フレンチブルドッグ 寿命。 フレンチブルドッグの歴史、性格、毛色、飼い方

フレンチブルドッグの飼い方・性格・毛色・しつけ・散歩・寿命・価格

フレンチブルドッグ 寿命

フレンチブルドッグの気になる寿命について紹介します。 フレンチブルドッグの場合、小型犬ながら犬種全体の平均より短めで、10~12歳程度だと言われています。 もちろん、寿命は個体差がありますので長生きする子もいます。 しかし、13歳まで生きたフレンチブルドッグは珍しいと考えられています。 そもそもの犬の平均寿命は? 犬全体の寿命も気になりますよね。 2014年時点での東京農工大と日本小動物獣医師会の調査によると、犬全体の平均寿命は13. 純血種と雑種の平均寿命はそれぞれ12. 8歳と14. 2歳という結果が出ています。 ちなみに、犬においてメスとオスに寿命の差はなかったそうです。 人間だと女性と男性で寿命が違うので、ちょっと驚きですね。 犬は人間の4倍の速度で老化する 犬の育つ速度は人間よりもずっと早いです。 犬のサイズによって変わりますが、一般的に最初の1年で人間換算の17歳程度まで育ちます。 2年で24歳、3年で32歳と、駆け足で歳をとっていきます。 4年目以降は1年で4歳ずつ成長すると考えられています。 フレンチブルドッグは、犬の中で見ると寿命は短いといえるでしょう。 普段の食事の量や質、運動量の調整やストレス軽減など、細かなことの積み重ねが愛犬の長生きには欠かせません。 まず基本は適切な食事、そして運動をさせること。 ワンちゃんも人間と同じで、日々、栄養管理をすることが健康につながります。 適切な運動やお散歩はストレス発散になりますので、できる限りお散歩には連れていってあげてください。 もちろん、定期的な健康診断もとても重要です。 常にワンちゃんの健康状態を知り、何らかの異常に関しては早期発見・早期治療を心掛けたいですね。 フレンチブルドッグがかかりやすい病気は? 膝蓋腱脱臼(他、関節のトラブル) フレンチブルドッグには、大腿骨頭(股関節の接続部分)の変形・壊死を招くレッグ・ペルテス病や、膝のお皿部分の関節が外れる膝蓋腱脱臼などのトラブルが多く見られます。 遺伝が原因で発生する場合がありますが、外傷や生活環境からの負担で発症するケースもあります。 日ごろから足腰に負担を与えないように心がけることが大切です。 フレブルの頭は大きいですが、体は小さめ。 犬種的に足腰への負担が多いです。 急激な人気上昇に伴って、無理な繁殖を行っている場合があります。 そうした場合は生まれつき関節に問題を抱えた子犬が産まれることが多くあります。 フレンチブルドッグは体のつくりから、関節のトラブルを起こしやすいです。 運動をする際には十分に注意が必要です。 また、太りすぎると足腰に負担がかかるため、食事管理にも気を配ってあげましょう。 外耳炎 フレンチブルドッグは元々、脂を分泌しやすい脂漏体質です。 脂漏体質の犬や、耳が垂れている犬、耳道に毛がたくさん生えている犬などは通気しにくいため、汚れが溜まりやすく、それが原因で外耳炎になるケースが多いです。 小まめな耳掃除を行い、清潔を維持することが大切です。 体質的にどうしても脂が出やすいフレンチブルドッグは、耳のケアを怠ってしまうと外耳炎につながることがあるようです。 適度に耳掃除をしてあげることが大切です。 お手入れする際は綿棒は使わずに、柔らかいガーゼなどを使用してください。 ゴシゴシ拭き取ると逆に耳のトラブルを引き起こしてしまいます。 あくまでも、汚れを浮かす感じで優しくお手入れすることが重要です。 最後に.

次の

フレンチブルドッグの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

フレンチブルドッグ 寿命

photo by ワンちゃんの平均寿命は、獣医療の発展と食生活の変化により飛躍的に伸びているといわれています。 1983年頃のワンちゃんの平均寿命は8歳以下とされてきましたが、今では平均寿命が10~13歳ぐらいまで生きることが一般的となってきました。 特に小型犬は大型犬よりも寿命が長いといわれ、15歳ぐらいまで生きるとされています。 小型犬に含まれるフレンチブルドッグは、平均寿命が10~14歳ぐらいといわれていますので、他の小型犬よりも短命です。 その原因の1つとしてはマズル(口のまわりから鼻先にかけての部分)が短いため、呼吸器系の病気を患いやすいからです。 とはいえ、最高20歳まで生きたフレンチブルドッグも存在しますので、日頃から健康管理に気を付けていれば平均寿命よりも長く一緒に暮らせるかもしれません。 フレンチブルドッグがかかりやすい病気ってあるの? 命に関わる病気があることも念頭にいれて フレンチブルドッグは、他の犬種に比べてかかりやすい病気がいくつもあります。 それらの病気の内容や原因などを事前に知っておくことで、いざというときに迅速な対処を取ることができます。 ぜひこの機会に覚えておいてください。 頭や鼻の構造上から熱い日の気候や興奮時などに呼吸器の病気が多発します。 この病気の総称として『短頭種気道症候群』と呼ばれています。 【症状】 ・咳 ・いびき、呼吸困難 ・えずき ・運動をすることに嫌がる ・失神 など 【予防対策】 短毛種のワンちゃんは肥満になると、呼吸不全のリスクが高まります。 そのため、きちんと体重管理を行いながら肥満にならないよう気を付けましょう。 また短毛種にとって暑さは天敵ですので、温度調整にも気を付けてください。 この体液が貯溜してクッションの役割をすることで本来脳は守られています。 その体液が頭蓋骨の中に過剰にたまり脳を圧迫することで様々な症状が出てくる病気のことを『水頭症』といいます。 【症状】 ・元気がなく、疲れやすい ・意識障害や不全麻痺 ・神経障害 ・斜視(両目の視線が正しく定まらないこと) ・けいれん ・運動障害 など 【予防対策】 早期発見、早期治療が何よりも大切です。 上記の症状が見られたり、少しでもいつもと様子がおかしいなと感じたりしたら動物病院で検査を受けてください。 角膜や結膜に傷が付いたり、目ヤニが出たりしたりするのがまさに『眼瞼内反症』の症状の1つでしょう。 また、外側にめくれている状態のことを『眼瞼外反症』といいます。 どちらも、角膜や結膜が傷つけられて炎症が起こるときに患う症状です。 フレンチブルドッグの場合、生まれつきこの症状が起こることもあります。 また、皮膚線の分泌も活発なため皮膚トラブルに見舞われやすく、抜け毛の原因にも繋がります。 特にフレンチブルドッグが皮膚トラブルに合いやすい病気として『アレルギー性皮膚炎』『膿皮症(のうひしょう)』『マラセチア皮膚炎』などがあります。 【症状】 ・体をよくかいている ・皮膚が赤い ・毛が固まってよく抜ける ・毛艶が悪い ・肌が弱い など 【予防対策】 皮膚病の原因は多岐に渡るため一概にはいえませんが、常に清潔な状態を保つこと、食生活にもこだわりストレスをかけないようにしてください。

次の

フレンチブルドッグの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

フレンチブルドッグ 寿命

フレンチブルドッグの気になる寿命は? フレンチブルドッグの寿命についてですが、平均して10年~12年と他の犬よりもやや短い寿命と言えます。 これだけ聞くと、フレンチブルドッグ愛好家の方はとても悲しくてたまらなと思います。 しかし、これはもちろん個体差があり、この寿命よりも長く生きる子もいます。 今は動物医療も高度になり、またドッグフードも質の良い物も増えてきているという点からも、この平均寿命を超えることは可能でしょう。 しかし、生まれ持った疾患や、フレンチブルドッグなどの短吻種がなりやすい疾患があって、それにより寿命に大きく関わってしまうのも事実です。 それを踏まえて、できるだけ一緒にいれる努力をしていくことが大事です。 フレンチブルドッグは短吻種であるということをお忘れなく! フレンチブルドッグのようなお顔のつぶれた犬のことを短吻種と呼びます。 この種類の犬はフレンチブルドッグの他に、ブルドッグやパグ、シーズー、狆やペキニーズ、ブリュッセルグリフォンなどがいます。 これらの種類の犬は夏場は特に注意が必要です。 短吻種の犬は、マズルの長い種類の犬よりも鼻からの空気の循環路が短く、熱をうまく逃がせないため体に熱がこもり、熱中症を引き起こしてしまいます。 そのため、マズルの長い犬よりもさらに気をつける必要があります。 夏場はエアコンフル稼働で、ひえひえマットも使ったり、こまめに水分補給ををさせるようにしましょう。 そしてフレンチブルドッグは短吻種ということもあり、軟口蓋過長症という病気の発症率が非常に多いです。 この病気は、口腔内の天井部(硬口蓋)から後方へ伸びた柔らかい軟口蓋と言う部分が通常より長いことで 、呼吸を妨げてしまうという病気です。 症状はイビキなのですが、普段からイビキをかいていることが多い犬種なので飼い主さんが気が付きにくく、重症になってしまうというケースもあります。 それを防ぐには、太らせないことが大切ですし、少しでも気になったらすぐに動物病院へ行くということを頭に入れておきましょう。 また、フレンチブルドッグの心臓疾患も多いのできちんとした健康管理も長寿の秘訣です。 心臓疾患は犬全体の平均として7歳あたりからその兆候がで始めます。 早期に発見するには毎年の定期健診が一番有効で、健康診断と血液検査でその兆候がすぐに発見でき早期治療に至れます。 早期に治療ができれば進行してしまって寿命が縮む心配が軽減でき、一緒にいられる時間が増えますよね。 毎日のスキンケアと定期的なシャンプー フレンチブルドッグはお顔にしわが寄っていますよね。 このしわの間にはあかなどの汚れが停滞しやすく、そこから炎症を起こして皮膚疾患になってしまうという子も多くいます。 私がドッグサロンで働いているころに来たフレンチブルドッグのほとんどが、なんらかの皮膚疾患を持っていました。 そのため念入りに薬用シャンプーをし、お客様にも2週間に1度はシャンプーで連れてきていただくようお伝えしていました。 それぐらい念入りなスキンケアが必要な犬なのです。 おうちでシャンプーする際は、予防も含めて薬用シャンプーで有名なノルバサンシャンプーで洗うことをおすすめします。 そしてしっかりとタオルドライしながら温度を気を付けて、完全に体を乾かしてください。 そして、シャンプー以外の日常では、お顔のしわの部分をコットンを水に少し湿らせたり、犬用のスキンケアローションを使って丁寧にしわの部分をふいてあげるよにしましょう。 これらのスキンケアを行うことでも健康向上に繋がり、寿命を延ばす手助けになります。 関節のトラブル フレンチブルドッグは頭の大きさに対して体が小さめのため、足腰への負担が大きい犬種です。 そのため関節のトラブルをおこしやすく、運動をする際には注意が必要です。 また、太りすぎも足腰に負担がかかるので、食事の管理に気を付けて肥満にならないようにしましょう。 また、中でも多いのは股関節形成不全や膝蓋骨脱臼です。 股関節形成不全は、太ももと骨盤をつなぐ股関節の形が先天的に異常な状態です。 成長の過程で徐々に異常の兆候が見られ、歩き方がおかしい、運動を嫌がる、後ろ足を折りたためないなどの症状がみられます。 そして膝蓋骨脱臼は、膝関節のお皿が正常な位置から外れてしまう症状です。 先天的な場合もありますが、後天的な外傷などで発症することもあります。 関節に負担をかけるような激しい運動は避けて、滑りやすいフローリングや階段は足腰の関節に負担がかかりやすいので、カーペットや滑り止めマットなどを敷いて、悪化や怪我を予防しましょう。 フレブルくらいのサイズなら長生きしそうですが、病気にかかるリスクがとても大きいので、寿命も短めな方に入ってしまいます。 鼻ぺちゃなところも呼吸器系に疾患を抱えてしまう原因のひとつですね。 フレブルは食欲が旺盛なので食べるのが大好きです。 太らせてしまうと、喉や鼻などが圧迫され呼吸が苦しくなってしまいます。 また糖尿病にも注意が必要です。 合併症を起こしやすいので、寿命を縮めないためにも食事には十分注意する必要があります。 過度な運動は必要ないですが、30分程度の散歩で運動不足を解消してあげると良いと思います。 足が割と横についているので、背中や足に負担がかかりやすいです。 椎間板ヘルニアや股関節形成不全にもなりやすいので注意が必要です。 病気にさせないためには、まず太らせないことが大事だと思います。 あの愛嬌のある笑顔を少しでも長く見ていられるように、日々の生活に注意してあげてくださいね。 愛らしくて癒しの象徴のようなフレブルちゃんの寿命を知るとなんだか切なくなりますね。 短吻種のワンコが暑さに弱いということを知っていたのですが、その他にもかかりやすい病気があるんですね。 犬種ごとに確かにかかりやすい病気はありますが、短吻種のワンコは特に命に直接関わることが多そうで心配です。 私は昔フレンチブルのかわいさにとりこになりました。 その時に、おしわの部分のお手入れやゴミがたまったときの匂いの大変なことは聞きました。 実際は匂いだけでなく皮膚病の可能性もあったんですね。 うちは現在ミニチュアシュナウザーを飼っているのですが、耳のお掃除(たれ耳)と目やに、歯磨きは日常のルーティーンになっています。 おそらくフレブルちゃんはそれにおしわのケアが入る感じでしょうか。 飼い始めるまでは想像もしませんでしたが、愛犬とのコミュニケーションとなるお掃除やお手入れは意外ととても楽しいものです。 これからフレブルちゃんを飼い始める方がいらっしゃったら、ぜひいろんなことを楽しんで取り組んでいただきたいです。

次の