エクセル 再計算。 【エクセル講座】手動で再計算をする方法

VBAで特定シートのみ再計算する-experience-ccra-in.ctb.comate:エクセルマクロ・Excel VBAの使い方/Sheets・Worksheet

エクセル 再計算

重いエクセルを軽くする簡単な方法 表を「値貼り付け」する エクセルの表に、多くの数式が含まれていないでしょうか。 数式が含まれていると何かの操作がきっかけで、多くのセルの再計算をエクセルが行うことがあります。 そんなときは、その 表の全体を「値貼り付け」し、数式をなくします。 手順は以下の通りです。 表全体を選択する• コピーする• 値貼り付けする 順に説明していきます。 表全体を選択する 数式が含まれている 表全体を選択します。 表の一番左上から、右下まで、選択した状態にします。 やり方はいくつかありますが、主に以下の方法があります。 表の 一番左上のセルに移動後、「Shift」キーを押しながら、表の一番右下まで移動する• 表中のどこか一つのセルを選択し、 「Ctrl」キーを押しながら「A」を押す コピーする 表全体が選択できたら、次はそれを コピーします。 コピーの方法は、以下のどちらかが簡単です。 表全体が選択された状態で、「Ctrl」キーを押しながら「C」を押す• 表全体が選択された状態で、選択された範囲上のどこかで 右クリックし、「コピー」を選択する 値貼り付けする コピーできたら、最後に 値貼り付けします。 値貼り付けの方法は、以下の通りです。 選択された範囲上のどこかで 右クリックし、「形式を選択して貼り付け」を選択し、「 値貼り付け」を選択する• 表全体が選択された状態のまま、 「Alt」「H」「V」「S」の順でキーを押し、「 値貼り付け」を選択する 数式を残したい場合は、表の2行目以降を値貼り付けする 数式の内容を残しておきたい場合は、表の一番上の行はそのままにし、 2行目以降を値貼り付けします。 上の手順で、 表を選択するときに、2行目から下を選択するようにすればOKです。 計算方法を手動にする 値貼り付けではなく、 計算方法を手動にする、という方法もあります。 通常、計算方法は「自動」になっており、数式を変更したりすると自動で再計算されます。 計算方法を「手動」にすると、操作の度に自動で再計算されることを回避できます。 数式の変更やフィルタの適用など、 やりたい操作が終わった後に、一度だけ再計算すればよくなります。 計算方法を手動にするには以下の手順を踏みます。 エクセル画面上部のメニューから「 数式」をクリック• 「 計算方法の設定」をクリック• 「 手動」をクリック これで、計算方法が手動になります。 手動で再計算する方法 数式の変更やフィルタの適用など、必要な操作を終えたら、 手動で再計算します。 再計算は以下の手順で行います。 エクセル画面上部のメニューから「 数式」をクリック• 「 再計算を実行」をクリック 以上で、再計算が実行されます。 なお、数式タブの中にある、「 シート再計算を実行」をクリックすると、 そのシートだけ再計算されます。 シートを多く作成したファイルの場合は、「再計算を実行」でなく「 シート再計算を実行」の方がよいでしょう。 再計算にかかる時間が短くなります。 まとめ 再計算で重くなっているエクセルを軽くする方法を見てきました。 計算式を多く含んだエクセル作業が大きく効率化されます。 ぜひ試してみてください。 関連する記事• エクセルで数値を集計したい時、SUM関数を使いますよね。 でも数値にエラーが含まれていると、SUM関数がエラーになってしまい集計できません。 エクセルのデータから、特定の文字だけを消去したい時があります。 例えば、以下のような商品の価格表があったとします。 この表[…]• エクセルで、ある特定の条件に一致するデータの個数をカウントしたい時があります。 そんな時に使えるのがCOUNTIF関数です。 […].

次の

Excelで毎回起こるフリーズ、Excelが動作しなくなる原因と対処法

エクセル 再計算

エクセルを使用していて便利な機能といえば再計算機能がそのひとつです。 エクセルの再計算には自動計算と手動計算があり、基本的には自動計算が設定されています。 しかし、時には自動計算されないことがあります。 特に会社などで他の人が使用したあとに使おうとすると、この現象が起こりやすいです。 そこで今回は、自動計算されないときに考えられる要因と対処法を紹介します。 自動計算されない時の要因と対処方法 エクセルで自動計算されないときに考えられる要因としては、エクセルの設定が違う、もしくは数式や関数が違うことが挙げられます。 考えられる原因1.計算方式が「手動」になっている エクセルの設定で「手動計算」が適用されてしまっている場合、自分で「再計算実行」をクリックするか、「F9」キーを押さなければ再計算はされません。 自動計算がされないときには、まず以下の手順で設定が手動計算になっていないかを確認してみましょう。 [数式]タブの「計算方法の設定」をクリックします。 「自動」、「データテーブル以外自動」、「手動」の3つから計算方法が選べるようになっています。 この時「手動」チェックが付いている場合は、手動計算が適用されているため、「自動」をクリックします。 これで自動計算が適用されます。 考えられる原因2.セルの書式設定が「文字列」になっている また、設定が自動計算になっているにも関わらず自動計算されないときには、セルの書式設定が「文字列」になっているかもしれません。 通常、セルの表示形式は「標準」になっており、数値かそれ以外の文字かを自動的に判断して適切な処理を行うことができます。 しかし、セルの表示形式が「文字列」になっていると、数値を入力してもひらがなやカタカナと同じ扱いになります。 その結果、文字は計算することができないので自動計算も適応されないという現象が起こります。 セルの表示形式の変更を行う方法は次の通りです。 「ホーム」タブの「数値」グループにある白いボックス(表示形式)の三角印 プルダウンメニュー をクリックします。 いくつかの項目の中から「標準」もしくは「数値」を選ぶことで設定は完了です。 それ以外に考えられる原因 上記以外に考えられる原因をご紹介します。 まず、数式や関数が違っているときには自動計算がされません。 特に関数を使用するときには「関数の挿入(fxと表示されているボタン)」を使わず、手動で入力するときによく生じる現象です。 バージョンによって「関数の挿入」に含まれている関数と、そうでない関数がありますが、日常的によく使用する関数のほとんどはこのボタンから選択できるので、関数の入力間違いを防ぐためには「関数の挿入」から操作すると良いでしょう。 次に、計算対象の範囲がズレている可能性です。 当然ながらこちらも自動計算が適用されません。 エクセルにはオートフィル機能という、ひとつのセルに入力された数式をそのままコピーできる機能があります。 そのオートフィルを使用した際にこの問題はよく見られます。 たとえば、商品の仕入れ伝票で考えてみましょう。 商品の単価がセルB1に入力されており、仕入れた日付ごとにその個数と金額を求め、最後に合計金額を算出するという表です。 自動計算されるのはsum関数を使用して算出する合計金額のセルC7です。 ここでオートフィルを使い、残りの金額も求めることになりますが、このままオートフィルでコピーをするとエラーが出てしまいます。 オートフィルに限らず、セル番地はコピーするとズレるという特徴があります。 単価が入力されているセル番地に固定して計算しなければ正しい数値は算出されません。 そこで使うのが「絶対参照」です。 セルB1に、絶対参照を表す「$」を付けることで、コピーしてもセル番地を固定することができます。 同時に合計金額も正しい金額が反映されます。 個数や単価を変更したとしても、合計金額が自動計算されます。 特にエクセル初心者は陥りやすい現象なので、注意しましょう。 いかがでしたか? エクセルで自動計算がされないときには、設定や数式・関数が異なっているという単純な問題であることが多いため、自動計算がされなくなっても焦らず原因を追究して対処するようにしましょう。 監修者:たくさがわつねあき(著者・インストラクター) パソコン教室を運営する傍ら、初心者への直接の指導経験を元に執筆活動を行う。 2008年「これからはじめるパソコン超入門の本」で著書デビュー。 代表作に「これからはじめるエクセル超入門の本」の他、「たくさがわ先生が教える」シリーズ(技術評論社)、「大きな字だからスグ分かる」シリーズ(マイナビ)がある。 内容はiPad、Excel、ショートカット、困ったを解決、デジカメ、安全対策など多岐にわたる。 いずれもメディアで紹介され、好調に売上を伸ばしている。 寄稿に、「孫育てのツボ — デジタル機器を使う」(毎日新聞)、「どうしてる?パスワード&暗証番号」(女性セブン)などもある。

次の

【Excel(エクセル)術】自動で計算されない?よくある原因と対処法

エクセル 再計算

エクセルを使用していて便利な機能といえば再計算機能がそのひとつです。 エクセルの再計算には自動計算と手動計算があり、基本的には自動計算が設定されています。 しかし、時には自動計算されないことがあります。 特に会社などで他の人が使用したあとに使おうとすると、この現象が起こりやすいです。 そこで今回は、自動計算されないときに考えられる要因と対処法を紹介します。 自動計算されない時の要因と対処方法 エクセルで自動計算されないときに考えられる要因としては、エクセルの設定が違う、もしくは数式や関数が違うことが挙げられます。 考えられる原因1.計算方式が「手動」になっている エクセルの設定で「手動計算」が適用されてしまっている場合、自分で「再計算実行」をクリックするか、「F9」キーを押さなければ再計算はされません。 自動計算がされないときには、まず以下の手順で設定が手動計算になっていないかを確認してみましょう。 [数式]タブの「計算方法の設定」をクリックします。 「自動」、「データテーブル以外自動」、「手動」の3つから計算方法が選べるようになっています。 この時「手動」チェックが付いている場合は、手動計算が適用されているため、「自動」をクリックします。 これで自動計算が適用されます。 考えられる原因2.セルの書式設定が「文字列」になっている また、設定が自動計算になっているにも関わらず自動計算されないときには、セルの書式設定が「文字列」になっているかもしれません。 通常、セルの表示形式は「標準」になっており、数値かそれ以外の文字かを自動的に判断して適切な処理を行うことができます。 しかし、セルの表示形式が「文字列」になっていると、数値を入力してもひらがなやカタカナと同じ扱いになります。 その結果、文字は計算することができないので自動計算も適応されないという現象が起こります。 セルの表示形式の変更を行う方法は次の通りです。 「ホーム」タブの「数値」グループにある白いボックス(表示形式)の三角印 プルダウンメニュー をクリックします。 いくつかの項目の中から「標準」もしくは「数値」を選ぶことで設定は完了です。 それ以外に考えられる原因 上記以外に考えられる原因をご紹介します。 まず、数式や関数が違っているときには自動計算がされません。 特に関数を使用するときには「関数の挿入(fxと表示されているボタン)」を使わず、手動で入力するときによく生じる現象です。 バージョンによって「関数の挿入」に含まれている関数と、そうでない関数がありますが、日常的によく使用する関数のほとんどはこのボタンから選択できるので、関数の入力間違いを防ぐためには「関数の挿入」から操作すると良いでしょう。 次に、計算対象の範囲がズレている可能性です。 当然ながらこちらも自動計算が適用されません。 エクセルにはオートフィル機能という、ひとつのセルに入力された数式をそのままコピーできる機能があります。 そのオートフィルを使用した際にこの問題はよく見られます。 たとえば、商品の仕入れ伝票で考えてみましょう。 商品の単価がセルB1に入力されており、仕入れた日付ごとにその個数と金額を求め、最後に合計金額を算出するという表です。 自動計算されるのはsum関数を使用して算出する合計金額のセルC7です。 ここでオートフィルを使い、残りの金額も求めることになりますが、このままオートフィルでコピーをするとエラーが出てしまいます。 オートフィルに限らず、セル番地はコピーするとズレるという特徴があります。 単価が入力されているセル番地に固定して計算しなければ正しい数値は算出されません。 そこで使うのが「絶対参照」です。 セルB1に、絶対参照を表す「$」を付けることで、コピーしてもセル番地を固定することができます。 同時に合計金額も正しい金額が反映されます。 個数や単価を変更したとしても、合計金額が自動計算されます。 特にエクセル初心者は陥りやすい現象なので、注意しましょう。 いかがでしたか? エクセルで自動計算がされないときには、設定や数式・関数が異なっているという単純な問題であることが多いため、自動計算がされなくなっても焦らず原因を追究して対処するようにしましょう。 監修者:たくさがわつねあき(著者・インストラクター) パソコン教室を運営する傍ら、初心者への直接の指導経験を元に執筆活動を行う。 2008年「これからはじめるパソコン超入門の本」で著書デビュー。 代表作に「これからはじめるエクセル超入門の本」の他、「たくさがわ先生が教える」シリーズ(技術評論社)、「大きな字だからスグ分かる」シリーズ(マイナビ)がある。 内容はiPad、Excel、ショートカット、困ったを解決、デジカメ、安全対策など多岐にわたる。 いずれもメディアで紹介され、好調に売上を伸ばしている。 寄稿に、「孫育てのツボ — デジタル機器を使う」(毎日新聞)、「どうしてる?パスワード&暗証番号」(女性セブン)などもある。

次の