異常干支 2020。 【おもしろ四柱推命】異常干支って?才能あふれる苦労性さんをご紹介!

【異常干支】特徴と年運に巡ってきた時

異常干支 2020

異常干支(いじょうえと)とは、60種類ある干支の中でも 精神面で他とは異なる個性(異常性)が出やすい干支のことを言います。 一般的にどんな基準で「奇人」「変人」「凡人」などにカテゴリー分けするのかはそれぞれですが、陰占で見る「奇人」「変人」は異常干支に該当します。 この異常干支は確かに変わり者ですから、人からは理解されにくい個性を持つことになります。 ただし、異常干支を持つということは、 「鋭い感性」や「霊感」、「先見の明」など、普通の人では持ち得ない才能を持つということになるのです。 なので、クリエイティブな世界で活躍したり、とんでもない発明をしたりと、自分の能力を発揮して社会貢献できるパワーも絶大です。 異常干支を持っている人はある種の「天才」にもなり得るということを覚えておいてください。 ちなみに、男性で異常干支を持つ人と女性で異常干支を持つ人を見比べてみると、 女性の方は非常に明るい人が多いのに対し、 男性の方は陰湿で暗い雰囲気の人が多めです。 とは言え、異常干支の中にも個性の強度があり、強烈(霊感が強い、など)な異常干支もあるので、 強烈TOP3の異常干支(表がピンクになっている「丁亥」「壬午」「辛巳」)の場合は月柱や年柱に現れた場合も多少なりとも影響があると考えていいでしょう。 異常干支は「通常異常干支」が6個、「暗号異常干支」が7個の計13個あります。 通常異常干支(つうじょういじょうえと) 通常なのか異常なのか・・・ややこしい名称ですが、間違いなく異常な個性の干支であることに間違いはありません。 ただ、後に登場してくる「暗号異常干支」よりも通常、という感じでゆる〜く理解してもらえれば大丈夫です。 甲戌 <> 標準的な結婚生活や家庭生活を送ると異常が出やすいので、算命学で言う「普通の結婚」ではない、型から外れた結婚(例:独身、海外生活、子供いない家庭、片親、10歳以上離れた年の差婚)の方が向いている人。 別居や海外生活、国際結婚など変わった結婚生活では異常性が出ないが、帰国すると運気が落ちやすい。 入籍をしない、子供がいない家庭になることもある。 松岡修造、秋元康、板野友美、田村 淳、本田翼、安田美沙子、板野友美など 11 乙亥 稲葉浩志、クリスティアーノ・ロナウド、剛力彩芽、橋下徹、貴乃花、和田アキ子、松任谷由実、吉田羊など 12 丁巳 異常干支の異常強度は低いが豊かに育つと異常性が出やすい。 経済力がある。 跡取りとしては伸び悩むけれど一代運として栄える。 ロバート・パティンソン、徳光和夫、真剣佑、哀川翔、梨花、中村俊輔など 54 戊戌 高学歴だったり高い教養を持つと異常性が出やすい。 実践を重んじて専門分野を極めると良い。 身強(身旺)の配偶者を得ると異常性が弱まる(一度目の結婚が大切)。 ウィル・スミス、三島由紀夫、南原 清隆、オダギリジョー、藤田ニコル、松たか子、ヒロミ、北川景子など 35 庚子 親から過保護に育てられると健康面(特に内臓)に問題が出やすい。 実父母に育てられないほうが丈夫になる。 ジェニファー・ロペス、宮根 誠司、宮藤官九郎、山田 優、神木 隆之介、山口達也、倖田來未、ブルゾンちえみなど 37 辛亥 体の形態に異常性が表れる可能性がある。 怪我や手術によって身体に傷が残るなど、整形は失敗しやすいので避けた方が無難。 ネイマール、堺 正章、織田 裕二、草彅 剛、滝沢秀明、伊達公子、石田ゆり子、菅野美穂、HIKAKIN(ヒカキン)、藤木直人、福士蒼汰など 48 暗号異常干支(あんごういじょうえと) 暗合異常干支とは、干支の天干と地支二十八元の蔵干とが干合して変化する干支を暗合異常干支といいます。 ちょっと難しいですね。 例えば、下記のように変化します。 暗合すると十二大従星が時間を移動します。 干合とは魂の融合を意味しており、魂が融合するから結婚しますので、干合は配偶者の霊魂となります。 配偶者の霊魂と融合できないと、空間の気と融合し、それは憑依を意味します。 ちなみに、赤ちゃんの魂が母親の母体に宿るのも、母の魂と融合した瞬間になります。 男性と女性が結ばれて融合した瞬間、母体に赤ちゃんの魂が憑依する。 ということになります。 暗号して十二大従星が時間を移動することをうまく消化できれば霊能力となりますが、うまく消化できないと憑依現象は、脳や精神の異常性となって現れます。 暗号異常干支 個性の特徴 芸能人例 No. 丙戌 高学歴、高い教養を身に付けると逆に常識的でなくなる傾向あり。 早くから社会に出て庶民的な生活を送るのが良い。 一度目の結婚に失敗すると同じことを繰り返しやすい。 ジャスティン・ビーバー、志村けん、山下達郎、玉木宏、橋本環奈、東出昌大など 23 丁亥 60干支の中で1番霊感が強く感性が強い異常性を持つ。 先見の明があり一般常識に捉われない傾向にある。 女性は夫と精神面で理解しあうことが難しい傾向あり。 黒澤明、尾崎豊、桜井和寿、所 ジョージ、竹野内豊、林真理子、など(月柱にある芸能人ではX JAPAN YOSHIKI) 24 戊子 きまぐれでコロコロ気が変わり勝手な性格が出やすい。 平均的な家庭では礼儀に欠け無節操になりやすい。 逆境の中で育つことで礼儀正しく正常になる。 ヴィクトリア・ベッカム、ロバート・ダウニー・Jr、石橋 貴明、香取慎吾、藤原竜也、蒼井優、本田圭佑、杏、道端ジェシカなど 25 己亥 肉体的な霊感が強く、危険を回避することができる。 器用で他人の真似できない仕事ができる。 家庭波乱の状況では解決力があるが逆に平和な家庭では波乱を起こしやすい(ノイローゼ) 結婚相手は身強(身旺)の人を選んだほうが良い。 ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイ、セレーナ・ゴメス、山口 百恵、中島みゆき、ベッキー、泉里香、赤西仁、池松壮亮など 36 辛巳 60干支の中で3番目に霊感が強く、先を見通すことができる。 運気が強く上流の家庭で育つと正常だが、貧困の家庭で育つと異常性が出やすい。 女性は夫をさげすむ傾向が見受けられるので注意が必要になる。 シルヴェスター・スタローン、アンジェリーナ・ジョリー、吉永 小百合、中居正広、伊勢谷 友介、伊藤 英明、篠原涼子、荒川静香、相葉 雅紀、前田 敦子、山田孝之など 18 壬午 60干支の中で2番目に霊感が強い。 正夢を見るなど、霊能力者の素質があり先見の明がある。 精神面に異常性が出やすい。 家庭が波乱の状況では解決力があるが、逆に平和な家庭では波乱を起こしやすい。 蜷川 実花、アニマル浜口、ダレノガレ明美、坂口健太郎、沢尻エリカ、松嶋 菜々子など 19 癸巳 結婚すると相手に異常性が出やすく、本人よりも周囲の人に異常性が出る傾向にある。 結婚相手に異常な人を選ぶこともある。 最初の結婚に失敗すると人生が波乱になりやすい。 泉 ピン子、玉置 浩二、堀江 貴文、寺島しのぶ、浅田真央、小倉優子、シシド・カフカ、佐々木 希、窪田 正孝、槇原敬之など 30 異常干支を持つ人というのは、問題が多いような家庭環境に身を置くことが多くなったり、平和で平凡な家庭で育つとそれを壊したりします。 逆に、波乱の多い環境ではずば抜けた問題解決能力を発揮します。 異常干支を持つ人が平和な家庭環境を維持して自分の異常性を抑えるためには、 身強(天将星、天禄星、天南星)の人と結婚すると良いでしょう。 そうすることで家庭環境は落ち着きやすくなります。 ちなみに、「亥」は異常干支多めで、「亥」の中で異常干支ではない干支は60番目の「癸亥」です。 この干支を持つ芸能人で例をあげると、 マザー・テレサ、明石家さんま、タモリ、桑田佳祐、森昌子、王貞治、錦織圭、長谷川 博己 など というそうそうたる顔ぶれです・・・! とても活躍・社会貢献されている方ばかりです。 60番目の「癸亥」は異常干支の仲間に入っていませんが、特殊な才能・エネルギーを持っていると言えるかもしれませんね。 六十干支の特徴• 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 干支占いのオススメ書籍 相性占いの必読書 論理的で的確な本格書籍 干支に13番目が存在していた!? 一家に一冊!干支の辞書 現代風でユーモアのある表現.

次の

算命学:表干支と裏干支

異常干支 2020

Contents• 暦の上では2020年の始まりは2月4日。 あけましておめでとうございます! 暦の上では本日、2月4日が新しい年の始まりです。 なぜ2月4日なのか?それは、節入りである立春の日が新年の始まりだからです。 現代は西暦を基準に毎年1月1日が新年となっていますが、暦での節入りは毎年同じ日に決まっているわけではなく、その年により前後しています。 ですので、立春の日も毎年若干前後したりしますが、今年の立春は2月4日なので、2月4日から新しい年の始まりとなっています。 四柱推命では暦をもとにすべてを導き出しています。 なので2020年の運気のスタートも厳密には2月4日からになりますが、運気はその日を境にガラッと変わるものではありません。 徐々にグラデーションのように移り変わっていくようなものなので、そこまで運気の切り替わりを気にする必要はありませんが、「四柱推命は暦を基にしている。 」「新年のスタート立春から。 」ということを頭の片隅に置いておくとさらに理解は深まるかと思います。 2020年の干支は「庚子(かのえね)」 先ほどもお伝えしたように、四柱推命では立春の日から翌年の立春の前日までを一年とみます。 現在、この一年を表すのに最適な言葉が見つからないので、便宜上「2020年」と表現していますが、「皆さんの2020年」と「四柱推命で言う2020年」には1か月ほどの誤差があります。 ですので、2020年(2月4日~翌年2月3日)ということで読み進めていただければと思います。 2020年に巡ってくる干支は 「庚子(かのえね)」です。 十干の「庚」は鉄・鉱脈を表し、五行は「金+」です。 十二支の「子」はネズミで、五行は「水+」、そして季節は12月、真冬を表します。 「庚子」は真冬の海に沈んだ金属を表し、 「海底に沈む宝」と言われています。 「庚」の特徴は、頑固さNo. 1だけど、ぶれない意志力を持ち、やると決めたことはやり遂げるだけのパワフルさを兼ね備えています。 そしてスピードが命。 鉄は熱いうちに打てというように、心が熱く盛り上がっている時に動くことがベスト。 決めたこと、やりたいことをスピード感を持って行動していくことがすごく大事になってきます。 特に真冬の海に沈んでいることから、普段以上にスピード感が大事になってきます。 もたもたしてたり、うだうだしてたら、あっという間にさび付いてしまいます。 だから頭で考えるよりも、とにかくやってみよう!チャレンジしてみよう! そしてやってみてそれでどう感じたか。 何を得られたか。 そしてそれを糧にまた動く。 この繰り返していくことが大切です。 「庚子」は「異常干支」の一つであり、「異常干支」が3年続いた最後の年。 2018年から2020年までの3年間、「異常干支」が続いています。 異常 = いつもと違う 普通じゃないこと ということです。 以上!!それだけです。 「異常」という言葉に恐れや恐怖、不安をくっ付けてるだけ。 そう勝手に設定してるだけなので、その設定をまずスパッと切り離しましょう! ただ、「普通と違う」だけです。 「異常干支」は怖いことが起こる年ではない。 新しいことが受け入れられる年。 この異常干支3年間は今まで当たり前だったこと、世間の常識と言われていることじゃない、「変わったこと」、「面白いこと」、「新しいこと」がいつも以上にフューチャーされたり、ピックアップされやすい年です。 そして、そういったことが「いいね!」「それもあり!!」「そっちの方が良いかも!」と普段よりも受け入れやすい流れになっているってことです。 だからこそ、 異常干支が続いたこの3年間は「変革の年」でもあると思います。 実際2018年、2019年を振り返るとその流れは間違いなく来ているのではないでしょうか。 そして2020年はその最後の年。 今までは自分の思いよりも、周りの目、周りの意見を優先したり、常識を優先していたけど(これが今までは良しとされ、素晴らしいこととされてきたけど)、 「もっともっと自分の気持ちに素直になろう!」 「自分のやりたいことを楽しんでやっていこう!」 「周りの目を気にせず、自分を表現していこう!」 そんな自分をバックアップしてくれる時期です。 そして、スピリチュアルの世界では、アセンションや目醒めのゲートが閉まるといわれているのが2020年です。 そこにもばっちりリンクしています。 2020年にかけて、 今の「出来ない、やれないの世界」から、「何でもできる!やれるの世界で生きる!新しい世界に行く!」って決めた人には四柱推命の運気もめちゃくちゃ良い時期です。 そして普段よりもそういったことが感じられたり、気づいたりして、選択ができる時期。 新しい生き方や考え方があるってことに気づけなかったら、選ぶこともできないけど、そこに気づくことができたり、知ることができる。 そういった面でもバックアップしてくれる年であると思います。 今までの外側を優先した生き方から、「私」を大切にする内側を優先した生き方へ。 2020年は、「どんな生き方をするか」、「どんな在り方でいるか」そこをしっかりと決めきる年にしていきましょう。 そして、この変革の時期の最後の年に決めたことは、意志力、頑固さNo. 1の「庚」のパワーでしっかりとあなたの中に根付いていくはず。 さらに「子」は始まりであり、繁栄の象徴でもあります。 だからこそ、本当に望むことを選ぶ。 妥協しない。 この辺を意識して2020年を過ごしてみてください。 2020年が終わるころにはビックリするほど、世界は変わってると思うよ。

次の

三柱異常干支の人々( 随時更新中 )

異常干支 2020

異常干支(いじょうえと)とは、60種類ある干支の中でも 精神面で他とは異なる個性(異常性)が出やすい干支のことを言います。 一般的にどんな基準で「奇人」「変人」「凡人」などにカテゴリー分けするのかはそれぞれですが、陰占で見る「奇人」「変人」は異常干支に該当します。 この異常干支は確かに変わり者ですから、人からは理解されにくい個性を持つことになります。 ただし、異常干支を持つということは、 「鋭い感性」や「霊感」、「先見の明」など、普通の人では持ち得ない才能を持つということになるのです。 なので、クリエイティブな世界で活躍したり、とんでもない発明をしたりと、自分の能力を発揮して社会貢献できるパワーも絶大です。 異常干支を持っている人はある種の「天才」にもなり得るということを覚えておいてください。 ちなみに、男性で異常干支を持つ人と女性で異常干支を持つ人を見比べてみると、 女性の方は非常に明るい人が多いのに対し、 男性の方は陰湿で暗い雰囲気の人が多めです。 とは言え、異常干支の中にも個性の強度があり、強烈(霊感が強い、など)な異常干支もあるので、 強烈TOP3の異常干支(表がピンクになっている「丁亥」「壬午」「辛巳」)の場合は月柱や年柱に現れた場合も多少なりとも影響があると考えていいでしょう。 異常干支は「通常異常干支」が6個、「暗号異常干支」が7個の計13個あります。 通常異常干支(つうじょういじょうえと) 通常なのか異常なのか・・・ややこしい名称ですが、間違いなく異常な個性の干支であることに間違いはありません。 ただ、後に登場してくる「暗号異常干支」よりも通常、という感じでゆる〜く理解してもらえれば大丈夫です。 甲戌 <> 標準的な結婚生活や家庭生活を送ると異常が出やすいので、算命学で言う「普通の結婚」ではない、型から外れた結婚(例:独身、海外生活、子供いない家庭、片親、10歳以上離れた年の差婚)の方が向いている人。 別居や海外生活、国際結婚など変わった結婚生活では異常性が出ないが、帰国すると運気が落ちやすい。 入籍をしない、子供がいない家庭になることもある。 松岡修造、秋元康、板野友美、田村 淳、本田翼、安田美沙子、板野友美など 11 乙亥 稲葉浩志、クリスティアーノ・ロナウド、剛力彩芽、橋下徹、貴乃花、和田アキ子、松任谷由実、吉田羊など 12 丁巳 異常干支の異常強度は低いが豊かに育つと異常性が出やすい。 経済力がある。 跡取りとしては伸び悩むけれど一代運として栄える。 ロバート・パティンソン、徳光和夫、真剣佑、哀川翔、梨花、中村俊輔など 54 戊戌 高学歴だったり高い教養を持つと異常性が出やすい。 実践を重んじて専門分野を極めると良い。 身強(身旺)の配偶者を得ると異常性が弱まる(一度目の結婚が大切)。 ウィル・スミス、三島由紀夫、南原 清隆、オダギリジョー、藤田ニコル、松たか子、ヒロミ、北川景子など 35 庚子 親から過保護に育てられると健康面(特に内臓)に問題が出やすい。 実父母に育てられないほうが丈夫になる。 ジェニファー・ロペス、宮根 誠司、宮藤官九郎、山田 優、神木 隆之介、山口達也、倖田來未、ブルゾンちえみなど 37 辛亥 体の形態に異常性が表れる可能性がある。 怪我や手術によって身体に傷が残るなど、整形は失敗しやすいので避けた方が無難。 ネイマール、堺 正章、織田 裕二、草彅 剛、滝沢秀明、伊達公子、石田ゆり子、菅野美穂、HIKAKIN(ヒカキン)、藤木直人、福士蒼汰など 48 暗号異常干支(あんごういじょうえと) 暗合異常干支とは、干支の天干と地支二十八元の蔵干とが干合して変化する干支を暗合異常干支といいます。 ちょっと難しいですね。 例えば、下記のように変化します。 暗合すると十二大従星が時間を移動します。 干合とは魂の融合を意味しており、魂が融合するから結婚しますので、干合は配偶者の霊魂となります。 配偶者の霊魂と融合できないと、空間の気と融合し、それは憑依を意味します。 ちなみに、赤ちゃんの魂が母親の母体に宿るのも、母の魂と融合した瞬間になります。 男性と女性が結ばれて融合した瞬間、母体に赤ちゃんの魂が憑依する。 ということになります。 暗号して十二大従星が時間を移動することをうまく消化できれば霊能力となりますが、うまく消化できないと憑依現象は、脳や精神の異常性となって現れます。 暗号異常干支 個性の特徴 芸能人例 No. 丙戌 高学歴、高い教養を身に付けると逆に常識的でなくなる傾向あり。 早くから社会に出て庶民的な生活を送るのが良い。 一度目の結婚に失敗すると同じことを繰り返しやすい。 ジャスティン・ビーバー、志村けん、山下達郎、玉木宏、橋本環奈、東出昌大など 23 丁亥 60干支の中で1番霊感が強く感性が強い異常性を持つ。 先見の明があり一般常識に捉われない傾向にある。 女性は夫と精神面で理解しあうことが難しい傾向あり。 黒澤明、尾崎豊、桜井和寿、所 ジョージ、竹野内豊、林真理子、など(月柱にある芸能人ではX JAPAN YOSHIKI) 24 戊子 きまぐれでコロコロ気が変わり勝手な性格が出やすい。 平均的な家庭では礼儀に欠け無節操になりやすい。 逆境の中で育つことで礼儀正しく正常になる。 ヴィクトリア・ベッカム、ロバート・ダウニー・Jr、石橋 貴明、香取慎吾、藤原竜也、蒼井優、本田圭佑、杏、道端ジェシカなど 25 己亥 肉体的な霊感が強く、危険を回避することができる。 器用で他人の真似できない仕事ができる。 家庭波乱の状況では解決力があるが逆に平和な家庭では波乱を起こしやすい(ノイローゼ) 結婚相手は身強(身旺)の人を選んだほうが良い。 ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイ、セレーナ・ゴメス、山口 百恵、中島みゆき、ベッキー、泉里香、赤西仁、池松壮亮など 36 辛巳 60干支の中で3番目に霊感が強く、先を見通すことができる。 運気が強く上流の家庭で育つと正常だが、貧困の家庭で育つと異常性が出やすい。 女性は夫をさげすむ傾向が見受けられるので注意が必要になる。 シルヴェスター・スタローン、アンジェリーナ・ジョリー、吉永 小百合、中居正広、伊勢谷 友介、伊藤 英明、篠原涼子、荒川静香、相葉 雅紀、前田 敦子、山田孝之など 18 壬午 60干支の中で2番目に霊感が強い。 正夢を見るなど、霊能力者の素質があり先見の明がある。 精神面に異常性が出やすい。 家庭が波乱の状況では解決力があるが、逆に平和な家庭では波乱を起こしやすい。 蜷川 実花、アニマル浜口、ダレノガレ明美、坂口健太郎、沢尻エリカ、松嶋 菜々子など 19 癸巳 結婚すると相手に異常性が出やすく、本人よりも周囲の人に異常性が出る傾向にある。 結婚相手に異常な人を選ぶこともある。 最初の結婚に失敗すると人生が波乱になりやすい。 泉 ピン子、玉置 浩二、堀江 貴文、寺島しのぶ、浅田真央、小倉優子、シシド・カフカ、佐々木 希、窪田 正孝、槇原敬之など 30 異常干支を持つ人というのは、問題が多いような家庭環境に身を置くことが多くなったり、平和で平凡な家庭で育つとそれを壊したりします。 逆に、波乱の多い環境ではずば抜けた問題解決能力を発揮します。 異常干支を持つ人が平和な家庭環境を維持して自分の異常性を抑えるためには、 身強(天将星、天禄星、天南星)の人と結婚すると良いでしょう。 そうすることで家庭環境は落ち着きやすくなります。 ちなみに、「亥」は異常干支多めで、「亥」の中で異常干支ではない干支は60番目の「癸亥」です。 この干支を持つ芸能人で例をあげると、 マザー・テレサ、明石家さんま、タモリ、桑田佳祐、森昌子、王貞治、錦織圭、長谷川 博己 など というそうそうたる顔ぶれです・・・! とても活躍・社会貢献されている方ばかりです。 60番目の「癸亥」は異常干支の仲間に入っていませんが、特殊な才能・エネルギーを持っていると言えるかもしれませんね。 六十干支の特徴• 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 干支占いのオススメ書籍 相性占いの必読書 論理的で的確な本格書籍 干支に13番目が存在していた!? 一家に一冊!干支の辞書 現代風でユーモアのある表現.

次の