気象 予報 士。 【気象予報士】女性お天気キャスター名鑑【一覧】

ユーキャンの気象予報士講座を受講した率直な感想~教材編

気象 予報 士

名前 片山美紀(かたやま みき) 生年月日 1991年3月7日 出身地 大阪府 学歴 早稲田大学 文化構想学部 所属事務所 ウェザーマップ 身長 155~160cm カップ B~Cカップ 趣味は温泉・岩盤浴巡り、読書、テニス、ドラマ鑑賞で、 所有している資格は漢字検定1級、薬膳マイスター、茶道(表千家)を持っています。 片山美紀さんの経歴 片山美紀さんは2013年に 早稲田大学卒業後、 NHK富山放送局に契約キャスターとして入局しました。 番組としては「ニュース富山人」や「とやまおしらせたまご」などを担当していました。 その間に気象予報士の勉強も両立しており、 テレビ朝日アスクの気象予報士養成講座も受講しています。 この時、富山から東京まで通いながら受講したそうです。 2015年3月にNHK富山放送局を退局後の4月から NHK和歌山放送局に異動していますが、同時期に 気象予報士試験にも合格しています。 NHK和歌山放送局では「あすのWA」や「ぐるっと関西おひるまえ」などの番組に出演しました。 スポンサードリンク 2016年にはNHK和歌山放送局も退局し、 ウェザーマップに所属。 TBSニュースバードの 「TBSニュースバード」やJFNの 「OH!HAPPY MORNING」、さらに 「Yahoo天気・災害動画」などの番組を担当しています。 結婚についての噂や発表はありませんが、この美貌ですから恋人はいるでしょう。 ただ、まだウェザーマップに所属して間もないことを考えるとしばらくは仕事に専念すると思います。 かなりの努力家で、笑顔がとびっきり素敵な片山美紀さんですから、ここから先、どんどん活躍していくことでしょう。 引用:.

次の

気象予報士の有資格者団体

気象 予報 士

気象予報士として「NHKニュース7」の気象キャスターを務め、現在は女優、コメンテーターとしても活躍する半井小絵さん。 バレーボール実業団の元選手で、都市対抗戦に出たこともある父、俊明さんには子供の頃、よくバレーを教えてもらった。 「父は子供相手にも手を抜かないので、地面すれすれに打ってきたり、レシーブの練習で手がみみず腫れになったりしたこともありました。 かなりのスパルタだったと思います」 「口数が少なかったので怖いとも思っていました。 今なら父なりの愛情で接していたんだと思えますが」 小絵さんは、日本銀行に就職し、総務や秘書などの内部管理の担当となったが、金融の専門家とともに働く中で、自分も専門的な仕事をしたいと考えるように。 2年間、専門の学校に通い、4回目の試験で気象予報士の資格を取得した。 「母方の祖母が昭和9年の室戸台風の被害に遭い、小学校の校舎倒壊で多くのお友達を亡くしてから災害を非常に恐れていたんです。 一緒に雨戸を閉めたり、雷の光を遮るため暗幕を張ったりして子供のころから気象には敏感で関心がありました」 俊明さんは、小絵さんが安定した職を捨てフリーランスの気象予報士として働くことに反対したが、小絵さんはその心配をよそに、自ら選んだ道を歩んだ。 平成14年から9年間にわたってNHKの気象キャスターを務め、人気を博した。 子供時代から成長するにつれ、俊明さんとは会話が少なくなっていった小絵さんだが、活動の幅を広げ、水着の写真集を出したときには、家族が心配する中、俊明さんだけは「ある意味では、芸術だ」と言ってくれたという。 その話を母から聞かされ、心を動かされた。 「とても感動したし、ありがたいと思いました」 PR.

次の

めざてんサイト

気象 予報 士

気象予報士とは? 気象予報士制度は、気象業務法の改正によって平成6年度に導入された制度です。 この制度は、防災情報と密接な関係を持つ気象情報が、不適切に流されることにより、社会に混乱を引き起こすことのないよう、気象庁から提供される数値予報資料等高度な予測データを、適切に利用できる技術者を確保することを目的として、創設されたものです。 予報業務を行う事業者は、現象の予想を気象予報士に行わせることを義務づけられています(地震動、火山現象及び津波を除く)。 気象予報士となるためには、(一財)気象業務支援センターが実施する気象予報士試験に合格し、気象庁長官の登録を受けることが必要です。 【参考】 なお、気象予報士により運営されている法人として、一般社団法人日本気象予報士会があります。 気象予報士の約4割にあたる3,000名以上が会員として入会しており、会員相互の情報交換や気象技能の研鑽の他、安全知識の普及啓発や気象情報の利活用推進に関する社会貢献活動を行っています。 詳しくは、(一社)日本気象予報士会のホームページをご覧ください。 気象予報士試験について 気象予報士試験は、(一財)気象業務支援センターが、気象業務法に基づき気象庁長官の指定(指定試験機関)を受けて行っています。 気象予報士試験の申し込み方法、日程、合格者数、気象予報士Q&A 等が掲載されています。 気象予報士試験の試験手数料(全科目受験:11,400円、学科1科目免除:10,400円、学科2科目免除:9,400円)は、気象業務法施行規則で定めています。 試験手数料の内訳についてはをご覧ください。 不正な手段によって気象予報士試験を受け、又は受けようとした者に対しては、試験の合格の決定を取り消し、又はその試験を停止する場合があります。 また、気象庁長官は当該受験者に対し、2年以内の期間、試験を受けることができなくなる処分を行うことがあります。 詳しくはをご覧ください。 気象予報士登録のご案内 (気象予報士試験に合格して、登録をされていない方) 気象予報士試験に合格した方が気象予報士となるには、気象庁長官の登録を受けなければなりません(気象業務法第24条の20)。 登録事務は気象庁が行います。 詳しくは をご覧ください。 気象予報士登録事項の変更届等のご案内 気象予報士登録事項変更届出書の提出 気象業務法に基づき、 氏名又は住所に変更があった場合は、その旨、遅滞なく気象庁長官に届け出てください。 届出書の様式は、気象予報士登録通知書に同封してお送りしていますが、 からダウンロードすることもできます。 詳しくは をご覧ください。 気象予報士登録抹消申請等の提出 気象予報士本人が登録の抹消を申請することができます。 気象予報士が死亡した場合、相続人は遅滞なく、その旨を気象庁長官に届け出なければなりません。 気象予報士が気象業務法の規定により罰金以上の刑に処せられたときは、その旨を気象庁長官に届け出なければなりません。 申請書及び届出書の様式は、気象予報士登録通知書に同封してお送りしていますが、 から様式をダウンロードすることもできます。 気象予報士であることを証明する書類の発行について 気象予報士登録通知書の再発行はしませんが、気象予報士であることを証明するものとして、気象予報士名簿の写しの発行ができます。 これは、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律(平成十五年法律第58号)により、気象予報士本人もしくは法定代理人の方からの請求に限り、その方の気象予報士名簿の登録内容の開示ができることに基づいた措置です。 なお、気象予報士名簿に登録している氏名又は住所の変更を届け出ていない場合は、本人確認ができず、開示の決定(写しの交付)ができませんので、ご注意ください。 請求に必要な書類は ・ (もご利用ください。 ) ・ 開示請求手数料 (収入印紙300円分を保有個人情報開示請求書に貼付してください) ・ 請求者ご本人を確認できる書類(運転免許証、健康保険被保険者証、外国人登録証明書、住民基本台帳カード(顔写真付))のコピー ・ 住民票の写し(市役所等が交付したものをコピーしないでそのまま送付してください)。 なお、保有個人情報開示請求書を直接お持ちいただく場合、住民票の写しは不要です。 以上を下記あて先までお送りください。 返信用封筒は必要ありません。 都道府県別集計結果 (令和2年5月29日 現在) 都道府県 人数 北海道 530 青森県 111 岩手県 68 宮城県 266 秋田県 56 山形県 40 福島県 77 群馬県 113 栃木県 104 茨城県 245 埼玉県 676 千葉県 914 東京都 2,000 神奈川県 1,181 新潟県 146 富山県 71 都道府県 人数 石川県 82 福井県 52 山梨県 48 長野県 137 岐阜県 95 静岡県 196 愛知県 489 三重県 115 滋賀県 75 京都府 219 大阪府 581 兵庫県 393 奈良県 120 和歌山県 40 鳥取県 34 島根県 40 都道府県 人数 岡山県 79 広島県 167 山口県 91 徳島県 50 香川県 72 愛媛県 69 高知県 31 福岡県 383 佐賀県 36 長崎県 82 熊本県 73 大分県 36 宮崎県 64 鹿児島県 84 沖縄県 81 その他 4 合計 10,716 平成25年度に実施した気象予報士現況調査の結果について 平成25年度に、気象予報士の現況の把握と今後の気象予報士の活動の拡大等に向けた検討の基礎資料とするために、気象予報士の皆様にアンケート調査を行いました。 その結果について取りまとめた資料を以下の通り掲載します。 ご協力いただいた皆様に御礼申し上げます。 平成28年度事業「地方公共団体の防災対策支援のための気象予報士活用モデル事業」について 気象庁では、平成28年度事業として「地方公共団体の防災対策支援のための気象予報士活用モデル事業」を実施しました。 その結果報告を以下の通り掲載します。 平成29年度事業「気象防災アドバイザー育成研修」について 気象庁では、地方公共団体の防災の現場において即戦力となる気象防災の専門家を育成することを目的に、気象予報等について高度な知識を持つ気象予報士や気象業務 経験者等気象の専門家に対して、我が国の防災制度や地方公共団体の防災対応、最新の防災気象情報の実践的な活用方法等を習得させるための「気象防災アドバイザー育成研修」を実施しました。 研修の詳細等を以下に掲載します。 予報業務許可事業者向けの資料 予報業務許可事業者を対象に実施した講習会の資料を掲載しますので参考にしてください。

次の