内機から部屋の中に冷たい空気を送り込みます。 しかし、室内機と室外機の距離が離れ、配管が長くなってしまうと、室外機で作った冷たい空気が配管を通っている間に温まってしまいます。 その結果、部屋の中に届く空気の温度が上がってしまい、部屋の中を冷やすためにより多くの電力が必要になります。 エアコンの効きが悪くならないように、室内機と室外機は可能な限り近くに設置するようにしましょう。 室外機が雨ざらしにならない 室外機の設置場所は雨に当たらないことが理想的です。 室外機は本来、雨に強い構造になっていますが、長期間雨ざらしにされた場合には、サビなどが原因で室外機の内部に雨水が入り込む恐れがあります。 これにより、エアコン室外機の故障を引き起こしてしまいます。 エアコンを長く使うためには、室外機は雨ざらしにならない場所に置くことが大切です。 以上が理想的な室外機の設置場所の条件です。 これらの条件を満たした場所に室外機を設置することで、エアコンを長く、快適に使うことができます。 室外機の置き場所がない人のための5つの設置方法 前述の通り、室外機の置き場所がない人でも、室外機を取り付けられる可能性があります。 それを可能にする設置方法は以下の5つです。 天吊り• 壁掛け• 屋根置き• 二段置き• 立ち下ろし これらの特徴とメリット・デメリット、そして設置するための条件について、詳しく解説していきます。 天吊り ベランダの天井に架台を取り付け、その上に室外機を置いて設置する方法です。 この方法は、ベランダの天井に天吊り用の4本のボルトが取り付けられているお部屋でのみ使うことができます。 メリット・デメリットは以下のようになります。 メリット:室外機の周りを囲う壁などがないため、通気スペースが確保できる• デメリット:ベランダが南向きの場合、直射日光に当たり、電力効率が落ちる 2. 壁掛け 建物の外壁に金具で専用の架台を取り付け、そこに室外機を設置する方法です。 メリット・デメリットは以下のようになります。 メリット:ベランダのない部屋でもエアコンを使える• デメリット:架台に囲われ通気スペースがなくなるため、電力効率が落ちる 3. 屋根置き 建物の屋根の上に専用の架台を取り付け、その上に室外機を設置する方法です。 屋根置きができるのは、主に建物の1階の屋根のみです。 メリット・デメリットは以下のようになります。 メリット:ベランダのない部屋でもエアコンを使える• デメリット:日光と雨が直接当たるため、電力効率の低下と故障のリスクがある 4. 二段置き 室外機を1台置き、その上に架台を乗せて室外機を2段重ねで設置する方法です。 1台分の室外機の置き場所があれば、設置可能です。 メリット・デメリットは以下のようになります。 メリット:室外機2台を1台分の面積に設置できるため、場所の節約ができる• デメリット:下段の室外機は上方向への通気ができなくなるため、電力効率が落ちる 5. 立ち下ろし 1階の地面にエアコンの室外機を置き、そこから上層階まで配管を伸ばして設置する方法です。 1階に室外機を置くスペースがあれば、エアコンを使うのが上層階であっても設置することができます。 メリット・デメリットは以下のようになります。 メリット:室外機1台分の場所の節約ができる• デメリット:室内機を設置する場所が上層階の場合、室外機との距離が離れるため、電力効率が落ちる 以上が、室外機を置く場所がない人のための5つの設置方法です。 上記の中から1つ以上、設置条件に当てはまる方法があった方は、エアコン工事業者に訪問見積もりを依頼してみましょう。 実際にご自宅の状況を見た上で最適な設置方法を案内してもらえます。 エアコン工事業者への訪問見積もりはこちらから依頼することができます。 しかし、上の5つの設置方法でも、室外機を取り付けることができない人はどうすれば良いのでしょうか。 そのような方に紹介したいのが、室外機のいらないエアコンです。 室外機のいらないエアコン 室外機をご自宅に取り付けられない方には、室外機のいらないエアコンである「窓用エアコン」がおすすめです。 窓用エアコンとは、部屋の窓を少し開けて、その窓枠に乗せて取り付けるタイプのエアコンです。 窓用エアコンが一般的な壁掛けエアコンと異なる点は以下の3つです。 室外機と室内機が一体化している• 窓枠にエアコン取り付ける• エアコンの取り付け・取り外しが自分でできる その一方で、窓用エアコンにはデメリットもあります。 それは、一般的な壁掛けのエアコンに比べて、部屋の中にも運転音が聞こえやすい点です。 一般的な壁掛けエアコンは、ご存知の通り室外機を部屋の外に設置します。 それに対して窓用エアコンは室外機と室内機が一体化しているため、室外機の運転音が部屋の中でも聞こえやすくなっています。 しかし、窓用エアコンの運転音は、扇風機の強風と同程度といえます。 以下は、窓用エアコンと扇風機の運転音を比較した表です。 <窓用エアコンと扇風機の運転音> 最大運転音 46dB 42dB 上図から、窓用エアコンの運手音は扇風機とほぼ同じ大きさであることが見て取れます。 そのため、今までお部屋で扇風機を使っていた方ならば、騒音も問題なく窓用エアコンを使用することができるでしょう。 窓用エアコンを設置するための2つの条件 窓用エアコンを取り付けられるのは、以下の条件を満たした部屋です。 部屋の窓の開き幅が47cm以上• しかし、主要メーカーである以下の3社が製造する窓用エアコンであれば、上記の条件を満たした窓に取り付けが可能です。 <窓用エアコンの主要メーカー>• 一般的な壁掛けエアコンの室外機を設置できないご家庭でも、窓用エアコンならば取り付けられる可能性があります。 「室外機が取り付けられないから」とエアコンを諦めてしまう前に、窓用エアコンもご検討してはいかがでしょうか。 まとめ 室外機の置き場所がない方でも、設置方法を変えれば室外機を取り付けられる可能性があります。 室外機を置けない人のための設置方法は以下の5つです。 天吊り• 壁掛け• 屋根置き• 二段置き• 立ち下ろし ご自宅の条件に合った設置方法が見つかった方は、エアコン工事の専門業者に訪問見積もりを依頼してみましょう。 上記の方法でも室外機の設置ができない方は、窓用エアコンを検討してみてください。 窓用エアコンは室外機と室内機が一体化しているため、室外機の設置場所を用意する必要がありません。 あなたのご自宅に合ったエアコンの設置方法を選んで、快適にエアコンを使いましょう!.

次の