大島 麻美 プロ 雀 士。 カボクイーン杯予選第2回(A)水瀬・浅見・西城・富本(B)宮内・大島・手塚・早川

アイドル動画

大島 麻美 プロ 雀 士

骨髄バンクチャリティー麻雀大会2017 in 大阪 麻雀を通じて「命の輪」をひろげる 皆さんは今までに重大な病気にかかったことがありますか? 3月12日 日 に「骨髄バンクチャリティー麻雀大会2017 in 大阪」が大阪府大阪市『つどい麻雀・菜の花』にて開催されました。 この大会は、元白血病患者であるルーラー山口プロ 日本プロ麻雀協会 が実行委員会事務局長を務めている大会で、今回が13回目となります。 骨髄バンクチャリティーに麻雀とは「? 」を浮かべる方も多くいらっしゃるかと思います。 これは実行委員会事務局長のルーラー山口プロが元白血病患者で、骨髄バンクを通して骨髄移植を受けたことに由来します。 山口プロが骨髄移植を受けた約3年後、ご友人たちが復帰祝いに麻雀大会をしようと声をかけてくれたそうです。 そこで、チャリティーイベントの形でやりたいと始まったのが現在の形へとつながりました。 山口プロはこのチャリティー麻雀を通して出会った仲間たちと協力して骨髄バンクへの恩返しと、今も病気と闘っている仲間への応援を続けています。 今大会には山口プロに賛同した麻雀プロ・著名人も多く来場。 漫画原作者の来賀友志氏、弁護士で麻雀プロでもある津田岳宏氏、初代・第11代天鳳位のASAPIN氏、足立玲プロ 最高位戦日本プロ麻雀協会 、上田唯プロ 日本プロ麻雀協会 、大島麻美プロ 日本プロ麻雀協会 、木崎ゆうプロ 最高位 戦日本プロ麻雀協会 、酒井一興プロ 最高位戦日本プロ麻雀協会 、千代ちせプロ 最高位戦日本プロ麻雀協会 、中出雄介ツアー選手 麻将連合 、夏月美勇プロ 日本プロ麻雀協会 、野添ゆかりプロ 最高位戦日本プロ麻雀協会 、原田翔平プロ 日本プロ麻雀協会 、堀良三プロ 日本プロ麻雀協会 、米崎奈棋プロ 日本プロ麻雀協会 、渡部亜美ツアー選手 麻将連合 の方々がゲスト・運営スタッフとして参加していました。 今回は私も選手として参加しました。 参加者の中には初めて自動卓で麻雀をするという方も多く、終始和やかなムードで進行していました。 優勝者には大阪で開催される『ヴェストワンカップ』の本戦シードが贈られることもあり、私も全力で優勝を狙いに行きます。 1回戦・2回戦ともにトップの好スタートを切ります。 もしや…との気持ちが出てきます。 マンガンを放銃、その後も勝負手をかわされ、ジ・エンドとなりました。 3回戦と4回戦の間には、全国骨髄バンク推進連絡協議会元会長の大谷貴子さんから骨髄バンクについての特別講演がありました。 大谷さん自身も元白血病患者ということもあり、実体験を交えてのお話です。 なんと、参加者の中にドナー登録をしており、且つ骨髄提供までした方がお2人もおられました。 インタビュー形式で講演は進行します。 その方々のお話によれば、「ドナー登録をするにあたっての不安は一切無かった」そうで、実際に骨髄提供をしたときも、重く受け取ることは無く、痛みも特に無かったそうです。 自らの骨髄を提供し「命を救う」という行為をやってのけたお2人のお話に会場は先ほどまで麻雀をしていたとは思えないほど、聞き入っていました。 その後始まった4回戦。 私は先ほど骨髄提供のインタビューを受けていた方と対局です。 お話を伺うと、患者さんからの手紙は受け取りを拒否していたようで、そのことを後悔しているご様子でした。 麻雀はというと、オーラスに一発海底裏1条件でトップの立直をかけましたが当然の流局でした。 左端がルーラー山口プロ、中央が優勝の山路さん 山口プロは、「関西で初の開催ということで不安でしたが、こんなにも多くの方が集まってくれてとても嬉しいです。 白血病にかかっていなければ、チャリティー大会を通してこんなにも多くの仲間と出会うことも無かった。 私は幸せ者です。 これからもこの活動を広げていきたいと思います」と語り、盛大な拍手で閉会となりました。 私自身、白血病とは無縁の生活を送っていましたが、今回の大会を通して感銘を受けた部分が多くありました。 ドナー登録をする機会はなかなか無いと思いますが、献血する際などに話を聞いてみようと思います。 みなさんも1度「骨髄バンク」検索してみてはいかがでしょうか? 麻雀新聞編集部.

次の

骨髄バンクチャリティin大阪 レポート

大島 麻美 プロ 雀 士

2018年3月11日 骨髄バンクチャリティin大阪 レポート 大阪大会 2018年03月11日 大阪梅田 菜の花 大会参加80名 参加プロ選手等 足木優 上田唯 大島麻美 音無愛音 木崎ゆう 酒井一興 櫻木ゆき 千代ちせ 友添敏之 鳥井ゆう 夏月美勇 楓愛 与那城葵 井上真孝 柴山良太 中出雄介 原田翔平 特別講演 大谷貴子 チャリティーオークション出品 雀サクッ 小林剛 音無愛音 千代ちせ 大島麻美 鳥井ゆう 夏月美勇 楓愛 上田唯 与那城葵 足木優 木崎ゆう 福本伸行 大洋技研㈱ マツオカ㈱ 主催 骨髄バンクチャリティ麻雀大会in大阪実行委員会 後援 非営利団体ニューロン 全国骨髄バンク推進連絡協議会 協賛 大阪麻雀連合会 カネミツフーズ株式会社 月刊麻雀界 駒井康夫 齋藤医院内科小児科 雀サクッ ジェイリース株式会社 株式会社スリーアローズコミュニケーションズ スイーツ石鹸Marina Mermaid 大洋技研㈱ つどい麻雀菜の花 西中島麻雀PEACE 姫路ビッグドラゴン 弁護士法人コールグリーン法律事務所代表弁護士津田岳宏 麻雀カルテット 麻雀クラブW 株式会社麻雀新聞 麻雀普及委員会 麻雀Potti マーチャオグループ マツオカ㈱ 山田昭裕 リーチ麻雀さかえ徳島店 日本プロ麻雀協会関西本部 募金• 竹室千早 2018大阪大会優勝者 私がこの骨髄バンクチャリティ麻雀大会に初めて参加させて頂いたのは、2017年3月の第1回大阪大会でした。 東京で大会がある事は以前より耳にはしていて、昨年に大阪でも開催されると聞き私の地元岡山からでも参加出来るなと思い応募しました。 私自身は大病や大怪我とは幸いな事に縁が無く過ごして来ましたが、小さい頃に離婚して離れていた父親と近年になり交流を持つようになっていました。 しかし、その交流を持ち出して半年程で父の癌が見つかりました。 一時は命の危機とまで言われましたが持ち直し、今でも闘病を頑張って続けています。 そんな父が私には初めての闘病で必死に生きようとしている人です。 父が闘っている様に、多くの方が生きる為に闘っている。 それを少しでも手助け出来れば。 昨年の大会の時の講演を聴き、まだ漠然だったその思いはより強くなり、是非またこの意義のある素晴らしい大会に参加させて頂きたいと思いました。 一人分の力は僅かでも、それが何重にも重なれば強い力になる。 良く聞く言葉ですが、それは本当なんだと教えられました。 こんな小さな自分でも、どんな形だろうと役に立てる。 それが大好きな麻雀と言う形でも協力出来るのです。 だから私はこれからも協力させて頂きたく思います。 大会企画・運営のニューロン様、講演して頂いた大谷様、ボランティアで参加されたプロの皆様、有意義な時間をご提供頂きありがとうございました。 そして私と同じ参加者の皆様。 また来年もこの大会が開かれ、お会い出来る事を楽しみにしています。 また来年もよろしくお願いします! 透馬海 チャリティオークション落札者 骨髄バンクのチャリティ麻雀大会があるというのを知り、気になる物がチャリティオークションに出品されていた事もあり、一度その場に足を運んで自分の目で確かめたいと大会や空気を知りたいと思い興味本位で行きました。 そこには人情と笑顔で溢れた麻雀プロの方々や骨髄バンクを作った大谷さん含め参加者の皆様が明るく楽しい姿がありました。 自分は今回この大会に興味を持ったのは麻雀とオークションがきっかけですが、自分自身もリウマチ 自己免疫疾患 という自分の免疫が自分を攻撃対象として骨を破壊していくという原因不明の不治の病を患っていて、白血病という大きな難病に対して他人事には決して思えず自分にも何か出来たらという気持ちが相乗効果で高まりました。 実際に会って言葉を交わし心が触れ合い分かち合う、それは命あって輝くからこそ出来る事だと私は思っています。 何が出来るのか? 何を起こせるのか?そんな熱意と熱気が確かな勇気と原動力に繋がりイベントが今も続けられているのかなと肌で感じ取りました。 自分にとっても良い人生経験になりました、あの空間に居て、知れて感じた事は今後で大きく繋がる気がします。 とても素晴らしい骨髄バンクチャリティ麻雀大会でした。 少しでも気になった方は本当に是非行ってみて欲しい限りです。 足木優プロ 大会アシスタント 骨髄バンクチャリティ麻雀大会に参加された皆さま、ありがとうございました。 言いたいことはたくさんあるのですが、うまく言葉にできなくて。 この大会に参加する毎に白血病の知識も増えて、ドナー登録に対する不安もなくなってきました。 ドナー登録もそうですが、参加することで誰かの役に立てるこの骨髄バンクチャリティ大会。 そんな素晴らしい大会がこれから先も継続して、1人でも多くの方に参加してもらえるように、知っていただけるように、皆さんの周りのひとたちにもこの大会の話をしていただけたら、とてもうれしいです。 今日も1日元気に過ごせたことに感謝の気持ちを忘れずに。 皆さま、本当にありがとうございました!! 大島麻美プロ 大会アシスタント 大会当日の3月11日は、東日本大震災の日とも重なっていて、 生きていることの有難さに感謝 麻雀できることに感謝 みんなと会えることに感謝 そんな気持ちの1日にしようと思いました。 ただ生きてる。 大阪初開催となった昨年の大会は諸事情で参加することは叶いませんでしたが、今年はようやく参加できて、皆さんと一緒に麻雀を打つ中で、たくさんの卓で笑顔が溢れ、なんと温かい大会なんだろうととても胸が熱くなりました。 また大谷様にお話頂いた骨髄バンク特別講演も、なかなか普段お聴きする機会がありませんので、大変貴重な時間となりました。 感謝を申し上げます。 そして、運営を手伝って頂いた大会実行委員会の皆様、ご協賛・ご協力頂きました各企業や各団体の皆様、会場をご提供頂いた菜の花様、企画・運営をして頂いたニューロンの皆様に御礼申し上げます。 昨年に自分自身にも降りかかったように、健康であるということは当たり前ではなく、誰かに生かされているから自分も生きているのだと改めて痛感しております。 この大会は、大好きな麻雀でその誰かの力になることができるのです。 大会主幹の山口君、本当に素晴らしい大会をありがとう。 また次回、大阪でお会いできることを楽しみにしています! ルーラー山口 大会主幹 昨年、大阪で初めて開催された骨髄バンクチャリティ麻雀大会。 今回、無事第二回大会を開催することができました。 2005年から始めたイベントですが、毎回、当日までお客さんがたくさん来てくれるのかと心配しているのですが、今回も参加者80名と見学、オークションの参加者で会場は100人を超える人の熱気に包まれました。 この麻雀大会では本来の麻雀大会では禁止されている私語を、麻雀の対局に関係のない程度でOKとしているため、真剣勝負の中にもあちらこちらで憧れのプロと楽しくおしゃべりをする参加者の笑顔が見えました。 骨髄バンク特別講演として、全国骨髄バンク推進連絡協議会元会長の大谷貴子さんに講演していただいた質問コーナーでは、ゲストプロからの質問や、自らドナー登録をしたゲストプロの方がいたりと、骨髄バンクへの関心度の高さも年々増しているように感じました。 また、恒例のチャリティオークションでは、漫画「カイジ」、「アカギ」でお馴染みの福本伸行先生から出品していただいた記念色紙が過去最高額の17万5千円で落札され、会場がリアルに「ざわざわ」しました 笑。 仕事や学校、旅行やスポーツはもちろん、日常生活を「普通」におくることができるのは、元気だから、健康だからできるのです。 たくさんの人たちに支えられて続けることができているこのイベントを、健康のありがたみを知る一つのきっかけとして、また、骨髄バンクが必要な人のために、大好きな仲間たちと一緒に続けていきたいと思っています。 この場をお借りして、当事業にご協力くださっている全ての人に感謝の気持ちを申し上げます。 本当にありがとうございました。

次の

岡田紗佳、“てんパイクイーン”連覇に意気込み!憧れ美人姉妹の対決にも期待(テレ朝POST)11月16日(金)、女流プロ雀士・女性タレン…|dメニューニュース(NTTドコモ)

大島 麻美 プロ 雀 士

出演者 [ ] シーズン1 [ ] 女流プロ [ ]• 高宮まり• 井上絵美子• 女流アマ [ ]• 森上南• シーズン2 [ ] 女流プロ [ ]• 宮内こずえ• 井上絵美子• 小笠原奈央• 中山奈々美• 山脇千文美• 大亀あすか• 上野あいみ• 塚田美紀 女流アマ [ ]• 及川奈央• 椿姫彩菜• 宮城舞• 由井香織• 森上南• シーズン3 [ ] 女流プロ [ ]• 山脇千文美• 二階堂亜樹• 岡田紗佳• 大亀あすか• 宮内こずえ• 高宮まり• 中山奈々美• 和泉由希子• 東城りお• 石田亜沙己• 足木優• 菅原千瑛• 小笠原奈央• 女流アマ [ ]• 浅香唯• 及川奈央• たしろさやか• 香川愛生• 椿彩奈• 小田あさ美• シーズン4 [ ] 女流プロ [ ]• 岡田紗佳• 二階堂亜樹• 二階堂瑠美• 古川彩乃• 大島麻美• 和泉由希子• 高宮まり• 大久保朋美• 大亀あすか• 小笠原奈央• 菅原千瑛• 宮内こずえ• 山脇千文美• 中山奈々美• 塚田美紀 女流アマ [ ]• 浅香唯• 宮城舞• 百合沙• 及川奈央• 椿彩奈• 小田あさ美• (番組内で発表) シーズン5 [ ] 女流プロ [ ]• 岡田紗佳• 二階堂亜樹• 和泉由希子• 日向藍子• 大久保朋美• 二階堂瑠美• 古川彩乃• 中山奈々美• 丸山奏子• 高宮まり• 宮内こずえ• 小笠原奈央• 日當ひな• 東城りお• 大亀あすか• 山脇千文美• 都美 女流アマ [ ]• 浅香唯• 宮城舞• 松本圭世• 及川奈央• 椿彩奈• 実況 [ ]• () スタッフ [ ]• ナレーション:野引香里• 構成:田中淳也• 企画協力:日本プロ麻雀連盟• 技術協力:レステック• 美術協力:• 編集・MA:• カメラ:、大森健二• CG:• 音効:• HP:• AD:、• AP:• ディレクター:、、山崎新平、• プロデューサー:(テレビ朝日)、() 脚注 [ ] [].

次の