アイプチ 使い方。 奥二重まぶたさん向けアイプチ使い方!二重まぶたを手に入れよう

アイプチの基本のやり方とコツ・失敗を防ぐ5つのポイント

アイプチ 使い方

もくじ• 奥二重まぶたさんのよくある悩み 奥二重はまぶたの厚みやたるみが二重のラインにかぶって見えなくなっている状態、または二重のラインが狭かったり浅かったりする状態で出来ます。 一重の人にとってみたら二重が肉厚なまぶたに隠れているだけで、二重にするのに手間はかからないと思われていますが、 実際は肉厚なまぶたのせいで腫れぼったく見えてしまったり、 目が小さく見えてしまったり、せっかく引いたアイラインが見えなくなってしまったりと奥二重まぶたさんには奥二重まぶたさんなりのよくある悩みが聞かれます。 奥二重まぶたが二重まぶたになりにくい理由 そもそも、二重まぶたとはどんな状態なのでしょうか? まぶたは上眼臉拳筋という目の上にある筋肉でできています。 この上眼臉拳筋は枝分かれしてまぶたの皮膚に繋がっているとされています。 その上眼臉拳筋の一部がまつ毛より上の筋肉まで繋がっていると、まぶたを上げるときに皮膚が引っ張られる形になり、まぶたにひだが出来上がります。 このひだが二重まぶたになります。 さて、奥二重ですが、同じように上眼臉拳筋の一部がまぶたを引っ張って二重を作るのですが、その際に その筋肉の引っ張りが弱くラインが浅かったり、狭かったりするか、もともとのまぶたに脂肪が多すぎるゆえにラインが見えなくなってしまっている状態になってしまっていると考えられます。 その状態を何らかの方法で改善すれば、奥二重まぶたさんさんも二重まぶたになれます。 一般的に知られている方法は「アイプチ」といって、まぶたに接着剤を塗り、専用の棒でまぶたの筋肉を持ち上げてラインを作る美容器具を用いて二重のラインを作る方法です。 奥二重のまぶたは前述したようにまぶたを作る筋肉、上眼臉拳筋の引っ張られる力が弱く、まぶたにできるラインが浅いか狭いか、もしくはまぶたに脂肪が多く、筋肉が引っ張られてできたラインが見てなくなってしまっている状態です。 アイプチを使用することで、筋肉の引っ張りを補強したり、肉厚なまぶたを上に押し上げることで隠れていた二重のラインを作り出すことが出来ます。 では、アイプチの基本的な使い方をみていきたいと思います。 アイプチの基本的な使い方 まず初めに、クレンジングや化粧水をコットンなどに馴染ませてまぶたの皮脂や汚れを落とします。 油分のあるまぶたにそのままのりを塗るとアイプチが取れやすくなってしまうので、まぶたはきれいにしておきましょう。 次に、アイプチに付属しているプッシャーで、まぶたを押し上げ、二重のラインを付けていきます。 二重ラインが消えやすい人はアイシャドウなどで印をつけておくとわかりやすいです。 そして、癖付けしたラインの上にアイプチの接着剤を塗っていきます。 この時、二重のライン中心に半月型にのりを塗ります。 塗りすぎるときれいに二重にならなかったり、乾くのに時間がかかります。 バレない二重にするには、薄く均一に塗ることがコツです。 奥二重の場合はまぶたが肉厚すぎてうまくくっつかないことがあります。 薄く塗って乾いたらまた薄く塗るという風に2、3回に分けて接着剤を重ね塗りすると効果的です。 のりが透明になったらプッシャーで二重にしたい部分を軽く抑え、ゆっくりとまぶたを開けていきます。 この時、 急いでのりの乾いていない状態で開けてしまうと、仕上がりが汚くなってしまうので、必ずのりが乾いて半透明になった状態で行うことが大切です。 二重ができたらプッシャーをゆっくりと外し、目頭や目尻のラインをプッシャーで整えていきます。 もし、 失敗したり、気に入らない部分があれば指で剥がし、再度のりを塗り直してやり直します。 理想的なまぶたが完成したらあまり触らないようにします。 触ると粘着力が弱まって取れやすくなってしまいます。 コツがわかっても上手くできないこともあります。 あとは練習あるのみということで納得するまでやり直しながらやってみてください。 アイテープの基本的な使い方 アイテープとは、まぶたに貼るだけで簡単に二重にできるテープのことです。 アイテープには片面タイプ、両面タイプ、ファイバータイプと種類があります。 片面タイプは、テープが片面に付いており、比較的簡単に取り付けられます。 しかし、 まばたきの度にテープが見えてしまったり、まぶたが厚い人は接着しにいくというデメリットがあります。 両面タイプはテープが両面に付いており、まぶたを折り重ねて接着します。 そのため 少し難易度は上がりますが、テープが見えにくい、二重のラインがくっきり出やすいなどの利点もあります。 しかし、 しっかりくっつけるためまばたきの度に突っ張る感じがしたり、まぶたの厚い人は接着面積が狭くて使えない場合があります。 ファイバータイプは両面タイプを糸状にしたもので、まぶたに食い込ませるようにして使用します。 糸のように細くて伸縮性があります。 まぶたに食い込むように貼るため、しっかりとくっつき、目立ちません。 ただ、 コツが必要なため、慣れないと左右均等に仕上がらなかったり、思い通りの二重ができないこともあります。 では、使い方をみていきます。 今回は両面タイプ、ファイバータイプを使用した使い方をみていきたいと思います。 まず、二重を作る位置を決めます。 プッシャーで押しながらラインを探します。 まつ毛のきわから4~6mmが目安です。 作りたいラインの上にシールを押し付けるようにはっていきます。 プッシャーでテープを押し込めるようにまぶたを接着します。 プッシャーでかたちを整えて完成です。 奥二重まぶたのアイプチで塗る場所はどこがいい? アイプチを使う時にラインをとります。 その 位置によってアイプチが成功するかどうかがかかってきます。 つまり、ライン付けが上手くできないと失敗する確率が上がるということになります。 奥二重まぶたさんの場合、ライン付けは元の二重の線より少し上に接着剤を塗るようにするとキレイな二重が出来やすいそうです。 目安として元の線から5~7mm程度上の位置が理想的な位置になります。 奥二重の元の線とアイプチ線で三重まぶたに…目立たなくするには 奥二重まぶたさんには二重の元の線が存在するため、 やり方を間違えると三重まぶたになってしまうことがあります。 三重のまぶたはメイクしたときに奥二重よりも重く見られてしまうので、三重になってしまった場合にはやり直しが必要になります。 アイプチの場合は接着剤を剥がしてつけ直すより、お湯などで一度オフしてから再度、ライン付けからやり直します。 まぶたが三重になってしまうということは、ラインを付けるときに二重の幅を取りすぎている可能性があります。 初めに取る幅を狭くして再度やり直してみてください。 奥二重まぶたを二重にする動画・ポイント解説 文章ではなかなか伝わりにくいことも動画などで見てみるとわかりやすいかもしれません。

次の

アイプチのコツを解説!きれいでばれないやり方と失敗しないポイント・注意点など紹介

アイプチ 使い方

ホルムアルデヒド、鉱物油、ミネラルオイル、パラフィン、ジエタノールアミン(DEA)、トリエタノールアミン(TEA)、オルトフェニルフェノール(OPP)、エデト酸・エデト酸塩、(EDTA・EDTA-2Na・EDTA-4Na 、ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)、ジブチルヒドロキシアニソール(BHA) 【安全性だけじゃない】効果の出るアイプチ選びの4つのポイントとは?• 粘着力・カブレにくさを両立• 保湿・収れん・抗炎症作用の高い成分が入っている• 夜用アイプチ• 価格 これら4つのポイントを押さえておけば、あなたにあったアイプチが手に入るはず! でも、それぞれ気をつけないといけないポイントがあるので、もうちょっと詳しく解説します。 1.二重の癖付けを実現する粘着力が抜群かつカブレにくいこと アイプチはなんといっても粘着力が強力なことがとてもとても重要な要素です。 MEMO アイプチは寝ている間に二重まぶたを長い間キープすることで、徐々に二重の癖をつけていきパッチリ二重を作り出します。 そのため、如何に 「二重をキープする粘着性があるか」ポイントになってくるんです。 そんな二重をキープするアイプチの成分は大きく3種類あります。 安全性 詳細 コポリマー 柔軟性のある皮膜成分で肌トラブルの危険度は少ないのに粘着力の高い成分。 ゴムラテックス 絆創膏にも使われたり医療用の製品にも使われていることが多くアレルギーを起こす可能性まである。 アクリル粘着剤 絆創膏にも使われたり医療用の製品にも使われていることが多くアレルギーを起こす可能性まである。 これらの成分が豊富に含まれていると、二重をキープする効果が高いアイプチといえますが、カブレにくさも考慮すると「コポリマーを使っているアイプチを選ぶ」のが最善のポイントとなります。 粘着力と肌へのやさしさを両立したコポリマーを使ったアイプチを選ぶことを徹底しましょう。 2.まぶたに負担を軽減する保湿・収れん・抗炎症作用の高い成分が入っていること 安全性の高い成分だけ入っているアイプチを選んでも、 アイプチのまぶたをくっつけるという特性上どうしてもまぶたに負担をかけてしまいます。 そのため、まぶたの負担を軽減できる保湿・収れん・抗炎成分が入っているアイプチを選ぶのがポイントになります。 ボタンエキス ボタン科の植物牡丹の根皮から抽出したエキスで肌荒れ防止、美白効果、血行促進効果が期待できる。 アルテア根エキス アルテアという植物の根から抽出されるエキス保湿作用、皮膚柔軟化作用、刺激緩和作用、消炎作用に優れるので、スキンケア製品やヘアケア製品などにも良く利用される成分。 フユボダイジュ花エキス シナノキ科植物のシナノキの葉や花から抽出されるエキスで、抗菌、鎮静、血行促進、抗炎症、抗菌等の作用が期待できる。 アルニカ花エキス キク科の植物のアルニカの花や根から抽出するエキスで抗炎症作用・刺激緩和作用、敏感肌用化粧品に多く配合されている。 サクラ葉エキス ソメイヨシノの葉から抽出するエキスで、敏感肌に効果のある成分、優れた抗炎症作用で赤み(発赤)やかゆみを防ぐ。 フラーレン 高級化粧品には必ず含まれている成分で保湿性に優れた成分。 オウゴン根エキス コガネバナの根である黄芩 オウゴン から抽出して得られるエキスです。 抗炎症作用・抗 炎症作用や皮脂分泌を抑える成分。 夜用アイプチは日中用アイプチのハイスペック版なのでおすすめです。 ある程度、価格と成分はトレードオフなので効果を選ぶか、価格を選ぶか、です。 数百円のアイプチを何個も買ってうまくいないくらいなら、夜用アイプチを3ヶ月使って永遠の二重まぶたを作った方が効率いいですしね。 その効果は外見の印象を変えることなんですが、私も予想外だったのが「性格」まで影響を与えたことなんですよ。 アイプチを利用するまでの私は目が細いことから、何だか 「暗い女だな」という印象を持たれていたんですが、アイプチを利用し始めてから仕事中にこんなことを言われたんです。 家に帰ってよくよく考えてみると、 アイプチを利用し始めて目元に自信が持てるようになってからは、確かにネガティブなことを考える時間が減ったし、疲れもたまりにくくなっているんですよね。 でも、今ではすっかりナチュラル二重になれたので、本当に買ってよかったと思っています。 アイプチ利用者の口コミをインスタやクラウドソーシングで集めました。 アイプチを利用したみんなの口コミ!その効果は? アイプチの口コミ:奥二重がうまく解消できました! 年齢・性別 職業 評価 24歳・女性 OL 私はもともと奥二重で、一重ではないのですが、二重が瞼に入り込んでしまい目の印象があまりはっきりしていませんでした。 様々なアイプチを試しましたが、どれも被れたり二重がきまらなかったりとあまり効果がありませんでした。 そんなとき口コミでナイトアイボーテを知り、試してみることにしました。 寝る前に二重にしたい部分に液体を塗り、眠ります。 翌朝目覚めるときれいな二重になっていました。 私はその後目の部分だけ洗顔をせず、二重部分を一日持続させていました。 瞼が腫れることも爛れるこどもなく、手軽に二重になれたので、ナイトアイボーテは一重や奥二重の強い見方になっていると感じました。 アイプチの口コミ:ナイトアイボーテ一択になりました! 年齢・性別 職業 評価 29歳・女性 OL 元々一重だったために、これまでアイプチなどを使っていたのですが、このナイトアイボーテを使いだしてからというものの、今ではすっかりナイトアイボーテ一択となってしまいました。 普通のアイプチはバレやすいのですが、ナイトアイボーテはそのようなことはないし、取りづらいのが嬉しいポイントですよね。 就寝前と起床時に使用しているのですが、この方法が自分に適していると思います。 ほかの人にもオススメですよ。 信じて使ってみると効果も違ってきます。 アイプチの口コミ:4ヶ月で整形を疑われました! 年齢・性別 職業 評価 32歳・女性 OL ナイトアイボーテを使用しはじめてもうすぐ1年になろうとしています。 左右の目によって、二重になる時期が異なっているように思われます。 右目のほうは2ヶ月くらいで二重になっていったのですが、左目のほうはなかなか思わしくなかったために、昼間にも付けていました。 すると、4ヶ月目くらいで二重になっていったのですよ。 そうすると、知り合いからみれば整形したの?といわれる始末です。 その甲斐あって、友達も多くなり彼氏もできてしまいました。 アイプチの口コミ:3ヶ月でパッチリ二重になりました! 年齢・性別 職業 評価 26歳・女性 主婦 私は元々一重ではなく奥二重だったのですが、ナイトアイボーテを使用してみて、3ヶ月程度経過した頃には、二重になってしまいました。 二重といっても変な二重ではなくキレイな二重なので、とても嬉しいです。 頑張って継続してきてよかったなと思います。 まぶたが腫れてきたという人もいるようですが、その時点が我慢するときです。 目元だけに留まらず、ありとあらゆる部分が変わっていったようにも思え、まさに人生を激変させるアイテムといえるでしょう。 アイプチの口コミ:ナイトアイボーテでアイプチ無しでも二重になれました! 年齢・性別 職業 評価 33歳・女性 主婦 今まで一重で人相が悪いと言われ続けてショックだったために、様々なものを使用してきました。 目をいじくり回すほどにがんばってきたつもりですが、もうそろそろ疲れてきたなと思い始めました。 そして、これで最後にしようとナイトアイボーテを選択し、購入することにしたのです。 ナイトアイボーテは難しいのでなかなか上手くはいかなかったのですが、ちょっとずつ学習していくことによって、二重にする時間が早くなっていきました。 現在は3ヶ月ほど経っているのですが、すっかり昼であろうと夜であろうと二重のまんまですよ。

次の

奥二重まぶたさん向けアイプチ使い方!二重まぶたを手に入れよう

アイプチ 使い方

目元は人の第一印象を左右します。 一重、奥二重はクールで知的な印象を与えますが、やっぱり「なりたい目元」ナンバーワンは「ぱっちり二重」ではないでしょうか。 目の大きなくっきりした二重は、明るく可愛らしい印象ですよね。 一重や奥二重の人が手軽に「ぱっちり二重」になれるアイテムが、 アイプチです。 アイプチは瞼にテープやのりをつけて瞼を人工的に二重にするもので、もはやコスメ用品の定番となっています。 でもアイプチで自然な二重にするにはコツが必要だったり、わからないことも多いのではないでしょうか。 「アイプチが取れた!」 「アイプチがバレた!」 など、失敗してしまった経験をお持ちの方もい多いかもしれませんね。 どうしたらアイプチを使って失敗なく、綺麗に自然な二重が作れるのでしょうか。 そこで今回は、アイプチのよくある失敗例をもとに、バレないアイプチの使い方を検証していきます。 アイプチの接着力が弱い• アイプチをする前に瞼に皮脂が付いている• アイプチをつける量が多い などが挙げられます。 対策 接着力の強いアイプチを選ぶ アイプチの接着力の強さは、商品によって全く異なります。 アイプチがすぐに取れてしまう場合、アイプチ自体の接着力が足りないのかもしれません。 強力な接着力をウリにしている商品やウォータープルーフの商品を選ぶと良いでしょう。 アイプチをする前に瞼を拭く アイプチをするときの瞼の状態によっても、アイプチが取れやすくなることがあります。 瞼に皮脂や汚れがついたままアイプチをすると、皮膚を接着する力が弱くなり、取れやすくなってしまうのです。 アイプチを使用する前に必ずコットンやティッシュなどで瞼を優しく拭き取りましょう。 この手順を加えるだけで、アイプチの持ちはぐっと違ってくるはずです。 アイプチは薄めにつける 液体のりタイプのアイプチの場合、ついついよくくっつくようにと、液を多めに塗ってしまいたくなりますね。 でもアイプチの量が多すぎるのはNG。 よく乾かず、よれやムラの原因ともなって、結局接着力は弱くなってしまいます。 液体のりタイプのアイプチは薄めにつけるのがポイント。 乾いてから重ね付けすると、さらに接着力が高まります。 瞼の脂肪が多い• 瞼がむくんでいる• 作ろうとする二重ラインの幅が広い• あらかじめ二重ラインの目安を決めていない などが挙げられます。 対策 接着力の強力なアイプチを選ぶ これは「アイプチが取れてしまう」場合と同じですが、アイプチは商品によって接着力の強さは様々。 瞼の脂肪が多い、いわゆる「重たい一重や奥二重」の人が接着力の弱いタイプを使いと、脂肪の厚みに負けて二重ラインが作れないことがあります。 また、「折り込み式」と呼ばれる、瞼をくっつけずにアイプチを塗った部分に膜を作って上の瞼が織り込まれることで二重を作るアイプチもありますが、これは瞼の重たい人が使用するとうまく二重を作れない可能性があります。 瞼の脂肪が多い人は、 「液体のりタイプの接着式」「テープタイプの両面接着式」がオススメです。 瞼の血流を促す 瞼がむくんでいると、アイプチをしても瞼に押し返す力が強く二重が作れないことがあります。 瞼がむくんでいると感じたときは、 血流を促して巡りを良くする工夫をしてみましょう。 <温冷療法> 蒸しタオルを目の上に乗せ、1分ほど温めます。 その後冷水で顔を洗います。 この、 「温める」と「冷やす」を2〜3回繰り返すことで血流が促され、むくみ解消効果が期待できます。 蒸しタオルは、タオルを濡らして電子レンジで約1分加熱すれば簡単に作れますよ。 次に両瞼を人差し指と親指を使って優しくもみほぐします。 人差し指で目頭を5秒ほど押します。 マッサージは力を入れすぎず、優しく行いましょう。 二重幅を欲張らない 外国人のようなくっきりとし平行型二重に憧れますが、 あまり二重幅を広く取ってしまうとくっつかない原因となります。 まずは二重幅は控えめに、が鉄則です。 自分に最も合った、自然でキープしやすい二重のラインというものがありますので、プッシャーなどを使って探してみましょう。 アイプチを使う前に二重ラインを決めておく アイプチを使う前に、付属のプッシャーなどを使って目標とする二重ラインを決めておきましょう。 ラインを作った後そのまま1〜2回まばたきをしてみて、取れずに残っていたり、キープしやすいと感じるラインがあるはず。 その場所にラインを決めておくと、アイプチをつけた時にとても自然な取れにくい二重ができますよ。 その原因は• アイプチが乾かないうちにプッシャーで押さえてしまっている• アイプチをつける量が多い などが挙げられます。 対策 アイプチをよく乾かしてから二重を作る まだアイプチが瞼の上でジェル状なのにプッシャーで触ってしまうと、プッシャーにくっついてきてグチャグチャになってしまいます。 アイプチを塗ってからプッシャーで二重を作るタイミングですが、商品によって 「よく乾かしてから」 「半乾きになったら」 「色が変わったら」 など、決まりが様々です。 自分が使っているアイプチの注意書きをよく読み、どのタイミングで二重を作るのかを確認しましょう。 「よく乾かしてから」という場合は、指でそっと押さえてみて乾いたかどうか確認しましょう。 時間がない場合は、ドライヤーの冷風を当てて乾かすという方法もありますよ。 アイプチは薄めにムラなく塗る アイプチのつけすぎは失敗の元です。 乾かなくてグチャグチャになってしまったり、二重を作った後はみ出して汚くなってしまったり。 アイプチは薄めに、ムラなく塗りましょう。 一度乾かしてから重ね塗りすると接着力が強まり、オススメです。 アイプチをつけた部分が白浮きしてしまったら目立って困りますよね。 アイプチが白浮きする原因として、• 接着成分の「ゴムラテックス」が、水分や油分を含むと白くなる性質がある• アイプチが乾かないうちにプッシャーで押さえたため、剥がれて白く浮いて見える などが挙げられます。 ゴムラテックス使用のアイプチは液が白く、瞼につけると透明に変わるものが主流のようです。 もともとゴムラテックスは白色で、アイプチに配合する際は瞼で透明に変化するよう加工されているのですが、水に濡れたり皮脂を含んだりすると元の白色に戻ってしまう傾向にあるようです。 対策 ゴムラテックスの使われていないアイプチを選ぶ アイプチの接着成分はゴムラテックスが主流ではありますが、それ以外の成分を使用しているものもあります。 アクリル粘着剤 とコポリマーがそれに当たります。 アイプチを購入する際は、成分にも注目して選ぶと良いですね。 アクリル系粘着材は粘着力が強いのですが、肌への刺激も強めなので敏感肌の人は注意が必要です。 それに対してコポリマーは肌への負担が小さく、アレルギーなどの危険が最も低いとされています。 アイプチは薄く塗り、よく乾かす 前述していますが、アイプチはたくさんの量をつけてしまうと失敗の原因になります。 白浮きの失敗も、アイプチの量が多すぎてはみ出てしまい、それが乾いて目立ってしまうということが原因になっている場合も。 アイプチは薄めに塗って、よく乾かしてからプッシャーで二重を作りましょう。 アイシャドウで隠す 白浮きしてしまっら、その上からアイシャドウをつけて隠してしまうという手もあります。 オススメはベージュ系のアイシャドウ。 他の色だとかえって目立つ場合があるので要注意です。 薄めのベージュ系、ゴールド系など肌に馴染む色のアイシャドウをアイプチの上から重ねると、違和感なくカバーすることができます。 二重が不自然になってしまう原因としては、• 二重の幅が広すぎる• プッシャーでいじりすぎ などが挙げられます。 対策 二重の幅は控えめに 前述のように、アイプチを使う前にプッシャーで二重のラインを作りますが、この際幅を欲張らないことが大切です。 控えめな幅で、一番自然なラインを見つけましょう。 あまり幅を広く取ってしまうと、二重が十分接着できなかったり、目を完全に閉じられなくなってドライアイの原因となったり、よれたりずれたりして不自然になってしまいます。 プッシャーで押し込む時は一度で決める プッシャーで瞼を押し込んで二重を作る時、うまくいかなかったからと言って何度もいじっていると、アイプチがヨレたり剥がれたりして不自然な二重が出来上がってしまいます。 プッシャーで押し込むのは1度だけ! もしそれでうまくいかなかったら、アイプチを最初からやり直しましょう。 面倒臭いと思うかもしれませんが、結果的に早く、綺麗な二重を作ることにつながりますよ。 瞼がかぶれる原因としては• 接着成分でアレルギー反応を起こしている ということが挙げられます。 対策 コポリマーを使用したアイプチを選ぶ 接着成分として、 ゴムラテックスやアクリル粘着剤を使用しているものは、 アレルギーを起こす可能性が高く、肌への刺激も強いと言われています。 接着力は高いものの、お肌に合わない人には向いていないのです。 接着成分の中ではコポリマーが最も刺激が少なく、アレルギーの危険も少ないとされています。 成分をよく確認してみましょう。 お肌が弱い人は、初めてのアイプチを使用する前にパッチテストをすると安心ですね。 夜の二重癖つけ用アイプチは、就寝時長時間使用することを考慮して作られているため、肌に優しいコポリマーを使用しているものが多いです。 夜だけでなく日中用として使用できるものも数多くありますので、まずは試してみてはいかがでしょうか。 失敗例の対策を考慮した、アイプチでバレない二重を作るための手順 これまでの失敗例とその対策を考慮しつつ、自然で長時間キープできる二重を作るためのアイプチの使用手順をご紹介します。 瞼の皮脂や汚れを拭き取る どんなアイプチを使用する前でも、この一手間は忘れずに! 皮脂や汚れが付いているとアイプチが取れたりよれたりする原因となってしまいます。 二重作りは、コットンやティッシュで瞼を優しくふき取ることから始めましょう。 プッシャーで二重ラインを決める アイプチをつける前に必ずプッシャーなどをつかて二重ラインを決めておきましょう。 この時、幅を欲張って広くとるのはNGです。 控えめな幅で何度か試してみて、一番自然で跡がつきやすい場所を探しましょう。 ここでベストなラインを作っておくことで、自然でバレにくい、なおかつ長時間キープできる二重を作ることができます。 アイプチを薄めに塗る アイプチは量をたくさんつけすぎると失敗の元となります。 薄く、ムラのないように塗っていきましょう。 塗るラインはアイプチによって「ラインの上」だったり「瞼にアーモンド型に」だったり色々なので、使用するアイプチの注意書きをチェックしておきましょう。 目を閉じてよく乾かす 乾かないうちにプッシャーで押し込むと失敗の元となります。 前述しましたがアイプチによって乾かす度合いが「完全に乾かす」「半乾きになるまで乾かす」など違うので、この点も使用するアイプチをよく確認しましょう。 アイプチを重ね付けする場合は、乾かしてからもう一度薄めに重ねて塗っていきます。 プッシャーで二重ラインに押し込む プッシャーなどを使って、あらかじめ作っていた二重ラインに沿って瞼を押し込み、二重を作りましょう。 この時、一度でうまくつかない、ラインが変になってしまったなど問題が生じたら、潔くアイプチを最初からやり直しましょう。 何度もプッシャーでやり直していじっていると、アイプチがヨレたり剥がれたりして汚くなってしまいます。 しばらく上目使いで二重を固定 二重が出来上がったら、しばらく上目づかいで二重をしっかりと定着させましょう。 それによってしっかりと接着し、長時間キープできます。 まとめ アイプチのよくある失敗例をもとに、自然で綺麗な二重を作るアイプチの使い方を検証しました。 アイプチには色々な種類がありますが、重たい一重の人は接着力の高いアイプチを、肌の弱い人・アレルギー体質の人はコポリマー使用のアイプチを選ぶなど、自分に合ったアイプチ選びが重要です。 自然でバレない、失敗しない二重作りのポイントは、.

次の