筋肉痛 早く治す。 筋肉痛を早く治す方法!筋肉痛を早く治すために知っておきたい5つのポイント!

筋肉痛を早く回復させる方法とは?早く治す食べ物&湿布は効く?

筋肉痛 早く治す

この記事の内容• 筋肉痛を早く治す方法3選【初心者必見】• 筋肉痛がある時に筋トレはNGな理由• 筋肉痛にならなくても効果は出ます 1.筋肉痛を早く治す方法3選 【そもそも】筋肉痛の原因は「乳酸」と「炎症」 皆さんが「筋肉痛」を感じる要因として、主に2つが挙げられます。 おもに筋肉が引き延ばされるときに起こりやすいとされています。 シットアップ(腹筋)で例えるなら、身体を起こした状態から戻ってくるときに遅発性筋痛が起こりやすいことがわかっています。 それでは、だるさと痛みにフォーカスして、それぞれ科学的根拠に基づいた回復法をお届けしたいと思います。 特に筋肉痛が起こりやすい初心者の方は、試してみる価値が大いにあると思います。 アクティブレストとは、疲労時に ほどよく身体を動かし、血行を促進したり、神経を刺激したりすることで疲労を回復させる方法です。 ジョギングは、筋肉から血液に乳酸や疲労物質を拡散・代謝させ、除去速度を高める効果があります。 ゆっくりと心地よいペースで、 5~10分 ほどジョギングを行うと効果的です。 ストレッチングは、筋トレで乱れた筋の長さを静止長に戻す効果や、血流の促進効果があります。 血流を促進することで疲労物質の除去とエネルギーの運搬を速め、疲労の回復に貢献してくれます。 基本的には筋トレで使った部位を中心に、 1種目あたり 20秒~30秒、痛みを感じない範囲でストレッチすると効果的です。 注意点として、呼吸は鼻から吸って、口から「細く・長く・ゆっくり」吐くように心がけ、決して息を止めないようにしましょう。 アイシングは、患部を冷却することで疼痛や腫れを抑え、疲労を回復する効果があります。 京都橋大学の研究によると、筋力トレーニング後 20分間のアイシングで、トレーニング翌日以降の疼痛を緩和したとされています。 アイシングにより血管を収縮させ、血流量を減少させることによって、炎症反応を抑えることができるということです。 実施の注意点としては、氷を直接当てると 凍傷になってしまう危険性があります。 必ず氷のうやビニール袋+タオルなどを使って、冷やしすぎに注意しましょう。 運動直後に取り入れることで疼痛を防いでくれるアイシング。 また東京農業大学・大西教授の研究によると、入浴剤を使った方が疲労回復効果が高いことが明らかになっています。 また、炭酸ガス入りの入浴剤を用いることで末端の血管が押し広げられ、さらに疲労回復を促進するという報告もあります。 筋トレ後はゆっくりお湯につかって体を休めて、次の日に備えることも大切ですね。 2.筋肉痛がある時に筋トレはNG 筋肉痛がある状態での筋トレは、基本的にオススメできません。 理由は大きく分けて2つあります。 筋肉痛が起きているとき、 筋力は一時的に低下し、 可動域も減少しています。 これにより、普段のトレーニングのようにフルパワーで筋トレをすることは限りなく難しくなります。 筋肉痛を感じた状態で歩くだけでも、何となく歩きにくかったり、いつもより歩幅が狭くなったりしますよね。 そのような状態で、十分に効果が出る範囲までトレーニングするのは難しいと言えます。 筋トレは集中して行うことで効果が得られやすくなり、ケガを防ぐことができます。 しかし筋肉痛のときは集中力が低下しており、必然的にケガのリスクが高まります。 私自身、筋肉痛状態でのトレーニング中にバーベルを操作しそこねてシャフトを胸に落とし、ケガをしたことがあります。 できると思っていても、やはり集中力はいつの間にか低下しているものですね。 これらの理由から、筋肉痛がある時は筋トレをオススメできません。 しかし、筋肉痛は筋トレ後24~48時間後に始まり、2~3日持続することもあります。 できる限り早く筋肉痛を取り除いてあげるためにも、1.筋肉痛を早く治す方法3選で紹介した方法を取り入れてみましょう。 3.筋肉痛にならなくても効果は出ます トレーニングをしても、筋肉痛が起こらないこともあります。 筋肉痛が起こると、その痛みと筋トレの達成感から「筋肉に効いている」と感じる方も多いと思います。 実際に、筋肉痛は筋組織が回復するときに炎症が起こることで発生するとされています。 しかし、筋肉痛が起こらなくても 効果は出ています。 筋トレをしばらく続けた方は、「だんだん筋肉痛が起こらなくなってきた」と感じるはずです。 オーストラリアのエディスコーワン大学・野坂教授の研究によると、同じ運動を繰り返し行うことで 「適応」が起こるとされており、 この適応は、筋機能の 回復が早くなったり、筋の 腫脹が軽減されたり、血中のクレアチンキナーゼ活性値やミオグロビン濃度などの上昇が抑制されたりする適応も伴う。 と述べられています。 つまり、同じトレーニングを繰り返すと筋肉はその運動に適応し、疲労や腫れを抑えることができるということですね。 初心者のうちは毎回筋肉痛が起こったり、だるさが残ったりして悩まされることもあるかもしれません。 しかし、慣れてしまえばこっちのもの。 適応が進めば、次第に筋肉痛も抑えられていくということが分かります。 しかし、もしかすると負荷の設定が軽すぎるのかもしれません。 筋肉は鍛えれば大きく、強くなりますので、段階的に負荷を上げることを忘れないようにしましょう。 まとめ 今回は、筋肉痛を早く治す方法についてお話してきました。 痛みやだるさから、パフォーマンスを下げ、集中力を低下させる筋肉痛。 初心者の方は特につらいと思いますが、今回ご紹介した方法を試しながら、トレーニングを継続してみましょう。 適応してくれば少しずつ痛みも軽減してくると思います。 痛みを早く治して、気持ちよく筋トレに励みましょう。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の

筋肉痛とマッサージの効果!早く治すために効果的な方法とは?

筋肉痛 早く治す

2つ目は、意外にも運動直後のタイミングもマッサージするべきタイミングです。 部活動や筋トレの後にストレッチをする人はよく見かけますが、マッサージまで行っている人はあまり見かけません。 入浴後にストレッチや、マッサージをするのが効果的という情報はよく耳にすると思いますが、実は運動直後が一番マッサージの効果的なタイミングと言えます。 運動直後は疲労物質である乳酸が大量に分泌されているため、このタイミングでマッサージを行うと、乳酸が促され筋肉にたまることがなくなります。 つまり筋肉痛になりにくくなるのです。 「3、4日経っても筋肉痛が治らないから」といってマッサージするのは、タイミング的には遅いく、筋肉痛になるまえにマッサージをして、筋肉痛になりにくい身体を自分でつくることが大事です。 遅くとも筋肉痛を感じた日にマッサージを行うようにしましょう。 筋肉痛の時にマッサージをすると血液の流れがよくなり、筋肉のコリを改善できると分かりました。 しかし、どのように筋肉を伸ばす・ほぐすのかよく分かりませんよね。 ここでは自分でできる筋肉痛を改善するマッサージ方法をご紹介します。 どちらも言っていることは簡単ですが、筋肉の深部を刺激する方法になるので、注意点を守って行う必要があります。 特にトリガーマッサージはトリガーポイントをおさないと意味がないので、知識がない状態でやるには少し難しいかもしれません。 どちらの方法にせよ、やり方には気を付けながら、筋肉痛を早く治すマッサージを行いましょう。

次の

【筋肉痛の治し方】太ももの前側・裏側・内側を一早く回復させる方法

筋肉痛 早く治す

科学が発展した現在でも、筋肉痛が起こる原因は明らかになっていません。 筋肉痛になると筋肉が成長していると感じがちですが、実は 筋肉痛と筋肥大はイコールではありません。 筋肉痛になっていなくても筋肉が成長することもあります。 逆に、筋肉痛だと思っていたのが実際は筋膜の断裂のようなケガである場合もあります。 従来、トレーニングによって乳酸が筋肉に溜まることによって発生するともいわれてきましたが、確かではありませんし、それを否定する見解もあります。。 現在考えられている原因としては、 ・筋トレに慣れていないために起こる ・力を入れて筋肉を伸ばす運動を行うために起こる といったものです。 筋肉痛は、普段あまりトレーニングをしていない人が急に激しい運動をすると起こりやすいと言われています。 歳を経ると筋肉痛になりやすいと言われているのは、いつもあまりトレーニングしていないためです。 筋トレに慣れていくうちに少しずつ筋肉痛の起こる頻度は減っていきます。 逆に、なぜ筋肥大が起こるのはどのような場合かというと、 メカニカルエクステンション 激しいトレーニングによって、筋繊維に傷がつくことです。 筋繊維は筋肉を構成する細胞で伸縮性がありますが、伸ばしたり縮めたりする動作を繰り返すことで負荷がかかります。 メタボリックストレス 代謝の過程で生まれる物質が細胞に溜まって、腫れが発生します。 トレーニングをした後、一時的に腕が太くなるように感じるのはこのためです。 「筋膜」とは、文字通り筋肉を包んでいるコラーゲンの膜のことです。 筋肉痛の時には、慣れない運動や筋肉の伸びによって筋膜が収縮して固くなっています。 筋膜が収縮すると血行が悪くなってしまいますが、筋膜を引き延ばして本来の位置に戻してあげることによって血行が良くなります。 このように筋膜を正しい位置に戻してやることを「筋膜リリース」といいます。 筋膜リリースを通じて血行が良くなることで痛みを生じさせている物質の除去も行われるため、筋肉痛の回復が促進されます。 他の人にマッサージしてもらうこともできますが、一人でもフォームローラーを使って筋膜リリースをすることができます。 痛みのある部分の周囲から徐々に中心に向かっていくようにマッサージすると効果的です。 テニスボールで代用することもできます。 トレーニングで酷使した場所の筋肉に押し当てて、力を入れてほぐしていきます。 激しい運動に使われた筋繊維をしっかりと休ませることはもちろんですが、子供・大人を問わず睡眠中には 成長ホルモンが放出されるので、筋肉の回復が早くなります。 質の高いノンレム睡眠(身体も脳も休んでいる状態)の時には、筋肉の合成・回復が進みます。 しかし、眠りが浅い時(レム睡眠)には十分な量の成長ホルモンが出ず、ホルモンの放出が不十分になってしまいます。 身体が疲れている上に筋トレの効果が身につかず、さらに集中力が低下するというのでは日常生活にも支障が出てしまいます。 睡眠前にパソコンやテレビを見ないようにすること、毎日決まった時間に規則正しく就寝・起床することで睡眠の質を上げるようにしたいものです。 皮膚に炎症が生じたとき、その部分を冷やすと痛みが和らぐように筋肉痛の場合にもアイシングは大切です。 トレーニングの後のシャワーには汗を落とす効果だけではなく、炎症を予防する効果があります。 アイスパックなどを使って冷やす方法もあります。 細かく砕いた氷を防水の袋に入れてタオルで包み、トレーニングで動かした部分に当てて回復を図りましょう。 筋トレの後、熱い風呂で汗を流すのは気持ちよいですが、控えたほうが良さそうです。 アイシングの効果がないだけでなく、トレーニングで疲れた身体に汗をかかせてさらに負担をかけることになってしまうからです。 温かいお風呂に入りたいのであれば、交代浴がオススメです。 冷たい水と温かいお風呂に交互に入ることによって、血行が改善されます。 寒暖の差を大きくしすぎると心臓に負担がかかってしまいますので、気をつけて試してみてください。 しかし、 アイシングによって筋肉痛自体が解消されるという考えには、異論もあり、科学的に根拠があるわけではありません。 実際に筋肉痛が和らいだというデータはありますが、他の方法と並行して行なった方がいいかもしれません。 【参考文献】 ジョージア大学の研究によると、トレーニング前にカフェインの入ったコーヒーを飲むことで、筋肉痛や筋疲労を約50%軽減できることが分かっています。 コーヒーに含まれるカフェインが筋肉痛を引き起こす物質の1つであるアデノシンを抑制するためです。 実験では、カフェインが入っていないコーヒーと入っているコーヒーを使い、カフェインに実際に効果があること、プラシーボ効果でないことも明らかになったそうです。 実際に効果が出ていることも分かっているので、気軽に安心して実践できる方法だといえます。 トレーニング前に2杯のコーヒーを飲むと、持久力が伸びるという相乗効果もあって効果的だとされています。 日本では手に入れにくいですが、他にも筋肉痛からの回復を促進するものがあります。 ノーザンブリア大学の論文によれば、さくらんぼの一種、タートチェリーには炎症を軽減する効果があるそうです。 タートチェリーには不眠症の治癒に役立つ、などの効果もあるとされており、現在非常に注目を集めています。 ジュースや錠剤で売り出されているようです。 タンパク質は筋肉を増大させるにも回復させるにも不可欠な栄養素ですので、筋トレ直後に飲むことで筋肥大の効果を高めます。 しかし、プロテイン自体には筋肉痛を回復させる機能はありません。 また、トレーニングをせずにプロテインを飲むだけで筋肉が強化されることもありません。 有名なサプリメントとしては、プロテインの他にBCAA(分岐鎖アミノ酸)があります。 BCAAもプロテインと同じく筋肉痛を解消するような効果はありません。 しかし、アミノ酸には、筋肉の合成・筋肉の分解抑制・疲労回復効果が実験でか科学的に実証されており、トレーニング中や前後に摂取することで効果が得られます。 肉をあまり食べないなどアミノ酸が不足しがちな人には特に便利です。 前述の通り、プロテインも筋繊維の回復に効果があります。 トレーニング後には脂質を摂りすぎるないようにし、タンパク質を多めに摂取するように心がけると良いです。 足りない部分はサプリメントで補うようにすると有効でしょう。 プロテインが筋肉痛回復に効果的でないことについては、ぜひ以下の記事をご覧ください。 運動の前後にストレッチをすることは、関節を柔らかくしてケガを防ぐうえではとても大切です。 また、適切なストレッチをすることは筋肉痛からの回復に大きな効果があると長く信じられてきました。 これまで運動の後にストレッチをすれば筋肉痛を防げると考えてきた人も多いかもしれません。 しかし、残念ながらそれは迷信だったようです。 現在では、ストレッチには筋肉痛を解消する効果は少ないものと考えられています。 イギリスで行われた実験では、ストレッチは筋肉痛のピークを短期的にやわらげるもののその効果は非常に小さいという結果になりました。 ストレッチは、筋肉痛の予防や回復には直接には関連していないと考えたほうがいいでしょう。 【あわせて読みたい】 筋トレの後に、筋肉の中でのタンパク質の合成レベルが高まり、傷ついた筋繊維の修復が行われます。 この過程で筋肥大が起こりますが、この期間のことを 「超回復」といいます。 一般的には、超回復はトレーニング後48~72時間の間に起こるとされており、この時間の間は同じ部位のトレーニングは控え、休養をとるのが良いです。 しかし、超回復の時間も有効に活用することはできます。 筋肉の種類やトレーニングの強度によって超回復にかかる時間は変わる すべての筋肉が、回復するのに72時間かかるわけではありません。 サイズの大きな大胸筋・大腿四頭筋などは72時間かかりますが、腹筋は回復が早く、24時間程度と考えられています。 強度の高いトレーニングをするほど超回復にかかる時間は長くなります。 慣れないトレーニングを試した場合、超回復が終わるまでに一週間かかることもあります。 しかし、逆にそれほど強度が高くなければ、回復にかかる時間も短いので何日もスパンを置く必要はありません。 日によってトレーニングの内容を変える 超回復にかかる時間は部位・強度によって異なりますが、だいたいのスパンを設定して自分でメニューを考えると、筋トレを完全に休む日が減らせます。 下半身と上半身のトレーニングを交互に行ったり、日によって使う筋肉を変えて一週間で一巡するようにするなど、自分の筋トレに合わせて計画を立てると良いでしょう。 軽度のトレーニングはかえって効果的? 強度のトレーニングの後は、筋肉を完全に休ませた方がいいと考えていないでしょうか。 もちろん、身体の可動域が制限される、あるいは力が入らないというような場合は筋肉を休ませることが大切です。 しかし、少し痛いという程度であれば軽度のトレーニングをした方がいいでしょう。 トレーニングの頻度を上げることはが大切なのはもちろんですが、それ以外にもポジティブな効果があります。 軽度のトレーニングを行うことで、筋肉痛の部位の血流を良くなり、栄養が行き渡りやすくなります。 栄養の取り込みが促進され、タンパク質が合成しやすくなって、筋肉痛からの回復が早まると考えられています。 これは「アクティブレスト」と呼ばれる考え方で、軽い運動であれば筋繊維を痛めて筋トレの効果を低下させてしまうということはないようです。 軽度のトレーニングは筋肉形成を手助けするだけで、ネガティブな効果は生み出されないでしょう。 ただ、あくまでも軽いトレーニングにとどめてください。 重度の負荷をかけると筋肉を壊してしまいます。 ランニングやエアロビクスなどの有酸素運動をするのがいいでしょう。 結局、筋肉痛をできるだけ抑えるにはどうすればいいの? 筋トレの経験を積んでいけば筋肉痛の頻度や程度は下がっていきますが、多くの人にとっては避けて通ることのできないものです。 筋肉痛が起こることを見越して、大事な用事のある前の日にはトレーニングを控えてしまうようなこともあります。 筋肉痛をすぐに消し去ってくれるような特効薬はありません。 しかし、完全に解消することはできなくても、できるだけ速やかに回復する方法と軽減する方法が分かれば強度の高いトレーニングはより身近なものになりますし、筋肉を強化する効果も高まります。 効果の少ない方法を避けるようにすれば、無駄に時間を過ごしてしまうことも防ぐことができます。 激しい筋肉痛が起こらないように注意しつつも上手く付き合っていく方法を確保することは、筋トレを続けていくうえでとても大切なことです。 ご紹介した方法を中心に自分に合った方法を試してみてください。 【あわせて読みたい】.

次の