胃腸 炎 腹痛 いつまで。 胃腸炎による発熱|何度くらい?いつまで続く?9つの原因別の症状

急性胃腸炎の治し方は?完治期間はどれくらい?症状も紹介! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

胃腸 炎 腹痛 いつまで

胃腸炎について 感染性胃腸炎は、細菌、またはウイルスが原因で発症する急性のものですが、細菌やウイルスへの感染を機に症状が起こります。 【サルモネラ】や【カンピロバクター】などの細菌が原因で起こる細菌性胃腸炎の方が、一般的に症状が重くなりがちで、【ノロウイルス】や【アデノウイルス】などが原因のウイルス性胃腸炎は、子供がかかりやすく、脱水症状を起こしやすいため注意が必要です。 どちらの胃腸炎も、 腹痛や嘔吐・下痢といった症状が見られますが、ウイルス性のものは時に、咳や鼻水などといった症状が出るため、風邪と間違えられやすくなります。 また下痢は、水様便になることもあり、時に血便になることもあります。 下痢の期間はいつまで? 胃腸炎の発症期間は、1日から2日程度嘔吐があり、長くても 1週間程で下痢が治まります。 これと言った特効薬はなく、自然治癒する病気ですが、整腸剤を服用し、腸の調子を整えると言った治療法も行われます。 また、下痢や嘔吐を繰り返すため、体内の水分が排出されやすくなるので、 水分補給が大切となります。 下痢止めや吐き気止めは飲まずに、有害物質を排出するようにしましょう。 嘔吐なしでも危険? 下痢や嘔吐といった胃腸炎の症状が回復しても、ノロウイルスなどの病原体は、 1カ月の長期間に渡り 便の中にあらわれます。 そのため、胃腸炎にかかった赤ちゃんや高齢者の便を処理する時には、必ず 石鹸で手を洗うことと、消毒薬を使用することは必要です。

次の

急性胃腸炎の治し方は?完治期間はどれくらい?症状も紹介! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

胃腸 炎 腹痛 いつまで

嘔吐や下痢、腹痛などを引き起こすノロウイルスや胃腸炎の辛い症状。 体力が落ちるからと言って、無理な食事は控えましょう この時期に発熱や倦怠感だけではなく、腹痛や下痢の症状があるときには、まずや胃腸炎を疑います。 ノロウイルスや胃腸炎を発症すると、食欲のわかない日が続きます。 「何も食べないと体力が落ちる……」と不安になる方も多いようですが、嘔吐や下痢などの症状が治まっていない段階で、無理に食事を摂っても逆効果です。 ノロウイルスや胃腸炎になったら注意したい食事のポイントと、管理栄養士がすすめる胃に優しいレシピをご紹介します。 症状が辛い時は、胃腸の休養と水分や塩分の摂取を忘れずに 腹痛や下痢などの不快症状がある時には、原因が何であれ、まずは胃腸を休めることが肝心です。 仮に腹痛や下痢が続いて1~2日くらい食べられなくても問題はありません。 むしろ、そんなときに無理をして食事をするほうがよくありません。 不快感がおさまってから食事をするようにしましょう。 また、食欲不振が続く場合には、無理をして食べるのではなく、水分と塩分の摂取を心がけてください。 経口補水液OS-1やスポーツドリンクのようなものが効果的です。 これらの飲物は冷たいほうが美味しい印象がありますが、痛みを伴っているときは室温~人肌程度のぬるい温度で飲むようにしましょう。 冷たい飲物で弱っている胃腸を冷やさないようにして下さい。 また、水分摂取が薦められるといっても、炭酸飲料やジュースなどはおすすめできません。 胃腸に負担がかかります。 食事の再開はいつから? 胃に優しい食事のポイント 痛みや下痢などの不快感が治まって、食事をしたいと感じられるようになったら、消化のよい温かい食べ物から食べ始めます。 消化がよく温かい食べ物としては、やわらかく煮たお粥や素うどんなどがおすすめです。 また、ニンジンやさつまいも、カボチャなどを柔らかく煮込んだスープなども良いかと思います。 いずれも濃い味付けは胃腸に負担がかかるため、できるだけ薄味にしましょう。 お菓子類や揚げ物など脂肪の多いものは消化に時間がかかるため、回復期の最初の食事としてはおすすめできません。 徐々に食欲がわいてきたら、たんぱく質と水溶性食物繊維を意識的に摂るようにしましょう。 たんぱく質は、胃の粘膜を保護するはたらきがあります。 ただし、脂身の多い肉ではなく、豆腐や卵、白身魚やササミなどをやわらかく煮たものが良いでしょう。 水溶性食物繊維は、下痢によって著しく悪化してしまった腸内環境の改善に役立ちます。 水溶性食物繊維はワカメや昆布などの海藻類やさつまいも、ヤマイモ、繊維質の少ない果物などがおすすめです。 子供などがぐずって食事を食べたがらないときは、プリンなども回復に役立ちます。 また、ヨーグルトなどで乳酸菌を摂るのも効果的です。 乳酸菌を摂ることで腸内の善玉菌を増やして、ノロウイルスなどの独壇場で荒れ放題だった腸内環境の改善を目指します。 体調回復後、1週間前後は二次感染の予防が大切 恐らく食事を再開して1~2日くらいすると、体調もほぼ元通りと感じるくらいまで回復してくると思います。 不快な症状がなくなれば、今まで通りの食事に戻しても良いでしょう。 ただし、ここで気を緩めてはいけません。 症状が治まっても約1週間は細菌やウイルスが出続けているといわれています。 ノロウイルスや胃腸炎は感染患者の嘔吐物や排泄物の処理をする際にウイルスが手につくなどして、二次感染が拡がるケースが多々ありますが、下痢等の症状が治まってからもトイレの後の入念な手洗いなどは重要です。 患者本人も家族も、「もう元気にしているから大丈夫」と過信せずに、体調不良が治まってからも1~2週間は排泄物からの二次感染に気をつけて下さい。 感染予防や対策についての詳細は、「」のまとめを参照して下さい。 冷蔵庫にあるもので簡単に作れる卵粥と野菜スープ 体調不良のとき、手の込んだ料理を作る元気はありません。 胃に優しく、簡単に作れるものとしておすすめなのが、冷蔵庫にある食材をやわらかく煮たものです。 冷蔵庫によくある食材で簡単に作れるレシピを2つ紹介します。 コクをだすためにモモ肉を使用しましたが、体がかなり弱っているときはむね肉やささみのほうがオススメです。 2)鍋に水を入れ、カットした材料を入れます。 3)よく煮えたら、コンソメ、塩、こしょうで味を整えて出来上がりです。 何よりもノロウイルスや胃腸炎にかからないことが一番です。 ノロウイルスも胃腸炎もどちらも、細菌やウイルス感染によって起こるため、特に小さい子どもや高齢者がいる家庭では神経質になってしまうかもしれません。 まずは手洗いなどの予防策を毎日欠かさず励行することが大切です。

次の

胃腸炎で腹痛が続く!いつまで耐えればいい?

胃腸 炎 腹痛 いつまで

嘔吐や下痢、腹痛などを引き起こすノロウイルスや胃腸炎の辛い症状。 体力が落ちるからと言って、無理な食事は控えましょう この時期に発熱や倦怠感だけではなく、腹痛や下痢の症状があるときには、まずや胃腸炎を疑います。 ノロウイルスや胃腸炎を発症すると、食欲のわかない日が続きます。 「何も食べないと体力が落ちる……」と不安になる方も多いようですが、嘔吐や下痢などの症状が治まっていない段階で、無理に食事を摂っても逆効果です。 ノロウイルスや胃腸炎になったら注意したい食事のポイントと、管理栄養士がすすめる胃に優しいレシピをご紹介します。 症状が辛い時は、胃腸の休養と水分や塩分の摂取を忘れずに 腹痛や下痢などの不快症状がある時には、原因が何であれ、まずは胃腸を休めることが肝心です。 仮に腹痛や下痢が続いて1~2日くらい食べられなくても問題はありません。 むしろ、そんなときに無理をして食事をするほうがよくありません。 不快感がおさまってから食事をするようにしましょう。 また、食欲不振が続く場合には、無理をして食べるのではなく、水分と塩分の摂取を心がけてください。 経口補水液OS-1やスポーツドリンクのようなものが効果的です。 これらの飲物は冷たいほうが美味しい印象がありますが、痛みを伴っているときは室温~人肌程度のぬるい温度で飲むようにしましょう。 冷たい飲物で弱っている胃腸を冷やさないようにして下さい。 また、水分摂取が薦められるといっても、炭酸飲料やジュースなどはおすすめできません。 胃腸に負担がかかります。 食事の再開はいつから? 胃に優しい食事のポイント 痛みや下痢などの不快感が治まって、食事をしたいと感じられるようになったら、消化のよい温かい食べ物から食べ始めます。 消化がよく温かい食べ物としては、やわらかく煮たお粥や素うどんなどがおすすめです。 また、ニンジンやさつまいも、カボチャなどを柔らかく煮込んだスープなども良いかと思います。 いずれも濃い味付けは胃腸に負担がかかるため、できるだけ薄味にしましょう。 お菓子類や揚げ物など脂肪の多いものは消化に時間がかかるため、回復期の最初の食事としてはおすすめできません。 徐々に食欲がわいてきたら、たんぱく質と水溶性食物繊維を意識的に摂るようにしましょう。 たんぱく質は、胃の粘膜を保護するはたらきがあります。 ただし、脂身の多い肉ではなく、豆腐や卵、白身魚やササミなどをやわらかく煮たものが良いでしょう。 水溶性食物繊維は、下痢によって著しく悪化してしまった腸内環境の改善に役立ちます。 水溶性食物繊維はワカメや昆布などの海藻類やさつまいも、ヤマイモ、繊維質の少ない果物などがおすすめです。 子供などがぐずって食事を食べたがらないときは、プリンなども回復に役立ちます。 また、ヨーグルトなどで乳酸菌を摂るのも効果的です。 乳酸菌を摂ることで腸内の善玉菌を増やして、ノロウイルスなどの独壇場で荒れ放題だった腸内環境の改善を目指します。 体調回復後、1週間前後は二次感染の予防が大切 恐らく食事を再開して1~2日くらいすると、体調もほぼ元通りと感じるくらいまで回復してくると思います。 不快な症状がなくなれば、今まで通りの食事に戻しても良いでしょう。 ただし、ここで気を緩めてはいけません。 症状が治まっても約1週間は細菌やウイルスが出続けているといわれています。 ノロウイルスや胃腸炎は感染患者の嘔吐物や排泄物の処理をする際にウイルスが手につくなどして、二次感染が拡がるケースが多々ありますが、下痢等の症状が治まってからもトイレの後の入念な手洗いなどは重要です。 患者本人も家族も、「もう元気にしているから大丈夫」と過信せずに、体調不良が治まってからも1~2週間は排泄物からの二次感染に気をつけて下さい。 感染予防や対策についての詳細は、「」のまとめを参照して下さい。 冷蔵庫にあるもので簡単に作れる卵粥と野菜スープ 体調不良のとき、手の込んだ料理を作る元気はありません。 胃に優しく、簡単に作れるものとしておすすめなのが、冷蔵庫にある食材をやわらかく煮たものです。 冷蔵庫によくある食材で簡単に作れるレシピを2つ紹介します。 コクをだすためにモモ肉を使用しましたが、体がかなり弱っているときはむね肉やささみのほうがオススメです。 2)鍋に水を入れ、カットした材料を入れます。 3)よく煮えたら、コンソメ、塩、こしょうで味を整えて出来上がりです。 何よりもノロウイルスや胃腸炎にかからないことが一番です。 ノロウイルスも胃腸炎もどちらも、細菌やウイルス感染によって起こるため、特に小さい子どもや高齢者がいる家庭では神経質になってしまうかもしれません。 まずは手洗いなどの予防策を毎日欠かさず励行することが大切です。

次の