剣盾 色違い 乱数。 ポケモン剣盾の色違い確定卵について質問です。Twitterでよく業者...

【SwSh】ポケモン剣盾 レイド乱数調整用ツール SW Seed Calculatorの使い方

剣盾 色違い 乱数

こんにちは、昨日の夜にソードシールド に乱数調整が存在することを知り今朝から1日かけて作業したところ色違いを大量に入手することが出来ましたのでその方法を今回は解説していきます。 この記事では星1、2のマックスレイドバトルの乱数調整で初級者編です。 星3から星5の上級者編は下記記事をご覧ください。 まず始めに乱数調整という言葉を聞くとソフトを弄る危険な行為かのような勘違いをする方がいるかもしれませんが、 乱数調整とは普通のプレーで必然的に狙いの個体を入手する方法であるため、 ソードシールドのソフトやスイッチに悪影響はありません。 それでも乱数調整という言葉に嫌悪感を抱く方がもしかしたらいるかもしれないのでそういう方は見ないようにお願いいたします。 乱数調整とは 乱数調整と一言で言ってもゲームソフトによって全く中身は異なります。 僕が昔やっていたハートゴールドの乱数調整はストップウォッチで0. 03秒という細かい時間を計ってボタンを押すというようなものでした。 それに対してソードシールドの乱数調整はサンムーンの孵化乱数と似ていて、 時間を計測するというようなことは必要ありません。 どういう個体が出るかということを事前に知ることにより色違いを効率よく出せるようになるというイメージです。 ソードシールドの乱数調整の始め方 ソードシールドではそもそもマックスレイドバトルでしか乱数調整をすることが出来ません。 しかも乱数調整が可能な状況は現時点で限られています。 条件を簡単にいうとマックスレイドバトルの星1か星2 か星3? の出現ポケモンのみです。 すなわち 現状では夢特性は出来ないと思います。 ただし一度色違いのマックスレイドバトルを出すことができればサブロムがあれば無限に色違いポケモンを増やすことが可能です。 なので現状、ドラメシヤなど 夢特性が必要ない星1or2で出現するポケモンがターゲットになります。 その理由も含め原理をまず簡単に説明していきます。 乱数調整の原理 マックスレイドバトルに関して日付変更でどんどんポケモンが変わっていくことは周知の事実となっていると思うのですが、 その個体値、性格、特性、色違いなどは実は毎回全く同じなのです。 例えば、巣穴に願いのかたまりを投げ入れるとあるポケモンのマックスレイドバトルが出現します。 ここでセーブしておいて、そこから日付変更するとまた別のポケモンのマックスレイドバトルが出現します。 リセットして同じように日付変更すると先ほどと全く同じ個体値、性格、特性のポケモンのマックスレイドバトルが出現するのです。 細かいことを言うとポケモンの種類自体は決まっているわけではありません。 現時点のポケモン、日付変更した次の次のポケモンまでは種類が確定しています。 しかし その先はポケモンの種類自体は確定していません。 ただ、 個体値、性格、特性、色違いはこの時点でどこまでも決まっているのです。 つまり例えばこの時点であと1万回日にちをずらしても色違いが出ないということも決定してしまっているのです。 そこで現状のマックスレイドバトルのポケモンの個体値、性格、特性と日付を1度変更した次のポケモンの個体値、性格、特性からその先の個体値、性格、特性、色違いを知ることが出来るツールを利用して あと何日日付変更することで色違いに出会えるのかを知るというのが今回の乱数調整になります。 個体値で現在の状況を知るので確定Vの多い星2以上ではそれが出来ないので、現状星1のポケモンでその確認が必要になります。 ちなみに日付変更は1日進めるのもそれ以上進めるのも一緒です。 何回行ったかというのが問題になります。 必要なもの• ソードシールドのアカウント 星1のマックスレイドバトルが出るバッジの少ない状態のもの ちなみにバッジ0個の状態では星1のマックスレイドバトルしか出ませんが、バッジを1個手にいれると星2のマックスレイドバトルも出現するようになります。 星1しか出ない方がやりやすい一方で出来るポケモンの種類がかなり少なくなります。 リンクから最新版をダウンロードしてください。 ちなみにmacでは動かないのでWindowsのパソコンが必要です。 ねがいのかたまり何個かと経験アメやふしぎなあめなど個体値を確定するためのアイテム• サブロムともう1台のスイッチ 必須ではないが新しいデータにアイテムを送ったり、色違いの量産をする上では必須 手順 まずは目当てのポケモンを決めます。 僕の場合はドラメシヤを狙ったのでそれで考えます。 で星1か星2で出る巣を探します。 ドラメシヤの場合、うららか草原gかキバ湖の瞳のいずれかだが序盤は水を進めないためうららか草原gのみとなります。 この場合星2でしか出現しないのでまずバッジは1つ入手しておく必要があります。 ねがいのかたまりを狙いの巣に投げ入れる レア光のみの場合はレア光を厳選• 上記を満たすマックスレイドバトルが出現したらレポートを書いてもう1日ずらして次のポケモンも星1かどうか確認。 もし違う場合はこの条件を満たすまで日付変更していく。 確認後リセット。 ちなみにそれぞれリセットするので1匹だけ個体値を確定出来れば十分なのでそのためのアメを事前に用意しておく。 レベル100まで上げれば確定させられるが、それも面倒なのでを使ってちまちま個体値を絞っていってもいいと思います• ツールに捕獲した2体の情報を入力する を参考にしました 例えば1匹目が「スボミー、1-31-25-10-5-18、いじっぱり、しぜんかいふく」、2匹目が「スボミー、11-27-10-21-31-9、うっかりや、どくのトゲ」だった場合以下のように入力する。 ちなみに特性1か2かはポケモン徹底攻略で上の特性が1で下の特性が2です。 「検索開始」を押してしばらく待つ。 僕の場合は3分くらい待たされました 7. Den Seedに値が入力され、リストが表示されたら成功。 その場合は2に戻る。 巣を変えたりねがいのかたまりを投げなおしたりする必要はありません 8. リストの星が色違いで一番左の数字がそれに必要な日付変更回数です。 その作業に耐えられるか自分で判断する。 ちなみに 1年 365日 日付変更するのに約2時間かかります。 そのため下記のように1050回だと3年弱なので6時間弱かかる計算です。 数字が大きすぎて無理と判断した場合はねがいのかたまりを投げ直すとこからやり直しです。 日付変更の革命 ランクバトル の後日付変更を自由に出来るというのを利用することにより大幅に時間短縮が可能なようです。 ランクバトルに一度挑戦したあと、 日付変更してOKを押すというのを繰り返すだけで乱数消費が可能なようです。 つまりゲーム画面に戻る必要がないのです。 この方法だと1時間で3600くらい消費が可能なようなので試してみてください。 前までの方法だとワット数で消費数が確認できるのがメリットなのですが大量消費はこの方法でやるべきですね。 消費数の数字-3回日付変更を行う 上記の場合だと1047回 この時点でポケモンキャンプをする。 (オートセーブタイミングでバックアップが取られる) あくまで1050回目で色違いのマックスレイドバトルは出現するのですが、1047回の時点でセーブしておくことにより 色を確定にしてポケモンの種類を固定しないことが出来るので同じ個体だが 別の種類のポケモンの色違いも入手することが可能になるのです。 今回の場合でいうとドラメシヤだけでなく以下のように様々なポケモンの色違いを入手することが出来ます。 3日ずらしてポケモン確認。 理想のポケモンが出るまでリセットして繰り返す。 狙いのポケモンが出たらレポート。 これで狙いの色違いのポケモンのレイドの完成です。 しかも ゲームのオープニング画面で十字キーとBボタンとXボタンを同時に押すことでバックアップから始められます。 つまり、ポケモンキャンプをしたタイミングに戻るため、 もう一度ポケモンを変更することが可能になるのです。 まとめ 現時点では結果が出てこなかったり星1しか無理だったりと制約は多いが、これからもう少し改善されることが期待されます。 また 日付変更に結構な時間がかかりますので結構大変です。 その代わり1度出せれば 同じ巣の色々なポケモンの色違いを入手することが可能です。 あとこの方法は自分というより人に色ポケモンを配る方が向いている方法です。 自分もこのレイドは消していないのでいつでも皆さんに色違いポケモンレイドにより色違いを配布することが出来ます。

次の

【ポケモン剣盾】「レイド式乱数調整」で手に入れた色違いポケモンって一般的に悪いこと?自分が気にしすぎているだけなのか…?

剣盾 色違い 乱数

どうも、Master. 166といいます。 今回は剣盾のマックスレイドバトルで乱数調整が出来るようになったと言う事を聞き、やってみる事にしました。 今回の乱数調整は、 色違いの情報を固定し、出てくる個体の種類は未確定の状態にさせます。 switchを2台持っている方は勿論1人で量産可能です。 と言っても色々と参考にしている部分ばかりなので、引用も利用していることをご了承ください… それでは始めていきます。 もくじ• ツール等の準備 まずは乱数調整をする時に利用するツールをDLします。 主に使用するツールはこちらから。 ツール作成者に感謝してDLさせてもらいましょう。 01を使用していますが最新版では機能が追加されたりしているので、最新版をDLしてもらえれば大丈夫です。 このツールを起動する為に「 4. 1」のインストールしたが必要になりますので、こちらからDLします。 8」が必要なので各自検索してもらってDLの方をお願いします。 ツールがDL出来たらファイルを展開して起動します。 起動したらこんなものが出てくると思います。 焦らずに 詳細情報を選択します。 実行を選択すれば大丈夫です。 目的の個体を決める 目的の個体を決め、その個体が出る巣まで行きます。 その巣に「ねがいのかたまり」を入れてが出る状態にします。 そこから出てくる光には 「細い光」と 「太い光」の二種類があります。 今回はキョックスの個体を狙うので、太い光を狙います。 こちらが太い光です。 奥にあるのが細い光です。 キョルヤクデは上記の画像の「原野 巣D」に出てきます。 目的の個体はこちらで探してみて下さい。 欲しい個体と出てくる場所を検索します。 太い光にするには、まずワイルドエリア内の他の場所に出ている太い光をレイドで倒して消します。 その後目的の場所に行って巣の前でセーブします。 そしてねがいのかたまりを使うのですが、セーブが終わる前にホームボタンを押して、押すまでに見えた光で細かったらリセット、太い光が出るまで粘ります。 太い光は細い光の時より少し遅れて出てくるので分かりやすいと思います… 3. レイドの個体より情報を集める ここからが面倒になってきますが、頑張っていきましょう。 ここからキョルヤクデの巣を基準に説明していきますので、他の個体でやる場合はその個体に対応する情報を調べておいてください。 ねがいのかたまりで目的の光を出した巣でセーブされてるはずですので、そこから 日付変更を3回分行います。 日付変更は1日ずつ変更してください。 そして4匹目 セーブ地点が1匹目とする の個体を見ます。 今回の場合はとトロッゴンですね。 一回一回日付を戻す必要はありません。 出てきたらレイドを行い、捕獲します。 捕獲したらを求めます。 はこちらで求めて下さい。 出来たら 簡単にLv100まで上げれるように経験値アメやを用意しておいてください。 レベルが低いとの絞り込みが出来ません… Lv100でも少し絞り込めない時がありますが、その時は 「ハネ系のアイテム…きんりょくのハネ等」を絞り込めてない部分に8個使用するか、野生でその部分のを8入れて再度求めてみて下さい。 求まったら 2V が31{ゲーム内ではさいこうと書いてある}の部分が2つある事 かどうかを確認。 2Vだったらツールに・性格・個性・特性を入力。 特性はや目的の個体を調べた時に使ったサイトでその出た個体を検索し、特性の部分を見ます。 上から1、2の順番です。 通常特性が1つしかなく、その通常特性が出た場合は 「不明 通常特性 」にしてください。 3V以上ならリセットしてセーブ地点に戻り、日付変更を1回行ってからセーブしてやり直しです。 性別固定や不明の個体の場合はそこにチェックを入れる。 その捕まえた個体のレイドで のこと が出る可能性があればそこにもチェックを入れる。 その求めた個体にがあるかどうかではなく、その個体のレイドでがでるかどうかです。 入力が終われば「チェック」を押します。 「OK! Next ー>3V」か 「OK! Next ー>4V」と出てきたら大丈夫です。 「NG! 」と出てきたら3V以上の時と同じようにリセットしてやり直しです… こんな感じです。 求まったら一旦リセットしてセーブ地点に戻りましょう。 続いて 「OK! Next ー>3V」「OK! 「OK! あくまで参考に… 2Vの時と同じように個体を求めていきます。 求めたらツールに入力。 求めたら再度リセットしてセーブ地点に。 今度は セーブ地点から日付変更を4日分行い、5匹目の情報を求めます。 求めたらツールに入力。 求めたらセーブ地点に戻しておきましょう。 これでツールの準備が出来ました。 「検索開始」を押してしばらく待ちましょう。 ・・・・・ こんな感じでDen Seedに値が入っていればOKです。 出てこなかった場合は「1つ見つけたら終了」のチェックを外したり、「V箇所のズレを考慮」の部分の数を増やしたりしてみましょう。 計算時間は長くなります。 それでも出ない場合は入力した情報が間違ってる可能性がありますので、最初からやり直しです… SEEDが求まったと同時に「list」というテキストドキュメントが出力されます。 今回はこんな感じでした。 色違いのみで出力して何も出てこなかったりした場合は消費を多くしてみましょう。 のチェックは目的のレイドでが出る可能性があるかどうかです。 出る可能性がある場合はチェックを入れます。 「消費が多すぎて無理!」という場合は、そのレイドを何でもいいので倒して光の柱を消し、他の巣にねがいのかたまりを入れて情報をリセットしましょう。 その巣のレイドを倒して再び目的の場所に戻って1からやり直しです… 大体2000~4000消費は視野に入れておくと良いでしょう… 4. 乱数消費 さて、消費の仕方ですが、 日付変更1回につき1消費です。 セーブ地点から消費を始め、目標消費-3まで消費してセーブすれば色違いが固定出来ます。 そのセーブ後に3回日付変更すれば、4匹目の個体が色違いで固定されます。 先程までやっていた日付変更法でも大丈夫ですが時間がかかりすぎて効率も悪いです… そこでもう一つの日付変更法があります。 「ランクバトル」を利用した方法です。 そして シングル・ダブルのどちらでもいいので1戦以上します。 その後に戻ると 「本体の日付変更と同時にゲーム内の日付が跨いだ判定になる状態」になります。 この消費をする時、もし持っていたらswitchで使えるタッチペン のでも可 があると素早く出来るかも知れません。 そして少し注意しなければならないことがあります。 それは・・・ 「ランクバトルを利用した日付変更中にエラーでソフトが落ちてしまう可能性がある」という点です。 何度も素早く日付変更をやっているとソフトが落ちることがありました… なので こまめにセーブすることを勧めます。 ・・・セーブしても大丈夫かと気になる方、ご安心ください。 大丈夫です。 セーブした地点からの消費で続行出来ます。 捕獲 消費が終わったら、いよいよ捕獲です! ・・・とその前にちゃんと色違いが固定されてるかチェックしましょう。 やったぜ。 色レイド乱数成功! ようやく出来た… お目当ての個体が出るまで粘る。 — Master. 初めての色違いレイド乱数。 色違いキョルヤクデ。 …? 色違いかこれ… — Master. キョルヤクデ! 今回はこの個体のみ手に入れたいので、キョルヤクデが出た時にセーブしました。 これでいちいち厳選する必要が無くなります。 その代わり1種類で固定されますが… さあレイドバトルだ! ・・・・・ 色違いキョルヤクデ捕獲! ホストなのでどんなボールでも一発。 — Master. これで一通りのレイド乱数は終了となります。 お疲れさまでした。 何かご不明な点や間違った記述があれば教えてもらえるとありがたいです。 Master166.

次の

【ポケモン剣盾】ソードシールド 色違い乱数調整(マックスレイドバトル星3~星5)徹底解説

剣盾 色違い 乱数

ポケモン剣盾における乱数調整の方法が発見されたようだ。 乱数調整とは簡単に言えば、狙って高個体値や色違いのポケモンなどを出す手法で、4世代から5世代にわたって大流行した。 当時の筆者も乱数産理想値色違いでパーティを構成していた。 6世代以降も乱数調整ができたが、6世代からあかいいとで簡単に理想個体を出すことができるようになり、乱数調整をするというユーザーも少なくなった。 改造すると公式のサポートが受けられないばかりか、そもそも改造は法的にグレーなので、やるなら自己責任でやってほしい。 最近のポケモンは厳選がかなり楽になり、理想個体を出すだけならさほど難しくない。 ポケモン剣盾では、後から性格を変更したりタマゴわざを覚えさせることも可能だ。 色違いもひかるおまもりや出会った回数で遭遇率が高くなり、これまでと比べると格段に出しやすくなっている。 乱数調整は専門用語が多く、やり方を理解した上で実践する必要があり、非常に手間だ。 それよりもひたすらタマゴを割った方が早いのではないだろうか。

次の