コリーブログ。 コリー 人気ブログランキングとブログ検索

ピッコリーノ ブログ

コリーブログ

sakura. 今日のところは、傷んだ目隠しフェンスの張り替え作業を優先することになり、アニマルフェンス設置は後回しとなりました。 目隠しフェンスの張り替えが途中で終了なんてことになったら、犬たちを庭に出せなくなっちゃいますからね。 というわけで、今日は一日、コリーズはお部屋でおとなしく・・・しているわけがないので(外で作業をしている人がいる)、交代でケージイン!!してもらいました。 ところでターちゃんのスタイ、かわいいでしょ... sakura. スバル君、トリスタン君、ヴィクトリアちゃん、ファリーンちゃん、ベルちゃん、りりぃちゃん、ルーシーちゃんそして天国のかんた君5歳のお誕生日、おめでとうございます!パパはフィリップです。 天国から、かんた君と一緒に見守ってくれているよ😀さて、今日も業者さんが来て、作業してくれていました。 今日のところは、アニマルフェンスの支柱の設置までで、フェンス張は月曜日とのことです。 つまり、完成は月曜日(雨でなければ)です。 で、表題の件。 老犬介護の経験のあ... スタイのヨダレやけ イヌ(犬、狗)は、イヌ科の動物。 ネコ目イヌ科イヌ属に分類される。 学名は Canis lupus familiaris。 イヌはリンネ(1758年)以来、伝統的に独立種 Canis familiaris とされてきたが、イヌをタイリクオオカミ Canis lupus の亜種の一つとする学説(1993年、 D. Wilson and D. Reeder)が、現在は受容されつつある。 およそ3000万年前にイヌ科で最古の祖先へスペロキオンがミアキスから進化し、北アメリカ大陸で誕生した。 それからおよそ2000万年前にユーラシア大陸に移動し、さらに進化して犬の祖先といわれるトマルクトゥスとなり、アジアからヨーロッパやアフリカに広まって進化後、再び北アメリカ大陸に戻ったと考えられている。 広義の「イヌ」(後述)と区別して「イエイヌ」(英名 Domestic Dog)とも言うが、これは伝統的な学名 C. familiaris 家族の-犬 に対応した呼称。 また、広義の「イヌ」は広くイヌ科に属する動物 イエイヌ、オオカミ、コヨーテ、ジャッカル、キツネ、タヌキ、ヤブイヌ、リカオンなど の総称でもあるが、日本ではこちらの用法はあまり一般的ではなく、欧文翻訳の際、イヌ科動物を表す dogs や canine の訳語として当てられるときも「イヌ類」などとしてイエイヌと区別するのが普通である。 イエイヌは人間の手によって作り出された動物群である。 最も古くに家畜化されたと考えられる動物であり、現在も、ネコ Felis silvestris catus と並んで代表的なペットまたはコンパニオンアニマルとして、広く飼育され、親しまれている。 野生化したものを野犬(やけん、のいぬ)といい、あたかも標準和名のように、カタカナで「ノイヌ」と表記されることも多いが、もちろん種や亜種としてイエイヌから区別されるわけではない。 犬種については犬の品種一覧を参照。 現在、ジャパンケネルクラブ JKC では、国際畜犬連盟 FCI が公認する331犬種を公認し、そのうち176犬種を登録してスタンダードを定めている。

次の

コリー 人気ブログランキングとブログ検索

コリーブログ

ブログ「アンチエイジングの鬼」はスタートしてから13年が経過し、 いよいよ52歳。 2歳の美猫リリーとも同居。 ナチュラルカイロプラクティック院長 第4期 シードマイスター 卒業生 最新刊「老けないオーガニック」(ワニブックス) 「やってはいけない老ける習慣」(オレンジページ刊) 「細胞から健康になる魔法」(ちくま文庫) 「ナチュラルアンチエイジング きれいを保つ60の習慣」(二見書房) Copyright 2005-2010 korrida All Rights Reserved. お元気でしょうか? 私は、元気です。 子育て中はしっかりグラウディングしていたんですが、子離れするとまた体がちょっとだけ地上から浮くんですね。 子育てしながら子供が1歳で治療院を開業、3歳の時に会社を起業。 この間、著作を10冊執筆し、3店舗直営店開店、家庭菜園ですが自然栽培畑も。 毎日必死だったので、仕事や著作以外であまり思考するということがなかったんですが、最近いろいろ一人でぼーっと考え事をします。 ちょっと思春期? 普通そういうのはこの年齢だと思春期と言わず、更年期というのかもしれないですが(笑) まぁ思春期でも更年期でも、この際どっちでもいいかなと。 人生、いろいろなフェーズがあるのが面白いですね。 息子が思春期なことの影響も受けているのかもしれないです。 15歳のキラキラした感受性にふれながら、青春を追体験出来るのってなかなか面白いです。 あと、2年前から猫と暮らしているのも、面白いです。 すごくマイペースで、すごく自由で。 しなやかでかっこよくて、自分をちゃんと愛している。 あるかもしれない狩りに備えて、爪を研ぐのは忘れない。 でも本当に大事なことに備え、ほとんど体力を温存してリラックス。 驚くほどのきれい好きで、体中のセルフケアを欠かさない。 お通じが出た後には、お祭りのように騒ぐ。 ものごとを俯瞰で見るために、いつも高い所から世界を観察している。 自分勝手に甘えてくるし、おねだり上手。 自分自身を一番大事にしてるけど、決して冷たくはなくて。 本当にヤバいときには、そっと近づいてなぐさめてくれる。 猫には学ぶことが多いです。 ひげとか肉球とか、しっぽとか目の仕組みとか、デイテールも全部好きだなー 自分がこんなに猫好きになるとは、リリーが来るまでは思わなかったんですが。 さて、前回の続きです。 「自然免疫」の話を書きました。 免疫は何も抗体を作る「リンパ球B細胞」が主役の「獲得免疫」だけが主役ではなく、粘膜免疫やマクロファージ、顆粒球たちによる「自然免疫」もあるので、健康な人であればこの「自然免疫」だけで新型コロナをやっつけているというお話。 最初に刺激を受けるのがリンパ球の中の 「ヘルパーT細胞」。 樹状細胞からの指令を受けてリンパ球たちに指令を出します。 指令を受けた 「B細胞」は情報を分析して、敵に一番効く「抗体」というオーダーメイドの武器を作り出し、リンパ球たちはそれを敵にぺたって張り付けて、やっつけてしまいます。 ただ、免疫の花形と言われるこの「B細胞」たちが作る抗体は、細胞のまわりでうろついているウイルスはやっつけられますが、自分の細胞の中に侵入したウイルスには太刀打ちできません。 ウイルスに感染した自己細胞を殺すことが出来るのは、「ヘルパーT細胞」の兄弟である 「キラーT細胞」だけなのです。 これは、一番初動に動くリンパ球でもあります。 このことの重要性を書いた記事がnewsweekにもありましたね。 まぁ、ここに前回書いた 交差免疫というのも関わるかもしれないんですが。 この自然免疫、そしてT細胞、すごく重要です。 粘膜免疫を高めるお話しは前回させていただきましたが、 全体的にそもそも一番大事なのは、「血流」と「体温」です。 体温が1度下がると、免疫力は約30%低下します。 体が冷えていると免疫細胞の働きが悪くなるので、ウイルスが増殖しやすくなります。

次の

コリー・シェルティーと共に・・・

コリーブログ

コリー&シェルティー専門犬舎 CASABLANCA 可愛いコリー・シェルティ-の子犬生まれています。 お問い合わせはcasablanca28 jcom. home. jp ラフコリー・シェルティーライフを30年楽しんでいます。 スタンダードに忠実な、健康で性格の良い子の作出に心がけております。 可愛い我が家の子達をご覧下さい。 CASABLANCAのHPのアドレスが変わりました。 jcom. home. メールにてお問い合わせください。 ヘジャンプ このブログ内の画像・文章の使用は禁止致します。

次の