コロナ 在住 外国人。 新型コロナウイルスによる外国人在留資格の特例まとめ(ビザ延長・転職など)

外国人観光客が新型コロナウイルスに感染したら?多言語の相談窓口がこちらです

コロナ 在住 外国人

公開日:令和2年(2020)7月15日更新日:令和2年(2020)7月15日 このページは、自治体・支援団体の方へのご案内を表示しています。 外国人の方やお困りの方へのご案内は、下記リンク先からご覧いただけます。 【TOCOSの機能について】• TOCOSにお電話をいただくと、まず相談員がやさしい日本語で対応し、希望する言語をお伺いします。 希望言語の相談員に電話をおつなぎします。 希望言語によりお伺いした相談内容に応じて、必要な情報をご提供します。 2の相談対応のうち、必要に応じて、お住いの区市町村や保健所、労働相談センターなどの各専門相談窓口におつなぎする場合があります。 引継ぎ先の機関が言語面で対応できない場合には、TOCOSが三者間通話等による通訳を行い、サポートします。 三者間通話等による通訳サポートは、都内の各専門相談窓口等に限ります。 外国人の方などから相談を受けた保健所をはじめとする区市町村の窓口等が多言語対応できない場合に、TOCOSが三者間通話等により言語面でサポートすることができます。

次の

新型コロナウイルスによる外国人在留資格の特例まとめ(ビザ延長・転職など)

コロナ 在住 外国人

「日本国籍」や「外国籍」などの感染者情報を記載した京都府の報道発表資料。 日本国籍か否かを公表する府の対応について、専門家は「外国人差別につながりかねない」と指摘する。 府は、京都市を除く府内で感染者が判明した場合、年代や性別などに加え、日本国籍か外国籍かの区別を記載した報道発表資料をホームページで公開している。 府は「当初、中国からの帰国者に感染者が多かったため公表した。 その流れで現在も掲載しており、積極的に公表しているわけではない」とし、具体的な国籍名は報道機関に聞かれても答えていないという。 京都市は市内の感染者を公表しているが、日本国籍か外国籍かは記載していない。 市内の1、2例目など中国人の感染者が相次いだ流行当初を除き、報道機関にも答えていないという。 滋賀県も「原則として日本国籍か外国籍かは公表しない」としつつ、「今後『海外からの団体ツアーで集団感染発生』などといった特殊なケースでは、拡大を防ぐために居住国などの公表は検討する可能性もある」としている。 2019年12月現在、外国籍の住民は京都府に約6万人が在住している。 ただ、人口の少ない笠置町や伊根町は10人以下しかおらず、個人が特定される可能性がある。 感染症法は、新たな感染者が確認された場合、「発生の状況など必要な情報を新聞、放送、インターネットなどで積極的に公表しなければならない」と定めるとともに、「個人情報に留意しなければならない」としている。 厚生労働省は今年2月、新型コロナの感染者について、氏名や基礎疾患、国籍などは公表しないという基準を示した。 ただ、詳細な公表のあり方は、自治体の判断に委ねられている。 外国人差別に詳しい龍谷大の金尚均教授(刑法)は「外国籍かどうかは、海外からの帰国者が特徴的に発症し、市民の衛生に関わる場合のみ示すのが妥当であって、現状で公表する必要は全くない」と府の対応に疑問を呈し、「周囲に外国籍だと明かしていない人もおり、長期入院などを機に『日本国籍でない』と知られることもあり得る。 ヘイトスピーチが頻発する近年の日本社会において、外国人差別を誘引しかねない」と話している。

次の

コロナ感染者「日本国籍」か「外国籍」か、なぜ発表? 「差別誘う」と専門家、京都府の対応に警鐘|社会|地域のニュース|京都新聞

コロナ 在住 外国人

世界的な流行により、東京オリンピックの延期なども含め、訪日インバウンド市場に与える影響が大きいことは想像に難くありません。 そこで、Tokyo Creativeでは外国に住んでいる外国人がAfterコロナの海外旅行についてどう考えているのか調査しました。 その結果、海外旅行したい!と考える人は多いと同時に、訪日への関心もかなり高く、そのための情報収集にはYouTubeを活用している、ということが判明しました。 調査内容 全体の約3割が「海外旅行」を選び、2位の外食とは2倍以上差がつきました。 旅行を予定していた人のうち、すでにキャンセルした人は全体の8割でした。 また、キャンセル時に困ったことは特になかった人が多く「後で使用できるチケットに交換してもらえた」、「返金が認められた」、「ツアー自体がキャンセルされた」などがありました。 一方で、理由がコロナであっても返金は認められなかったケースも見受けられました。 次に、韓国、イギリス、イタリア、フランス、アメリカと海外旅行の人気国が並んでおり、旅行をしたいと思う国についてはコロナの影響は大きく見受けられませんでした。 1年以内と回答した人は、全体の約半数という結果になりました。 都心と地方(田舎)では、わずかに地方(田舎)と回答した人が多いという結果になりました。 InstagramやツイッターなどのSNSや、ネット検索、雑誌を抑えて、回答者の7割以上が「YouTube」から旅行計画の情報収集をしていると回答しました。 総括 日本はもちろんのこと、世界各国が新型コロナウイルス禍にいます。 社会的にコロナと共存する方法を模索しており、訪日インバウンド市場も例外ではありません。 外国在住の外国人も多くは自粛をしており、国やWHOからの発表を待ちながら「Afterコロナ」を楽しみにしています。 「Afterコロナ」には「海外旅行をしたい」と考える人は多く、旅行先候補として「日本」を選ぶ人はかなり多く見受けられました。 そして、従来よりも人による密を避ける傾向もあってか、都会だけでなく地方を楽しみたいと考える声も多くあがりました。 また、海外旅行解禁に向けての情報収取は、InstagramやTwitterなどのSNSではなく、YouTubeがトレンドであることも判明しました。 Tokyo Creativeでは、自社が抱える日本最大級となる約1700万人の日本好き英語話者コミュニティを活用し、今後も訪日インバウンドに関するあらゆる調査を実施してまいります。 調査概要 調査テーマ : 「Afterコロナの海外旅行」に関する調査 調査対象 :外国在住の外国人男女 346 名 調査期間 :2020年6月18日~26日 調査方法 :自社コミュニティへのインターネット調査(質問と回答ともに英語使用)•

次の