大地震予言com。 大地震予言(2020)は嘘?首都直下型、南海トラフ地震!イルミナティカードの予言は本当?

『ジュセリーノの予言 6月21日に東海地方で大地震』, 地震予知 M4

大地震予言com

Contents• 未来人の予言1:2020年8月開催の東京五輪について 漫画AKIRAで東京五輪の開催中止が予言されていたり、イルミナティカードでもコロンの流行、そしてそれに伴う東京五輪の開催危機の暗示と、あまり良くない予言が目立つ2020年東京オリンピック。 こちらの詳細は文末の関連記事をご覧くださいませ。 そんな不穏な予言が目立つ中、未来人の予言にはこのようなものも・・・ 未来人原田の予言する2020年東京五輪 かつて熊本地震や、2020年東京五輪の開催を予言したと言われている 2058年から来た未来人原田。 彼の予言によると、東京五輪の開催は滞りなく行われるものの、 いくつかの国が参加をボイコットすると予言しています。 引っかかるのが「 ボイコット」という言葉。 もしコロンが原因であるならば、「 棄権」「 不参加」といったほうがしっくりする気がします。 ボイコットであるならば、思い出されるのは、1980年のモスクワ五輪。 スポーツと政治の問題が大きく話題となりました。 未来人原田の言葉の意味を考えるのであれば、それは 政治的な衝突が起きることを示唆しているのかもしれませんね・・・ 2062年から来た未来人の予言する2020年東京五輪 東北沖地震を的中させたことで知られる、 2062年から来た未来人。 彼は2020年東京五輪の開催を以下のように予言しています。 「 東京オリンピックは成功する。 開会式より閉会式が感動的だ」 ・・・予言??笑 と言うかは置いておき、2020年東京五輪の開催は問題ないということでしょうか。 未来人原田の唱えた出場国問題については触れていません。 しかし、予言の一文からはそれ以上の意味は見出せないので、もしかしたらボイコットした国があるのかもしれませんね・・・ とにかく、閉会式が感動的らしいので、録画の準備はしておきましょう!笑 他にも色々な予言がありますが、 未来人の声を参考にすると、2020年東京五輪の開催自体は問題なさそうです。 スポンサーリンク 未来人の予言2:2020年8月に地震が起きる? 2020年に地震が起きると言う予言は、未来人のものはありませんでした。 しかし、 気になる予言が二つありましたので、そちらをご紹介します。 2020年東京で直下型地震が起きる? 一つは イルミナティカードと言われる、未来が次々と現実になると言われる不思議なカードの予言。 これまでに、911やペンタゴンのテロ、さらには311を的中させてきたり、未来を予言するカードとして注目を集めているのですが、その中には 東京都で直下型地震を暗示しているのではないかと取れるカードが存在します。 こちらがそのカードで、その解釈は諸説ありますが、ここでは簡単に有名な説を。 右上に描かれている時計台は、銀座の一等地として有名な 和光時計台。 それに酷似していると、かねてより話題となっています。 その時計台が、何か爆破のような形で破壊されています。 この原因は諸説あるのですが、その一つが東京を襲う直下型地震であると言うもの。 そして、 カードに登場する人物の服やネクタイなどを5色がオリンピックの5色エンブレムと配置は異なりますが、合致しています。 つまり、 東京五輪開催期間中に直下型地震が東京を襲うと言うものです。 もちろん、これには諸説ありますし、こじつけ感もあるのですが、過去に数多の予言を的中させてきたイルミナティカードの一つの可能性として、覚えておいても損はないと思います。 こちらについては、下記の記事で詳細を記載しています。 この予言も数年前から話題となっており、16日の日曜日が来る度に話題となるのですが、これまでは的中せず。 しかし、2020年に16日の日曜日が実現するのは、 2月16日(日)と8月16日(日)の2日間です。 ですが、ここで先ほどのイルミナティカードのイラストに書かれた人物のカラーがオリンピック、いや、パラリンピックの5色を表すのであるとしたら、8月16日と言う日付はまさにドンピシャのタイミングでやってきます。 と言うことなので、 2020年8月16日の日曜日、パラリンピックの真っ最中とはなりますが、もしかしたら、カードのイラストが実現してしまうかもしれません・・・ ・東京オリンピックのすぐ後くらいからある2カ国が衝突 ・2カ国はどちらもアジア ・日本が大きく関わっている ・日本が相手国の態度にブチギレ と言う内容のもの。 色々と情報を集めてみると、アジア2カ国での戦争ではありませんが、 アメリカと中国の戦争から第三次世界大戦に発展するのではと危惧する情報は多く、過去に多くの予言を的中させている ミステリー雑誌『ムー』でも、その内容を取り上げています。 となると直下型地震が原因ではなく、もしかしたら 戦争が原因で銀座の和光時計台が襲撃され、パラリンピックどころの騒ぎではなくなる・・・かもしれませんね。 感動を迎えるはずの東京五輪直後に、第三次世界大戦の勃発。 下記記事では、そのような内容をまとめて紹介しています。 過去に地震などを的中させてきた未来人ですが、果たして2020年以降の日本はどういった未来が待ち構えているのでしょうか。 もちろん、、、予言が的中しないことに、越した事はないですが。 今後の動向にも注目してみましょう。 また、関連記事も合わせてご確認してみてくださいね。

次の

2019年の予言!日本の地震・北朝鮮の戦争は?霊能者が語る未来の内容

大地震予言com

2010年の第三次世界大戦の戦争期間、2011年の核放射降下物で生物に被害を及ぼすという予言がそうです。 2014年の皮膚病で苦しむという予言、2016年のヨーロッパはほとんど孤独、2018年中国は世界の超大国となるなど、殆どが極端な内容でしょう。 中国の経済は2000年前半がバブル景気です。 2018年に中国が世界の超大国になるというも、2000年前半以降は緩やかな下降を続けている印象です。 間違いなく経済大国の一つですが「世界の超大国」と言うには少々大げさではないでしょうか。 ババ・ヴァンガの2020年の予言は?日本を含む大地震が発生する? ババ・ヴァンガの2020年予言は、大きな震災の年になるという内容の不吉なものであるようです。 太平洋岸北西部が危険地帯になるという予測のようです。 カリフォルニア州南部から西部にかけて1000km以上続いている断層、サンアンドレアス断層があります。 過去にも巨大地震を引き起こしたとされる断層です。 環太平洋火山帯全土に影響があると予測され、実は日本も他人事ではありません。 大地震・津波には気をつけなければならない可能性があるのです。 亥年は地震が起こりやすい年なのだそうです。 日にち、時間帯によって莫大なエネルギーが引き合うことがあるそうですが、その時地震が発生しやすいと彼女は語ります。 詳しくは動心学を勉強する必要がありますが、2020年は地震を引き寄せるパワーのある年のようです。 来年2021年はオリンピックyearですので、大事にならなければと願うばかりです。 ジュセリーノ氏も南海トラフの巨大地震を予言? ブラジル・英会話教室の教師であるジュセリーノ氏(ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース)は、予知夢により予言が出来ると日本のマスコミに紹介されたことのある人物です。 ジュセリーノ氏は2018年6月21日に、日本の東海でM10. 6の地震が起こると予言していました。 しかしまだこの大地震は起こっていません。 この予言は外れていますが、ジュゼリーノ氏の予言は予測より後に起こる可能性が高いようなのです。 南海トラフの巨大地震はもうすぐすると起こると、考えていいのかもしれません。 聖徳太子も日本列島が八つ裂きになると予言していた? 予言書に多くの予知を残した聖徳太子ですが、「クハンダが来る」「東の都は親と七人の子供のように分かれる」という内容の予言があります。 どういた意味なのでしょうか。 謎に包まれたこの予言を学者達は、2023年までに「クハンダ」(末世に現れる悪鬼)が来襲する意味で、恐ろしいことが起こることを記していると解釈しています。 クハンダ来襲のため、東京の首都機能が7つに解体されるという予測と、大地震が起こり日本の国土が分かれてしまうという2つの説が考えられており、やはり大地震の危機感は否めません。 数多くの大地震・大噴火を予測 木村政昭・琉球大学名誉教授 琉球大学名誉教授の木村政昭氏は、数多くの大地震・大噴火を予測してきました。 木村氏は2009年~2020年までには富士山噴火の可能性が高いとみているようです。 富士山の宝永大噴火が起こった300年前、宝永地震(南海トラフ地震)も同時に起こっていることも考えると、まもなく大噴火・大地震が起こるということなのでしょうか。 大学教授の観点から見ても、2020年の大地震を予測しています。 2020年が震災の年と予言したババ・ヴァンガと同じです。 岡山県のドリームセラピスト 七曜高耶氏も予知夢で地震を予測 霊感が強いといわれるたくさんの一般人が、今年の大地震を予言しています。 その中の一人「2020年に南海トラフ巨大地震が発生する」という予言をしネット上で噂の、ダウンローラー千尋さんです。 「ダウンローラー」とは未来の出来事が頭の中に下りてくるという意味で、未来視する力をお持ちのようです。 ダウンローラー千尋さんは熊本地震を予言したという「口コミ」の噂が立っています。 当たると「口コミ」で噂の方が、2020年南海トラフの大地震が起こると予言、今年は本当に要注意な年なのかもしれません。 ババ・ヴァンガの2021年以降の予言は?一覧まとめ ババ・ヴァンガの2021年以降の予言は、5079年・世界の終わりまですべての内容が驚異的です。 ブルガリア政府が機密にした理由に納得です。 2021年から5079年の予言一覧を、一挙まとめてご紹介します。 地球の軌道の変化で間違いなく、日射量に影響が出てきます。 2025年には欧州の人口がゼロに近づくとあります。 大げさな表現といえそうですが、国連の予測で2050年までに人口が15%以上減少すると予測される国は、中東欧の元共主義国に集中しているようです。 現在、臓器提供を受けなければならない患者はたくさんおりますが、2046年には自分に合った臓器を再現できると予言しています。 臓器移植手術が難しいものではなくなる日も近いのでしょう。 2023年地球の軌道が変わる。 2025年ヨーロッパは依然として過疎の常態が続く。 2028年新たなエネルギー源が発見される。 飢餓が克服される。 金星に向けて有人の宇宙飛行が出発する。 2033年極地の氷冠が溶け、世界の水位レベルが上昇する。 2043年経済は良好。 イスラム教徒がヨーロッパを動かすことになる。 2046年すべての身体器官が、簡単かつ一般的な方法で再現可能となる。 「プロジェリア症候群」はご存知のかたも多いでしょう。 カナダのアシェリー・ベイや、アメリカテキサス州のアダリア・ローズらのドキュメントは世界的反響が大きいものでした。 この病気が2097年には治療可能になり、難病を克服できるようになります。 人口太陽もそうですが、2050年から2100年の期間は、現在開発中であるものが、実用化されているようです。 2066年アメリカが、イスラム教徒に対して気象兵器を使う。 2076年共産主義が処理を引き継ぐ。 2084年自然が生まれ変わる。 2088年新しい病気は、人を数秒で老いさせる。 2097年「プロジェリア症候群」(早老症)が治療される。 2100年人工太陽が地球の暗がりを照らす。 2015年に宇宙からの信号をハンガリーで受信されるようになるのは、このジョークが理由なのでしょうか。 現在はまだ、宇宙人が存在するのかどうかはっきりしていない状況の中、2130年にエイリアンの力を借りて水中で生活をする文明になるという予言があります。 2111年人々はロボットになる。 それはおそらくアンドロイドのようなものである。 2123年小さな国家間の戦争が起こる。 大きな国はそれに手を出さない。 2125年宇宙からの信号はハンガリーで受信される。 2130年エイリアンの助けを借りて、水中で生活する文明が生まれる。 生物の進化も予言されています。 (2164年の動物が半分人となる、2196年アジア人とヨーロッパ人のミックスなど) 2164年動物が半分人となる。 2167年新宗教が生まれる。 2170年:大きな干ばつ。 2183年火星のコロニーが核保有国になり、地球からの独立を要求する。 2187年2つの大きな火山噴火の停止に成功する。 2195年海のコロニーがエネルギーと食糧を持つことになる。 2196年アジア人とヨーロッパ人は完全にミックスされる。 (引用:知的好奇心の扉 トカナ).

次の

大地震予言(2020)は嘘?首都直下型、南海トラフ地震!イルミナティカードの予言は本当?

大地震予言com

2019年日本の予言 2019年の日本について語られている予言を集めてみました。 予言からすると、富士山の噴火や南海トラフ地震の発生など、2019年も様々な恐ろしいことがあるようです。 ダウンローラー千尋氏の予言• ジュセリーノ・ダ・ルース• ノストラダムス• 江原啓之の予言• 木村藤子の予言• 聖徳太子• スズさん• 松原照子• 2041年からのタイムリーパー ダウンローラー千尋氏の予言 ダウンローラー千尋氏は、長野県諏訪在住で小さい頃から時々不思議なメッセージが降りてきて、予知能力を持っており未来を読むことができます。 地震の予言を多くしており、熊本地震も予言しました。 予言の内容 2019年9月に南海トラフ地震が起こる 南海トラフ地震が発生するのは以前から言われていました。 2019年に南海トラフ地震が起こると多くの予言者が言っています。 太平洋の赤道付近から南米沿岸にかけて海水面の温度がいつもより低くなる「ラニーニャ現象」が起こると、日本列島の太平洋側で大地震が発生するケースが多いと言われています。 2017年秋に発生したラニーニャ現象は、2018年春に終息したとされています。 また南海トラフ地震が発生する前には、前兆として西日本で大地震が起きる傾向があります。 最近では、• 熊本地震(2016年4月)• 鳥取県中部地震(2016年10月)• 島根県西部地震(2018年4月)• 大阪北部地震(2018年6月) が発生しており、予言が現実味を帯びて来ている感じもしますね。 スポンサーリンク ジュセリーノ・ダ・ルース ジュセリーノ・ダ・ルース氏は、予知夢で未来を予言するブラジルの予言者です。 未来の出来事を日時まで特定し言い当てるといい、予言の内容は事件や災害などが多いです。 11テロ」や「ダイアナ妃の暗殺」など、世界中の大事件を当て有名です。 予言の内容 南海トラフ地震が起きる 南海トラフ地震など巨大地震が起る前には、霧島連山が噴火すると言われています。 九州にある霧島連山が噴火すると、それに連動して1年以内に巨大地震や富士山噴火が起きています。 霧島連山は、九州南部の宮崎県と鹿児島県県境付近に広がる火山群の総称で、噴火を繰り返す活火山、特に新燃岳と御鉢では活発な火山活動が続いています。 この火山が噴火したなら注意が必要です。 過去には新燃岳が2011年1月26日に噴火。 この噴火はでは溶岩の出現も確認され、約300年ぶりのマグマ噴火となりました。 その後の2011年3月11日には 東日本大震災の巨大地震が起こっています。 2017年にも小規模な噴火がありました。 2018年の噴火は2017年とは違い、溶岩の内部で火山ガスの圧力が高まって爆発したと推定される 爆発的噴火が7年ぶりに発生しました。 降灰により鹿児島空港を発着する78便が欠航したり、噴煙が火口から4500mの高さまで上がり大きな噴石が火口から1800m飛散。 2019年は大地震や富士山噴火に特に警戒したいですね。 ジュセリーノ・ダ・ルースさんが、近年でも次のような予言をしています。 関連記事 ノストラダモスは世界的にも有名ですが、その他にも有名な予言者がいます。 ブルガリアの予言者でヨーロッパを中心としてたいへん大きな影響力を持つとされる、ババ・ヴァンガなど。 2019年は世界では次のようなことが予言されています。 ネパールで巨大地震が起きる• 第三次大戦が起こる• 2019年プーチン暗殺 などが起こるとされています。 詳細はこちらの記事からご覧ください。 関連記事: 江原啓之の予言 スピリチュアブームの火付け役、そして礎を築いた方と言えるでしょう。 江原さんは毎年予言をされています。 多くの人が注目している予言の内容を知っておくと、日本をはじめ世界がどうなっていくのか参考になるでしょう。 江原啓之さんの予言内容を知りたい方は確認してみてください。 予言の内容 娘が見た夢は「山が噴火し、ドンと5回爆発のようなものが起きた」と言っています。 2019年に九州、大分で大地震が発生する。 この予言では、噴火した山はおそらく富士山のようです。 過去の富士山噴火で、直近の噴火である江戸時代中期1707年12月16日の「宝永大噴火」のような 大噴火が起きた場合、 静岡県・山梨県・千葉県の多くと、東京都の大部分で火山灰が2cm以上降り積もります。 そうすると、• 新幹線は運行停止• 東名高速や首都高などの高速道路もスリップの影響で不通• 一般道も渋滞• 除灰作業が完了するまでは通行不可となる可能性がある• 飛行機も火山灰の影響したら航行不能• 火山灰が水道の水源地にも降り注げば、飲料水にも影響がある• 停電が続けば上下水道も停止 溶岩流があれば、東名高速道路や東海道新幹線も溶岩流に飲み込まれる恐れもあります。 富士山の噴火の可能性は以前から言われていますが2019年も気が抜けませんね。 九州、大分で2年以マグニチュード9クラスの地震が発生するようです。 東日本大震災と同じ規模の地震は発生することになります。 それも二年以内の短い期間で。 近頃は西日本に地震が多いのでこんな予言がされていると恐ろしさが増します。 では、他の近年ではどのような予言がされているのでしょうか。 2020年には、日経平均22,000円~20,000円で推移している 為替はオリンピック前後までは、105円から140円で推移している 土ローンを活用し、太陽光発電の点検詐欺が起こる 2019年北朝鮮の予言 2017年は世界が北朝鮮の核ミサイルの脅威に晒されていましたが、2018年には大きな変化があり、4月に南北首脳会談、6月に米朝首脳会談という2つの歴史的な首脳会談がありました。 2019年2月にも、2回目の米朝首脳会談が行われましたが、結果は 決裂。 最初の方は笑顔が見られ和やかなムードに見えましたが、北朝鮮の非核化をめぐって溝が埋まらず、合意文書の署名を見送ることになりました。 これから北朝鮮はどのような動きを見せるのでしょうか。 北朝鮮について語られている2019年の予言をご紹介します。 マイケル・フィリップス• エド・デイムス マイケル・フィリップス マイケル・フィリップスは、2043年生まれで2061年にイギリス軍に入隊し、タイムトラベル実験で2018年に何度も訪れているとの事です。 イスラエル右派政権によるイラン攻撃で始まるアルマゲドンが発生する。 太陽の巨大フレアが地球を直撃する スポンサーリンク 予言している人物 予言を毎年している世界中の方の中から一部を紹介していきます。 この予言者からの語られる内容も気になるところですね。 ジョセフ・ティテル 米国屈指のサイキック(超能力者)。• クレイグ・ハミルトン・パーカー イギリスの霊能力者。• ジョゼフ・マクモニーグル 自称FBI超能力捜査官。 日本のテレビ番組にもたびたび登場している。• ゲリー・ボーネル アカシックレコードにアクセスできる予言者• 比嘉 良丸(ひが よしまる) 自然信仰家。 神人(かみんちゅ。 沖縄における、神の啓示にて祈りを行うシャーマンのこと)• バラート・クラーラ ハンガリーの霊能者、占い師。 占いアプリにもなっている。 まとめ 日本・北朝鮮の予言を集めてみました。 2019年も様々な予言がされていましたね。 実際に起こるわけではない予言もありますが、語られている内容を見ると恐ろしいです。 未来は何が起こるかわかりませんが2019年も心して過ごされて下さい。 スポンサーリンク.

次の