イエスタデイ ビートルズ。 <歌詞和訳>Yesterday

Yesterday (イエスタデイ )ビートルズ歌詞・対訳・動画・試聴

イエスタデイ ビートルズ

Contents• ビートルズのイメージを一新した珠玉のラブ・バラード ポールの作品。 彼は最初メロディーだけを作り、「スクランブルド・エッグ」というタイトルをつけていた。 その後、「イエスタデイ」という言葉が浮かび、そ のイメージで歌詞を書き上げた。 ビートルズの音楽を単なる"騒音"と して嫌っていた人々がこの曲の出現によってビートルズに対する考え方を変えていった。 1965年8月6日に発売された5枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『4人はアイドル』のB面6曲目に収録されている。 実質的にはポール・マッカートニーの作品である。 リード・ヴォーカルはポール。 弦楽四重奏をバックにしたアコースティック・バラードをビートルズ名義で初めて発売した曲であり、数あるビートルズ・ナンバーの中でも人気の高い作品のひとつである。 世界中のミュージシャンに数多くカヴァーされており、ビートルズ活動時点で既に1,000を超えるカヴァー・ヴァージョンが存在し、現在では正確なカバー数は把握困難である。 「世界で最も多くカヴァーされた曲」としてギネス・ワールド・レコーズに認定されている。 英国BBC4が2012年に放送したドキュメンタリー番組 「ザ・リッチエスト・ソングス・イン・ザ・ワールド」の中で、音楽史上最も稼いだ10曲を選出し、イエスタデイが4位にランクしている。 1999年の英国BBCラジオ2の世論調査で、20世紀の最高のベストソングに選ばれ、翌2000年には、ローリングストーンとMTV共同のグレイテスト・ポップソング100の1位に選ばれた。 「ロックバンドがスリーコードやロックンロールのメロディにとらわれない作曲を行なった」「ロックバンドがストリングスを使用した」として高く評価された。 ビートルズは、この試みの走りとなり、次第にアーティスト集団として見られるようになっていった。 この曲は、現在では「ヘイ・ジュード」と共にに主に日本の中学校・高等学校の音楽の教科書に採用され教材になっている。 ポールは、この曲が出来た経緯を「睡眠中に夢の中でメロディが浮かんだので急いでコードを探してスタジオで完成させた。 作ろうとおもってできるメロディじゃないよ。 あまりにも自然に浮かんできたものだから、別の誰かの曲のメロディなんじゃないかと思って、みんなに聞かせて回ったけど、誰もこのメロディを知らないみたいだったから、僕のオリジナル曲だと認識した」と述べている。 『イエスタデイ』でついてジョン・レノンは「もちろんあれはポールの歌でポールの秘蔵っ子さ。 よくできてるよ。 ビューティフルだよ。 でも俺が作っときゃ良かったと思った事は一度もないね。 ただ、この曲では俺も散々褒められたけどね」と語っている。 睡眠中(朝食前)にメロディが浮かんだので朝食のイメージから作曲当初に書いた "Scrambled Eggs,oh my baby how I love your legs? 「Yesterday」はポールの母に捧げた歌 歌詞の内容から「自分の元を去った恋人を想う歌」と解釈されていたが後にポールは「僕が14歳の時に乳癌で死去した母への想いを歌った曲である」と述べている。 なおポールの母であるメアリー・パトリシア・モーヒン(1909年9月29日-1956年10月31日)は「子供達が大きくなるのを見たかったわ」と言い残し満47歳で死去している。 弦楽四重奏のアレンジは、プロデューサーのジョージ・マーティンによるものである。 ポールは最初「ストリングスのアレンジをマントヴァーニみたいなことはお断りだ」と述べていたが「ではカルテットでどうか? 」というマーティンの提案を受容して完成させた。 2度目のサビで第1フレーズと第2フレーズの間にチェロが「ミーソーファミ」と奏するアレンジと、第3コーラスでヴァイオリンが非常に高い持続音を奏するアレンジはポールのアイデアによるものである。 アコースティック・ギターとヴォーカルを担当したポール以外、他のビートルズのメンバー3人はレコーディングに参加していない。 ポールは、ギターのチューニングを全弦1音下げでレコーディング。 2テイク録音され第2テイクが採用された。 なおこの曲がコンサートで演奏される時には、ビートルズ時代はメンバー全員で演奏されるバンド形式のアレンジが行われ、ポールはヴォーカルとベースを担当し(スタジオ音源でポールが弾いたギター部分はジョン・レノンが演奏し、ジョージ・ハリスンはストリングスの部分をギターで演奏した)、稀にオルガンで伴奏することもあった(1966年の日本公演ではベースを演奏した)。 ビートルズの来日公演でも演奏されました 1966年6月30日から7月2日までの日本武道館公演において「イエスタデイ」も演奏された。 ポールが曲を歌いだすと、突然今まで彼らに向けられていた歓声が止んだ。 ビートルズの公演では異例なことで、ジョンも「突然クラシックコンサートのステージに立ったみたいで、緊張した」と述べている。 ポールも「日本のファンは、マナーを守って僕らの曲を聴いてくれるので好感が持てる。 親日家になったきっかけだ」と述べている。 「イエスタデイ」のシングル盤は1965年9月13日にアメリカで発売された。 本作は英国では8月6日にアルバム『4人はアイドル』において発表済みではあったが、米国キャピトル編集盤 『ヘルプ(四人はアイドル)』(1965年8月13日発売)には「イエスタデイ」は収録されなかった。 そのため米国では新曲扱いのシングル盤となっていた。 ビルボード4週連続1位、キャッシュボックス誌では3週連続第1位を獲得。 アメリカでは100万枚以上のセールスを記録している。 B面は「アクト・ナチュラリー」。 英国以外のヨーロッパ圏各国では「ディジー・ミス・リジー」のB面としてシングルカットされている。 日本でもアメリカと同じカップリングのシングル盤はリリースされたが、「アクト・ナチュラリー」がA面であった。 イギリスではビートルズの活動中にはシングル・カットはなされなかった。 ただし4曲入りEP『イエスタデイ』においてカット発売され、他国への輸出専用盤として上記の「ディジー・ミス・リジー/イエスタデイ」のシングル盤が製造されている。 ビートルズ解散後の1976年3月8日、「恋する二人」をB面にして英国内販売用にもシングル・カットされた。 なお日本ではこちらのシングル盤も販売されている。 「Yesterday」チャート最高順位.

次の

『イエスタデイ』これはビートルズ映画ではない!現代の《バズる》を風刺した傑作だ!チェ・ブンブンのティーマ

イエスタデイ ビートルズ

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として• ジョン・レノン(リズムギター)• ポール・マッカートニー(ベース)• ジョージ・ハリソン(リードギター)• リンゴ・スター(ドラムス) という4人で活動を行った。 オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。 リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、がある。 全213曲中144曲(全体の約68%)は「」共同クレジット曲。 共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。 Yesterday(イエスタデイ)という曲 Yesterday(イエスタデイ)は、1965年に発売された5枚目のアルバム『Help! (4人はアイドル)』のB面6曲目に収録されている楽曲。 ビートルズ名義で弦楽四重奏のアコースティック・バラードを初めて発表した曲である。 trouble「悩み、心配事」• seem「~のようだ」• far away「遠く」• as though「まるで」• 対比として• 昨日=悩みとは無縁• 今日=悩みが日常化 なので、自分は今この瞬間ではなく Oh, I believe in yesterday ああ 僕は昨日を信じるさ 「yesterday(=悩みとは無縁の日々)」を「believe in(信じる)」という態度を選択するということ。 suddenly「突然」• not half「少しも(全く)~ない」• used to be「以前は~だった」• shadow「影」• hang over「立ち籠める」 突然、訪れた出来事によって自分が全く異なった人間になってしまった。 Oh, yesterday came suddenly ああ 突然 昨日になってたんだ に関しては、を参考に訳した。 悩みとは無縁の幸せな日が、いつの間にか「昨日(=過去)」になってしまったと途方に暮れる様。 wrong「間違った」• long for「切望する」 大切な彼女が何処かへ行ってしまった。 理由はわからない、きっと僕が間違ったことを言ってしまったんだという自責の念が伺える。 昨日に戻れたら、昨日(=悩みとは無縁の日)がまた訪れればという気持ちの表れ。 Yesterday 昨日 Love was such an easy game to play 愛なんて簡単な遊びだった Now I need a place to hide away 今 僕はどこか隠れてしまいたい Oh, I believe in yesterday ああ 僕は昨日を信じるよ 単語は• hide away「隠れる」 「昨日(=悩みとは無縁の日)」は、愛そうと思えば愛せる簡単な場所にいつも彼女がいた。 でも今はもうどこにもいない。 失ってからその大切さに気付いた自分を恥じて、どこかに隠れたい。 そしてただ失われた時、あの幸せだった日、昨日を僕は頑なに信じてるんだ、という流れ。 サビ部分の I believe in yesterday に関しては既にが、できるだけシンプルな訳になるように努めた。 和訳した感想 ということで今回はBeatles(ビートルズ)の• Yesterday(イエスタデイ) の歌詞を和訳しました。 ラブソングとして聞くこともできますが、亡き母親を想って作られた歌と知っていた方がより歌詞の深みを感じられるのではないでしょうか。 ちなみにこの曲のレコーディングは、ポール・マッカートニー23歳の誕生日の4日前(1965年6月14日)に開始されたそうです。 世界中の誰もが口ずさめる名曲を弱冠22歳にして作り上げてしまった(しかも夢の中で聞いた!?)というのは、まさにフィクションの中の天才のような逸話だと感じます。 同名タイトルの映画「イエスタデイ」も2019年に話題となりましたね。 ポール・マッカートニー自身もこっそりお忍びで映画館に足を運んだようで よかったよ。 試写会とかで見るよりも観客と見たかったから、いい方法で見られたよ。 すごくいい映画だと思った。 とようです。

次の

イエスタデイ (2019年の映画)

イエスタデイ ビートルズ

オスカー監督ダニー・ボイルがメガホンをとり、伝説のバンド「ザ・ビートルズ」が存在しないという衝撃の世界を描く「イエスタデイ」の特別映像が公開された。 ザ・ビートルズのアルバム「アビイ・ロード」のリリースから50年を記念して、ザ・ビートルズの名曲をふんだんに使用しながら、キャスト、スタッフらが本作について語っている。 本作は、「トレインスポッティング」で注目を浴び、「スラムドッグ$ミリオネア」で第81回アカデミー賞の8冠を獲得したボイル監督と、「ブリジット・ジョーンズの日記」「ラブ・アクチュアリー」などイギリスを代表するロマンチック・コメディを手掛けてきた脚本家リチャード・カーティスがタッグを組んだ。 主人公ジャック(ハイムシュ・パテル)は、イギリスの小さな海辺の町に住む、悩めるシンガーソングライター。 幼なじみで親友のエリー(リリー・ジェームズ)から献身的に支えられているが全く売れず、音楽で有名になりたいという自分の夢に限界を感じていた。 ある日、世界規模で瞬間的な停電が起こり、交通事故に遭ってしまうジャック。 昏睡状態から目を覚ますと、この世には「ザ・ビートルズ」が存在していなかったことになっていると気がつく。 特別映像では、本人役で出演しているエド・シーランが「この映画の内容を話すと誰もが興味を持つ。 物語を彩るザ・ビートルズの楽曲について、音楽プロデューサーのアデム・イルハンは「選曲はリチャード(・カーティス)が熟考を重ねた。 曲順でストーリーが展開するから、音楽がとにかく大事だった」と明かす。 選曲をしたカーティス本人は「ザ・ビートルズが持つ全ての側面から曲を選びたいと思っていた。 でも、彼らの全アルバムを掘り起こすはめになって大変だった(笑)」とこだわりをにじませた。 「イエスタデイ」は、10月11日から全国で公開。 外部サイト.

次の