2 ちゃん ニュース。 おーるじゃんる

ナナちゃん、2カ月半ぶり着替え 17枚分特注マスクも:朝日新聞デジタル

2 ちゃん ニュース

「以下のキャンペーンに賛同をお願いします!」 あるツイッターアカウントは、「NHKはチコちゃんから彼を降板させるべきだ。 公共放送として」と、岡村さんの発言が公共放送に出演するに堪えないものだったと指摘。 また 別のアカウントも、「チコちゃんは降板でしょ。 子供も見てる番組MCが風俗通いバンバンだなんて!あり得ないし!」と、もはや同番組を子供に見せるわけにはいかないとツイートしている。 こうした中、岡村さんの「チコちゃん」からの降板と謝罪を要求する署名活動が署名サイト「Change. org」で開始。 30日16時時点で6000筆を超え、フェミニズムの論客として知られる上野千鶴子・元東大教授のほか、中野晃一・上智大教授、評論家の勝部元気氏らが賛同を表明している。 一方で、「 KuToo」運動で知られるフェミニスト・石川優実氏はこの署名活動に賛同する一方、同時に石川氏はもう1つ、岡村さんについての署名活動を始めている。 それは、「ナインティナイン岡村隆史さんを起用し、女性の貧困問題やフェミニズムについて学べる番組を制作・放送してください」というものだ。 「チコちゃん」降板がなされないのなら... Change. orgの署名のページで石川氏は、 「ナインティナインの岡村隆史さんを出演者に起用し、今回なぜ岡村さんの発言は批判の対象となったのか。 そして『女性の貧困問題』『日本の女性軽視』『搾取の構造』『フェミニズムとは』を学べる番組を作り放送してください」 「『チコちゃんに叱られる』の降板がなされないのなら、番組内でのフェミニズムや女性搾取の構造について学べる特集を作り放送してください」 と要求。 理由として、上記の「降板」署名への賛意を重ねて示しつつ、 「一方で、『なぜ降板まで求められるのか』、『なぜ今回の発言がここまで批判されているのか』、も本人や世間の方に伝わらなければいけないとも思います」 「批判をしている人たちは不快だから批判をしているのではなく、彼のような影響力のある人間の発言によって、女性軽視的な考えが再生産さえれていくことを止めたくて批判をしている人が多いと思います」(原文ママ) と、その真意を明かしている。 この呼びかけには30日16時時点で、500筆強の署名が集まっている。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

フワちゃん、学生時代の“極貧生活”エピソードで浮かび上がった驚愕の事実(2020年6月28日)|BIGLOBEニュース

2 ちゃん ニュース

「以下のキャンペーンに賛同をお願いします!」 あるツイッターアカウントは、「NHKはチコちゃんから彼を降板させるべきだ。 公共放送として」と、岡村さんの発言が公共放送に出演するに堪えないものだったと指摘。 また 別のアカウントも、「チコちゃんは降板でしょ。 子供も見てる番組MCが風俗通いバンバンだなんて!あり得ないし!」と、もはや同番組を子供に見せるわけにはいかないとツイートしている。 こうした中、岡村さんの「チコちゃん」からの降板と謝罪を要求する署名活動が署名サイト「Change. org」で開始。 30日16時時点で6000筆を超え、フェミニズムの論客として知られる上野千鶴子・元東大教授のほか、中野晃一・上智大教授、評論家の勝部元気氏らが賛同を表明している。 一方で、「 KuToo」運動で知られるフェミニスト・石川優実氏はこの署名活動に賛同する一方、同時に石川氏はもう1つ、岡村さんについての署名活動を始めている。 それは、「ナインティナイン岡村隆史さんを起用し、女性の貧困問題やフェミニズムについて学べる番組を制作・放送してください」というものだ。 「チコちゃん」降板がなされないのなら... Change. orgの署名のページで石川氏は、 「ナインティナインの岡村隆史さんを出演者に起用し、今回なぜ岡村さんの発言は批判の対象となったのか。 そして『女性の貧困問題』『日本の女性軽視』『搾取の構造』『フェミニズムとは』を学べる番組を作り放送してください」 「『チコちゃんに叱られる』の降板がなされないのなら、番組内でのフェミニズムや女性搾取の構造について学べる特集を作り放送してください」 と要求。 理由として、上記の「降板」署名への賛意を重ねて示しつつ、 「一方で、『なぜ降板まで求められるのか』、『なぜ今回の発言がここまで批判されているのか』、も本人や世間の方に伝わらなければいけないとも思います」 「批判をしている人たちは不快だから批判をしているのではなく、彼のような影響力のある人間の発言によって、女性軽視的な考えが再生産さえれていくことを止めたくて批判をしている人が多いと思います」(原文ママ) と、その真意を明かしている。 この呼びかけには30日16時時点で、500筆強の署名が集まっている。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

フワちゃん、学生時代の“極貧生活”エピソードで浮かび上がった驚愕の事実(2020年6月28日)|BIGLOBEニュース

2 ちゃん ニュース

名古屋駅前の代表的な待ち合わせスポットになっている巨大マネキン「ナナちゃん人形(身長6・1メートル)」が23日、2カ月半ぶりに衣装を替えた。 催しのPRで頻繁に着替えてきたが、イベントの自粛が相次ぎ、4月6日から同じ衣装のままだった。 マスクを初めてつけた装いで、新型コロナウイルスの感染予防を呼びかけている。 名鉄百貨店本店(名古屋市)の「SALE(セール)」をPRする赤いドレス姿で、縦38センチ、横68センチの特注の布マスク(通常の約17枚分)を着用。 両足の間隔が約2メートルあるスタイルをいかし、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保を呼びかける案内も置いた。 広報担当者は「衣装替えは催しができる環境に戻ってきた証し。 第2波への警戒も必要で、売り場でのマスク着用と距離の確保のお願いも兼ねています」と話す。 売り場では、飛沫(ひまつ)防止用シートを設置するなど、感染防止対策をしながら営業している。 ナナちゃんは名鉄百貨店セブン館(2011年に閉館)の1周年に合わせ、1973年に誕生して以来、同店のセールや催事などを、法被や水着など季節や流行に合わせたファッションを着こなしてPRしてきた。 だが、新型コロナの感染拡大でイベントが軒並み自粛となり、今年4月以降は予定されていた広告が相次いでキャンセルに。 4月6日から、衣装替えをできない状態が続いた。 (三浦惇平).

次の