永谷園 お 吸い物 パスタ。 お吸い物の素で!和風パスタの作り方。ヒロミさんの絶品レシピ。

お吸い物の素で!和風パスタの作り方。ヒロミさんの絶品レシピ。

永谷園 お 吸い物 パスタ

こんにちは。 突然ですが、パスタを茹でるのって面倒くさいですよね…。 お湯沸かして塩いれて放おって置くだけなのですが洗い物が増えるのが嫌!ということで今日は100均で見つけたこちらの商品を使いたいと思います。 以前、Twitterでお茶漬けパスタを作ったと呟いたところ ということでお茶漬けパスタを作ってみました。 茹で上がったパスタにお茶漬けふりかけだけの簡単料理です。 ソースがないときに是非!塩辛いのでふりかけの量にはご注意を。 — あげめし@面倒くさがり agemeshi 新しい簡単料理を教えていただけました!なので、今回作るのは 『お吸い物&バターパスタ』 です。 永谷園の松茸の味のお吸い物とバターを和えるだけでパスタソースとして使えるとのこと。 永谷園さんのふりかけは万能ですね! では、さっそくパスタを電子レンジで麺は柔らかめが好きなので所要時間+1~2分茹でます。 ででん。 茹で上がった?レンジでチンしたパスタがこちら。 試しに1本食べてみましたが、 お鍋で茹でたときとそんなに違いはない感じ。 でも、麺の食感が命のペペロンチーノなどのパスタはちゃんとお湯で茹でたほうがいいでしょう。 次は、お吸い物を1袋かけてバターは目安がないのでテキトウに。 あとは味が満遍なく行き渡るようにまぜまぜします。 … …. 混ぜること約30秒。 出来上がったものがこちら! パスタの色強すぎて見栄えが! おいしそう! 食べてみると、まずバターと混ぜたので変わっているかと思っていた松茸の風味がしっかり感じられました。 どことなくインスタントソースで作ったたらこパスタっぽい! ただこちらもパスタ1人前の100gでお吸い物1袋すべてを入れてしまうと味が濃すぎるため、気をつけた方がよさそうです。 また、お吸い物の乾燥している具は 少量の水でふやかして茹で上がったパスタにかける方法がオススメ。 そのままかけてしまうと具に味が凝縮されていてちょっぴり辛いです。 個人的にはお茶漬けパスタより、こちらの方がおいしくいただくことができました。 ありがとうございました!皆さんも是非、お試しください。 それでは、さようなら。

次の

簡単でおいしい!永谷園松茸の味お吸い物で和風パスタ!!

永谷園 お 吸い物 パスタ

みなさんこんにちは! 久しぶりの料理についての記事でございます。 用意する材料も少なくて、しかも簡単で美味しいのでお勧めです! それでは今回もいってみましょう! 目次• 材料 1人分の大盛• パスタ 今回は1. 7mm 約150g• 松茸の味お吸い物 2小袋• バター 今回はマーガリン 大1• 刻んだネギ 適量• もっとアレンジしたいとなれば、和風パスタなので刻みのりも合うと思います。 あとこのレシピは大盛ということなので小袋2つ使用しています。 使用するパスタにもよると思いますが通常一人前であれば小袋1つで間に合うかと思います。 使用する量はお好みの味付けになるようにその都度調整してください。 このレシピだと若干塩味が強いかと思いますので味見は必ずしてくださいね! 作り方• 鍋にたっぷりのお湯を沸かし塩を1~2%の割合で入れ、パスタを入れる。 くっつかないようにたまにゆっくりかき混ぜながらゆでる。 茹で上がる2分前にしめじを入れて一緒にゆでる。 ゆで上がったらざるに入れる。 よく湯切りをして、熱いうちに「 松茸の味お吸い物」とバターを入れてよく混ぜる。 ねぎを散らし、盛り付けて完成。 作り方のポイントをいくつか お湯に対して塩は1~2% まず茹でるお湯の量に対してどれくらいの塩を入れるかがポイントになってきます。 ペペロンチーノみたいに、ゆで汁がそのまま味付けになったりパスタ自体に塩味をつけるわけではないので、 1%多くても2%がいいです。 他のポイントとしては、茹でるお湯の量は多めがいいです。 パスタ同士がくっつくのを防いでくれますので多めのお湯を用意しましょう。 ゆで時間はパスタの表示通り 今回は1. 7mmを使用しましたが、お好みの太さでいいと思います。 その際には、パッケージに表記されているゆで時間でいいです。 ゆで時間が7分でしたら、しめじ入れるのは茹で上がる2分前・・・ ということはゆで始めて5分経ったらしめじを入れる。 ということになります。 その際はゆで時間を1~2分短縮するといいかもしれません。 熱いうちにバターとお吸い物を和える 熱いうちに和えないとパスタ同士がくっついたりバターが上手くなじまなかったりするので、和えるときは熱いうちに手早く和えてください! 作ってみての感想 松茸の味お吸い物は、お湯に溶かして飲みますよね。 それを顆粒のまま使用するのでしっかりと味がつきます。 だからと言って味が濃すぎるわけもなくちょうどいい塩加減でした。 みなさんがご存じのような、あの風味がそのままパスタの味付けになった感じでしょうか。 もともとパスタが太めの1. 7mmで150g使用したので、量も多いということもあり2小袋使いました。 薄味が好きな方は塩の量を1%にしてみたり、1小袋にしてみたりしてみてください! この記事で松茸の味お吸い物パスタが広まればいいな・・・ 広まるか!? 広まるかどうかはさておき、おいしい一品となったのでよろしければお試しくださいませ。

次の

簡単でおいしい!永谷園松茸の味お吸い物で和風パスタ!!

永谷園 お 吸い物 パスタ

お吸い物の素和風パスタ 調理時間 10分 費用目安 400円 調理器具 鍋・ボウル カロリー 全量 727. 7kcal(1人分 636. 9kcal) 塩分 全量 4. 1g(1人分 2g) 糖質量 全量 121. 8g(1人分 60. 9g) パスタを茹でるときの塩は計算に加えていません。 また、糖質が気になる方は紀文さんから出ている糖質0麺がおすすめです。 糖質が1パック当たり0gで、カロリーも15kcalしかないのでダイエット中の方でもパスタを楽しめますよ。 私も愛用していますが、水切りだけで使える優れものです。 パスタの乾麺 160g バター 10g しょうゆ 小さじ1 お吸い物の素 2袋(1人分につき1袋) 万能ねぎ 適量 塩 大さじ2(30g) お湯 3リットル以上 お吸い物のもとは、薄味が好きな方は1人分につき1袋だと味が濃くなる場合はあるのではじめ少な目に入れてみて、味をみて加減してください。 作り方 1、エリンギは食べやすい大きさに切る。 えのき、まいたけは石づきを切り落としてほぐす。 2、鍋に熱湯を2人分の場合は3リットル以上沸かし、塩大さじ2を加えて麺と1のきのこを加えて一緒にゆでる。 3、ゆだったらざるにあげ、水けをきりボウルに入れる。 4、バター、しょうゆ、お吸い物の素を加えて混ぜ合わせる。 味をみて足りないようであれば醤油で調節します。 お吸い物のもとに味がしっかりあるので、しょうゆは少な目でも美味しいですよ。 5、万能ねぎを小口切りにする。 パスタを器に盛り付け、ネギを散らす。 しょうゆをお好みで回しかけ、完成です。 このレシピの実際の感想 最後にこのレシピの感想をご紹介しますね。

次の