快気祝い のし。 快気祝いの熨斗(のし)の種類や正しい書き方について

「快気祝い・お見舞い返しのし」について

快気祝い のし

快気祝いだから「お祝いの熨斗」だけではダメ 実は「お祝いの熨斗」にも種類がある 快気祝い=お祝いですから、店頭などでもつい「お祝い用の熨斗をかけてください」と気軽に頼んでしまいそうですが、ここが注意したいところ。 実は、お祝い用の熨斗にも種類があり、「どんなお祝いか」によって使い分けなければならないのです。 快気祝いはほどけにくい「結び切り」の水引で 一般的なお祝いの熨斗には、蝶結びの水引がついています。 ほどけやすく、何度でも結び直せることから、合格祝いや新築祝いなど「何度あってもうれしい」お祝いに用いられます。 一方、病気(ケガ)からの回復を祝う快気祝いや、一生の誓いを立てる結婚のお祝いなどは「二度と繰り返さない」ことがよいもの。 このことから、快気祝いの熨斗には蝶結びではなくほどけにくい「結び切り」の水引がついたものを使います。 「快気祝い」「お見舞いのお礼」の熨斗(のし)表書き 表書きは「快気祝い」「病気(ケガ)をした方の姓(名)」 病気(ケガ)がすっかり完治している場合、表書きには「快気祝い(快気内祝い)」とし、下側には「病気(ケガ)をした方の姓(名まで入れることもあります)」を書きましょう。 全快していなければ「御見舞御礼」「退院内祝」も 「まだ退院していないがお礼をしたい」「自宅療養を続けるけれどもひとまず退院したのでご報告したい」といったこともあるかもしれません。 この場合「快気祝い」とはちょっと違う意味合いになりますので、「御見舞御礼」や「退院内祝」といった表書きを使うとよいでしょう。 ちなみに、治療の甲斐なく亡くなられた……というケースでも、表書きは「御見舞御礼」で構いません。

次の

快気祝・全快祝について

快気祝い のし

快気祝い・退院祝い・全快祝いとは 快気祝いとは、本来、病気の全快を祝う内祝いですが、 現在では、病気見舞いに対するお礼の意味として贈る場合が多いようです。 お祝いの贈り主は退院した本人が報告を兼ねてお礼をするというのが一般的なマナーです。 また、自宅で快気祝いの宴を開いて、お世話になった人たちを招いて、「おかげさまで、こんなに元気になりました」と謝意を込めてもてなす習わしもあり、現在でも行われております。 退院祝いとは病気が全快したことをお祝いして、退院した人などに贈るお祝いです。 快気祝いのお返しの時期(タイミング) 快気祝いは、退院後(自宅療養なら床上げ後)、 1週間〜10日目ごろが適当です。 快気祝いのお返しに贈る品物 快気祝いに贈る品物は、「病気が残らないように」と食べて無くなるものや、使い切って残らないものを贈るのが一般的です。 菓子・コーヒー・紅茶・調味料・石鹸・入浴剤・タオルなどの詰合わせセットや食べ物の好き嫌いも良くわからない…というような時は、相手が欲しいものを選んでもらえるカタログギフトがぴったりです。 下段に病気をした本人の姓のみを書きます。 いただいた金額がまちまちの場合は、一律で贈ってもかまいません。 退院祝いの金額(相場) 入院中にお見舞い(お見舞金)をしたのであれば、お見舞金と重複しますので、一般的に必要ありません。 かえって相手側に負担をかけてしまうことにもなります。 どうしてもという場合には、本人が自宅療養中であれば、 1,000円〜2,000円ぐらいの手土産(スイーツ・ケーキ類)などが良いでしょう。 「おかげさまで元気になりました」など、その後の近況や感謝の気持ちをなどを表した 簡単な礼状(挨拶状)をお返しの商品に付けると良いでしょう。 病中はお忙しい中、過分なお心配りをいただき誠にありがとうございました。 ご心配をおかけいたしましたが、 おかげ様で、ようやく全快いたしました。 つきましては、ささやかではございますがお礼のしるしに、心ばかりの品をご用意いたしました。 ご笑納いただければ幸いでございます。 簡単でございますが、お礼かたがたご挨拶申し上げます。 ささやかではございますが、快気内祝いの粗品をお送りいたしました。 まずは取り急ぎお礼まで。 敬具 医師や看護師さんへの心づけ(謝礼) 病気の快復後、晴れて退院する際には、お世話になった医師や看護師さんに「御礼」の表書きでお祝い金やお祝い品を贈りましょう。 お祝い金の場合は5,000円から30,000円が一般的で、お祝い品の場合は、医師には高級酒・ビール券・ギフト券・高級ネクタイなど。 看護師さんたちには、大勢で食べられるケーキ・スィーツ・洋菓子類の詰め合わせなどを贈りましょう。 お礼の言葉を添えた手紙も良いでしょう。 ただし、渡す際に注意しなければならないのは、他人の目があるところではできる限り避けましょう。 病院によっては規則などで受取らないところもありますので、事前に調べておきましょう。

次の

快気祝いのし種類は?水引本数や表書きや名前の書き方マナー

快気祝い のし

お見舞いのお返しののし紙の表書き(のし上) 「快気祝?快気内祝?御見舞御礼?内祝?どれ?」• 快気祝(かいきいわい)…全快した入院お見舞いのお返しに用いる• 快気内祝(かいきうちいわい)…全快ではない、退院時にお見舞いのお返しに使用(4文字なので「快気之内祝」とすることもあります)• 御見舞御礼(おみまいおんれい)・・・退院はしたものの、病気やケガが全快とまではいかない場合(通院や自宅療養が必要な場合や回復の見込みが今はないが一旦お礼はしておきたい場合)(入院中にお見舞いを頂いた方にお返しをします。 全快祝(ぜんかいいわい)・・・全快したときにもちいる(のし上としては、あまり使わない)• 退院内祝(たいいんうちいわい)・・・退院し全快まではしてないがお返しする場合・・・(内祝いですが、わかりやすく退院とつけます。 あまり使わない)• 他「内祝」(快気内祝と同じ意味)や「御礼」(文字通り、お見舞いのお礼)、直接のし紙に「お見舞いありがとうございました」も使う場合がございます。 「快気祝」の意味・いわれ 全快の報告御礼として用いることが多いようです。 「お見舞のお返し」 「快気内祝」の意味・いわれ 親しい人や身内の間で慶びを分ち合うという意味の「内祝い」。 もともとは、おめでたいことがあると、一緒にお祝いしてもらうために宴席に招いたり、お赤飯や紅白のお餅などを配ることでした。 本来はお返しというよりも、お祝い事の記念に配るものの表書きでした。 (これが転じて現代ではお祝いやお見舞いのお返しにも「内祝」が用いられるようになっています。 のし下には、「入院されていたご本人の名前」を記入します。 快気祝い「内のし」で返すか「外のし」で返すか? 「内のし」は、包装紙で包む前の品に直接のし紙を貼り、その上から包み、「外のし」は包装紙で包んだ後で、のし紙を貼ります。 のし紙には誰からどういう名目で送られてきたのか書いてありますから、外のしは一目で、誰がどのようなお返しをしてくれたのかわかります。 内のしは包装紙を開けてみないことには、それが何なのかわかりません。 どちらがどのような場面で使われるべきなのかは、はっきりと決まっていないので、渡すときの状況を考えて、便宜的に選べば良いでしょう。 土地柄で言えば、「関東は外のし」、「関西は内のし」が多いと言われます。 例えば、たくさんのお祝いが同時に届く人に贈り物をする場合や、みんなの前で披露される可能性がある場合は、パッとみて誰からどのような名目で送られてきたのかわかりやすい「外のし」を選ぶと良いでしょう。 直に贈り物を渡すときは、のしが見える形で渡すのがマナーなので、外のしにします。 関東以東に多い。 逆に、宅配などで物を送る場合は、外のしにしても汚れますし、さらにその上から包むとなると過剰包装になるだけです。 伝票が外に付いているので誰から来たのかわかるので、内のしにする方が良いでしょう。 そのほか、内祝いなどであれば、控えめに見える内のしの方が好まれます。 本来贈答品は、のしを添えて、風呂敷に包んで持参するものです。 時代の流れの中で、風呂敷が包装紙に変わったと考えれば、内のしが本来の姿に近いのかもしれません。 宅配で送り届ける場合は、包装紙を風呂敷に見立てて内のしにし、持参する場合は、外のしにして、風呂敷か、あるいはそれに代わる袋を用意して、渡した後にさっと片付けられるようにしておくのが一番スマートかもしれません。 入浴剤やタオルも「病を水に流す」という意味から、適しています。 溶けてなくなる…の意味から、砂糖・石鹸・お菓子類(焼き菓子・チョコレート)などが適しています。 ほかには食品では自然食品・昆布・かつおぶし・食用油・乳製品など「健康」をイメージする品が適しています。 商品券は、マナーNGの場合がございます。 「快気祝い・お見舞い返しのし」とよく一緒に読まれているページ.

次の