インスタ カテゴリ 一覧。 【インスタ・ビジネスプロフィール】ビジネスカテゴリの種類一覧

【徹底解説】インスタのビジネスプロフィールの作り方!アカウントの作り方からカテゴリを変更する方法

インスタ カテゴリ 一覧

カテゴリは、ビジネスの事業内容を表し、そのカテゴリのサービスを検索している見込み顧客にビジネスを結びつける役割を果たします。 たとえば、メインカテゴリが「ピザレストラン」のビジネスは、地元の「レストラン」、「イタリアン レストラン」、「ピザ」を検索したユーザーのローカル検索結果に表示される可能性があります。 ただし、カテゴリは、Google のローカル検索結果のランキングに影響する数多くの要素うちの 1 つに過ぎないという点に留意してください。 運営しているビジネスの種類によっては、指定したカテゴリがビジネスへのの割り当てに使用されることもあります。 カテゴリの選択 ビジネス全体を表すメインカテゴリを選択します。 すべての商品やサービスについてリスティングするために複数のカテゴリを追加することはできません。 たとえば、カフェがあるフィットネス クラブの場合、「カフェ」というカテゴリを追加することはできません。 代わりに、カフェの運営者が「カフェ」をメインカテゴリとする自分のリスティングを作成する必要があります。 具体的な事業内容を表すカテゴリを選択します。 たとえば、「サロン」ではなく「ネイルサロン」を選択します。 追加カテゴリを使用すると、提供している具体的なサービスについての詳細をユーザーに知らせることができます。 薬局とデリカテッセンを併設するスーパーを運営している場合は、メインカテゴリとして「スーパー」を選択し、追加カテゴリとして「薬局」と「デリカテッセン」を追加します。 留意点• 独自のカテゴリを作成することはできません。 想定していたカテゴリがない場合は、より一般的で、なおかつビジネスを的確に表すカテゴリを選択してください。 既存のカテゴリのいずれかを追加または編集する場合は、ビジネスのオーナー確認を再度行うよう求められることがあります。 これにより、ビジネス情報が正確であることが Google で確認されます。 カテゴリの追加、編集 リスティングのカテゴリを追加または編集する手順は次のとおりです。 にログインします。 複数のビジネス情報がある場合は、管理するビジネス情報を開きます。 メインカテゴリの横の鉛筆アイコン をクリックします。 メインカテゴリを編集するか、[ 別のカテゴリを追加] をクリックします。 編集が終わったら [ 適用] をクリックします。 重要な変更を適用した場合は、ビジネスのオーナー確認を再度行うよう求められることがあります。 カテゴリ固有の機能 リスティングに使用できる特別な機能が表示されます。 この機能はビジネス カテゴリに応じて異なります。 たとえば、次のようなカテゴリ固有の機能があります。

次の

インスタで「ミュージックスタンプ」がついに解禁!ストーリーに好きな音楽を追加できる♪

インスタ カテゴリ 一覧

赤枠内の四角顔マークをタップでスタンプ一覧を起動します。 スタンプの一覧が表示されるので、上下にスライドさせて好みのスタンプを選択。 ) スタンプを選んで画面に表示されたら、 1本指で長押ししながら動かす事で、自由に 位置を移動できます。 また、 1本指でタップする事でスタンプの向きを 左右に反転させる事も可能。 スタンプが気に入らない時には、画面下部の 「ゴミ箱アイコン」の位置までスタンプを移動させると 削除できます。 1本指ではなくて、2本指で長押し。 そのまま回転させると、スタンプの角度を自由に変更。 ピンチインとピンチアウトをすると、スタンプを拡大縮小する事ができます。 スタンプを固定させる方法 撮影ボタン長押しで動画で撮影したり、ハンズフリーで撮影した場合など。 「動画での撮影時のみ」スタンプの位置を固定する事ができます。 通常のスタンプは画面の動きに連動しない。 スタンプを固定すると、動画のメインの対象物に合わせて スタンプが画像と連動して動く。 つまり、 動画の動きに固定するという意味。 連動する事で「王冠スタンプをかぶった動画」「フェイフィルターではない、サングラススタンプをかけた動画」等に編集可能。 動画で 顔出ししたくない人だけスタンプをつける。 のような使い方もできる。 画面下に、「固定する」と表示されるのでタップ。 動画と連動するように、スタンプを固定する事ができます。 位置情報を登録する用のスタンプです。 位置情報付きで投稿する事で「ロケーションストーリー」で、表示されるようになります。 ロケーションストーリーは、インスタアプリ画面下の「検索アイコン」をタップすると、左上に投稿されている地名付きのアイコンの部分です。 「@マーク」付きで投稿できます。 「@ユーザー名」で投稿する事で、友達を指定してストーリーズの投稿が可能。 メンションされたユーザーは、「ストーリーズであなたについて書きました」というDMが届き、投稿された事がすぐに分かります。 ハッシュタグを登録する用のスタンプです。 ハッシュタグ付きで投稿する事で、インスタの検索ページから、「ハッシュタグスタンプ付きのストーリー投稿」として検索できるようになります。 アニメーション付きのスタンプです。 通常のスタンプと同じように、位置変更の他、2本指回転で角度変更・2本指のピンチで拡大縮小もできます。 検索窓の「GIPHYを検索」で好みのキーワードで検索すると、キーワードに合ったGIFスタンプを調べる事ができます。 今の場所の 気温を表示したスタンプを押せます。 貼り付けた後で、再度タップすると 天気に合わせた温度付きアイコンに変化。 現在の 時刻のスタンプです。 貼り付けた後で再度タップする事で、アナログ表示とデジタル表示に切り替わります。 簡単な 2択のアンケートが登録できるスタンプです。 質問部分と解答部分にそれぞれ自由にテキスト入力が可能。 回答欄の最大文字数は日本語で8文字までです。 投稿後、投票が開始されると投票結果がパーセンテージで表示。 投稿者もユーザーもどちらも自由に見れます。 投稿者は閲覧者が表示されている辺りをタップすると、投票しているユーザー名を一覧で見れます。 (逆に言うと、解答したユーザーは投稿者への足跡を残す事になります。 こちらも アンケート用のスタンプ。 質問部分をテキストで自由に入力できます。 例えば「どれぐらい良いと思う?」のような質問をして、スライダーのボリュームでアンケートがとれます。 「アンケートスタンプ」と同じように、途中経過は全員が閲覧可能。 答えたユーザーは投稿者のみ閲覧可能です。 「アンケートスタンプ」と併用ができるので、「2択の質問」「スライダーでの どれぐらい?」を聞く質問のように 同じ画面で複数アンケートがとれます。 セルフィスタンプを使えます。 タップするとインカメラが起動。 撮影で小さなアイコン風の自撮りスタンプが完成。 好きな位置にスタンプとして配置できます。 スタンプは写真の装飾用で使うのはもちろん、アンケートをとったり、ハッシュタグ付きにしたりして、検索できるようになる機能を持つスタンプもあります。 アイデア次第で色々な使い方が可能。 フォントの種類も選べる他、動画に貼り付けるようなフォントを作る事も。 「一般投稿との違いは何?」• 「ストーリーでしかできない事とは?」•

次の

【徹底解説】インスタのビジネスプロフィールの作り方!アカウントの作り方からカテゴリを変更する方法

インスタ カテゴリ 一覧

アナリティクスでユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するデータを表示するように設定する アナリティクスでユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するデータを確認したり使用したりするには、次の作業を行う必要があります。 データの収集元 ことで、アナリティクスはユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するデータを次のソースから収集するようになります。 ソース 対象 条件 結果 サードパーティの DoubleClick Cookie ウェブブラウザのアクティビティのみ Cookie が存在すること アナリティクスは Cookie に含まれるユーザー属性とインタレスト カテゴリに関する情報をすべて収集します。 Android の広告 ID アプリのアクティビティのみ Android アプリ内のアナリティクス トラッキング コードを、広告 ID を収集するように更新すること アナリティクスは ID に基づく識別子を生成します。 この識別子には、ユーザーのアプリのアクティビティに紐付けられた、ユーザー属性およびインタレスト カテゴリ関連情報が含まれています。 iOS の広告主向け識別子(IDFA) アプリのアクティビティのみ iOS アプリ内のアナリティクス トラッキング コードを、IDFA を収集するように更新すること Google アナリティクスは IDFA に基づく識別子を生成します。 この識別子には、ユーザーのアプリのアクティビティに紐付けられた、ユーザー属性およびインタレスト カテゴリ関連情報が含まれています。 ユーザー属性とインタレスト カテゴリについての情報は、必ずしもすべてのユーザーから収集できるわけではなく、トラフィックの全体像を反映しているとは限りません。 DoubleClick Cookie や端末広告 ID が存在しない場合、またはアクティビティ プロファイルが含まれていない場合、Google アナリティクスはユーザー属性とインタレスト カテゴリに関する情報を収集できないためです。 サマリー レポートの [セッション] 列の 1 行目とグラフには、表示されている情報がデータ全体の何パーセントに対応するものかが記載されます(「年齢 - 合計セッションの 41. や では、ユーザー属性とインタレスト カテゴリについての情報は収集されません。 ディメンション ディメンション 値 年齢 18~24、25~34、35~44、45~54、55~64、65 以上 性別 男性、女性 アフィニティ カテゴリ テレビ視聴者の区分と似た、ライフスタイルによる分類。 例: ハイテク好き、スポーツファン、クッキング好き 購買意向の強いセグメント 商品購入に対する関心 その他のカテゴリ 最も具体性の強いユーザー分類が可能。 上記のディメンションに基づくを作成できます。 作成したセグメントは、データの分析や、の作成に利用できます。 ユーザー属性によっては、対応しているインタレスト カテゴリが制限されている場合があります。 また、アフィニティ カテゴリ、購買意向の強いセグメント、その他のカテゴリの値の多くでデータを利用できない場合があります。 さらに、購買意向の強いセグメントで利用できるデータが、アフィニティ カテゴリやその他のカテゴリの場合よりも少なくなる可能性があります。 標準レポート 次の 7 種類の標準レポートを利用できます。 ユーザー属性サマリー: プロパティのセッション (またはその他の重要指標)の分布を、年齢層と性別ごとに表示します。 セッション はデフォルトの重要指標です。 [新規セッション率 ]、[平均セッション時間 ]、[直帰率 ]、[セッションあたりの平均閲覧画面数 ] も使用できます。 年齢: 集客、行動、コンバージョンの指標を年齢層ごとに分類して表示します。 各年齢層にドリルダウンすると、まず性別ごとの内訳、次にインタレスト カテゴリごとの内訳を確認できます。 18 歳未満のデータは除外されています。 性別: 集客、行動、コンバージョンの指標を性別ごとに分類して表示します。 各性別にドリルダウンすると、まず年齢層ごとの内訳、次にインタレスト カテゴリごとの内訳を確認できます。 インタレスト カテゴリ サマリー: プロパティのセッション(またはその他の重要指標)の分布を、アフィニティ カテゴリ 、購買意向の強いセグメント 、その他のカテゴリ のインタレスト カテゴリ上位 10 件ごとに表示します。 アフィニティ カテゴリ(リーチ): ユーザー獲得、行動、コンバージョンの指標をアフィニティ カテゴリ ごとに分類して表示します。 購買意向の強いセグメント: ユーザー獲得、行動、コンバージョンの指標を購買意向の強いセグメント ごとに分類して表示します。 その他のカテゴリ: ユーザー獲得、行動、コンバージョンの指標をその他のカテゴリ ごとに分類して表示します。 をご覧ください。 カスタム レポート ユーザー属性とインタレスト カテゴリのディメンションをで使用できます。 たとえば、性別 や年齢 のディメンションを使用してユーザーの状況を設定し、Buy-to-Detail 率 や商品の収益(購入平均) など e コマースの指標を評価することができます。 カスタム レポートにデータを表示するには、プロパティで広告向けの機能を有効にして、ビューでレポートを有効にする必要があります。 をご覧ください。 データの分類 アフィニティ カテゴリ、購買意向カテゴリ、その他のカテゴリはいずれも、次のような階層型の分類をベースに、Google アナリティクスでこれを平坦化して使用しています。 たとえば、その他のカテゴリで次のようになっている場合、• ソフトウェア• インターネット ソフトウェア• インターネット クライアントおよびブラウザ アナリティクスでは、次のような 3 つの独立したカテゴリになります。 ソフトウェア• ただし、1 回のセッションが複数のインタレスト カテゴリでカウントされた場合でも、列の一番上の合計は 1 回だけカウントされます。 詳しくは、をご覧ください。 データのしきい値 個々のユーザーのユーザー属性またはインタレスト カテゴリが、レポートを表示するユーザーに推測されないようにする手段として、しきい値が適用されます。 (プライマリまたはセカンダリのディメンションとして、あるいは適用済みセグメントの一部として)年齢、性別、またはインタレスト カテゴリがレポートに含まれている場合、しきい値が適用され、データの一部がレポートから除外されることがあります。 このしきい値はシステムで定義されているため、調整できません。 レポートのデータにしきい値が適用されている場合は、レポート タイトルの下にお知らせが表示されます。 Google ディスプレイ ネットワークでのターゲット設定 アナリティクスでは、Google 広告で使用しているのと同じ、、を使用して、Google ディスプレイ ネットワークで広告をターゲティングします。 広告主様は、このサービス間における共通点を活用することで、Google アナリティクスのデータを分析し、分析結果を Google 広告での取り組みに活かすことができます。 たとえば、サイトやアプリ上での行動の違いをユーザー セグメントごとに確認することができます(25~34 歳のハイテク好きが 35~44 歳のハイテク好きよりもコンバージョン率が高いかどうかを確認するなど )。 こうした分析結果を活用して、Google ディスプレイ ネットワークの広告ターゲティングの精度を高めることができます。 たとえば 25~34 歳のハイテク好きが 35~44 歳のハイテク好きよりもコンバージョン率が高ければ、25~34 歳のグループ向けの予算を強化できます。 次のステップ.

次の