コーヒー メーカー ランキング。 【2020年版】コーヒーメーカーのおすすめ25選。種類別に製品をご紹介

コーヒーメーカーの人気ランキングTOP10を解説付きでご紹介

コーヒー メーカー ランキング

コーヒーメーカーの種類 コーヒーの 味は「香り」「酸味」「コク」「風味」の4つで決まると言われています。 美味しいコーヒーの味というのは人それぞれ異なりますが、この4つのバランスを調整することになります。 4つのポイントのどれを重視するかによって選ぶべきコーヒーメーカーは異なります。 この他にも、簡単に淹れられるか、エスプレッソやカプチーノ、カフェラテも淹れられるかなどによって様々なタイプがあります。 ここでは、ドリップ式、ミル付き全自動、エスプレッソマシン、カプセル式、サイフォン式の5つの特徴を解説します! 家庭でコーヒーを淹れる人に人気なのはドリップ式コーヒーメーカー コーヒーメーカーを購入する人は自宅での利用が多いですが、自宅で利用する人に人気なのは一体どのタイプのコーヒーメーカーでしょうか?実際にコーヒーメーカーを自宅で使っている男女100人にアンケートを実施しました。 一番人気なのはドリップ式で73人が利用しているという結果になりました! ドリップ式は低価格なのに加えて、操作が簡単なのが特徴です。 その点が手軽に美味しいコーヒーを飲みたいというニーズとマッチしているのではないでしょうか。 コーヒーを淹れるのに時間がかかるのがデメリットです。 しかし、通常のコーヒーメーカーは豆の引き具合と抽出時間で味を調整しますが、サイフォン式はこの2つに加えて火力も味を調整する要因になります。 これにより、サイフォン式のコーヒーメーカーは香りとコクをしっかり出すことが可能になり、お店と変わらない味わい深いコーヒーを淹れることができるので、いまだに根強い人気があるようです。 ドリップ式コーヒーメーカーの特徴 もっとも一般的で、家庭で利用するのに適していると言われるのがドリップ式のコーヒーメーカーです。 ドリップ式は、ドリッパーと呼ばれるコーヒー豆を挽いた粉にお湯を浸透させる方法を用いたマシンです。 ドリップ式コーヒーメーカーでは「お湯をかけすぎてしまう」「均一にお湯が回しかけられなく味にムラが出る」など 手動でありがちな難しさを簡単にクリアできるのが大きなメリットです。 また、保温性が高いのも家庭用として人気の理由の一つです。 ドリップ式コーヒーメーカーは、ミル付きとミル無しの2タイプがあります。 ここからはそれぞれの特徴をご紹介します。 ミルなしタイプ お湯の注ぎ方に注力したのがミル無しタイプのコーヒーメーカーです。 特徴は大きく2つあります。 2000円ほどで買える低価格• コーヒー粉をセットしてボタンを押すだけのお手軽さ また、ミル無しコーヒーメーカーは自分で好みの粗さに豆を挽きたいという人にも人気です。 ミル無しコーヒーメーカーは、 掃除が楽であったり、構造と機能がシンプルなため低価格で買いやすいというメリットがあります。 しかし、すでにコーヒー豆を挽いて粉にしたものを使うため、酸化が進んでいたり、香りが抜けていてコーヒー本来の味や香りが損なわれがちというデメリットがあります。 ミルありタイプ ミル付きコーヒーメーカーの一番のメリットは「味の安定感」です。 コーヒー豆は挽き方によって味が変わります。 挽き具合が細かくなると、ドリップした際にお湯の通りが遅くなります。 粉の間にお湯がしっかりと浸透するのでコーヒー豆の成分が出やすく、渋みや苦みが出るコーヒーが淹れられます。 逆に挽き具合が荒くなると、お湯の通りが早くなるので成分の抽出があまりされずスッキリとした味わいになります。 コーヒー豆を挽き慣れていない人はこの調整が難しいので、ミル付きコーヒーメーカーを買うことをおすすめします! また、ミル付きコーヒーメーカーには挽き方によって3つのタイプがあります。 タイプ名 メリット デメリット プロペラ式 価格が安い・手入れが簡単 挽き具合にばらつきがある コーン式 低速回転で挽くので摩擦熱で香りが飛ばない 価格が高い 臼式 豆の挽き具合が均一 熱で香りが飛びやすい・手入れが大変 全自動ミル付きタイプ 5000円程度の買いやすいものから10万円を超える高価なものまで価格帯がバラバラで選ぶのが最も難しいのが全自動ミル付きコーヒーメーカーです。 全自動ミル付きとは別に半自動ミル付きコーヒーメーカーもあります。 特徴は以下の通りです。 タイプ名 メリット デメリット 全自動 豆をセットするのみ 挽きにムラがある・抽出杯数が少ない 半自動 コンパクトで大容量 コーヒー粉を詰める手間がかかる 全自動ミル付きタイプは抽出まで出来ますが、コーヒーメーカーによって一度に淹れられるコーヒー豆の量がや機体のサイズが異なるので、よく飲む人数などを考慮して選びましょう。 また、 全自動ミル付きコーヒーメーカーは他のタイプに比べると圧倒的に手軽に美味しいコーヒーを淹れられますが、「自動洗浄機能」が付いているか、フィルターは使い捨て可能か、などによって全自動ミル付きの中でも手軽さが変わるのでチェックしてみてください。 カプセル式コーヒーメーカーの特徴 コーヒー粉が入ったカプセルをセットするだけでお手軽に入れられるのがカプセル式のコーヒーマシンです。 ネスレの「ネスプレッソ」や「ドルチェグスト」で聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。 カプセル式には以下のようなメリットがあります。 ラテやマキアートなど様々な味が楽しめる• 水だけ用意すればOK• 最大1. 5Lまでタンクで淹れられる• 1杯あたりのコストが安い カプセルはメーカーによって値段が異なります。 主要なメーカーのカプセル1個あたりの値段を比較しました。 本体名 カプセル価格 種類 ネスレ イニッシア 約76円 24種類 ネスレ ドルチェグスト ジェニオ2プレミアム 約58円 20種類 ネスレ ピッコロプレミアム 約58円 20種類 タイガー カフェバリエ 約86円 23種類 キューリグ・エフイー ネオトレビエ 約86円 18種類 UCC ドリップポッド 約68円 19種類 また、メーカーによってはカプセルを定期購入することでマシン本体を無料で使うことができます。 カプセルが最安値で購入できたり、カプセルの送料が無料になるなど、よくコーヒーを飲む人にとって嬉しい特典が多い点もコーヒーをよく飲む人にカプセル式コーヒーメーカーがオススメな理由です。 エスプレッソマシンの特徴 コーヒー豆の苦みやコクが楽しめることから日本でも人気が出てきたエスプレッソですが、マシンで淹れるためには専用のエスプレッソマシンが必要になります。 エスプレッソマシンにも全自動と半自動に2種類があります。 それぞれの特徴は以下の通りです。 タイプ 特徴 半自動 一番難しい抽出を自動で行うのでエスプレッソを淹れる楽しさが味わえる 全自動 豆挽きから抽出まで自動で行うので手間をかけずに飲める また、エスプレッソを淹れるにはコーヒー豆を挽いて、パウダー状にしたものをタンピングという作業で圧縮してエスプレッソ抽出を行うという工程があります。 この工程がコーヒー初心者には難しいのですが、最近では「カフェポッド」という商品の登場により劇的に楽になりました。 カフェポッドとは、すでにパウダー状にしてあるコーヒー豆をフィルターで包んだ状態でマシンにセットすることでエスプレッソ抽出を楽にしたものです。 カフェポッドの大きさは世界共通の規格で定められているので、メーカーが異なっても使用することができます。 サイフォン式マシンの特徴 サイフォン式コーヒーメーカーはフラスコ内の気圧の変化を使ってコーヒー成分を抽出するのが特徴です。 詳しい流れは以下の通りです。 フラスコ内の水を熱する• 沸騰により蒸気が発生する• 蒸気圧により加圧がかかりお湯が上部の容器に流れる• 火を止めることでフラスコを真空状態にする• 容器からフラスコへ吸引の力がかかる• 吸引される際に布製のフィルターを通ることでろ過される• コーヒー液がフラスコに溜まる サイフォン式は90度近い高温のまま淹れるため、他のドリップ式に比べるとコーヒーの温度が高く、華やかな香りが楽しめます。 また、ドリップ式でよく使われるペーパードリップ式は3分近くかけてゆっくりとお湯を浸透させます。 しかし、サイフォン式は専用の布製のフィルターを使って1分程度でお湯を注ぐため、コーヒーオイルが抽出されやすく、まろやかな味わいのコーヒーになります。 また、アルコールランプを火力によって調整するのがハードル高いと感じている人には電気式のサイフォン式コーヒーメーカーがオススメです。 仕組みはアルコールランプを使うものと同じなので、サイフォン式を初めて使ってみる人はぜひ使ってみてください。 コーヒーメーカーの選び方 コーヒーメーカーには選ぶ観点が様々ありますが、主にみるべきポイントは以下の7つです。 飲みたいコーヒーの種類• 容器のタイプ• フィルターのタイプ• 蒸らし機能と湯温の調整機能• 保温性能• お手入れのしやすさ この他にも日本のメーカーと海外のメーカーかなど、細かいポイントはありますが大きくはこの7つを押さえていれば問題ありません。 これらのポイントに関して、具体的にどのようにチェックしたらいいのかライトアップコーヒーの川野優馬さんに解説していただきました。 飲みたいコーヒーの種類 コーヒーにはブラックコーヒーから始まり、エスプレッソ、カフェラテ、カプチーノなど様々な楽しみ方があります。 安定した美味しさをお手軽に楽しみたい人にはドリップ式のコーヒーメーカーがオススメです。 毎朝の忙しい時にも必ずコーヒーを飲みたいし、色々な味を楽しみたい人にはカプセル式がオススメです。 コーヒーの深いコクや苦味を楽しみたい人はエスプレッソ式のコーヒーメーカーが良いでしょう。 また、エスプレッソ式のコーヒーメーカーの中には、本格的なカプチーノやカフェラテを楽しめるモデルもあります。 コーヒーを淹れること自体が大好きで、自分好みに細かく味を調整したい人はサイフォン式のコーヒーメーカーがオススメです。 加減が難しい分、コツを掴めば最上の香りと風味を味わうことができます。。 ラテを作るかどうかといったミルクと合わせるのかどうかで選ぶといいですね。 デロンギのエスプレッソメーカーが良いと思います! 普通の濃さのコーヒーにミルク入れても薄まってしまいますので濃く入れる必要があります。 普通の濃さでコーヒーを飲むのならドリップ式で大丈夫です。 容器のタイプ ドリップ式コーヒーメーカーの容器にはガラス製とステンレス製の2種類があります。 それぞれのメリットとデメリットをまとめました。 容器の種類 メリット デメリット ガラス製 匂いや汚れがつきにくい・値段が安い 割れやすい・冷めやすい ステンレス製 保温性が高い・煮詰まりしづらい 手入れがしにくい・やや高い フィルターのタイプ コーヒーメーカーを使ってコーヒーを淹れる際に味に影響を大きく与える要素の一つがフィルターです。 コーヒーメーカーのフィルターには「紙タイプ」と「金属タイプ」の2種類あります。 フィルターの種類 味の特徴 メリット デメリット 紙タイプ スッキリした味わい 使い捨てで簡単 買い替えコストが高い 金属タイプ しっかりとした味わい コーヒー本来の味を楽しめる 掃除などの手入れが大変 この他にも紙フィルターは台形と円錐の2種類あり、機械に合わせて選ぶ必要があり、金属フィルターは細かな粉がフィルターを通過するので濁ったコーヒーになりやすいが、その分風味が楽しめるなどの特徴があります。 記事にもあるように紙と金属に分かれます。 紙フィルターの特徴は目が細かいのでしっかり濾すことができてクリアな味わいになります。 金属は物理的に穴が空いており、細かい粉や油分がそのまま通ります。 そうなるとコーヒーの口当たりがトロッとします。 また、香りの成分が油に溶けるので香りが感じやすくなり、リッチなテイストの味わいになります。 容量 コーヒーメーカーはタイプによって、一回で淹れられる量が異なるので目的に合ったものを選ぶのが大切です。 ドリップ式が5杯程度、カプセル式やサイフォン式は1杯が1度に淹れられる目安になります。 ただし、オフィスや飲食店で使う場合は1度に10杯以上淹れられるものもあるので、そちらがオススメです。 メーカーによって1杯の基準が違うので、1杯が何mlなのか基準を見ておきましょう。 コーヒー屋さんは1杯200mlで出しているところが多く、コンビニは150mlくらいです。 コーヒーメーカーの4杯分でも500mlくらいなので2人で飲める量だとは思います。 MAXが4杯分なのでそれ以下で淹れる分には問題ないです! 蒸らし機能と湯温の調節機能 コーヒーの香りを楽しみたい人に必ずチェックしてほしいのが蒸らし機能の有無と湯温の調整機能です。 コーヒーの香りや旨みを抽出するために必要なのが蒸らし工程で、コーヒーの味を決めるのが湯温だからです。 コーヒーをドリップした際にふわっと膨らみますが、この膨らみはコーヒー豆に元々の含まれている炭酸ガスが放出されてできるものです。 炭酸ガスが放出されることでコーヒー豆にお湯が浸透しやすくなり、豆の成分が抽出しやすくなります。 蒸らし時間と味の目安は以下の通りです。 蒸らし時間 味の特徴 短め(20秒程度) 酸味が際立つ味わい 標準(40秒程度) バランスが取れてる 長め(60秒程度) 雑味と渋みがでる また、湯温によって味は以下のように変わります。 そうすることで、味が甘くなるのと香りが強くなります。 ドリップなら絶対蒸らした方が味は良くなりますし、ライトアップコーヒーでは30秒蒸らすようにしています。 また、湯温に関しては高い方が味が出やすいです。 豆も同じパック内でも味にばらつきがあります。 温度を下げることによってこれらの味のばらつきが均質化されます。 マイナス要素がなくなるくらいでプラスではないですが。 なるべく90度以上の温度で淹れることをお勧めします。 一般的にコーヒー屋さんでは92度で淹れることが多いです! 保温性能 コーヒーメーカーの多くはドリップしたらコーヒーサーバーに貯められます。 そのため、 保温をしたいならばステンレス製かヒーター機能のコーヒーメーカーがオススメです。 ガラス製のものは熱が逃げやすいため保温機能の観点からはオススメできませんが、ヒーター機能つきのものや、底面に保温プレートがあるモデルなら問題ありません。 また、最近では保温によって水分が蒸発してコーヒーのえぐみが出てしまうのを防ぐ温度調整機能がついた優れたコーヒーメーカーもあります。 魔法瓶タイプもサーバーの底タイプもあまり変わらないですね! ただ、あえて違いを挙げるなら魔法瓶は加熱しないので味の成分が壊れずらいですが、魔法瓶が金属の場合には味に影響が出ることがあります。 加熱するタイプはダメージを受けやすいですが、グラスだから味の変化が起きずらいという特徴があります。 お手入れのしやすさ コーヒーメーカーはコーヒー粉のカスなどを丁寧に掃除しないとコーヒーの味に影響が出てしまいます。 また、詰まりや破損などの故障の原因にもなるので定期的にメンテナンスをすることが大事です。 そのため、お手入れをしやすいタイプを選ぶというのはポイントになります。 お手入れのしやすさを測るポイントは以下の通りです。 給水タンクやドリッパーなどのパーツの取り外しが簡単にできるか• ミルの洗浄は簡単か• 水洗いできるか また、お手入れは水洗いが基本です。 水垢を落とす際にはクエン酸を使い、コーヒーの黒ずみを落とす際には重曹を利用すると綺麗にお手入れできます。 金属フィルターのものは洗い物が大変ですし、エスプレッソマシンは空気圧をかける機械なのでクリーニング剤を使うなど手入れが大変です。 ドリップ式は半年に1回、カルシウムを溶かす洗剤を使って洗ってあげるくらいでOKです! 便利なプラスアルファの機能 機種によっては以下のような便利なプラスアルファの機能があるものもあります。 機能名 特徴 メリット 浄水機能 水のカルキを抜きコーヒーに適した水質にする 水道水臭さのない美味しいコーヒーを淹れることができる 高機能ミル コーン式などが代表的。 コーヒー豆に熱を加えず均一に挽くことができる コーヒー豆の風味を保ち味ムラもなくす カフェインレスコーヒー抽出 高温で蒸らし、低温でじっくり抽出することでカフェインレスでもコクと香りを引き出す 妊娠中・授乳中でも美味しいコーヒーを楽しめる デザイン性 材質、カラーにこだわったスタイリッシュなフォルム 生活感を押さえインテリアにもなる 様々なプラスアルファの機能がついたコーヒーメーカーがありますので、 用途や好みに合ったものをぜひ選んでみてください。 シンプルな操作パネルで使いやすいコーヒーメーカーです。 感覚的に操作できるデザインで、味・挽き方・杯数などを簡単に選べます。 豆の自動計量機能が付いてるので、いちいち計らずにコーヒー豆をセットできます。 また、タイマーが付いているので事前にセットしておけば忙しい朝でも手軽に淹れたての美味しいコーヒーを飲むことができます。 95kg 容量 0. 54L 消費電力 750W 付属品 ペーパーフィルター 5枚 、計量スプーン、お手入れブラシ 【しっかり蒸らす】タイガー コーヒーメーカー 8杯用 真空 ステンレス サーバー アイス機能付き カフェブラック ACE-S080KQ 「マイコン深蒸しドリップ」「シャワードリップ」の2つの機能でしっかり蒸らし、コーヒーの旨みを引き出します。 「マイコン深蒸しドリップ」で、少量のお湯で蒸らしを行い旨みを抽出した後に、「シャワードリップ」で全体的にお湯を注ぐことで、旨みを逃さずにドリップします。 また、付属のサーバーは電気を使わない真空のステンレスサーバーなので、煮詰まりも起こさず、ホットは温かいままに、アイスは冷たいままに保ち、美味しく飲むことができます。 5cm 重さ 2. 8kg 容量 1. 全自動ミル付きコーヒーメーカーでありながら圧倒的なコスパが人気の理由です。 挽き方を2種類から選べるので、その日の気分で味を調整できます。 また、メッシュフィルターはコーヒー豆本来の旨みを活かした抽出ができるので、手軽にご家庭で本格コーヒーを味わいたい方におすすめです。 本体サイズ 約幅17. 2cm 重さ 2. 5kg 容量 0. 6L 消費電力 900W 付属品 計量スプーン 粉・豆兼用 掃除用ブラシ付き 【リッチな味わい】パナソニック ミル付き浄水コーヒーメーカー ブラウン NC-R500-T 「淹れ分け」と「豆の挽き分け」で4種類のコーヒーを楽しめます。 「淹れ分け」はマイルドとリッチの2つ。 「豆の挽き分け」は粗挽きと中細挽きの2つから選べます。 それぞれの組み合わせで、好みや飲み方に合わせた4種類のコーヒーを抽出可能です。 組み合わせ次第で渋みを抑えたり、コクと苦みをしっかり出すことができます。 5cm 重さ 2. 9kg 容量 0. 67L 消費電力 790W 付属品 ペーパーフィルター 5枚 、計量スプーン、メッシュフィルター 粗びき 【ペーパーレスでコスパ良し】ティファール コーヒーメーカー スビト ペーパーレスフィルター メタリックルビーレッド CM151GJP ハンドドリップの再現にこだわったオリジナル構造で、本格的な味わいを楽しめます。 給湯タンクを回転させてお湯を注ぐことにより、手でお湯を回しかける工程を再現した結果、 まるで専門店ような本格的で贅沢なコーヒーに仕上がりになります。 オーク材を使った温かみのあるデザインも魅力的です。 本体サイズ 幅16. 9kg 容量 0. 35L 材質 本体:ABS、底部:PP、給湯タンク:トライタン コポリエステル 、給湯タンク蓋:PP、ドリッパー固定プレート:ステンレス、ガラスサーバー:ガラス、ハンドル:オーク材 付属品 計量スプーン 【大容量】タイガー コーヒーメーカー ドリップタイプ 12杯用 アーバングレー ACJ-B120HU どんなインテリアにも馴染みのよい、シンプルで上品なデザインが魅力です。 上品なつや感とマット感を持ち合わせた本体と、メタル調のレバーが高級感を演出。 操作パネルもシンプルで、ボタンが悪目立ちすることもありません。 またミルクタンクが付いており、きめ細かいフォームミルクも楽しめます。 本体サイズ 幅15. 5cm 重さ 4. 3kg 容量 水タンク:1L、ミルクタンク:0. 12L 消費電力 1300W 付属品 ネスプレッソコーヒーカプセルセット、水硬度チェッカー 水の高度測定時に使用 、ウェルカムブローシャー 【紅茶もお茶もOK】UCC コーヒーメーカー [ドリップポッド] 本格 ドリップコーヒー カプセル式 レッド DP2 R コーヒーメーカーで美味しくコーヒーを淹れるコツ コーヒーメーカーで美味しいコーヒーを淹れるコツは以下の3つです。 豆の鮮度と品質• 水の温度と硬度• コーヒーを挽く時の豆の量 それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。 豆の鮮度と品質 コーヒーの味を大きく左右するのはコーヒー豆です。 コーヒー豆の賞味期限は焙煎をしてから「豆の状態で」2週間になります。 コーヒー豆は焙煎してから時間が経つにつれて、空気に触れて酸化していきます。 酸化するとコーヒーの香りが弱くなり、酸味や苦味が出やすくなります。 この状態になると香りが豊かになり、程よい酸味が出てきます。 焙煎したてのコーヒー豆は、豆自体が大量の炭酸ガスを含んでおり、この状態で抽出するとガスが放出されすぎて味がぼんやりしてしまうので注意してください。 美味しく飲める4日前後で飲みきれないことがわかっている場合は、ジップロックに入れて空気を抜いた状態で冷蔵庫や冷凍庫に保管しましょう。 水の温度と硬度 水の温度で味が変わるのは先ほど説明した通りですが、 水の硬度によっても味が変わります。 水の硬度はカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分によって決まり、ミネラル分が多いほど硬度になります。 一般的に、国産のミネラルウォーターは軟水が多く、外国産のミネラルウォーターは硬水が多いです。 軟水で淹れたコーヒーは「まろやかさ」と「酸味」が特徴的な味になります。 硬水で淹れたコーヒーは「コク」や「渋み」が特徴的な味になります。 コーヒーを挽く時の豆の量 コーヒーは粉の量とお湯の量で濃度が決まります。 ドリッパーのスプーンの1杯の量はハリオは12g、カリタは10g、メリタは8gなどメーカーによって量が異なるので注意しましょう。 また、 一度に1杯以上入れる際は杯数が増えるごとにお湯に対するコーヒー豆の量の比率は小さくするのがオススメです。 日本一のバリスタが教えるコーヒーメーカーで美味しくコーヒーを淹れるコツ.

次の

【必見】美味しさで選ぶ!おすすめコーヒーメーカー10選

コーヒー メーカー ランキング

ひとくちにコーヒーメーカーと言っても、フィルターと粉、水をセットすればコーヒーができるといったシンプルなものから、豆の挽き具合まで調整できるミルが付いているもの、エスプレッソやカプチーノなど様々な種類のコーヒーが作れるものなど、いろいろな種類があります。 コーヒーにあまりこだわらない人にはシンプルな機能のもの、家族でコーヒーの好みに違いがあったり、いろいろな味を楽しみたいという人にはいろんな種類のコーヒーが淹れられるものなど、相手の好みやライフスタイルに合ったものを選ぶと喜ばれます。 また、一度に作れる容量や、手入れのしやすさ、設置しやすい大きさであることなども確認して選びましょう。 なお、コーヒーメーカーによっては、専用のカートリッジなどを使うタイプもあり、それ以外の粉や豆が使えない場合があります。 これらの専用カートリッジは、手軽に使える反面、ランニングコストが高くなる傾向がありますので、選ぶ際には注意しましょう。 ベストプレゼント編集部が「プレゼントを買ったことがある男女200人」に「プレゼントにコーヒーメーカーを買う場合の予算」について2020年2月にアンケート調査を実施しました。 その結果、プレゼントにコーヒーメーカーを選ぶ場合の相場は、贈る相手との関係性によって変わることがわかりました。 友人や同僚などへの場合は「5,000円~10,000円」が全体の47%、恋人や親しい友人などへの場合は、高機能なものを選ぶ傾向にあるため「7,000円~20,000円」が全体の49%と、それぞれ最も多い意見でした。 また、予算に余裕がある場合は、THERMOS(サーモス)が4,000円から35,000円程度、stelton(ステルトン)が7,000円から36,000円程度で揃っていますので、喜んでもらえそうなものを探してみましょう。 1940年にアメリカで考案されたコーヒーメーカー「CHEMEX(ケメックス)」は、今なお世界中のコーヒー通から愛されているロングセラー商品です。 フラスコのようなスマートなデザインに、ウッドクリップを留める革ひもが上品なワンポイントになっていて、一見するとオブジェのようにも見えるのが特徴です。 専用のフィルターは繰り返し使用でき、均一の濃さでコーヒーを落とすので、雑味のない風味豊かなコーヒーが楽しめます。 また、ドリッパーとサーバーが一体化しているので、フィルターを外すだけでカップに注ぐことができます。 なお、初めての人には、本体とフィルター、ガラス蓋がセットになっている「スターターセット」をプレゼントするのがおすすめです。 CHEMEX(ケメックス)を人気ランキング2020から探す 2002年に誕生した家電メーカー「deviceSTYLE(デバイスタイル)」は、コーヒーメーカーやワインセラーなどを中心としたスタイリッシュな家庭電化製品を企画販売し、トップシェアを誇っています。 人気シリーズの「Brunopasso コーヒーグラインダー」は、豆の挽き方も選べる本格派ながら、ワンタッチの簡単操作で美味しいコーヒーが淹れられるコーヒーメーカーです。 ブラウンとレッドの2カラー展開で、シンプルでおしゃれな見た目もポイントです。 本格的なコーヒーを楽しみたい人へのプレゼントにおすすめなのが、エスプレッソマシン「HA-W120」です。 レギュラーコーヒーだけでなく、イタリア製15気圧ポンプで味わい深いエスプレッソも作ることができ、ミルクやミルクフォームなどを加えることで、カプチーノやカフェ・ラテ、カフェ・マキアートなど、お好みのコーヒーを作ることができます。 また、コーヒーポットも付属しています。 デバイスタイル(deviceSTYLE) コーヒーメーカーを人気ランキング2020から探す 1973年に誕生したアメリカのキッチン用品メーカー「Cuisinart(クイジナート)」は、フードプロセッサーで有名で、フードプロセッサー市場の約30%のシェアを誇っています。 Cuisinartのスタンダードとも言えるコーヒーメーカー「ミル付きオートマチックコーヒーメーカー」は、臼歯式のミルが内蔵されていて、挽きから抽出、濃度調節をボタンひとつで全自動で実行してくれるので、自分好みのコーヒーがいつでも飲めます。 水洗いOKのゴールドフィルター採用でペーパーフィルター不要、冷めにくいステンレスポット付属なのもおすすめポイントです。 また、洗練されたおしゃれなデザインが特徴の「キューリグKカップ専用シングルサーブコーヒーメーカー」は、コーヒーやお茶などが入った専用のポーションカップ(Kカップ)専用のコーヒーメーカーで、手軽にコーヒーやお茶を楽しむことができます。 さらに、市販のコーヒー粉をセットすることもできますし、HOT WATERボタンを押せばすぐにお湯が出ますので、粉のココアやスープなどを飲むときにも便利です。 Cuisinart(クイジナート)を人気ランキング2020から探す ドイツの家庭用品製造販売会社「サーモス株式会社」の魔法瓶ブランド「THERMOS(サーモス)」は、代表作とも言えるステンレス製魔法瓶で世界中から高い評価を受けています。 その優れた断熱技術は魔法瓶以外にもあらゆる製品に活かされており、世界中の一般家庭だけでなく、多くの冒険家や探検家たちからも愛され続けています。 真空断熱ポットを利用したシンプルなポット式コーヒーメーカー「ECFシリーズ」は、ドリップストッパー機構採用で、ポットを本体から外した時にしずくが止まるため、テーブルなどを汚すことなく使用できるのが特徴です。 さらに、ステンレス魔法瓶構造となっているポットは、高い保温効果に加え、氷を入れておけばアイスコーヒーも楽しむことができますので、一年を通じて重宝します。 また、ドリップ予約ができるタイマー付きの「ECHシリーズ」は、前日予約もできるので、寝る前にセットしておけば、コーヒーの香りで目が覚める…といったことも可能なコーヒーメーカーです。 もちろん、魔法瓶機構を採用した保温・保冷効果の高い真空断熱ポットを使用しているので、電気を使わずにいつでも熱々のコーヒーを飲むことができます。 さらに、ワンタッチで注げる中栓式で使いやすいのもおすすめポイントです。 サーモス(THERMOS) コーヒーメーカーを人気ランキング2020から探す 2009年に誕生したキッチン家電を展開する「ウィナーズ株式会社」の調理家電ブランド「recolte(レコルト)」は、コンパクト・シンプル・カラフル・スタイリッシュな調理家電シリーズを展開しています。 人気のコーヒーメーカー「ソロカフェ」は、ペーパーフィルター不要の水洗いできるフィルターと、耐熱ガラスのグラス付きで、粉と水をセットするだけの簡単操作が特徴です。 3種類のカラー展開で、おしゃれでコンパクトサイズなので、インテリアの邪魔をしません。 また、新婚家庭へのプレゼントには、一度に2人分淹れられる「グランドカフェデュオ」や、さらにコンパクトスリム型で陶器製マグカップが2つ付いている「カフェデュオコモド」などもおすすめです。 recolte(レコルト)を人気ランキング2020から探す 1960年にデンマークで誕生したステンレス製品のメーカー「stelton(ステルトン)」は、継ぎ目のない「シリンダライン」を発表するなど、円筒技術でも世界的に有名です。 ステルトンのコーヒーメーカーは、ドリップ式とはまた異なる味わいでコーヒーのコクとオイル感が楽しめるプレス式が代表的です。 中でも人気なのは、シンプルでおしゃれなデザインの「プレスコーヒーメーカー」で、内部は二層構造になっているため、コーヒーを長時間、適温に保持することができるのが特徴です。 また、香り高いコーヒーが8杯分淹れられる「CLASSICシリーズ」もおすすめです。 中身を取り出して丸洗いできるので、お手入れも簡単なのが特徴です。 落ち着いたデザインの4色展開なので、相手の好みやインテリアに合う色を選んでプレゼントしましょう。 stelton(ステルトン)を人気ランキング2020から探す 1955年に誕生した「朝日通商株式会社」からスタートした、玩具・家電製品の製造販売会社「CCP(シーシーピー)」は、流行に左右されずに長く使えるアイテムを数多く展開し、多くのファンの支持を得ています。 ミルからドリップまで全自動のお任せ機能が付いているにもかかわらず、低価格なのが人気の「BONABONA BZ-MC81」は、操作も簡単で、誰にでも手軽に使えるコーヒーメーカーです。 洗って繰り返し使えるメッシュフィルター使用でペーパーフィルターが要らず、コンパクトサイズなので置く場所にも困りません。 また、一人暮らしの人におすすめなのが、付属のタンブラーに直接コーヒーを淹れることのできる「BZ-TC80」です。 カップに移さずそのまま飲めるため、忙しい朝にも最適です。 ダブルステンレス構造のタンブラーは、保冷保温機能もある上、淹れたてのコーヒーでも持ちやすく、冷たい飲み物を入れても結露しにくいので、単品でも便利に使えます。 さらに、ペーパフィルター不要の丸洗い式メッシュフィルターもおすすめポイントです。 CCP(シーシーピー)を人気ランキング2020から探す 2000年に誕生した「siroca(シロカ)」は、家電・寝具・雑貨・食品などの企画開発を行っているメーカーです。 おすすめの「全自動コーヒーメーカー」は、ミル内蔵で、挽きからドリップまでを全自動で行えるだけでなく、ステンレスメッシュフィルター採用で、ペーパーフィルターでは通せない豆の油分までを抽出し、コクの深い美味しいコーヒーを淹れることができるのが特徴です。 もちろん、メッシュフィルターは水洗いOKなので何度でも使用可能で、ペーパーフィルターは不要です。 また、コンパクトサイズながら最大5杯分を一度に淹れられる「5カップコーヒーメーカー」は、シャワードリップと浄水フィルター採用でいつでもこだわりの味わいが楽しめる上、スイッチ1つの簡単操作が特徴です。 また、ペーパーフィルター不要のメッシュフィルターと、インテリアに合わせて選べる5色展開も、プレゼントにもおすすめのポイントです。 siroca(シロカ)を人気ランキング2020から探す 1902年にイタリアで誕生した交換部品を作る小工場からスタートした「DeLonghi(デロンギ)」は、暖房機器と空調機の製造をメインに展開している会社で、特にオイルヒーターやキッチン家電などが人気です。 おしゃれなデザインが特徴のDeLonghiのコーヒーメーカーはプレゼントにおすすめですが、中でもレトロなイタリアンデザインが印象的な「ECO」は人気があります。 カフェ・ポッドとパウダー専用のホルダーがそれぞれ2つ付いていて2杯同時に抽出可能なので、新婚家庭へのプレゼントに特におすすめです。 また、ミルクを泡立てるスチームノズルは取り外して水洗い可能ですし、上部にはカップウォーマートレイがあるので、コーヒーを淹れている間、カップを温めておけます。 他に、使いやすさと美しさを兼ね備えたメタルボディが特徴の「kmixコレクション」は、抽出と保温を別々のヒーターで行うデュアルヒーティングシステム採用で、抽出と保温に適したそれぞれの温度を設定でき、コーヒーの美味しさを引き立ててくれます。 さらに、洗って繰り返し使えるペーパーレスフィルターも、おすすめポイントです。

次の

【必見】美味しさで選ぶ!おすすめコーヒーメーカー10選

コーヒー メーカー ランキング

全自動ミル搭載コーヒーメーカーの人気ランキング 美味しいコーヒーを飲むために必要な条件の一つに、 飲む直前にコーヒー豆を挽くということがあります。 つまり買ってきたコーヒー豆を自宅で挽く必要があるので、コーヒー豆を挽くための器具が必要となります。 それが「コーヒーミル」です。 コーヒー豆を挽くというと、初心者の方にとってはなんだか難しい、ハードルが高いというイメージがあるかもしれませんが、全自動ミルが付いたコーヒーメーカーであれば豆を入れて スイッチを押すだけでそれが出来てしまいます。 コーヒー豆を挽くという作業を楽しみたいという方でない限り、すべて自動で挽きたての豆ができ、美味しくコーヒーが出来上がるので、 時間がない中でも挽きたてにこだわりたい方にとっては非常に重宝するコーヒーメーカーとなるでしょう。 ここでは、そんな朝の忙しい時間などにも活躍する 全自動ミル付きのコーヒーメーカーの人気ランキングについて紹介していきます。 ほぼすべてのことが全自動となっている大変便利なコーヒーメーカーとなっています。 豆の挽きから、注湯、抽出、ドリップ、保温、 ミル洗浄、これらがすべて自動となっているだけでなく、マイコン制御によるマイルド・リッチの淹れ分けや、フィルターの付け替えで粗挽き・中細挽きを選択することも可能です。 使い方も至ってシンプルになっており、コーヒー豆をそのまま上部の投入口に入れ、バスケットに紙のフィルターをセットします。 背面のタンクに水が入っていることを確認したら後はスイッチオン。 たったこれだけで挽きたての美味しいコーヒーの出来上がりです。 コンパクトなボディながらも全自動でエスプレッソも作ることができる 万能コーヒーメーカーです。 カフェ・ジャポーネ機能によってエスプレッソとドリップの良いトコ取りをしたような質の高いドリップコーヒーを飲むことができます。 またミルクフロッサーでフワフワなミルクが自宅で簡単に作ることができるのでカプチーノやカフェラテにも最適です。 エスプレッソに関しても、しっかりとクレマ(泡)がたち、深いコクと味わいのあるエスプレッソを楽しむことが出来るでしょう。 ほぼすべてが自動な上に 非常に質の高いコーヒーメーカーとなっています。 という方でも 手軽に買える価格がその人気の要因となっているのがコチラ、象印マホービンの「珈琲通 EC-VL60」です。 フィルターケースやスイングバスケット、ミルは外すことができるので洗いやすく いつでも清潔に使用することが可能となっています。 お手入れのしやすさというのは大きなアドバンテージのポイントと言えるでしょう。 また 浄水フィルターも付いているので、カルキの嫌なにおいを除去し、コーヒー豆が本来持つ香りやコク、深みを失わずに味わうことができます。 ボタンひとつで豆を挽いてエスプレッソを抽出しれくれるミル付き全自動コーヒーメーカーです。 人気となっている要因は機能的な面だけではありません。 すべての動作をコーヒーメーカーの前面で行うことができる フロントオペレーションも大きな魅力の一つでしょう。 またレギュラーコーヒーも淹れることができ、抽出量や濃さの調整も前面部分にあるつまみを回すだけでできるので 初心者の方でも安心して使うことができるコーヒーメーカーとなっています。 2位にもランクインしたマグニフィカSシリーズの一つ、 「マグニフィカSプラス ECAM23210B」です。 ミル付きに関してはデロンギがかなり人気となっていますね。 2位のマグニフィカS同様にコンパクトなボディに充実の機能を詰め込んだ 高機能全自動ミル付きコーヒーメーカーです。 簡単な操作によって挽きたての豆を使った本格的なエスプレッソを楽しむことができます。 前面のコントロールパネルは クールなデザインでキッチンをおしゃれに演出してくれるだけでなく、簡単な操作で抽出量や濃さを調節することが可能となっています。 またご自身のお好みを設定しておける機能も搭載しています。

次の