振袖 成人式 購入。 振袖の購入|成人式の振袖選びなら豊富な品揃えの|大阪・京都のみやたけ工房

なんば店(大阪府大阪市)|成人式の振袖・着物のレンタル・購入の京都きもの友禅

振袖 成人式 購入

成人式とは 日本国においては、成人式は1946年に埼玉県において初めて行われました。 その前年、第二次世界大戦で配線した日本が暗い世の中でしたが、これから将来を見据え、多くの若者が明るい未来と希望を持つことができるよう励ます意味を込めて 「青年祭」が執り行われました。 これが全国に広まり、 「成人の日」ができました。 この成人の日とは、 「大人になったことを自覚するとともに、自身で生き抜く青年を祝う」とし、式典として行われるようになったのです。 その後、成人式は1998年の祝日法が改正され、 2000年以降になると成人の日を1月第2月曜日の祝日とすることになりました。 — 2018年 9月月5日午後11時55分PDT 【成人式】成人の日の由来 〜阪神・淡路大震災との関係〜 「ハッピーマンデー法」が施行されてから、成人式を執り行う日は1月2月曜日となりました。 これは、1月17日に阪神・淡路大震災が起き、この日を「防災とボランティアの日」と定めたため、「成人の日」と重なることを避けるためだと言われています。 【成人式】実は地域によって異なる 成人の日を1月の第2月曜日と定めたものの、 地域によってはこの成人の日に成人式を行わない市区町村もあります。 これは、 成人式への出席率を上げるためだそうです。 実際、20歳となり、学生でいる立場の20歳もいれば、すでに就職し、社会人となる20歳も存在するからだという考えからあえて成人の日にこだわらない市区町村が増えています。 【成人式】振袖を購入する時、その相場は? 成人式に着物を購入するという方にとって、その金額相場が気になります。 ここからは、着物を購入する場合の金額相場についてみていきましょう。 【成人式】振袖を購入する場合の相場は30万円〜! 成人式に向けて振袖を購入されるご家庭の方は、その価格が気になるとことですよね。 実際のところ、選ぶ振袖によって値段は異なりますが、 最も低価格帯のもので10万円〜となります。 ある有名な作家の方がデザインされたものである場合は100万円を超え、百万円単位でその価格は右肩上がりとなります。 そのような振袖と低価格帯の振袖を並べて比較した場合でも、やはりデザインや柄、質感がまったく異なることは誰もが想像できることでしょう。 一般的には、 40〜50万円ラインの振袖が人気であると言われています。 【成人式】振袖を購入の場合はレンタルよりプラス10万円〜高額 振袖購入の相場費用が30万円〜とすると、レンタルの場合はそれよりも10万円ほど安くなります。 需要なポイントとして、振袖を 購入する場合とレンタルする場合とでは、10万円ほどの差が生じることが一般的であることを念頭に置いておいてください。 とは言え、振袖は購入にしろレンタルにしろどちらであっても 着付けや写真撮影など、細かなことを追加していかなければなりません。 そうすると、 着物は購入した方がトータルで安い予算でおさまる場合があると言えるでしょう。 これについては、後程詳しくみていきたいと思います。 【成人式】振袖をレンタルする時、その相場は? 次は、成人式に着物をレンタルするという方にとっては、そのレンタル費用の金額相場が気になりますよね。 ここからは、着物をレンタルする場合の金額相場についてみていきましょう。 【成人式】振袖をレンタルする場合の相場は20万円〜! 振袖をレンタルする場合は、借りようと思う着物の質や柄、デザインなど、また、レンタルを行う 時期によってもその価格は異なります。 リンク さらに、 写真撮影もあらゆるカットで撮影を行うことでその撮影費用も10万円を超えることも考えられます。 このようなことから、様々な別途費用がかかり、結果的に高額となることが予想されます。 【成人式】振袖はやっぱり購入の方がお得かも! これまで、着物を購入する場合とレンタルする場合で、それぞれの金額相場をお伝えしましたが、どのように感じられましたか? 日本人として着物を着る機会を他に考えてみると、何も成人式だけではありません。 友人の結婚式や親戚の結婚式などで、着物をおおいに活躍させる場がありますよね。 オトナ女性の仲間入りを果たすと、友人や親族の結婚式などの機会に振袖を着ようと思った時に、その都度レンタルしていては、結果的にかなりの金額を負担しなければならないことは誰もがお分かりでしょう。 そう考えると、 実際には成人式を機会に着物を購入する方が結果的に安くつくことが考えられますね。 どこかのの会社のように未来に提供される特典は、その会社が存続していてこそということを理解しておくことが必要ですよね。 【成人式】振袖は購入かレンタルか?のまとめ いかがでしたか? 成人式に着る着物は購入すべきかレンタルすべきか?その金額の相場を徹底比較するとともに、どちらがお得感があるかについてもまとめてみました。 成人式に着物を購入するかレンタルするかは本当に悩むところですよね。 しかし、最近では、購入特典の内容がレンタルするよりも良い場合が多いため、多くの方が 「購入」を検討される傾向にあります。 実際、金額にしても10万円以上もの特典がついてくることを思うと、やはり成人式の着物はレンタルよりも購入方向で検討される方が良いかもしれませんね。 いずれにしても、人生で1度の成人式を立派に迎えてくださいね。

次の

成人式の振袖の選び方 購入かレンタルか迷っていませんか?|振袖のゆりかご本店

振袖 成人式 購入

スポンサーリンク 成人式の振袖はレンタルと購入のどちらがいい? 購入とレンタルのどちらがいいかは、その方の使用頻度によります。 成人式以外にも今後たくさん着る機会があるという方であれば購入されるほうがいいと思います。 ただし、着物を着るには着付けやヘアメイクといった別途費用がかかりますので、元を取ろうとするたびに毎回2万円前後の新たな出費がかさんできます。 たとえば、振袖を30万円で購入した場合だと、成人式を含め合計3回着る機会があれば1回万10円ですが、着付けやヘアメイク代、その他を合わせると1回12万円以上にはなります。 12万円あれば毎回違う洋服を買っても、余ったお金でちょっとした旅行くらい行けそうですね。 ちなみに2回しか着なければ1回17万円以上です。 人によっては着物は面倒くさいし大変なので、成人式以外では着ないとい方もいらっしゃいます。 もちろん価値をどこに置くかは人それぞれですが、あまり着ないと分っている場合の購入は少し勿体無い気もします。 今は、自分でオーダーしたものをレンタルできる 「オーダーレンタル」というものもあります。 もちろんレンタルとしては割高にはなりますが、自分が好きな生地を自分に合ったサイズで仕立てたものを着ることができるので、購入するのと同等の満足感があります。 ここからは、ちょっと個人的な意見になるんですが、もし購入かレンタルかで迷われているのでしたら レンタルにしておくほうが良いのではないかと思います。 着物の柄には流行があります。 今は気に入っていたとしても、この先好みが変わるということも十分考えられます。 自分の妹や 将来娘ができた時のことを考えると購入したほうがお得という考えもありますが、一生に数回のことだからこそ自分が納得できるものを着るほうがいいと思います。 振袖を購入する場合のメリットとデメリット 振袖を購入するメリット ・好みの色柄が選べ、自分に合ったサイズの仕立てができる。 ・成人式以外でも、卒業式、結婚式、パーティーなど何度でも着ることができる。 ・姉妹で着回すこともできるし、将来自分の娘にも着せてあげられる。 ・袖を詰めれば訪問着として使える。 振袖を購入するデメリット ・値段が高くつく。 ・保管場所が必要。 ・クリーニングや染み抜きなどのお手入れ、ムシ食いやカビなどの管理がが必要。 ・今後の流行に合わなくなる可能性がある。 ・未婚の間しか着れない。 スポンサーリンク 振袖をレンタルする場合のメリットとデメリット 振袖をレンタルするメリット ・値段が安くて済む。 ・保管場所が不要。 ・クリーニング等のメンテナンスが不要。 ・毎回流行のものを選ぶことができる。 振袖をレンタルするデメリット ・平均サイズ以外の選択肢が少ない。 ・着る機会が増えれば、その都度レンタル費用がかかる。 振袖をレンタルする人と購入する人の割合は? 現在、成人式の振袖は半数以上の方がレンタルを利用しています。 新たに購入する人は全体の2割以下で、残りは親や親戚などが持っていた物を借りたりしています。 最近の若い方には信じられないかもしれませんが、30年ほど前はほとんどの人が成人式のために振袖を購入しており、金額の相場は約100万円程度でした。 それが当たり前であり、娘を持つ親の最大の楽しみでもあり苦労でもあったんですね。 なので3人娘などと聞くと「うわ~将来大変だね~」と笑いながら合言葉のように言ってました。 今は一人っ子の方も多くなり、着回しする機会も減ってきていますので、これからはますますレンタルが主流になっていくかもしれませんね。 関連記事 成人式の振袖 レンタルと購入についてのまとめ いかがだったでしょうか。 昔と違い、今や振袖は、母から娘へ、姉から妹へと使い継がれていくものではなくなりつつあります。 やはり高価なものである割に、着る機会が減っているためだと思われます。 今は振袖をレンタルできるお店も多くなっていますし、ネットなどの一式レンタルサービスなどはとても手軽で便利です。 目安としては多少大雑把ではありますが、20歳から結婚するまでの間に5回以上着るのであれば購入される価値はあるかもしれないですね。 しかし注意しておかなければいけないのが、着るたびに着付けやヘアメイク等に費用がかかるという事と、柄には流行があるという事です。 元を取るために、別途費用をかけてまで無理に流行遅れの気に入らないものを着るというのであれば本末転倒です。 また、生地の良し悪しは素人目にもすぐにわかるので、安いものを購入するのであれば同等の値段でレンタルされる方が満足度は高いでしょう。 いずれにしても成人式は一生に一度。 後悔のないようにしたいですね。

次の

成人式の振袖を購入する時期は結局いつがベスト?損しない購入方法とは

振袖 成人式 購入

Contents• 成人式の振袖をレンタルする場合の価格は? 成人式振袖のレンタル価格はピンからキリまであるのが現状です。 ある程度のランクの振袖を選ぶ場合は、このくらいの価格が平均相場になります。 全国対応のネット通販の場合、30,000円くらいの振袖レンタルがありますが、安いからといって良いわけではありません。 あまり着なれない振袖は写真だけ見て良いと思っても、試着してみないと顔映りはわかりません。 また、成人式当日の着付けや前撮り撮影がセットに含まれたレンタル店も多くなっているので、 成人式当日や 前撮り撮影のことも頭に入れながら試着して振袖選びをするのがオススメです。 成人式の振袖を購入する場合の価格は? 振袖購入の価格は、振袖レンタルと同様ピンからキリまであります。 お安いものだと「掘り出し物」的なもので表地50,000円くらいから探すことはできます。 そしてお値段が高いものというと…上限はありません。 100万円や200万円するものや、世界に1枚とか、人間国宝のような人が手がけた振袖の場合だと値段が付けられないものもあるのです。 しかし、 一般的な振袖平均相場はフルセットで300,000円前後が主流のようです。 もっとお値打ちなものもありますが、ある程度のランクの振袖を選ぼうと思うと、このくらいのお値段が目安になります。 購入した後に「なんだかやっぱり安っぽさがある?」という不安が出てこないように、値段重視ばかりでなく、ある程度のランクの振袖を見込んでご購入されるのがオススメです。 振袖選びのポイント! そして最後に、振袖を選びにお店へ行ったときには 予算をはっきり伝えておくことが最大のポイントです! 振袖を選んでいくうちにどんどん違うイメージになったり、オプションが付いて、価格が上がっていってしまったりします。 そんな時「ちょっと無理かも…」とか、お嬢様がとても気に入っているのに、価格の問題で振袖を泣く泣くあきらめなくてはならなくなってしまうと、一番ショックを受けるのはやはりお嬢様ご自身です。 最後まで楽しんで最高の1枚を見つけるためにも、価格のところで気まずい思いをしないように、予算をある程度お店にお伝えしておいてください。 大抵のお店であれば 予算の範囲内で希望にかなう振袖が見つかるはずです。 まとめ いかがでしたか? 振袖選びはお母様もお嬢様も満足のいく振袖をご家庭に一番合う形を見つけて早めにご準備されることをおススメします。 振袖専門館花舎は、 名古屋市、春日井市、日進市、小牧市、尾張旭市、豊山町、 瀬戸市、長久手市、多治見市、などの愛知県、岐阜県の方にご利用頂いております。 お振袖選びご相談はお気軽に振袖専門館花舎(かしゃ)へ!! NEWS 花舎からのお知らせ•

次の