ピョン スミ。 李竜大&ピョン・スミ夫妻、娘の誕生100日記念「家族写真公開」

女優ピョン・スミ、イケメンバドミントン選手と離婚へ=結婚から2年-韓国俳優、韓国女優

ピョン スミ

レーシングモデル出身のBJ(配信者)ハン・ミモが売春斡旋の容疑で告発した女優ピョン・スミに対して、新たな被害者の証言が明らかになった。 昨日(10日)SBS funEは、「フィリピンでピョン・スミから違法行為を強要された別の女性が登場した」と単独報道した。 報道によると、20代前半の2人の女性AさんとBさんは、昨年7月に「月に500万ウォン(約45万円)を稼ぐことができる仕事を紹介してあげる」というピョン・スミの提案を受けて、フィリピンのマニラに向かった。 彼女らはピョン・スミの妹と、以前から知り合いだったという。 フィリピンでピョン・スミは、AさんとBさんをカジノに連れて行き、賭博をしている韓国人を対象に、彼女たちに違法な両替をさせた。 ピョン・スミはスタッフを配置し、二人を常に監視していた。 AさんとBさんの知人であるCさんは、当時起こっていた状況について証言し、「滞在中、ピョン・スミさんの知人たちに会ったが、ほとんどの暴力団関係者のような人だった」と語った。 続いてCさんは、2人がピョン・スミに脅迫を受けたと主張し、「監視が疎かになっている隙に、AさんとBさんが荷物をまとめて空港に行った。 しかし、わずか1時間で『移民局にお金を盗んだと(虚偽の)通報をした』『追いかけていく』などの脅迫があった」と暴露した。 結局AさんとBさんが紆余曲折の末に韓国に帰ってくると、ピョン・スミはSNSにパスポートの写真を投稿して個人情報を公開し、「風俗店で働いていた」という虚偽の事実を両親に知らせようとした。 最後にCさんは、この事実を1年が経過した現在、メディアに公開する理由を語り、「ピョン・スミがAさんとBさんの自宅の住所も知っていて、個人情報もすべて持っているので、復讐を受けると思うと怖いと言っていた」と説明した。 それとともに「ハン・ミモさんは、2人よりもさらなる監視と脅迫を受けたようだ。 これまで知られている内容は氷山の一角であり、必ず捜査が行われるべきだと思う」と付け加えた。 これに先立って先月、レーシングモデル出身のBJハン・ミモが、「ピョン・スミが私の意志とは関係なしに売春を斡旋し、ピョン・スミのギャンブル行為を強制的に手伝わされた」と明らかにして、売春斡旋容疑で告発した。 ・ ・ 外部サイト.

次の

女優ピョン・スミ&”イケメンバドミントン選手”イ・ヨンデ、結婚1年でスピード離婚か

ピョン スミ

レーシングモデル出身のハン・ミモが性売買斡旋と常習賭博で告発した女優が、ピョン・スミ(芸名ハン・スヒョン)と判明したなかで、ピョン・スミ側は「事実無根」として法的対応に乗り出すことを明らかにした。 ハン・ミモは5月28日午後、性売買斡旋と常習賭博の疑いでソウル中央地検にピョン・スミを告発した。 彼女は、ピョン・スミが自分にエンターテインメント会社代表を紹介するなど性売買を斡旋し、常習的に賭博をする過程で自分をカジノに監禁するなどしたと主張した。 当初、性売買を斡旋した女優は匿名で公開されたが、波紋が広がったことでハン・ミモの法律代理人側が5月29日、「ハン・ミモがピョン・スミを告発したことは事実」と認めた。 「とんでもない主張を展開している」 それに対してピョン・スミ側は、メディアを通じて「ハン・ミモの主張は事実無根であり、法的に対応する」と立場を明らかにした。 (写真=ピョン・スミSNS)ピョン・スミ(左)と元夫イ・ヨンデ ピョン・スミは、「ハン・ミモが主張する性売買斡旋は少しも事実ではなく、小説のような話」と主張した。 彼女は「(ハン・ミモが)アフリカTV(ネット放送)でアカウントが永久停止となり、苦境に立たされたとき、その問題に対して助けてくれる人を紹介してくれと言われ、助けた」とし、「いい仕事場を紹介し、いい人を紹介するなど助けたが、事実関係を寄せ集めてとんでもない主張を展開している」と述べた。 続けてピョン・スミは、「すでに弁護士の選任を終えた。 誣告と名誉毀損で積極的に法的対応する」と付け加えた。 争う2人はどんな人物? もともとピョン・スミは同徳(トンドク)女子大学の放送芸能科出身で、「ハン・スヒョン」という芸名で演技活動を開始した。 彼女は2012年の映画『樹木葬』で、女子高生の幽霊役を演じてデビュー。 以降、映画『スリーサマーナイト』(2014)、『私たちの恋愛の履歴』(2015)などに出演した。 ピョン・スミは、男子バドミントン韓国代表だったイ・ヨンデと6年間の交際の末、2017年に結婚。 しかし約2年後の2018年に離婚した。 当時2人は離婚の理由について「家庭事情」と述べている。 ピョン・スミは最後に、「一人で子供を育て、一生懸命に生きている」とし、「話にならない小説に巻き込まれたが、積極的に法的対応して名誉を回復する」と主張した。

次の

女優ピョン・スミから被害に…ハン・ミモ、騒動を動画で暴露「ろくに寝かせないまま奴隷のように扱った」

ピョン スミ

さらにハン・ミモの他にも似たような手口で被害を受けた人物がいるという主張も登場し、議論を呼んでいる。 29日、SBS funEはハン・ミモが告発した女優が、20代の就職活動をしている女性をフィリピン・マニラに招き、違法アルバイトをさせた状況が確認されたと報じた。 この女優はピョン・スミであることが分かったという。 報道によると昨年、20代女性A氏は「ピョン・スミが『フィリピン・マニラに来たら、住み込みで就職もできる』と説得したので渡航した。 しかし説明とは違なる違法な仕事であり、ピョン・スミの監視のもとで、賭博場で違法なアルバイトをさせられた」と明かした。 A氏はピョン・スミの監視から逃れた合間に帰国し、その後ピョン・スミはA氏の個人情報が入ったパスポート写真をSNSに掲載して脅したと主張した。 A氏は仕返しや身辺の脅威を懸念し、法的な対応ができなかったという。 ピョン・スミはBJハン・ミモとも法的な争いを予告している。 これに先立ってハン・ミモは28日、ソウル中央地方検察庁にピョン・スミを性売買斡旋等の疑いで告発した。 ハン・ミモはピョン・スミがエンターテインメント代表A氏を紹介しながら性売買を斡旋し、ピョン・スミが常習賭博をする過程で自身を賭博場に監禁するなど、ギャンブルを助けるように強要されたと主張している。 これに対してピョン・スミは「性売買斡旋は事実ではなく、小説のような話だ。 Afreeca TVができなくなり困った彼女が、手助けになる良い人を紹介してほしいと言ったので紹介するなどサポートした。 良い仕事を紹介し、良い人も紹介するなど困っていた時に助けていたのに、事実関係を完全に作り上げ、とんでもない主張を繰り広げている」と反論し、名誉毀損などで法的に対応するという意向を示した。 ・ ・ 元記事配信日時 : 2020年05月30日14時42分 記者 : イ・ハナ.

次の